夜は道に迷えない

   IMG_9302 - コピー
リガからリトアニアの首都ヴィリニュスまではまた高速バスの旅、4時間で30、40€(私19+息子11.4 ¥4.100) 前に記事を書きましたが、キャンペーンの安いときに買えば、1人3€とか破格だったりするんです、なので正規値段で買うとものすごく損した気分になります(;^ω^)


IMG_9042 - コピーIMG_9254 - コピー
バスは10分前、乗り場に来る。バルトのバスはなかなか優秀!ご安心を


17時30分発。先ほどのオンボロバスの後ですから、Lux Express
が更に快適に感じる。他のバスに乗って気付いたのだけど、このバスは席の前後が広い。リガで休憩を挟んだことで元気になった私たちは疲れ知れずで4時間モニターで映画三昧(英語でわからないけれど)
IMG_9255 - コピー
IMG_9260 - コピー
ここではじめてのパスポートコントロール。国境で待機しているのだろう(といっても車一台のみ)車内に乗ってきて1人1人乗客に提示を求める。息子のパスポート写真、歯は見せてないものの笑いすぎていて笑われるも無事通過


21時半着。周りはもうすっかり暗い中、バスステーションからヴィリニュス駅までは辿り着くことができた。(歩いて3分)ホテルまでは歩いて行ける距離ではなかったのでいちお調べてきてはいたんです、ここから乗れるトロリーバスとか普通のバスとか・・・乗り場はロータリーになっていたがバス停番号見てもいまいちわからず、街MAP看板見ても方角がそもそもわからず。そう、ヴィリニュスは、道があちこちに枝分かれしていて非常に複雑な町なのである。(町の大きさもタリン<リガ<ヴィリニュスだ)重い荷物を背負って夜に彷徨うほうが面白いですが・・・歩き出したらそうなるのは察知したし息子の強い希望もあり「ヘイ!タクシー」しました。幸い駅前なのでタクシーはたくさん停まっていて、ドライバーさんたちが外でたむろしていて私が行くと、乗る?乗る?と群がってきます。怖い!と思ったけれど、どこ行くの?ノートを見てホテルの住所を検索してくれたり「10€(¥1350)で行くよ」と言ってくれて、許容範囲の正規だなと信じたのは、事前にタクシーのことも調べてて、大体の値段を知っていたからだ(≧▽≦)


クネクネクネクネ路地を進みます。自分達なら昼間でも絶対辿り着けてなかった・・・また息子に八つ当たりでもしてタクシーも捕まらず苛々していたに違いない。15分程でホテル無事着♪

IMG_9261 - コピー


2018カレンダー 通販開始中、詳しくはコチラ
画集初出版!(11月7日)「ヨーロッパ小さな町旅」予約受付詳細はコチラ




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー






22:49 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

バスの格差

IMG_0484 - コピー
名残惜しいがクルディーガとさよなら。リガにまた3時間半かけて戻り、リガからバルト三国最後のリトアニアまで4時間、合計7時間半のバス移動。いつまで続ける気だそんな旅、と我ながら思うのですが


クルディーガのバスステーションは綺麗♪リガへのバスは、8:50・10:35・12:40・14:30発の4本のみ。

IMG_9107 - コピーIMG_9106 - コピー
IMG_9104 - コピー
12:40→16:00の帰りのチケットは購入済みだったのでスムーズ、同じルートなのに行きは6.45€、帰りは7.24€(¥977)だったけど。ドライバーの親父、なぜか荷物置き場に私たちのリュックを入れてくれなかった。そんなものは座席に持っていきな、的なジェスチャーされて。結局、この旅で断られたのはこのルートだけだったけど。軽装に見えました?けっこう重たいんです私達のリュック・・・リュックだけじゃなく土産袋も持ってるし、強引に置いてよ!とも言えたけれど・・・仕方なく座席の足元に置き。


って帰りのバスが明らかなボロで、左が行きに乗った綺麗なバス、座面も革張りで。右が布の座席、振動がひどくて音も煩いし、なぜかバス全体に漂う加齢臭(乗車してくる若者も臭いきつい人がいたり)、これで3時間半・・・バルト三国主流のLux Expressではないのでモニターついてないしね、鼻を自分の服で覆い、確か無理やり寝る((+_+))

IMG_9103 - コピーIMG_9248 - コピー
IMG_9105 - コピー
こんな所通るの!?という田舎道を行きます~


リガに着いて乗り換えまで1時間半あったので、異臭空間からのリフレッシュには良い休憩時間でした。前ホテルに不要な荷物をあづけていたので、更にリュックをまたあづけ、近くの行き当たりばったりだけど雰囲気の良さそうな(大事)レストランへ入る。16時半だから誰も居な~い。

