FC2ブログ

鳥瞰図・オフィス編

matsumoto201807 - コピー
構想から2か月、長く取り組んできた鳥瞰図が完成。建設会社まつもとコーポレーション様の本社オフィスは、2017年12月 表町に移転。ビルの1階にあり、商店街に面したところは一面ガラス張りで、商談スペースや会議室をあえて見える設計に。画面左下には、デザイナーのル・コルビジェがデザインした最高級イタリア製ソファが12も。そう、ここはデザイナーズチェアがあらゆる所に配置されており、そのディテールをはじめ、これだけこだわったオフィスをどう描いていこうと、それにこれだけ大規模な鳥瞰図は初めての試みで(今まではホテルの一室や、お店など) これまで培った技術を最大限発揮しようと取り組みました


会社の会議室を借りて制作に通った日々。個室でエアコン付きで快適、笑
(描いている私は、鳥瞰図右下にちゃっかり登場)

IMG_7321 - コピーIMG_7446 - コピー
IMG_7440 - コピーIMG_7356 - コピー
会社に平面図を頂き、まずは配置(全て鉛筆とさしのみ)


平面図が狂うと空間も狂いますので、大体の寸法を測りながら下書きしていきます
納得できたら立体にしていきます。さしは当てますが、角度は目分量、笑

IMG_7335 - コピー
IMG_6147 - コピーIMG_6152 - コピー
IMG_7349 - コピーIMG_6163 - コピー
IMG_6226 - コピーIMG_8119 - コピー
オフィスで働く社員さん♪ 鉛筆が納得できたらいよいよペン入れ


ここまできたら9割完成!色塗り前

IMG_8491 - コピー
IMG_8493 - コピー
今後、HPやパンフレットに使ってくださるそうです♪


オーダーメイドの額に入れて無事納品
オフィスビル外観スケッチは2018暑中見舞い葉書に使用

IMG_9355 - コピー


22:29 | お仕事 | comments (0) | edit | page top↑

夏のデセール

  IMG_9131 - コピー
岡山といったら清水白桃とマスカット。7月の夏コースメニューでした
宇治金時の底にはホワイトチョコのパンナコッタ、抹茶とホワイトチョコのクランチ、マスカットのジュレ、アーモンドスライス、マスカットティーのメレンゲ、菊の花弁で彩って。ピンクの塔には下から、カスタードクリーム・ピスタチオのパンナコッタ・フランボワーズ&ローズシャーベット・角切りの白桃・エスプーマ・白桃アイスクリーム(絵の中で断面を想像画) 焼き菓子はマスカットマカロン、白桃マドレーヌ、黒豆ときなこの生チョコ


毎年デセールスケッチを担当→倉敷の洋菓子店パティスリー オクサリス
倉敷といったら風評被害で観光客が激減しているらしいですが、美観地区などは全く豪雨の影響はありません!

IMG_8450 - コピー
2015年~2017年度♪


焼き菓子販売の奥、カフェスペースに飾られています

IMG_8452 - コピー

22:04 | お仕事 | comments (0) | edit | page top↑

鳥瞰図・Kuldiga宿編

IMG_E7036 - コピー
バルト三国を旅して、はや来月で1年(^▽^;)ラトビア宿編で完結です
(フィンランド、ヘルシンキのアルヴァアアルト自邸の鳥瞰図は間に合わず)


Q:鳥瞰図はどうやって描くんですか?
A:必要なものはシャーペンと30㎝ものさしと消しゴム。平面図を元に、室内写真と記憶から少しづつ緻密に立体にしていく。どこを見せるか曲線にするかどの壁を取るかなど制作しながら考える。時々立てかけて数日放置して客観視しながら手直しを何度もする。鉛筆書きに納得したら、フリーハンドでペン入れし(再度写真を見ながら)、水彩絵の具で着色して完成。相当な時間を要します(;・∀・)でもスケッチと同じくらい楽しい作業です
IMG_5723 - コピーIMG_5725 - コピー



さて、この古いアパートメントRoberta Hercberga Apartamentiのブログはこちら→「眩しい朝」と「20€でチェンジ」 最初、共同シャワーの狭いRoom1を予約していたけれど、3倍広いもはやスイートルーム(といっても二人で50€)のL字の部屋に急遽変えてもらった。ここでは絶対この部屋に泊まりましょう(といってもこんな小さな村、行く人あまり居ないか・・素敵な小さな村よ、クルディーガKuldiga)

