fc2ブログ

☆出版お知らせ☆

   2022水彩色鉛筆レッスンブック表紙最終稿 - コピー
韓国画集から3年。このたび日本での初出版を迎えることとなりました。ペンスケッチに水彩絵具で色をつけるスタイルを貫いて20数年。なのにどうして水彩色鉛筆?と思う方が当然いらっしゃると思います。私がこの画法に取り掛かりその後1年という制作期間を費やすに至った経緯について、少しだけお話しようと思います


書名◆「はじめての水彩色鉛筆レッスンブック」
発売日◆2022年7月22日
発行◆河出書房新社
仕様◆B5変形(180㎜×240㎜)、112頁(本文96頁オールカラー+下絵16頁)
価格◆¥1.793(税込)
販売◆全国の書店。Amazon、楽天ブックス(ともに発売日までは予約購入可能)


「水彩色鉛筆の本をお願いできませんか?」 最初にお話しを頂いたとき、水彩画をしている私になぜわざわざ?色鉛筆をしている人ならたくさんいるはずなのに、と思いました。
しかし近年、水彩色鉛筆が気軽で最も需要があること、企画コンセプトが”描き込み式”のため水分量が少なくて済むこと、私のイラストスタイルで展開したいとのこと、色鉛筆で色を塗ることを時々していたので抵抗がなかったこと、まだこの画法が確立されていないという点でも興味が湧きました。そして何より一番こだわっている”ペンスケッチ”で進行させてもらえるとのことで、『まずは挑戦しよう!』とステッドラー24色セットのケースを開け、テスト塗りを始めました。自分がまずこの画法を楽しめるかどうか・・・
まるでそれは魔法のようでした。マットな色調の色鉛筆に水を含ませたとたん、鮮やかに変化したのです。一気に魅了され編集者とマンツーマンで突き進んでまいりました。(制作話はまた出版後にでも(*^-^*))
自信を持って紹介するこの手軽な画材で、絵を描くことが日常になったら大変嬉しいです

2022水彩色鉛筆レッスンブック裏表紙 - コピー
カバーと袖デザイン


ステップ1から5へ、簡単モチーフから複雑なものへと進行していきます

2022水彩色鉛筆本文① - コピー
2022水彩色鉛筆本文③ - コピー
線を描く、色を塗る、水をのせる、丁寧に3段階で解説しています


表紙の「田舎道(イギリス)」は、6頁で詳しく解説

2022水彩色鉛筆本文④ - コピー


我が家の3猫(雨・音・天)も描き下ろしで登場(=^・^=)
息抜き枠として4ページにわたるコラム(ここには、普段の水彩画を掲載)
海外スケッチの制作話などもぜひ読んでいただきたい1冊となりました

2022水彩色鉛筆本文⑤ - コピー






●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
08:35 | お仕事 | comments (0) | edit | page top↑

北野界隈

img20220619_18014842 (2) - コピー
にしむら珈琲店。この時期、アプローチの紫陽花が来客を出迎えます


神戸、北野。三宮駅から山側に坂をあがっていくと、明治時代から昭和初期にかけて二百余棟が点在していたという洋館は、後にビルなどに建て替えられたり震災被害を受けたり、今では30棟余が残る程度だそうです。そんな貴重な洋館を探しながら散策

IMG_7717 - コピー
地下から古い一軒家に移転した”Cake Stand”はあいにく定休日( ;∀;)


張り出し窓や回廊風のベランダに切妻屋根、板張りにペンキ塗り。今も現役で邸宅としての生活がそこにあります。誰がどのように暮らしているのかとても興味が湧きます

IMG_7723 - コピーIMG_7724 - コピー
IMG_7720 - コピーIMG_7721 - コピー
IMG_7716 - コピーIMG_7719 - コピー
スターバックス異人館店も相変わらず人気


煉瓦で積まれた塀に日本瓦。薄ピンクの板張りの壁がより一層引き立ちます

IMG_7725 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
17:37 | 国内旅 | comments (0) | edit | page top↑

