FC2ブログ

田舎再訪

IMG_3989 - コピー
小さい商店、雑貨店、レストランの3軒しかない、10分で一周できるイストラ半島の村Gracisce・グラチシテ。公共機関のないこんな所に何故かというと6年前、クロアチアの農園ホテルでソーニャが連れていってくれた想い出の村にもう一度行きたかったから。その時は早足で立ち寄っただけだったので、素敵な宿を見つけたしゆっくり滞在することに決めました


当時9歳だった息子は17歳になりまして

イストラが一望できる場所 - コピーIMG_3983 - コピー
IMG_4006 - コピー
小さな小さな村の地図


入口は夜になるとライトアップされて雰囲気を増します

IMG_4057 - コピー
IMG_2305 - コピーIMG_4021 - コピー
気ままな猫ちゃん、こんにちは。 誰にも会わない路地、笑


教会が1軒あります、塔はきちんと鐘の音を奏でます♪

IMG_4008 - コピーIMG_4044 - コピー
IMG_4045 - コピー
IMG_4009 - コピー
かつてソーニャが「イストラ半島で一番綺麗な景色なのよ」と見せてくれた所、まったくあの頃と変わらない景色が広がっていました


夕日に照らされるグラチシテ。大好きな村

IMG_4043 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
23:38 | 2018年スロベニア&クロアチア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

クロアチアンキッチン

IMG_E7464 - コピー
タイル貼りのキッチンと石造りの壁を、ランプが照らす


一棟まるごとアパートメントは二人では持て余す広さ( *´艸`)。珍しくラジオがあったので、テレビは消してクロアチア語や音楽をBGMにした3日間

IMG_3948 - コピーIMG_3947 - コピー
IMG_3925 - コピーIMG_3953 - コピー
冬は暖炉に火がつくのかな?かなり大きい。昼間は扉開けっ放し(私達しか居ないし)


照明器具も素朴でまるでタイムスリップ!

IMG_3949 - コピー
IMG_3950 - コピーIMG_3956 - コピー
小物や布、ディスプレイが全て空間と統一されている


2階へ続く階段は新しい、少し残念

IMG_3928 - コピー
IMG_3929 - コピーIMG_3971 - コピー
寝室とお手洗い&シャワー室。小窓からは庭のプールが一望


重厚な石壁

IMG_3944 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

20:57 | 2018年スロベニア&クロアチア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

別荘のように

  IMG_E7376 - コピー
この村、グラチシテには泊まってみたい宿があった。敷地内には庭やプールもあり3つか4つのみ宿泊棟がある。全て石造りだ。1泊108€(¥13,716)HPからも予約ができたが、Booking.comでの方が安かったのでそちらから!


Holiday Homes Poli Svetega Antona
IMG_3975 - コピー
IMG_4032 - コピー
まだまだプールではしゃげる17歳
後ろの塔は村のシンボル


一棟どころか、敷地内貸し切りでした、他のお客さんいなくて、笑
洗濯物も干し放題

IMG_3967 - コピーIMG_3979 - コピー
IMG_3960 - コピーIMG_3965 - コピー
IMG_3962 - コピー
奥ではバーベキューとかもできるみたい


見上げれば葡萄が鈴なりだったり

IMG_3964 - コピーIMG_3977 - コピー
IMG_3978 - コピーIMG_4033 - コピー


信じられないぐらい静かでゆったりした時を過ごした2日間
IMG_3966 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
14:47 | 2018年スロベニア&クロアチア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

2回乗り換えて

IMG_E7375 - コピー
経由地Porecポレクで3時間あったので、ATMでクロアチアクーナを引き出し、絵になりそうなレストラン探し。朝以降食べていない息子はどこでもいいから入りたいがそういうわけにはいかない。中庭が素敵な所を発見、16時半なので誰1人居ないハッピーアワー(笑)トリュフのカルボナーラ83kn(¥1.411)前菜18kn(¥306)サラダ、スープ、ワインはそれぞれ30kn(¥510)


「クロアチア産の甘い白ワイン」をといったらコチラが♪美味しい!