IMG_9172 - コピーIMG_9146 - コピー
IMG_9231 - コピー
朝の光で目覚めることができるベッドルーム・・・


白く塗られた床板と、アンティークの家具で揃えられて

IMG_9237 - コピーIMG_9164 - コピー
IMG_9168 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
19:33 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

ガーデンカフェ休業

IMG_7457 - コピー
最近お気に入りカフェができたのに、西日本豪雨によりこのお店も床上浸水の被害に。奥の重厚な古民家は店主の自宅、ここも浸水。しばらく営業再開されないそう(;・∀・)今回の災害は、岡山の各所で被害が広がりました


住宅街の中の一軒家カフェ(岡山市久米)。手入れの行き届いたガーデニングを囲むように席が作られています。ここは市内とは思えない、まるで山の中にいるような感覚。Tea&Coffee 「Bleuet」 ブルーエ ちょうど紫陽花が咲き乱れていました

IMG_6765 - コピー
IMG_6755 - コピーIMG_6745 - コピー
IMG_6746 - コピー
お庭で摘み取った花たちが、空間をより彩ります


いろんな形の照明があちこちに

IMG_6747 - コピーIMG_6759 - コピー
IMG_6763 - コピーIMG_6749 - コピー
ここが素晴らしいのは空間だけでなく、食べ物にも力を入れていること。ドライカレーは家庭のありきたりなものではなく、スパイスがいくつも加えられ丁寧に作られている。サラダも菜っ葉だけではなく、色とりどりで量もたっぷり。


ここでは必ず、最後のケーキも頼みましょう(ランチ、ドリンク、デザートを頼んでも¥1200)ケーキ屋さんで陳列されているようなレベルのものが頂けます。それもそのはず、昔パティシエに直接習っていたとか。極上の時間、ランチ、スイーツ。また再開されるのを楽しみに待っています(早くても9月以降)

IMG_6750 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

15:38 | カフェ&お店 | comments (0) | edit | page top↑

町家カフェ閉店

IMG_E7455 - コピー
静かに雨が奏でる音とJAZZが響く店内。私の心が動く空間、カフェ紅緒。高梁まで車で1時間走らせ、久しぶりに辿り着く。ここはちっとも変わっていない。空き家になっていた築100年の大正時代町家をリノベーション、隅々まで手入れの行き届いたカフェでした


「6月で閉めるのよ」 10年続いたカフェだった
夢中でペンを走らせる・・・

IMG_7146 - コピー
IMG_7132 - コピーIMG_7139 - コピー
紫陽花がそこかしこに。日本の夏、うちわ


取り壊しなどではなく諸事情によりだそうです。今後は企画時のみオープン、お盆の14日(火)~16日(木)11時~17時、開くそうです♪ぜひ1人でも多くこの空間を堪能してほしいです(´▽`*)

IMG_7131 - コピー
IMG_7133 - コピーIMG_7138 - コピー
IMG_7135 - コピー


また通常再開する時を願って・・・紅緒さん有難う
IMG_7134 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

11:36 | カフェ&お店 | comments (0) | edit | page top↑

鳥瞰図・Vilnius宿編②

IMG_7070 - コピー
リトアニアの首都ヴィリニュス、宿編Part2。屋根裏の、二部屋ある宿Hotel Apia。町中から離れた安い宿にするか、町中で便利な高い宿にするか、この時ものすごく悩んだことを思い出す。このときの宿のブログ「朝食100m先」 朝食は別の五つ星で取るようになっていて、飲み物はセルフサービスではないし、バイキングで並んでいるものがまるで違った♡(いつも2つ、3つ星のホテルの私達ですから)


IMG_9267 - コピーIMG_9263 - コピー


ベッドと調和の取れた壁紙♪
IMG_8022 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
11:48 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

ヨーロッパ画集 再輸入

IMG_7189 - コピー
韓国での初出版から早7か月。おかげさまで増版を経て、今回再輸入できる運びとなりました。短い期間ではございますがもしご希望の方は7月10日までに、部数・お名前ご住所をお知らせ下さい。輸入&発送は7月中旬を予定しております


本の詳細はこちら(要読)→画集 ヨーロッパの小さな町旅

IMG_7184 - コピーIMG_7180 - コピー


フランス・イタリア・クロアチア・イギリス・スペイン・ポルトガル
縦21、3×横15、3 厚さ1、7cm 全カラー288ページ

IMG_7181 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
10:35 | ヨーロッパ旅 出版本 | comments (1) | edit | page top↑