IMG_9249 - コピー
IMG_9250 - コピーIMG_9252 - コピー
虫嫌いならギョっとする?蜂?の壁紙♪サーモンサラダ9€(¥1215)


息子はチキン11.5€(¥1552)どちらもパン付きで美味しかったけど、高い~
でも目にも鮮やかな盛り付けが凝ってました!時間がなくてスケッチは断念残念

IMG_9251 - コピー


2018カレンダー 通販開始中、詳しくはコチラ
画集初出版!(11月7日)「ヨーロッパ小さな町旅」予約受付詳細はコチラ




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー




10:44 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

どのパンにする?

   IMG_0550 - コピー
クルディーガを発つ日、朝食場所はもう決めていた。着いた日にピザを食べたGoldingen Roomのすぐ隣にある、 bistro。(同じ系列の店)パンが並んでいるこじんまりとしたテイクアウトの店だが、カウンター5席ほどあったのでそこでイートインしようと思って行ったら、朝、開いていない。パン売ってるからてっきり朝から開いてるかと思ってた・・・。まぁ、いい。最後のクルディーガを散策して戻るも、まだ開いていない。もしかして今日は定休日なのか。でも諦めきれないとウロウロしていると、11時前、ようやくドアが開きオープン準備。


オープンまで入口をスケッチ♪

  IMG_9500 - コピー
IMG_9498 - コピーIMG_9246 - コピー
IMG_9243 - コピーIMG_9244 - コピー
シンプルにクロワッサン0.9€(¥122)とカプチーノ1.95€(¥263)を注文


どうしてもここにしたのは、あわよくばパンとスイーツを描かせてもらおうと思っていたから!早速お姉さんに描いてもいいか尋ねると「もちろん!」と言ってもらえ、パンを置いてるカウンターが物凄く高かったので背伸びをしながら描く(外国あるある) 裏口から広場が見えるって素敵な職場。

IMG_9241 - コピー
IMG_9247 - コピー
「見てもいい?」という彼女を記念にパチリ。裏のスタッフにも見せに行く可愛い女の子、Lucija♪こう見えて18歳・・・高校3年生と発覚。どんなけ大人っぽいのでしょー!(写真掲載は了承してもらえた)クルディーガで生まれ育ち(羨ましい!)進学は首都のリガに出て、将来はデンマークに行きたいんだって


ほのぼのクルディーガ。また戻ってきたい

IMG_9242 - コピー


2018カレンダー 通販開始中、詳しくはコチラ
画集初出版!(11月7日)「ヨーロッパ小さな町旅」予約受付詳細はコチラ




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー


09:00 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

眩しい朝

IMG_0055 - コピー
Roberta Hercberga Apartamenti 前回の続き、オールドアパートメント♪


旅行中って方角がわからなくなる。(考えないといったほうが正解か)まさか、ベッドルームに最高のプレゼントが届くなんて思いもしていなかった。翌朝、差し込む光で目覚める。そう、ちょうど東向きだったのである。周りにはビルなど何も隔てるものがなく3階なので、朝日が真っ向から入り朝をいち早く知らせてくれる。まだ眠かったけれど、刻々変わる光と映画みたいなロケーションにしばし目を奪われる・・・もしこの村に来ていなかったら?計画してなかったら?もうひとつの宿のほうに泊まっていたら?体験できていない事と思ったら、こうゆう一瞬が儚くて貴重だと余計感じることができる。人が決めたルートではそこまでは思えないのかもしれない。あぁ、もうここから帰りたくない、本気で思った。今までの旅行で夕日が見える部屋には泊まったことはあるけれど朝日は初めて・・(しかも50€だし)

IMG_9229 - コピーIMG_9235 - コピー
IMG_9230 - コピー
IMG_9233 - コピー
息子を起こしてみたけれど爆睡(なぜか裸) 君、人生損したよ!