IMG_3875 - コピーIMG_3874 - コピー
IMG_3880 - コピー
真っ赤な顔して戻る。ちなみにPorecのバスターミナルには荷物部屋があるのでリュックを預けれて便利!窓口でチケット30kn(¥510)を買うと係員が鍵を持って案内してくれる


さて、クロアチアのバスは遅れるのか?6年前に苦労した覚えはない

IMG_3877 - コピー
IMG_3879 - コピーIMG_3878 - コピー
宿の最寄の駅、Pazinパジンへは18:15発。時刻表も確認


チケットは試しに唯一ネット予約していた路線(何事もチャレンジャー)

IMG_3917 - コピー
IMG_3919 - コピーIMG_3920 - コピー
バスは8分遅れで来た。スロベニアに比べると遅れたうちに入らない(^▽^;)30分走行で1人40kn(¥680)ドライバーは終始不愛想。イストラ半島ののどかな風景


バスを降りても宿らしき人が居ない。10分遅れたから心配したが、駐車場の方から駆け寄ってくる女性2人が!ハウスキーパーだった♪これから向かう村は、バスもなく、宿の人にタクシーで行けるかと聞くとPazinでも難しいと言われ、それで有料でお願いしておいたのだ。どうしても訪問したかった理由は後ほど

IMG_3922 - コピーIMG_4025 - コピー
まずは、ここの素敵な宿をご紹介・・・


ようこそ、Holiday Homes Poli Svetega Antonaへ

IMG_3981 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
22:28 | 2018年スロベニア&クロアチア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

炎天下の下で

  IMG_3844 - コピー
スロベニアバス第3弾。国境を越えクロアチアのPorecポレクへ、更に乗り継ぎ、宿の人に迎えに来てもらうスケジュールを組んでいた重要な日、盛り込みすぎなのだけれど


ピランの時刻表には、ポレク行き16:31のみ。しかしバスHPで12:58があったので、その時間でタイムスケジュールを組んだ。念のため宿の人に調べてもらうとその時間はあったので意気揚々と30分前にはバス停へ

IMG_3660 - コピーIMG_3856 - コピー
来るのは近辺を巡回するバスだけ。ここはスロベニアですから、この国のバスにはすでに苦労させられてましたから遅れることはわかっていた。また30分遅れてくるのだろうか、まぁ、全く来ないわけです


バスを決して見逃さないように炎天下で立ちっぱなしの私とは逆に

IMG_3857 - コピー
昼寝モードだった息子( ゚Д゚)


私と同じようにヤキモキしながら待っている家族がいたので、勇気を出して聞いてみるとやはりクロアチア(ザグレブとロヴィニ)へ行く人だった。来ないね、と同情し合う、30分もとうに過ぎていた。16:31にズレこむのか、迎えを頼んでいる宿の人に遅れると連絡をいれる方法を、既に必死に考えていた。(アパートメントに戻りWi-Fi繋げてもらい、宿にメールを送信)


14時になろうとした時!ドライバーらしき人が声をかけてきてくれた。(いかにも不安そうにしていたから?)シャトルバスと書いていた。とにかくクロアチアに連れていってくれるならなんでもよかった、さっきのファミリーも乗り込んだ。すでにバンには3人乗っていて、私と息子はドライバーの横、そして定員いっぱいになる

IMG_3858 - コピー
ギリギリだし!!!笑
なぜバンなのか、もっと人がいたらどうする!12:58のバスはどした?