にしむら珈琲北野坂店

img20220619_17541669 (2) - コピー
創業者の故・川瀬喜代子さんの自宅1階を、日本初の会員制の支店にしたのは1974年。(入会金は当時で1万円!)紹介がないと入会ができず、珈琲店なのにホテルのような出迎えだったという。5000人以上いた会員の中には、黒柳徹子さん・美輪明宏さん・大竹しのぶさんなど大御所芸能人も名も連ねた。今は会員制ではなく、誰でもこの大正ロマンの店内でお茶を楽しむことができます。板ガラスの向こうに溢れる緑、時を経てきた調度品、化粧杢の天井、花柄のカーペット・・・


三宮駅から山側に歩いていくと見えてくる赤レンガの蔦に囲まれた建物は、戦時中の上海の英国風洋館をモチーフにしたそう。

IMG_7784 - コピー
IMG_7715 - コピーIMG_7714 - コピー
神戸に来たら一度はぜひ立ち寄ってほしいお店です


その前に芦屋で美味しいピザを頂いた後、ぷらぷらと散策。

IMG_7709 - コピーIMG_7722 - コピー
IMG_7712 - コピーIMG_7711 - コピー
突然現れたロマネスク様式の建物は芦屋警察署。この出入口は使われていないようで、中から見学させてほしいと尋ねましたがNGでした( ;∀;)


後に調べると、芦屋で有名なケーキ屋・パティスリー・プランというところ。ブルーグレーの入口と植物とシンプルな看板が目を惹く

IMG_7710 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
22:17 | カフェ&お店 | comments (0) | edit | page top↑

カレー箱(キーマ編)

キャラメル箱_イメージ用_20220622OL - コピー - コピー
”自然の恵みを受けた晴れの国・岡山で、地元の食材をふんだんに使い手間暇かけて作られたスパイスカレー。味や色、香りを深めるだけでなく免疫力を高めるともいわれているスパイスも一緒にどうぞお召し上がりください”

箱のイラストを担当させていただきました。ダフェプロジェクトさんがカレー屋・Matta(マター・岡山市北区北長瀬BRUNCHI内)とタッグを組み、レトルトとして販売するためにクラウドファンディングを立ち上げ実現化。イラストのみではなく箱選びからデザインも少し携わらせていただき、やっと形になりました。7月販売スタート予定ですが、ただいま予約受付中だそうです(1箱¥850税抜き)⇀ご注文は danfeproject2998@gmail.com

キャラメル箱_テンプレート乗算_20220529-最終-02 - コピー
カレーシール_アートボード 1 - コピー
予約特典、5箱以上の予約で、オリジナルステッカー付(*^-^*)


もとのイラスト

ハーブ&スパイス - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

21:48 | お仕事 | comments (0) | edit | page top↑

猫に会えるカフェ

img20220610_15354545 (2) - コピー
スモークツリーがやさしく風にそよぐ6月。店内模様替えをしたマトカへお邪魔しました(瀬戸・岡山)。最後のお客様が帰ったあと、店主にモデルになってもらい描き始めたら、次々猫ちゃんたちが現れてくれてまた一期一会な光景を描きとることができました


机で寝そべる雨ちゃん、外に出してと鳴く雫ちゃん
お兄ちゃんが下校するのを待っているアラレちゃん♪

img20220609_22395537 - コピー


手の凝んだ美味しいランチは前日までの予約です♪
IMG_7376 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

14:50 | カフェ&お店 | comments (0) | edit | page top↑

鯵寿司

img20220603_15251610 (2) - コピー

バッテラはもともとポルトガル語の小舟「バッテイラ」から名付けられたそう。酢飯に乗った姿が小舟に見えることから当時、明治時代にも関わらずじつにハイカラな名前がつけられたものです


今月の料理教室♪
120gづつの酢飯を棒状に作っていきます。乾燥を防ぎ風味をつける為、白板昆布は酢に漬けておく。(昔にはもちろんラップなどなかったため昆布で代用、先代の知恵ですね)