いろんな意味で特等席なベッドルームだった。オーナーさん感謝

IMG_9167 - コピーIMG_9148 - コピー
IMG_9159 - コピーIMG_9165 - コピー
リビングには暖炉?冬になったら薪で暖を取るのだろうか♪
息子、それはインテリアだと思うよ?男子は揺れるものがお好き


赤い靴もインテリアに。悪い人だったら盗まれてもおかしくない・・・
そんな人、来ないよね!ここには

IMG_9151 - コピーIMG_9150 - コピー


鳥瞰図作成します♪
IMG_9149 - コピー

2018カレンダー 通販開始中、詳しくはコチラ
画集初出版!(11月7日)「ヨーロッパ小さな町旅」予約受付詳細はコチラ




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー


17:17 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

出版話 形になるまで編

  bookstore1 - コピー
出版社から届いた本屋陳列の様子♪きっと新刊コーナーですね


もう一つの表紙絵候補になっていた、クロアチア・ロヴィニのカフェ

image_p148 - コピー
対面が実現した3月から、本格的に出版に向けて動き出します。掲載する国や写真選び、イラストは絞った90点、その1点づつに感じたことやエピソードを書いていくのですが、旅記ブログの原文がありましたから楽かと思いきや、200~300文字と指定があり、要点を短くかつ読者にわかりやすいようにまとめるのは容易ではなく、打ち込んだ文面を全て出力し、赤文字で何度も直す日々でした(実際、翻訳には専門編集が入ったらしいので、未熟な文面は変わった可能性ありですが、笑)このテキスト作成には2か月を要しました
IMG_0650 - コピー


次の問題、絵のデータ。原画を国外に持ち出すのはリスクがありますから、データでやり取りをするのですが、私のでは色も悪く使えないということで専門業者にスキャンしてもらう必要がありました。原画を持ち込んで色をできるだけ再現してもらえる信頼できる所・・・本の良し悪しを決める大事なプロセス!ネットで調べた所に行ってみると「うちにはいいスキャナーを置いてない」と言われたり、返事がなかったり低迷。そこで友人に紹介してもらったのが、2千万円のドラムスキャンを所持する中野コロタイプさんでした。色に妥協ができない私は、納得できない所を何度も話し合い調整、はたまたスキャンし直してもらったり・・・その度に誠実に親切に対応して下さった素晴らしい会社です。こちらも並行して2か月を要することに
IMG_0654 - コピー

IMG_4831 - コピーIMG_0243 - コピー
原画に100%とはいかないので妥協も必要


ここまで8月の夏旅前になんとか終わらせました。最悪私の身に何かあっても本は出版してもらえると思ったからです(;^ω^)旅から帰ってくると紙サンプルが送られてきました。たくさんの紙から選ぶのかと思ったら2種類のみ、笑。ここは直感で「Mojo」


表紙とタイトルは10月に入ってから。絵は私の希望を反映してくれました♪クロアチアの農園ホテルCasa Matikiで過ごした中庭でのひとこま。出版社側も「ヨーロッパの古い家でゆったり過ごしている雰囲気がこの本に相応しい」と一致しました。装丁デザインがきたのでミニサイズに自分で作成しみてみる。最初はいいと思いましたが眺めていると、地味かな?ここはもっとこうしたらいいのではと不安になりいろいろと意見を伝えたところ、デザイン決定権は出版社にあること、韓国市場を考え一番アピールできるように数カ月間この本のデザイン作業をしてきたことをお聞きし、信じて完成本を待ち、最初に連絡を頂いてから約1年、2017年11月7日、無事出版日を迎えることとなりました
韓国語にも関わらず日本からもたくさんのご注文を有難うございます♪12月のご案内までいましばらくお待ち下さい(#^.^#)なおご予約は11月下旬までの1回限りです

IMG_0659 - コピー


2018カレンダー 通販開始中、詳しくはコチラ
画集初出版!「ヨーロッパ小さな町旅」(11月7日 韓国発)予約受付詳細はコチラ




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
10:22 | お仕事 | comments (0) | edit | page top↑

出版話 なぜ韓国?編

표지입체_유럽작은마을스케치여행 - コピー
皆さんが疑問に思う以上に当時私も疑問だらけでした。知り合いや友人が居たわけでもなく、過去韓国に行ったことはあってもスケッチはしたことがなかったのですから。韓国の出版社から連絡があったのはちょうど一年前の個展が終わった11月下旬でした。


「ブログとインスタグラムで絵を拝見しました。とても暖かくて素敵な絵ですね、ヨーロッパスケッチを一冊の本にしたらとても素敵に仕上がりそうです」最初は英文、返信しないままでいるとその後日本語に訳されてメールがありました。”うまい話しには裏がある”このご時世、巧みな詐欺が横行していますから、勧誘話系には一切返信していない私です。もし真実かつ情熱があれば何度もアプローチがあるはずと。なので丁寧で誠実だなと思い返信してみたところ、返信に対する感謝と前向きにご検討下さいと早速”企画書”が送られてきました。それは詳細な、本の内容やターゲット、更に私の絵を使ったページサンプルなどもあり、非常に手の込んだもの・・・。