ツッコミどころ満載なスロベニアバス事情

IMG_3859 - コピーIMG_3860 - コピー
国境でのパスポートコントロールは10分停められて念入りにチェックされた


ピラン→ポレクは1時間。1人20€(¥2.540)と言われ40€支払った
帰りは3時間所要で1人¥2125だったので、物凄く高いと感じる

IMG_3918 - コピー


●2019カレンダー通販中♫
●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
23:21 | 2018年スロベニア&クロアチア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

外せないグルメ

  IMG_3913 - コピー
タルティーニ広場ともうひとつ、小さめの広場があって、そこでいつも賑わっているお店があった。「Fritolin Pri Cantini」 どうやらイカフライで有名らしい。木製まな板風のメニュー表、注文したら貝の番号札、出来上がったら魚の数字プレートがぶら下げられて各々取りにいくシステム。外国では珍しい、細かな演出だ、笑
IMG_3771 - コピー
イカフライはポテト付きで10€(¥1.270)値段は庶民的ではないのが残念


昼時にはほぼ満席

IMG_1483 - コピー
IMG_3853 - コピー
洗練された海沿いのレストラン♪


イカはスロベニア語で、Kalamari カラマリ
イカソテーKalamari na zaru 9.5€(¥1.206) ホッペが落ちるのでぜひ

IMG_3793 - コピー
IMG_3836 - コピーIMG_3713 - コピー
夜に行列になっていたアイスクリーム屋さんを見逃さない(タルティーニ広場)


店構えで分かる美味しさ♪ ZVEZDA
シングル1.8€(¥228)ダブル2.5€(¥317)

IMG_3835 - コピー
IMG_3837 - コピーIMG_3715 - コピー
カフェなので、美味しそうな他メニューもたくさんありました


ちゃっかり白ワインを、3.3€(¥420)

IMG_1473 - コピー

●2019カレンダー通販中♫
●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

12:34 | 2018年スロベニア&クロアチア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

基本アバウト

IMG_E5828 - コピー
小高い丘の上にひっそり建っていた教会と回廊を見つけて入ってみると、ひとりの女性がワインとケーキを準備をしていた。すかさずスケッチをしていると、そのうち人が集まりだし、ここの歴史や町についての?講座をしていました(*‘∀‘)


息子撮影(強制)

IMG_1490 - コピー
IMG_3788 - コピー
教会では演奏会に遭遇♪


さて、現金をATMで降ろしたくて機械を探すも、ピランではなかなか見当たらない(そこら中にあるのがヨーロッパなのに)。仕方ないのでタルティーニ広場にあるインフォメーションへ聞きに行く。受付の人、片手に珈琲を持ってこう言い放つ。「向こう」・・・。向うってどこですか?広場は広いのです。町の地図を使って説明すらしない彼らはいったい・・・。そこが案内所だということを忘れそうです、笑。とりあえず指の差す方へ行く(そんな私もアバウト)商店があるだけ。店で聞くと「右の方よ」右へ右へ行くと、奥まったところに発見!無事に現金ゲット

IMG_3849 - コピーIMG_3759 - コピー
IMG_3770 - コピーIMG_3772 - コピー
IMG_3776 - コピー
路地裏も観光客が少なくゆっくり散策できる町


果物屋さんがあったり、お土産屋さんがあったり

IMG_3839 - コピーIMG_3846 - コピー
IMG_3845 - コピー

●2019カレンダー通販中♫
●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

19:31 | 2018年スロベニア&クロアチア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

極寒

  IMG_E5829 - コピー
4日間のうち、晴れたのは発つ日のみだったピラン滞在・・・。しとしと雨なんかではない、台風並みの強い雨風と雷に見舞われた日々。寒すぎてセーターを25€(¥3.175)で買った。息子に合いそうなパーカーも見つけたが50€だったので我慢させる(笑)