IMG_7051 - コピーIMG_7060 - コピー
IMG_7059 - コピー
IMG_7056 - コピーIMG_7054 - コピー
鯵を塩と酢でしめた後、ひとつひとつ骨抜きをしてきます。昔、イタリアンでバイトをしていた時にしていた作業です(*^-^*)左手指先の感覚で直接なぞって骨を確認しながら、ピンセットを持った右手で抜いていきます。(家ではしたことないけど・・・)この後翌日まで指が魚臭~


日本一の鯵寿司、完成

IMG_7062 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

12:30 | 食べ物 | comments (0) | edit | page top↑

隠れ部屋 鳥瞰図

  IMG_E7115 (2) - コピー
築200年の古民家を移築した、mokichi cafe(モキチカフェ 茅ヶ崎・神奈川) 敷地内のレストランで食事をした後、こちらに移動。蔵のパン屋と繋がっていて、梁が張り巡っている吹き抜けに、中二階を設けて両端に客席があります。その片方、5段上がったところに1組限定の贅沢な場所を見つけました。窓からは満開の百日紅と溢れる緑、パン屋がチラっと見える小窓を設けたり、低い家具を使って広く見せたり。籠れる隠れ部屋のような空間、その位置状況がわかるような図面を描きおこしました


この階段ワクワクする!

IMG_6065 - コピーIMG_6029 - コピー
IMG_6030 - コピーIMG_6070 - コピー
IMG_6069 - コピー
反対側はメインの客席で、テーブルがたくさん並ぶスペースです。やっぱり私のおすすめは中庭側の席


1階の窓側も好き。(1階は3テーブルのみ) ↓お手洗い空間

IMG_6028 - コピーIMG_6066 - コピー
IMG_6068 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー


17:16 | カフェ&お店 | comments (0) | edit | page top↑

東京ホテル鳥瞰図

  IMG_E6880 (2) - コピー
ヨーロッパから帰ると、泊まったホテルの鳥瞰図をいつも制作していました。そんな懐かしい気持ちでヨーロピアンスタイル、ホテルモントレ ラ・スール銀座のツインルームをお届けします。東京駅からも歩いて行けるのが便利です♪


まるで配色がフランスのような、ミルキーブルーの壁に黄緑色のカーテン。タイル貼りの水回り。床は市松模様の木組みで、明治・大正時代の洋館や小学校の床に用いられていたこともありどこかレトロで暖かみがあります。グンゼとの共同制作によるオリジナルパジャマを着てシモンズ社製のマットレスに転がる心地良さ!

IMG_6120 - コピー
1階、朝食とディナーの空間。ここで食事しなかったのが悔いです


香水の香りのする優雅なフロント。床タイルに描かれたホテル名

IMG_6121 - コピーIMG_6123 - コピー
IMG_6122 - コピー
エレベーター前。全空間ヨーロピアンスタイル


客室廊下の配色も、部屋との調和が感じられます

IMG_6125 - コピーIMG_6135 - コピー
IMG_6076 - コピーIMG_6077 - コピー
IMG_6074 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

20:40 | 国内旅 | comments (0) | edit | page top↑

名刺

img20220524_14154062 - コピー
天然100%の香原料で作る 本物。講座講師の「香司」になられた方の名刺イラスト&デザインをさせていただきました


お香は古代より、ストレス軽減・ 安眠・魔除け・開運など効果があるとされ、とくに身辺の穢れや邪気などネガティブなエネルギーを除いて清浄する”浄化”に優れているとか。また、煙には規則性と不規則性のものが調和した状態“1/f(えふぶんのいち)のゆらぎ”があり、心を落ち着かせる作用があるそうです。暖炉の火や、キャンドルも同じ効果ということですね(*^-^*)

IMG_6942 - コピー
もともとアロマを使っていたけれど猫を飼い始めてからはお香にチェンジ。(アロマは猫に良くないとのことで)数分で燃え尽きるように短くして使っています。受け皿にはイギリス製のアンティーク