IMG_0656 - コピー
旅画集出版は長年の夢でした。海外スケッチは情熱やモチベーションの為でもありましたが、いつか本にできたらという希望を持って継続してきたのもあります。それを本にしてくれる、やっと見つけてくれた方がいた。しかしそれは当然日本で希望していたことで海外でとは考えもしていなかったことでした。嬉しさよりも不安要素が多過ぎて簡単に信じることはできず、「契約書を見せて、出版している既存本を送って、お金の事を確認したい、契約は直接会ってしかしない」などとにかく質問を書き連ねました。その度に誠実に対応してくれているにも関わらず、その一方で”出版詐欺”を毎日調べる日々・・・疑い出すとキリがなく、一時は「お互いの希望が一致しないならこの企画は白紙に戻すしかない」互いの間に暗雲が漂うまでに。行き詰まりを感じ、東京の師匠・永沢まことさんに相談しようと今までの経緯や書類を印刷し郵送。


早速、既存本を届けてくれた2月
IMG_2313 - コピー - コピーIMG_0655 - コピー
「これは詐欺じゃないね。韓国だろうと形にしてもらうのは有り難いこと、疑う心は相手にも伝わる、いいかげん信じて進みなさい」と笑いながら電話を下さいました(( ;∀;)
そこから気持ちを切り替え、3月。岡山での打ち合わせを迎え、敬意を込めて着物で出かけ、編集長と通訳者3人での対談が実現しました(でも少しだけ、実際に会えるまでは不安でした、来なかったらどうしようとか) ずっと疑問だった事も聞きました。韓国にも日本にも絵を描いている人がたくさんいる中、どうして無名の”私”だったのか。「確かにたくさんいますが、絵が気に入りましたし、ご自分で企画してこんなに現地で描いてる人はいない、本というものは物語があって成立します」と、言って下さいました。


Kyra Booksは、母会社ダヴィンチ出版社(芸術と建築、人文、哲学に関する図書)の子会社で、イラスト中心の図書を出すために立ち上げたばかりの出版社でした(*''ω''*)打ち合わせには、永沢まこと著者本「イタリアの幸せなキッチン」も参考のために持参♪次回、ここから出版までの波乱?の8か月間レポート、続きます

IMG_2669 - コピー
IMG_9880 - コピー


2018カレンダー 通販開始中、詳しくはコチラ
画集初出版!「ヨーロッパ小さな町旅」(11月7日 韓国発)予約受付詳細はコチラ




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

20:43 | お仕事 | comments (2) | edit | page top↑

本出版 in 韓国Korea

  IMG_0611 - コピー
「たまには道に迷ってもいい
     ヨーロッパの小さな町旅 Kyrabooks


本日、11月7日。おかげさまで韓国にて出版日を迎えました♪ネット通販はありますが韓国語のみだそうです→INTERPARK 日本での購買希望者は11月26日(日)までの期間限定予約、輸入したものを発送致します(1回限り)


 完全オリジナルの旅をそのまま再現、手作りMAPに沿って絵が展開されていきます。私にしか描けなかったヨーロッパスケッチ90点掲載です。さぁ一緒に冒険に出かけましょう
●1冊¥1.650(初版限定特典ページあり)
●縦21、3×横15、3 厚さ1、7cm 総288ページ 
●スケッチ掲載地 フランス・イタリア・クロアチア・イギリス・スペイン・ポルトガル
 ご注意*本の予約購入希望の際は以下事項を必ずご確認&ご了承の上お申し込み下さい  
文章は全て韓国語です(日本語の原文は購入者限定で公開する予定)
1冊¥1、650ですが、輸入により諸費用+輸入費+送料がかかります
 (輸入費は全体数から割りますので、最終的な金額のご案内は発送直前となります)
お申し込み後のキャンセル・変更はお受けできません
今のところ日本語出版はまだ未定です

IMG_0612 - コピーIMG_0616 - コピー
288ページ、絵は90点もあるので厚くて見応え十分♪


贅沢な余白使い・・・文章は全て私がまとめたものを訳してもらっています
ってハングル読めないですけどね、笑

IMG_0615 - コピー
IMG_0617 - コピーIMG_0614 - コピー
フランスの民家を見せてくれたPivotおじちゃんの鳥瞰図も♪今年おじちゃんにエアメールで報告しよう。まさか自分が本になろうとは?


