FC2ブログ
カテゴリ:2012年イタリアからクロアチア親子旅

イタリア野菜

   野菜(イタリア・グッビオ) - コピー
日本にはない珍しいイタリアの食材シリーズ。火曜市も昼になると店仕舞い。慌てて買う、より描いてる私に、おじさんはウィンクしてくれながらもどんどん車に積んでしまう。ギリギリ描き上げる。


メロンとトマト柄のかわいい箱

野菜や果物 - コピー木箱 - コピー
メロン - コピー箱もかわいい - コピー



これは日本でいう、すもも?かな

フルーツ - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
14:21 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

週1マーケット

ポルケッタ屋(イタリア・グッビオ) - コピー
クリスマスツリー、鳥籠リフト、蝋燭祭りと続いて有名なのが
グッビオの火曜市朝6時~昼12時くらいまで


人だかりが耐えない店を見に行くと、車の荷台を改造した”ポルケッタ”、仔豚の丸焼き屋さんだった。パンにお肉を挟んでパニーニにして食べるのが定番みたい(買い損ねた)堂々と正面から描く。店員は多忙なのでこちらのことはわかってもそれどころじゃない感じ、そのほうが私は気が楽。皆さん豚さんとシンクロしてるかのように丸々しておられて・・・♡

毎週火曜のマーケット - コピー
ネットではマーケットの情報はどこにも書いていなかった。ホテルのおじちゃんが「明日朝市があるから行ってみたら?」と教えてくれた。ちょうど滞在が火曜を含んでいたのでラッキーである。広場や駐車場が全部マーケットになる、けっこう大規模なのだ。キッチン用品、服、花、野菜果物豚肉シーフード、ガラクタまで並ぶ様はもう蚤の市!


私らの背ぐらい積み上げられたワゴンの中身は全てテーブルクロス。刺繍は全て手縫い、新品ではないのでよく見ないとシミ汚れ破れがある、それを見落とさないように息子にも協力してもらいながら30分くらいあさって、20枚をゲット

クロス山積み - コピー002 - コピー


こんな荷台で野菜売り。描こうと戻ったときにはもう居なかった(涙)
荷台で商売 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

16:10 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (4) | edit | page top↑

鳥籠リフト

img354 - コピー
絶叫アトラクションが好きな息子を驚かせる日がやってきた。鳥籠リフトでロープーウエイ、これに乗るためにこの町に来た、あんな苦労して乗り継いで。スキーのリフトなら乗り場はスピードダウンしゆっくり座れるが、ここはハイスピードのまま鳥籠が迫ってくる。いったいどのように乗るのかと思ったら、二人前後に並ばされ、一人づつ飛び乗るかんじ。そして帰りは飛び降りる(笑)もちろんスタッフがついているが怖すぎる

大人往復5€(¥490 子供は4€)頂上までは5分程度。立ち乗りの二人乗りで、上半身むき出しの簡単な造り。下も完全に透けているので高所恐怖症の人(私)は注意が必要
どんどんあがる~ - コピー下スケスケやん - コピー
景色最高~ - コピー
ミイラいました・・ - コピー
聖ウバルト教会に寄ります。あの一番上の棺の中には・・
守護聖人聖ウバルドが安置されています


この人がウバルトさん!?

頂上の教会で - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
17:40 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

まさかの気温

グッビオ地図 - コピー
朝ホテルを出て6時間、半日かけて無事ローマからグッビオ着
降りてまっさきにまず後悔、ローマのホテルに防寒着や長袖、ショール、靴を全て置いてきたことを、荷物を少しでも減らすために。クロアチアでもローマでも普通に暑く快適だったのに。最後ここで本格的に必要だったなんて。ちなみにグッビオ滞在は9月1日~4日。現地の人はカーディガンどころかコートを着ている。息子のリュックの奥に薄いウィンドブレーカーがあるのみ、それを交互に着てしのぐことになろうとは、3泊4日



もう15時、お昼を食べ損ねていたのでホテルに荷物だけ置いてすぐレストラン探し。これがもうランチ終わってたり閉まってたりで、坂も多く(斜面に作られた村だからね)寒さと共に疲れきったところでジェラート屋発見
マリア様 - コピー門がたくさんある - コピー
路地から - コピー
メイン広場の塔はミュージアムになっている。坂が多いグッビオですが、下からあの塔へ行くエレベーターがどうやら設置されてるそうです(後で知る)その入り口はお店と区別しにくい、頭上の看板”ASCENSORI”という単語らしい、見つけてね