アドリア海に囲まれた町で、泳ぐのを楽しみにしていた息子は海を眺める日々

IMG_3785 - コピーIMG_3796 - コピー
路地裏から出てきた時の強風で遊ぶ、ヒートテック着用


通常なら海水浴客で賑わう所、誰も居ず、この波では

IMG_3795 - コピー
IMG_3850 - コピーIMG_3806 - コピー
晴れた日はここまで透明度がわかる!意を決して入水、17:30


10分で上がってきた、笑

IMG_3808 - コピー
IMG_3799 - コピーIMG_3820 - コピー


スロベニアの生活が垣間見れた窓
IMG_3789 - コピー


●2019カレンダー通販中♫
●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

23:25 | 2018年スロベニア&クロアチア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

塩の町

IMG_E5306 - コピー
スロベニアの最西端にある港町Piran・ピラン。人口わずか4800人、一周しても30分ほど、バスでしかアクセスできない、私の条件にぴったりの田舎巡り最初の地( *´艸`)唯一のバスが難易度高すぎましたけれど・・・。市民と観光客の憩いの、タルティーニ広場。高台に聖ユーリ教会の鐘楼がそびえ立つ。ここをメインに、旧市街は車の乗り入れ禁止なのでのんびり観光できます(細い路地ばかりでそもそも通行不可)


半島の先端。アドリア海は綺麗で透明度は高い!

IMG_3711 - コピーIMG_3833 - コピー
IMG_3762 - コピー
聖ユーリ教会から、2€(¥254 息子は1€) 中世からバロック時代の町並み。長きに渡りヴェネツィア共和国の支配だったのでイタリアが色濃く影響しているのだとか


城壁も残っています、こちらも2€。町と海を見おろすには最高

IMG_3826 - コピーIMG_3831 - コピー
IMG_3827 - コピー
IMG_3758 - コピーIMG_3821 - コピー
IMG_3783 - コピーIMG_3819 - コピー
IMG_3775 - コピー
石畳の細い路地がたくさん。小さい町なので迷子にはなりません(*´з`)


ここピランは塩が有名。機械を一切使わない伝統的手法で1200年以上もの間、大切に受け継がれてきたそうです。美しいアドリアの海水・太陽・風により、雪のように真っ白で純度の高い塩が誕生している。広場沿いの「Piranske Soline」ピランスケ・ソリネという塩専門店で買えます。赤いマークが目印でお店もお洒落♪(ちなみに首都のリュブリャナにも支店がある、のを忘れてここで買ってしまい、その後重たい塩を持ち歩く羽目に・・・笑)

IMG_3838 - コピーIMG_1434 - コピー - コピー
IMG_1435 - コピー - コピー
塩にもいろいろ種類があり値段もピンキリ。コルク付き小瓶4.3€(¥546)化粧品や石鹸など加工品もありました(*‘∀‘)


夜のタルティーニ広場

IMG_3712 - コピー


●2019カレンダー通販中♫
●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
23:42 | 2018年スロベニア&クロアチア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

狭き厠

IMG_E5458 - コピー
どこに座っても絵になる、アパートメントHisa 7、ですが


どう座ってもどうにもこうにも不便なところがあった

IMG_3679 - コピーIMG_3682 - コピー
IMG_3680 - コピーIMG_3685 - コピー
洗面所とシャワーとトイレ、この3つがひとつの場所に!非常にコンパクトでまとめられていました


シャワーの間仕切り、布と木製の蛇腹タイプ。お洒落・・・ですが見たことがなく使ったことがなく、ワクワクしながら使用するも、下は段差があるわけでも防水になっているわけではないので、辺り一面シャワーの水で水浸し。外国あるあるですね(;・∀・)

IMG_3681 - コピー
IMG_3677 - コピーIMG_3678 - コピー
IMG_3684 - コピー
トイレの狭さ、息子で検証写真、笑。すぐ前が洗面台、かろうじて膝は当たらずにすんでいるが、大きな外国人はかなりきついですね、どうするのでしょうか。流すところは背中にあるボタンみたいなところを押す