当初、写真は入らない予定でしたが、私が旅先で撮ってきていたものを画集のアクセントに盛り込んでくれました。息子の写真も載っていて、小学3年から高校2年の成長していく姿も感慨深いわねと話したら「モデル料出せ」と言われました

IMG_0613 - コピー


表紙&装丁デザインは韓国市場を考慮して一番アピールできるように考えてくださったようです。国別や読者の性向にあわせてデザインされるんですね。この本がもし日本や中国に輸出されることになる場合はその国の読者に合わせてまた新しい表紙やレイアウトになるとのこと♪
次回、出版までの裏話を書きたいと思います(*''▽'')

IMG_0619 - コピー


2018カレンダー 通販開始中、詳しくはコチラ


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします
">ランキングバナー
08:36 | お仕事 | comments (2) | edit | page top↑

20€でチェンジ

  IMG_0621 - コピー
クルディーガから帰りたくなかった訳は、のんびりこじんまりとした田舎だったこと、古い建物が多く残されていたこと、もう一つは予約した宿が想像以上のアパートメントだったからです。キッチン&ダイニングから塔が見えます・・・Roberta Hercberga Apartamenti


最初ここではない別の宿を予約したら(評価10段階で10だったところ)予約が重なってまさかの断られてしまい、ここに急遽変えたこともあり、2人で30€(¥4.050)という破格だしそんなに期待していなかったのです、古くて良さそうだなというぐらいしか・・・

IMG_9144 - コピー
町の中心、立地も最高。まさかあの3階に泊まれることになろうとは。


チェックインの15時に行くも、やはり誰もそれらしき人が居ない(やっぱりね)もう慣れてますので、建物1階のレストランに尋ねに行くと「電話したら?」と。そうくるのは予想範囲なので「私の電話使えない、あなた、お願いここ電話して♡」と頼んでオーナーに電話してもらう。数分して来てくれたのは若いお姉さん♪↓この重厚なドアが下からの入口ドアなんですが、見てのとおり古いので鍵の開け閉めに非常にコツが要り毎回ミッションを背負わされる。ちなみに滞在中、息子がお手洗いに行きたくて1人で宿に戻るもこのドアに悪戦苦闘し危うく漏れそうになったと後から言っていた。

IMG_9174 - コピー
IMG_9217 - コピーIMG_9218 - コピー
IMG_9172 - コピーIMG_9145 - コピー
Welcome to our home♡ 3階のドアを開けると更に5つのドアが
泊まれる部屋は3つ。1つはオーナーさんの事務室、もうひとつは共同シャワー室


最初案内されたのがこの↓お部屋。もうひとつも同じく一部屋のみの造り

IMG_9169 - コピーIMG_9170 - コピー



他に泊まるお客さんが居なかったため、残りの部屋を見せてくれた。最後の部屋を開けると可愛いキッチンがあった。なんだこの只事ではない雰囲気は・・・共同なのね♪と思い使ってもいいか尋ねると、ここはデラックスルームなのと。先に続く廊下が見え、向こうがベッドルームというので、見せてもらうことに。L字型の間取りで、一番奥にベッドが設置している(建物の写真の丸い部分)なんて贅沢。あー!ここがネットにも載っていた空間だったのか・・・「この部屋、いくら?チェンジしたいです!」と交渉。すると「50€(¥6.750)」と言うではないか。たっと20€差でこの部屋を使えるなんて、ちゃんとシャワー&トイレも別々で専用でついているし冷蔵庫とか食器とか生活する最低限のものは揃っているし。仲介業者を介して予約していたので最初、そこから貴方変更できる?とかややこしいこと言われたけれど「もういいわ、OK!」と交渉成立(*''▽'')
IMG_9147 - コピー
古い窯!?結局キッチンはほとんど使わなかったんですが・・・


次は長期滞在したいものです、涙

IMG_9161 - コピーIMG_9160 - コピー
IMG_9153 - コピーIMG_9152 - コピー
廊下からダイニングを見る。シャワーはタイル、水圧良し



IMG_9158 - コピー
IMG_9157 - コピーIMG_9162 - コピー
一番日当たりの良い、通りに面した場所をベッドルームにするなんて


こんな贅沢あるでしょうか。ベッドに寝転んだら180度景色!続く・・・

IMG_9155 - コピー
IMG_9234 - コピー

2018カレンダー 通販開始中、詳しくはコチラ
画集初出版!「ヨーロッパ小さな町旅」(11月7日 韓国発)予約受付詳細はコチラ




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

16:39 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

移築のワケ

  IMG_0553 - コピー
ヴェンタ川を見渡せる川辺の小高い丘に、1900年建築の郷土博物館がある。当時の家具や食器、刺繍カーテンもそのままで、タイムスリップができる♪入館料も安くて1.5€(¥195 息子は1€)