山の斜面なので階段も多い - コピー路地裏のアーチ - コピー
暖炉上のペイント - コピー


塔の一番上からの眺めは絶景♪
グッビオ1 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
21:50 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (4) | edit | page top↑

これがほんとの駆け込み乗車

すもも - コピー
ローマからグッビオへの行き方は2通りあった。ひとつは電車で3時間→ペルージャまで、鉄道駅からはグッビオ行きのバスは出ていないのでPartigianiパルティジャーニ広場までバスで行って乗り換える。時間も長いし駅からローカルバスに乗って広場に辿りつかないといけないのがネック。なのでもうひとつの➟「ローマから地下鉄で4つ目のTiburtinaティブルティーナまで出て、ペルージャのその広場のバス停まで直で出ている高速バスで2時間、着いたら乗り換えるのみ」の方を選んだ、簡単だと思った。


まず地下鉄。ローマ・テルミニ駅から、4つ目。だけど電車反れた
このへんはお約束のユータン・・・(1回券1.5€ ¥147)

早速路線間違える - コピー

地下鉄からバス停まで遠い・・ - コピー
バスチケット売り場 - コピーローマTiburtinaバス停 - コピー
ティブリティーナ駅からバス停はすぐ分かるとネットに書いていたが、改札は地下で表示も何もなく、地上に上がってもバス停などどこにもなく広場があるだけ。売店の人に聞くも「上、上」って指さすだけ、上ってどこ・・・あの上のさらに道路を渡った向こう側でした sulga autolinee(スルガ社)


窓口には無愛想なおばちゃん。ノートに日付と時間を明確に書いて見せます。「9月1日 ローマ→ペルージャ/9月4日 ペルージャ→ローマ」これで往復券ばっちり、「バスは13~16に停まるわ」番号選択多過ぎ、笑。ふと、さっき買った券の帰りが9月1日と、日帰りになってることに後で気付く。謝るどころか面倒くさそうに切符を切り直すおばちゃん。今度は往復9月4日になっている(涙)怒りとバス出発時間が迫るわ不安で手が震えている。もう一度切符をやり直させている間に、息子を大声で呼び、荷物と一緒にバスの前に立ってて!と指示をする。この便を逃したら次は4時間後しかないから絶対乗りたかった


おばちゃん切符作るの遅い。結局オープンチケットに変わっていた、9月1日~9月30日の。追加料金と言われ息子は最初子供料金で切ってくれたのに大人×2になっていたり、でももうこれ以上は面倒臭かったのでそれを買う・・・往復26€×2(¥5.100。ちなみに最初は36€だったのに→¥3.530)
乗り込んだのは出発3分前10時半発

朝から疲れる。すでに満席。かろうじて一番後ろ、両窓側の客が荷物置き場にしていたところを「Sorry!!」と強引に座る。そしてその客はずっと車内で携帯電話。やっぱり電車で行けばよかったのかと後悔していた。(ちなみにこのバスはペルージャの後アッシジに行く。限られた便のみだけど)
珍しく電光板がある - コピー
12時45分ペルージャ・パルティジャーニ広場着。この写真は帰りだったのでローマと出てますが、こうゆう電光掲示板が番号ごとに設置してあるのは珍しく、外国ではほとんどありません。これに「Gubbio 13:20」を見つけた時には嬉しくなったものです、30分待つだけという接続も◎(次は14:10と出てました)今度はバス会社は変わってapm社になります


さっきのバスとうってかわってガラガラ、乗車たったの8名(しかもグッビオに降りたの私らぐらい)かなりのローカルバス。ウネウネ山道をけっこうなスピードで1時間、息子は気分を悪くし、水のいらない酔い止めドロップを服用しながら、もうすぐ、もうすぐ着くからと励ます
ペルージャバス停 - コピーペルージャ→グッビオ - コピー
一番後ろをゲット - コピー山道をウネウネ1時間 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
15:48 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (2) | edit | page top↑