そんなリスクも含め、古き良きアパートメント滞在はやめられないんだけど

IMG_3662 - コピー


●2019カレンダー通販中♫
●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

22:21 | 2018年スロベニア&クロアチア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

2部屋目

   IMG_3723 - コピー
2部屋目、ベッドルームは情熱の赤


ようこそ、アパートメントHisa 7へ♪

IMG_3751 - コピー
IMG_3667 - コピーIMG_3721 - コピー
ディスプレイもあちこちに。素足で過ごしたい、古き良き床板


女子の憧れ、まるで王妃のようなベッドフレームとシャンデリア

IMG_3669 - コピー
IMG_3708 - コピーIMG_3673 - コピー
息子には少し狭かったみたい(大きい外人さんなんてどうするんだろう(^▽^;))ベッドリネンはレースが施された白い綿。心地良い睡眠は、旅の疲れを取るのに一番重要


年季の入った木

IMG_3722 - コピー
IMG_3698 - コピーIMG_3668 - コピー
IMG_3700 - コピーIMG_3724 - コピー
窓を覗くと・・・隣の猫ちゃん♡


ピランで、暮らすように、古い民家に泊まりたいならぜひここへ

IMG_3743 - コピー


●2019カレンダー通販中♫
●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
22:32 | 2018年スロベニア&クロアチア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

YouTube頼み

IMG_E5454 - コピー
今まで散々アパートメントに泊まるリスクを体験してきたというのに、この小さな港町で2軒予約をしていた。Booking.comでの評価が高かったことと古い家にどうしても泊まりたくて。アパートメントは建物の一室が多く、看板もなかったりするので毎回120%迷う。オーナーさんに「何時にドアの前で待ち合わせをしたい」と事前に伝えると「ブザーを鳴らして♪」そのブザーが見つからないのも想定内・・・


名前は「HISA 7」。hisa(ヒシャ)とはスロベニア語で”家”という意味。どおりで壁にはhisaの表示だらけ、笑。人に聞きながら、違う部屋を鳴らしながらなんとか辿り着く。出てきたのは若くて明るいお姉さん。到着がだいぶ遅れたのに(バスのせいで)ノープロブレムと笑顔で出迎えてくれました♪ ↓窓to窓のご挨拶、猫ちゃん

IMG_3756 - コピー
IMG_3753 - コピー
木製の共同階段


踊り場を通り、2階へ。鍵は珍しく開けやすかった

IMG_3754 - コピーIMG_3752 - コピー
IMG_3686 - コピーIMG_3676 - コピー
IMG_3688 - コピー
小さなキッチン台はタイルと木製、ギシギシと鳴る床、アンティーク家具で揃えられた室内、生花と雑貨で彩られ、ヨーロッパでは珍しいエアコン付き!1泊¥14.600で予算オーバーでしたが、私のヨーロッパ旅10本の指に入るお気に入り宿に♪


洗面所が狭かったので、流しで衣類を洗濯~

IMG_3693 - コピーIMG_3728 - コピー
IMG_3725 - コピー
お湯を沸かしたいのに+と-表示のみで色々いじってみても下のつまみを回すも何もつかない・・・。すると息子が、コンロメーカーを入力してYouTubeで調べてくれる。こんなマイナーなスロベニアのコンロ動画を見る人がいるのかと突っ込みたくなるが、あ、ここにいました、笑。ちなみにクロアチアでもこれだったので、この動画に物凄く助けられました!


オーナーさんから自家製ミントとレモンのウエルカムウォーターと葡萄の差し入れ♪(こういう事は珍しいです)こんな可愛いキッチンだから、ここで食事も採りたくなりますね

IMG_3706 - コピーIMG_3719 - コピー
IMG_3777 - コピー

●2019カレンダー通販中♫
●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
22:52 | 2018年スロベニア&クロアチア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

何もない駅で3時間

  IMG_E5713 - コピー
鍾乳洞をたっぷり3時間楽しんだ後は、スロベニア最西端の港町へ。再びシャトルバスで駅に戻り、30分待って高速バスに乗り換えスムーズに行ける、はずだった