驚きなのは、この建物。パリ万博でロシアのパビリオンとして建てられましたが、お金持ちの商人が婚約者へのプレゼントとして購入した後、クルディーガに移築したとか。愛するフィアンセの為だけに!!お庭にも女性の像がありましたし(きっとそのフィアンセさん)、うっとりするようなラブストーリーが背景にある博物館なのでした。

IMG_9179 - コピーIMG_9180 - コピー
IMG_9181 - コピー
玄関の美しいタイル、そしてなめらかな曲線の階段に合わせて壁は扇型


奥様が使われていた小物でしょうか♪

IMG_9183 - コピー
IMG_9199 - コピーIMG_9184 - コピー
IMG_9192 - コピーIMG_9193 - コピー
クロス、エプロン、カーテン、至るところに刺繍が溢れ


どこを切り取っても絵になるワンシーン

IMG_9191 - コピー
IMG_9198 - コピーIMG_9188 - コピー


私たちの他に観光客は1人も居ず。ゆったりスケッチをしていたら閉館時間が迫ってきて、息子にまたカウントダウンしてもらいながら1分前に出る((;´・ω・) ここもクルディーガ観光では欠かせない場所なので、ぜひ♪
IMG_9187 - コピー


2018カレンダー 通販開始中、詳しくはコチラ
画集初出版!「ヨーロッパ小さな町旅」(11月7日 韓国発)予約受付詳細はコチラ




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

18:17 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

ハロウィン

IMG_E0378 - コピー
🍂Happy Haloween🍂
4つで1セットのブラックペッパークラッカー。パッケージデザインと配色がハイクオリティーで思わず絵心かきたてられて描きました。裏を見ると販売しているのは大阪の”イズミクリエーション”ここがデザインしたのかなぁ?日本もまだまだ捨てたもんじゃない


仮装もカボチャ料理も何もなし、笑

IMG_0430 - コピー

2018カレンダー 通販開始中、詳しくはコチラ
画集初出版!「ヨーロッパ小さな町旅」(11月7日 韓国発)予約受付詳細はコチラ




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
19:43 | 食べ物 | comments (0) | edit | page top↑

窓一面

IMG_0427 - コピー
失礼、こんな田舎に、こんなスタイリッシュなカフェがあったなんて。天井が高く開放的で大きな窓一面に映し出されるのは広場の向こうに立ち並ぶ家々と赤い屋根と青い空・・・。アパートメントにチェックインするまでここでゆっくり描くことにしよう。行くところ行くところ私の五感に触れ、文句のつけようのない村だった。1泊がまた悔やまれる瞬間( ;∀;)たまたま入ったここはイタリアンレストラン、Goldingen Room このHPの中にあるYouTubeの動画はクルディーガの村を映画風に撮影されていて、どんなに素晴らしい村かこれを見ればわかりますよ♪


私が座った奥の席はベンチソファで、昼寝もできちゃうぐらいのクッションの多さ。一列にびっしり並んでいて、最初ここは座るべきところじゃないのかと思った(*''▽'')クッションを二つ息子に渡して座るところを自分で確保、笑

IMG_9112 - コピー
IMG_9113 - コピー
石窯があって焼き立てピザが売り♪8€(¥1040)味は・・・まぁ普通(''ω'')


珍しく店員さんもみんな優しくてフレンドリー、だから田舎が好き

IMG_9116 - コピーIMG_9115 - コピー
IMG_9114 - コピー
絵になるご老人が入ってきた。地元の住民っぽかったです。観光客らしき人はあまり居ない・・・店内にはお客さんはチラホラ。やっぱり田舎が好き、笑


別の部屋。時々パーティーとか開かれてるらしい

IMG_9208 - コピー


メインの広場に面しているのですぐわかります♪1階全部、レストランと、同じ系列でパンを売っているスタンドカフェがありました
IMG_9120 - コピー


2018カレンダー 通販開始中、詳しくはコチラ
画集初出版!「ヨーロッパ小さな町旅」(11月7日 韓国発)予約受付詳細はコチラ




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
19:55 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

苦あればこそ

IMG_0428 - コピー
パンをあげる息子をここから描くことに決めたが肝心のカモが居ず。流れの激しい場所だったためだ。しばらく待っていると下手から一生懸命泳いできてくれたのがこの3匹。君たち、苦労した先にはいいことがあったね。


この橋の側に建っている「聖カトリーナ教会」は1655年建築、1939年からは廃墟になり火災や戦争でボロボロになりましたが、旧ソ連時代には改装されて博物館やホールとして使用、独立復活後は再び教会の姿に戻ったそうです。

IMG_9222 - コピーIMG_9124 - コピー
IMG_9126 - コピーIMG_9123 - コピー
IMG_9125 - コピー
本やカードも展示されていました♪貴重な代物なのかな?