鳥瞰図・Vilnius宿編①

  IMG_E5066 - コピー
リトアニアの首都ヴィリニュスで泊まったシェイクスピア ブティックホテル。上からバスルーム、ベッドルーム、ラウンジルーム♪中心地にありながら、表通りから離れた中庭に面した部屋で、小鳥のさえずりで起きる朝でした(*´ω`*)



ホテル記事→「よりにもよって」 ロミオとジュリエットの愛溢れる部屋で、息子に嫌がられたっけ
IMG_9341 - コピー
IMG_9298 - コピーIMG_9291 - コピー


何よりオーダーメイドできる朝食が素晴らしい!オススメ宿
IMG_9300 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

18:36 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

Instagram「泉ハウス」作成

IMG_E6556.jpg
築60年の古民家、ここにアトリエを構えて早15年目。暑い夏の8月、引っ越してくる前、大家さんに了承を得て壁をペンキで塗ったのがはじまりだった。いきなり台風が上陸して雨漏りの洗礼を受けたり、へんな虫が発生したり、トイレは今でもよく詰まるし、すきま風が吹き荒れるし、床の穴からは隣の晩御飯の香り、雨どいも役目を果たさずだだ洩れ、洗面所の流しから水漏れでタイルを貼ったのにダメで、この前は漏水が発覚(水の請求金額4倍!配管に穴が開いていた)夏は涼しいが冬は極寒。でもそんなこと共にすることに苦はなかった、素晴らしい空間の古民家だったから


来年ついに取り壊しの運命を下され、しばらく受け入れられなかったが、現実を受け入れ、新しい一歩を踏み出さないと。ということでインスタグラムで家のアカウントを作りました♪残り10カ月、感謝をしながらここでの暮らしを丁寧に綴っていきたいと思います(*ノωノ)


不動産屋さんに連れられて内見に来たとき、ちょうど庭に紫陽花が咲いてた、今も健在♪
IMG_6385 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
22:07 | 泉ハウス | comments (0) | edit | page top↑

鳥瞰図・Tallinnアパートメント編②

IMG_5067 - コピー
ぎしぎし鳴る古い階段を上がると、その古いアパートメントはある。細長い造りになっていて、ネットで見た、タイルのキッチンと暖炉に一目惚れしてここに泊まりたいと思った。キッチンの高さまでは気にしていなかったが、たまにヨーロッパでは私の背の低さを考慮しても異常に高いところがある・・・絵の中で自分を立たせてみましたが、おわかりでしょうか。その時のブログはこちら→「次の宿ミッション」 


鏡を効果的に使って空間を広く見せていました

IMG_8966 - コピー
IMG_8968 - コピーIMG_8965 - コピー
奥のカウンターBARの裏は食器入れ。洗面所は漆喰の壁と煉瓦


キッチンタオルの模様を絵の中に散りばめました♪

IMG_8964 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
22:47 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

鳥瞰図・Tallinnアパートメント編①

IMG_E5044 - コピー
エストニアのタリンで泊まったアパートメントその① Reval Old Town Home
その時のブログ→「リスクあってもアパートメント」 
中庭に沿って、Ⅼ字に玄関、お手洗い、台所、ダイニング、リビング、寝室、シャワー室まで広くて贅沢なワンフロア。全室自然光が惜しみなく降り注ぐ。そして北欧らしい落ち着いたインテリア。一番頑張って描いたのは床の板模様(=゚ω゚) タリンに着いてからずっと雨で、雨は雨でも土砂降りで、気温は11月並で(8月だったのに)、このアパートに引き籠りそうになったのお分かり頂けるかと思います


オーナーさんのおもてなし精神、本物の薔薇。部屋の中は花と、アロマの香りに包まれて・・・

IMG_8865 - コピー
IMG_8869 - コピーIMG_8896 - コピー
IMG_8892 - コピーIMG_8894 - コピー


この暖炉も描きたかったのですが、レイアウト上、断念
IMG_8898 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
14:55 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

解体現場から

  IMG_5722 - コピー
近所でまた古民家が解体されるところを突入し、鏡を頂いてきました。夜中、白い服着た髪の長い女が映ったらどうしよう


人の出入りが少なくなっていたので怪しいなと思っていたらやはり。またひとつ古民家が消えるのは寂しい、人の家だけど。鏡は縁側の壁に取り付けてあったもの。作業員の人にお願いして外してもらったら家まで運んでくれました。