元のイラスト↓

20220517incense (2) - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー


16:09 | お仕事 | comments (0) | edit | page top↑

黒猫1年

050 (2) - コピー
5月にしては暑く、強烈な日差しが照り付ける中、このまま海岸でさまよえば脱水症でも起こして命はなかったかもしれない。生後間もない4姉妹の猫は、優しい友人に保護され、一匹は我が家で引き取り”天”と名付けた。他の3匹もそれぞれ元気に暮らしているもよう


天ちゃん、推定1歳おめでとう
兄弟が大きいからいつまでたっても子猫にしか見えない。(体重が半分・・)
1年経ったら落ち着くかと思いきや、相変わらず兄弟にちょっかいを出す、物置を物色して餌やトイレットペーパーをかじる、いろんなものを落とす、靴箱漁る、受信メールを消す、と日々探検

IMG_6740 - コピーIMG_4515 - コピー
IMG_E6010 - コピー
兄弟にはないスリムさを保つ(*^-^*)


野良猫がうろつくたび大興奮して穴だらけになっていた網戸。強いものに貼り換え

IMG_6629 - コピー
IMG_6693 - コピーIMG_6655 - コピー
最近は和ダンスの上で寝るのがお気に入り


床置きしていた猫トイレを棚の中に収納してみたら、3つぴったり。しかも上の板が蓋の役割となって、就寝中の臭気が格段に減るなんて、3年目に気付く

QCKY9709 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
11:05 | | comments (0) | edit | page top↑

日比谷公園

img20220501_17324061 (2) - コピー
色とりどりのチューリップと、ネモフィラの水色絨毯、そして噴水
写真撮影をしている人たち、お弁当を食べている人たち、何気ない平和な時間


後ろに描いたビルを調べると、1963年開業の日生劇場。オベラやバレエ、ミュージカルが行われ、設計は村野藤吾。まるでオフィスビルのような重厚かつ格式高い外観ですが、内装は曲線を帯びた幻想的で優雅な雰囲気だそう。ガラスタイルの鮮やかなモザイク壁や、コバルトブルーの石膏に二万枚のアコヤ貝がちりばめられた天井など、職人たちの手作業で作り上げられた芸術作品が備わっている。後世に残したい建物ですね

IMG_6129 - コピーIMG_6130 - コピー
IMG_6132 - コピー
園内の古民家を改装した、Namery Roasted 日比谷店(時間がなく通り過ぎただけ)


日比谷公会堂は圧巻の存在感。「柱形を連立させて垂直線を強調した近代ゴシック様式の建物。外装は茶褐色タイル張りを基調とし、要所に木材、コンクリート、石材、ガラスと黄色テラコッタが使われている」
ぐるっと建物を見回ってみた時になんとなく活気がないなと思っていたら、国重要文化財の指定を目指すも改修予定計画がストップしているとのこと。(やっと今年改修の目処が立つとか)内部を1929(昭和4)年の創建時に近づけるためには増設したトイレをなくす必要があり、そうなると観客用トイレが法定数に不足し、音楽公演などができなくなるとか・・・・同じ様式で別でトイレ棟を建設するしかない!?

IMG_6134 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
17:55 | 国内旅 | comments (0) | edit | page top↑

サンドゥイッチとモダニズム建築

img20220430_18253286 (2) - コピー
フルーツサンドが美味しいと評判のはまの屋パーラー(有楽町・東京) ビル地下1階、創業56年を迎えた昭和レトロな喫茶店へ


注文を受けてから丁寧に作られるサンドイッチは、何故こんなにも口当たり軽く食べやすく美味しいのか。季節によって変わる5種類のフルーツがメインなのであくまで生クリームは控え目。このクリームには隠し味にマヨネーズが入っているそうです。(食べてもわからなかった(*´з`))築地の玉子屋さんから仕入れた新鮮なものを一人前4個も使い、オムレツのように蒸し焼きにした味付き卵サンドイッチ。板橋区のベーカリーから毎朝届くフワフワでほんのり塩気のあるパンで挟んであり、36枚スライスの特別薄切りカットにより、これら全ての要素が絶妙~なバランスとなって美味しさに繋がっているのだなぁ。プラス30円で卵のほうはトーストしてもらったのですが、パンの水分が飛ぶからこれは24枚切りを使うというこだわりっぷり!