ちなみに入った瞬間ギロっと睨むおばあさんが受付しています。入場料とかはいらないんですが、ほんとうに私ら何かしたのかと思ってしまいます・・・お手洗いに行きたくなり借りることに、お金を払おうとしたら無言のままピクリとも口角を上がることなくジェスチャーで、あの箱に入れろと、0.3€(¥40)チャリンと入れる。・・・怖い!! 「上にあげれるよー」と息子が2階から呼ぶ

IMG_9128 - コピーIMG_9129 - コピー
IMG_9131 - コピーIMG_9133 - コピー
裏に隠し階段みたいなのを発見したらしく!といっても矢印で誘導してくれているので、誰でも上がっていいみたい。木製の手造り階段、ワクワクします、塔の一番上まで行けるのねと上がっていったものの・・・


これがけっこうな傾斜で( ;∀;)(高所恐怖症です)階段もスースーで下が見えるし

IMG_9132 - コピー
IMG_9135 - コピー
最後の階段~!あの椅子は休憩用!?


鐘があるところまで行けて風も吹き抜けて気持ちいい
屋根の上にコウノトリが巣を作っていたし。見よ、この地平線・・・

IMG_9138 - コピーIMG_9139 - コピー
IMG_9136 - コピー
クルディーガの村を一望♪


都市のリガで登った塔は、エレベーターで一気に上まで行きました。かたや、息を切らしながら怖い思いもしながら一歩一歩自分の足で辿り着きました。当然、後者のほうが、上から見る景色の感動がはるかに大きかったのです。人生もそうなのかもしれない


行きも良くはないけど帰りはもっと怖いの図

IMG_9141 - コピーIMG_9142 - コピー


★2018カレンダー 通販開始中、詳しくはコチラ
★画集初出版!「ヨーロッパ小さな町旅」(11月7日 韓国発)予約受付詳細はコチラ




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

23:14 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

オールドハウス

   IMG_9203 - コピー
田舎ならではの素朴な建物編 in Kuldiga 民家の前で勝手に写真撮影してごめんなさい。色褪せたブルーグレーの木製ドア、古びた壁とのコントランス・・・こんなお家に毎日帰りたい。どんな人が住んでてどんな暮らしをしててどんな間取りになっているんだろう!家を見るのが大好きなので、将来は民家を描かせてもらう取材スケッチがしたいと本気で思っているんですが(*''ω''*)


このお家は住んでなさそうでした、丸い窓があったり大きさもコンパクトで、ここ住みたい。年月によって壁の色がグラデーションみたいになっているのも凄くいい。

IMG_9108 - コピーIMG_9201 - コピー
IMG_9216 - コピー
木材と窓のデザインが粋。玄関で寝れちゃう!?


窓の向こうに人が・・・・うつってなくて良かった

IMG_9211 - コピー
IMG_9212 - コピー
1階は煉瓦、2階は木材。ここも毎日帰ってきたい・・・


赤い瓦屋根の住宅が立ち並びます、本当によく保存&修復されています

IMG_9240 - コピーIMG_9109 - コピー
IMG_9238 - コピー
ぽっぽっぽ鳩ぽっぽ


10世紀に遡る古い歴史を持つ村、夜になると一段とその雰囲気を増すのでした

IMG_9221 - コピー
IMG_9220 - コピー

★2018カレンダー 通販開始中、詳しくはコチラ
★画集初出版!「ヨーロッパ小さな町旅」(11月7日 韓国発)予約受付詳細はコチラ




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
18:40 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

詩人や画家が愛した村

   IMG_9980 - コピー
ラトビアからバスで3時間半。Kuldigaクルディーガに着いて早々後悔していた。この村は、13世紀にハンザ同盟都市になり、道路や鉄道も発達しなかったことから、13~19世紀の木造建造物が現在までに保存&修復されてきました。古い建物と溢れる自然、そして・・・・