行きは小さいワゴンだったのに帰りは大きいバス。意表を突かれ危うく乗り過ごすところだった(次は1時間後しかない)

IMG_3647 - コピーIMG_3648 - コピー
IMG_3649 - コピー
14:30駅舎に見えないDivacaディパーチャに再び。小さいドアが出入り口、駅員も居ないし切符売場もないし、時刻表もない

タイルひとつ致命的だよ・・・。シャトルバス乗り降り場では港町へ行くバスの時刻表はない。すると一緒に乗っていたおばちゃんが向こうへ歩き出したので行ってみると時刻表発見!調べていた通り15時発。30分あるので近くのスーパーに買い出し(結局鍾乳洞では食べる時間もなく)。途中カフェにいたお兄さん達が「へい、どこへ行くんだぃ」と声をかけきたので思わず「スーパー」と答えたら「スパ?スパ?」と不思議がられる。この場合は”マーケット”です、笑

IMG_3657 - コピーIMG_3652 - コピー
IMG_3653 - コピー
そのうちバックパッカーや地元の子も集まりだしたので、ここで間違いないと待っていたが、15時になってもバスは来ない。15時半、バスがもうひとつの乗り場のほうに止まったのが見えた。(向こうかーい!)この二つのバス停、近くないので肉眼では行き先は見えない。走り寄る人もいる中、同じ港町に行くというカップルが確認しに行ってくれたので、委ねてしまった、旅先で信じるものは自分と言い聞かせているのに・・。「違うみたいだよ」その言葉を鵜呑みにし更にひたすら待ち続けること1時間。きっとさっきのバスだったのだと気付いても決して口に出したくない。どっちのバス停で待てばいいのかもわからない。カップルはどっちにバスが来ても走り寄れる、真ん中の固い地べたに座って待っていた


私達の状態とシンクロするみたいに突然、雷と豪雨に襲われる。息子との会話もほぼ無し。次のバスは16時40分、最終便に架ける。17時、しびれを切らしたカップルが駅ホームへ移動。「電車で最寄まで行ってそこからどうにかして港町へ行くよ・・・」とシフトチェンジしていた。ルートは高速バスしかないことは知っていた、タクシーを使うとしてもかなり遠いことも。私は諦めなかった、きっと遅れても来ると・・・

IMG_3656 - コピーIMG_3658 - コピー
17時10分!30分遅れでバスが来た。ここで息子と連携プレー。私だけバスに駆け寄り確認→OKと息子にサイン→ホームにいるカップルを呼んであげる→私はドライバーを引き留めておく。息子とそうしようと話し合っていた(相当暇だったし)カップルも助かったと笑顔を向けてくれた


約1時間で港町Piranピランに到着、予定より3時間遅れで

IMG_3659 - コピー


●2019カレンダー通販中♫
●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
21:38 | 2018年スロベニア&クロアチア親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

シュコツィアン鍾乳洞

20170618224120 - コピー
スロベニアには有名な鍾乳洞が2つある。観光地として整備され毎日大型バスが行き交い、トロッコ列車を使っていたりまるでアトラクションな「ポストイナ」。それとは異なり設備は最小限、大型バスは受け入れていない、最寄の駅からは不確かなバスのみ、アップダウンの道をひたすら歩く、世界遺産に登録されている「シュコツィアン」。どちらに行くか悩んだ時は、どちらがよりマイナーかが私の選択基準。自然の驚異をより実感できるのは後者のほうだという書き込みが多々あったのもあり迷わずシュコツィアンへ!じつはヨーロッパで最も深く最大


でも一番惹かれたのは↓この吊り橋。高所恐怖症でも渡りたくなる!
(内部の写真は撮影禁止により全てネット拝借)