IMG_5598 - コピーIMG_5706 - コピー
IMG_5721 - コピー
玄関入ったところ。なかなか上ランクの古民家、私なら喜んで住むレベル


ガラス製の照明。外してもらおうとしたら根本がコンセント式ではなく直付け?だったので断念

IMG_5717 - コピーIMG_5720 - コピー
IMG_5719 - コピーIMG_5716 - コピー
IMG_5711 - コピー
紋様が可愛い欄間も欲しかったが、簡単に取り外しはできずこれも断念


台所とお風呂。ステンレス浴槽やタイル貼りはうちのと似てた

IMG_5713 - コピーIMG_5707 - コピー
IMG_5710 - コピーIMG_5708 - コピー
階段もあじがあったのに(急でもなく)


2階、建具の美しいシルエット。こうしてまたひとつの家が幕を閉じた

IMG_5712 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
13:58 | お宅訪問 | comments (0) | edit | page top↑

鳥瞰図・Helsinki木造建築編

IMG_E4941 - コピー
1818年建設、ヘルシンキ中心地にある最古の木造建築
当時の生活を紹介するミュージアム、小さい小さい一軒家です。部屋ごとに壁の色やテイストが違うのがお分かりですね♪日本からフィンランドに着いたばかり、でもこの日にしかここに行ける時がなく、空港から市内まで電車→路面電車→路線間違える→ユータン→停留所から一気に走る!閉館10分前に到着して写真だけなんとか撮らせてもらった。後にこれを完成することができて感慨深い



その時のブログ→「ネバーギブアップ」
玄関を入った先の廊下に、隠し階段があったことを、誰かのネット画像で発見したのはこの絵が完成した後(;・∀・)(私が描く鳥瞰図は、実際のものと異なる場合がありますがご了承下さい) ↓下書きは鉛筆で描きおこしていき、何度も立て直したくさんの時間を要しますが、楽しい

IMG_3162 - コピー
IMG_8783 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー



15:08 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

ワンコイン定食

   IMG_4501 - コピー
このご時世、いつも500円で食べられる定食があるなんて。岡山市内から高速で約1時間、里庄町新庄にひっそり建つ古民家・志登田。OPENは、水・木・金・土の10時~16時のみ(他、臨時休業あり)ランチは限定食なので予約しといた方が無難です。私たちは総勢7人で1ヶ月前から予約して楽しみにしていました♪


看板もあじがある。経営されているのはおばちゃんおじちゃん( *´艸`)

IMG_4493 - コピーIMG_4492 - コピー
IMG_4504 - コピー
サラダと紫蘇入り豆腐ハンバーグの茸ソース・切り干し大根・ほうれん草のナムル風・つくしの佃煮とふきのとう・菊芋のしょうゆ漬け・玄米・お味噌汁!量もしっかりあり、もちろんどれも美味しく、幸せなワンコイン・・・


ケーキは200円。生クリームと果物添えとは、この手の込んだオマケが嬉しい

IMG_4505 - コピーIMG_4494 - コピー
IMG_4495 - コピーIMG_4502 - コピー
吹き抜けの土間は砂利。木工品の販売スペースになっている


囲炉裏は冬に囲みたいですね♪また行きたい

IMG_4499 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー



20:59 | カフェ&お店 | comments (0) | edit | page top↑

日本酒ラベル

  IMG_3449 - コピー
”肥料・農薬を使わない木村式自然栽培によって収穫された、岡山の誇る酒米「雄町米」を使用し、蔵元社氏が最新の注意を払い、丁寧に醸しました。芳醇な香りと雄町米のふくよかな旨みを持つ、自然の恵みの味わいをお楽しみ下さい”
倉敷ロイヤルアートホテルの中にある、日本料理「倉敷」にてご注文できる日本酒です。(物販許可がおりたらお土産コーナーにも置くとのこと)瀬戸大橋30周年記念に合わせ、有名な玉島の菊池酒造さんで製造されたもの。奇跡のお酒、、ぜひ堪能したい!・・・と、残念ながら私は日本酒が呑めず、ここで感想を述べることができずすみません(;・∀・)


細長い瓶で御提供、¥1.500(税込・200ml)
(*後ろのイラストは本品と関係ありません)

IMG_4965 - コピーIMG_4966 - コピー
IMG_4971 - コピー
瀬戸大橋は実際描きに行きました♪


DSC_1859 - コピーDSC_1862 - コピー
DSC_1846 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

19:41 | お仕事 | comments (0) | edit | page top↑