熱く紹介してしまいました。テイクアウトをして、日比谷公園で食べてもおすすめ♪

IMG_6128 - コピーIMG_6127 - コピー
東京ミッドタウン日比谷の地下1階 ”日比谷アーケード”
明治時代のレトロな雰囲気を取り込んだ外観デザインのエレベーター


かつて日比谷の象徴だった「三信ビルディング」のアールデコ建築をモチーフに、モダンでクラシカルなデザインで再構築した空間です。天井のアール、間接照明も効果的に使われています。当時の部材も一部そのまま使われており、奥の両側に店舗が建ち並んでいます

IMG_6126 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
14:50 | カフェ&お店 | comments (0) | edit | page top↑

パンの蔵

img20220430_18211552 (2) - コピー
続いて築100年の土蔵。こちらも移築した後、ビールの製造工程で出る栄養価の高いビール酵母をパン作りに活かしたお店があります。mokichi baker&sweets+wurstではパンの他に、ソーセージとスイーツ工房も併設されていて、隣に続くカフェで頂くことができます。ここにくれば、まとめて楽しめますね♪


夕方ごろから、中庭に照明が灯りました。まるで外国みたい・・・

IMG_6067 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

16:37 | カフェ&お店 | comments (0) | edit | page top↑

モキチカフェ

img20220501_17284271 (2) - コピー
レストランに続き、こちらは築200年の古民家を移築したMOKICHI CAFE(茅ヶ崎・神奈川)
梁がめぐらされた屋根裏風な2階がメインでしたが、大きな窓から中庭が見渡せるソファ席があいていたのでこちらに♪(2組限定)
併設する工房で作られたパンやソーセージ、スイーツをここのカフェで楽しめます


まるで森を歩いているような敷地内。百日紅が満開

IMG_6014 - コピーIMG_6024 - コピー
IMG_6025 - コピー
IMG_6023 - コピー
カフェ入口はピンクの絨毯


中庭からカフェを望む

IMG_6068 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
17:59 | カフェ&お店 | comments (0) | edit | page top↑

リゾットランチ

img20220427_15020948 (2) - コピー
築450年の古民家を移築したレストラン、MOKiCHI TRATTORIA(茅ヶ崎・神奈川)。席数も多く平日の14時前にも関わらず、5組待ち。(14時オーダーストップのランチをギリギリ注文) 色鮮やかなサラダから黒米入りの和風リゾットそしてデザートを、食べながら描きながら1時間。震えている線もお楽しみください


「香川」駅から徒歩5分、1872年(明治5年)創業の老舗、熊澤酒造が手掛けるイタリアン。2014年にリニューアルオープン、裏山の木々が建ち並び、大きい窓からは緑ごしに自然光の優しい日差しが入ります。席によって見える景色が変わり、何度も通いたくなる場所。敷地内には酒蔵、工房、ギャラリー、パン&スイーツ店、カフェが併設されています

F4996B95-0DAF-471F-BD67-D5E0CF3D2678.jpeg
IMG_6020 - コピーIMG_6016 - コピー
中庭の花と落ち葉も絵になります。レストランの門構え、重厚なのに自動ドア


古民家をスタイリッシュに、和モダンに改装

IMG_6017 - コピー
IMG_6018 - コピーIMG_6015 - コピー
革のメニュー表紙。 気候の良い日はテラス席も開放されるのでしょう


続く⇀

IMG_6021 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
19:07 | カフェ&お店 | comments (0) | edit | page top↑