Škocjan_Caves_(5) - コピー
IMG_3645 - コピーIMG_3630 - コピー
マイナーだからチケット売り場もさほど並ばず。毎時催行のツアーガイドのみ、10時20分に着いたので11時のチケットを購入、20€(¥2.540 息子は16€)これは内部のみ所要2時間。川沿いの散策ルート付にしたら3時間を要する。荷物預かりは無料、窓口で鍵をもらう。炎天下に鶏小屋風!?9.9割の人がここへは車で来るっぽいのでガラガラ、笑


カフェもこじんまり。ツアーから出てくる時間が皆かぶるためかこちらは長蛇の列

IMG_3646 - コピー
IMG_3633 - コピーIMG_3634 - コピー
11時のツアー出発、洞窟の入口まで歩いて10分。ドイツ、イタリア、英語のガイドが順番に説明後、約50人ごとのグループで入る。


光の演出も素晴らしく、より幻想的に。深さ200m以上、長さ6キロの壮大な地下空間は白亜と石灰岩で形成された自然美そのもの。200万年以上前から形成されてきたとか1万年以上前に人が住んでいた痕跡もあるとか、全てが想像をはるかに超える空間でした。断崖絶壁の下にはレカ川が流れており、滝の音が響き渡っている。見とれて立ち止まってばかりいるとツアーに遅れ気味になります、笑

src_45176403 - コピー
IMG_3635 - コピー
日光が差し込むゴール地点は撮影可。


ここから歩いて30分か、ケーブルカー10分か。もちろん余韻に浸りながらレカ川沿いを歩いて帰る。2時間コースのはずがほぼ3時間、13:45になっていた。大満足!

IMG_3638 - コピーIMG_3641 - コピー
IMG_3640 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

21:03 | 2018年スロベニア&クロアチア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

保障のないバス

IMG_E5302 - コピー
スーツケースを置いてバックパッカーで出発。世界遺産の洞窟群に寄った後、港町に3泊。クロアチアのイストラ半島の村を3カ所回り、帰ってくるのは10日後


ホテルの近くにあったOlimpasという店、ミートパイが美味しいとのネット情報。(24時間営業)早朝、電車の中で食べようと、2€(¥254)×2買う。大きすぎて1つでよかった、油っこい、味が薄い、なにも美味しくなかった(涙)

IMG_3612 - コピーIMG_3613 - コピー
IMG_3614 - コピーIMG_3616 - コピー
今回の旅で電車に乗るのはこの1回のみ。リュブリャナ駅、首都なのに全くごった返していない、ホームも電車もガラガラです、笑


調べていた時刻表を手に、窓口で切符購入(車内でも買えます)1時間で7.7€(¥978)電車は20分前にホームにくるという、外国らしからぬ余裕っぷり。目的地までの停車駅を停まるたびに確認するも、調べてきた名前と全く合わず(なぜだ・・)この電車で合っているのか方向は合っているのか不安なまま「Divaca」ディパーチャ駅には無事到着

IMG_3619 - コピー
IMG_3623 - コピー
IMG_3624 - コピーIMG_3627 - コピー
ここから無料シャトルバスに乗る。このバスの情報が少なすぎて本当にあるのか乗れるのか行ってみないとわからなかった。10:00発なのに、電車が15分も遅れ10:05。逃したら1時間後しかない・・・。しかし電車の接続と合わせてくれるという情報を信じ、駅を出て右方向へダッシュ!車発見!結局、調べていた時刻表とは変わっていて9:50発だったので15分も待っていてくれたみたい。9人乗りに5人、もっと乗る人がいたらどうだったのか(笑)ちなみに帰りは普通の大きいバス。10分ほどで到着!


シュコツィアン洞窟群へのシャトルバス(2018、8調べ)
行き 9:50 11:15 14:00 15:00 16:30
帰り 10:02 12:00 14:12 15:10 17:15

IMG_3628 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

17:15 | 2018年スロベニア&クロアチア親子旅 | comments (2) | edit | page top↑