この人の少なさ、落ち着く・・・!首都ではとにかく人ばかり、人混みは疲れる、田舎が好きなのに、どうして首都を素通りして、ここに長期滞在しなかったのか(そんな旅を何回もしてきてるのに((+_+))予定を変えようとも思いましたが、翌日には長距離バスを2本、そして少し高いホテルを既に予約してしまっていたので、精一杯1日半、描き過ごそうと気持ちを切り替える。

IMG_9110 - コピー
IMG_9213 - コピーIMG_9178 - コピー
IMG_9207 - コピー
旧市街の石畳広場♪メイン広場なんだけど・・・人はどこ!?状態♪カラっと晴れてくれて、ここでやっと半袖が使えた(;´・ω・)奇跡の地。クルディーガの旧市街と赤レンガの橋は世界遺産の候補になっていて、認定されるといいな!でも人が増えたら嫌だな。ちなみに、この広場に面するアイスクリームの露店があるんですが、とっても美味しくないのでご注意(~_~;)


観光案内所も17世紀の建物となっております

IMG_9111 - コピーIMG_9214 - コピー
IMG_9210 - コピー
塔や教会もあちこちに健在していて、こちらはアラブ風な建物(残念閉まってた)の前には、奇妙な銅造がたくさん。ハートの椅子があったので、息子に座ろうと言ったら当然無視されました


そしてヨーロッパ1の滝があるんです!↓え?どこ!?って、あるじゃない、幅200m前後の広い滝が。(季節や水量によって都度変わる)その高さはほぼない、笑。日本で滝というと、高いところからゴーと音を立てて水しぶきがあがる刺激的なものを求めてしまいがちですが、ここはとても穏やかで音もない( *´艸`)靴を脱いで滝の側を渡っている人もいました

IMG_9186 - コピー
IMG_9239 - コピーIMG_9224 - コピー
村の中にはいくつもの小川が流れ、息子はカモに餌やり。この光景、8年前のフランス田舎を訪れた時と同じだわ・・・息子よ、8年後も私と旅をしているとはね


ということでラトビアの田舎を旅したい方、クルディーガにぜひ

IMG_9121 - コピー
IMG_9177 - コピー

★2018カレンダー 通販開始中、詳しくはコチラ
★画集初出版!「ヨーロッパ小さな町旅」(11月6日 韓国発)予約受付詳細はコチラ




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー


18:18 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

画集初出版

IMG_0115 - コピー
★画集初出版(11月6日予定) 韓国発Made by Korea(*11月末までの完全予約仕入れ)
 「 たまには道に迷ってもいい
 ヨーロッパの小さな町旅

韓国の出版社よりお話を頂き、今年取り組んでまいりました。(この裏話はまた(;^ω^))メインは韓国での販売になりますが、日本国内では私が直接仕入れ期間限定で販売させて頂く運びとなりました。韓国語でも欲しいという奇特な方がいらっしゃいましたら、お手元にお届けします(#^.^#)! 


 完全オリジナルの旅をそのまま再現、手作りMAPに沿って絵が展開されていきます。私にしか描けなかったヨーロッパスケッチ90点掲載です。さぁ一緒に冒険に出かけましょう
●1冊¥1、500~¥2.000(初版限定特典あり)
●縦21、3×横15、3 総288ページ 
●スケッチ場所 フランス・イタリア・クロアチア・イギリス・スペイン・ポルトガル
 
  
◆お申込み期間:10月21日~11月30日のみ(予定)
◆発送:輸入出来次第、お振込み案内&確認後12月中旬~(予定)

   
 ご注意*本の予約購入希望の際は以下事項を必ずご確認&ご了承の上お申し込み下さい  
文章は全て韓国語です(日本語の原文はネット上で公表する予定)
1冊¥1500ですが、輸入によりプラス諸費用+輸入費+送料がかかります
 (輸入費は全体数から割りますので、最終的な金額のご案内は発送直前となります)
お申し込み後のキャンセル・変更はお受けできません
今のところ日本語出版はまだ未定です

***************************************
お申込み  
①「カレンダー希望」or「カレンダー&画集予約希望」or「画集予約希望」と件名の上
 お名前・ご住所を明記の上、e-mailへご注文下さい
  (e-mail→ chibi_t*mx31.tiki.ne.jp *を@に変えて)
  その他、Facebook・インスタグラムのダイレクトメールからも可能
②カレンダーにつきましてはお振込み案内を返信、その後入金確認後に順次発送致します
  画集につきましては入荷&最終金額決定次第、ご案内&発送させて頂きます(12月)

IMG_0133 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

13:15 | お仕事 | comments (0) | edit | page top↑