カテゴリ:2012年イタリアからクロアチア親子旅

立体図 ロヴィニ編

img019 - コピー
壁もピンク、中もピンクとなんともラブリー♬石造りでギシギシ音がする使い込まれた床板、よかったんです、部屋は可愛くてよかったんですけどね・・あ、ちなみにベッドは私の背(147㎝)でぴったりだったので、これ男性どうすんだ?足突き抜けちゃうんで丸くなって寝るしかないですね。高かったー!!夏のハイシーズンだったですけど、ここ高かったー(涙)1万以上したもんね。それでも周りのホテルに比べるとまだマシだったけど。もしチャレンジャーな方は、当日ソベ(民宿)を探してもいいかも、いっぱい見かけたから。


このときのブログはこちら→→ 「水難音難」
食器も揃ってる - コピー




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
08:37 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

立体図 グロデュニャン編

img020 - コピー
赤いカーテンが天井から風に揺れる。一軒丸ごと貸してもらったような宿だったよね、目の前は教会で静かで林檎畑があって・・・1泊しか居られなかったけど、1週間滞在できてたら本当の”バカンス”味わえたのに、「描かなくちゃ」って焦らない日があってもよかったかもしれない。(あ、ダメ?)


このときのブログ→→
「ホームスティみたい」
ここから入るのよ - コピー


敷地内の庭は自由に散歩できるの♬
グロデュニャンは小さい村だけど、この宿に泊まりに行くのにわざわざ訪れたい

いろんな植木が混在 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

16:25 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

立体図 農園ホテル編

img021 - コピー
去年のクロアチア旅が蘇ってきます。図シリーズはじまりはやっぱりここから!
Casa Matiki  カサ・マティキ。ソーニャとワンコたちにまた会いたいなー



あれからベッド式ハンモックができてるし!


以下、ソーニャのFacebookから写真を拝借

575573_10151573365499604_545795851_n.jpg575478_10151573368479604_1291631042_n.jpg
年をうんと重ねても明るい花柄ワンピースを着る。すてき


249070_10151584663474604_615133389_n.jpg
935599_10151570190284604_1235584957_n.jpg417589_10150640278849604_2100184677_n.jpg
赤いソファのある部屋もいいね。ひよこちゃんたちも産まれたみたい
(朝食はこの採れたて卵で作るハーブオムレツ)



428737_10151573377099604_1146235687_n.jpg17219_10151551369914604_588178001_n.jpg


クロアチアのイストラ半島に行く際にはここにもぜひ♬
944211_10151573362289604_1085797693_n.jpg



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
11:33 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

旅の最後に

   img363 - コピー
スケッチに付き合ってくれた息子へのご褒美は、毎年恒例遊園地で1日中遊ぶこと。だがローマ市内にはなくて、どうやら電車で行かないといけない距離。事前調べをするも大体皆さん現地在住とかで車で行ってるらしくアクセス情報はほぼゼロ。こんな観光客は珍しいのだろうか(笑)そんな中”テルミニ駅からシャトルバスが出ている”という情報を掴んだ、あとは行って駅で聞くとか調べるしかなかった。

シャトルバスは「Via Marsalの側、Bar Torombettの近くが乗り場」らしく、行って見つけましたよテルミニ駅の東にバー・トロンベットありましたよ、でもそれらしきバス停なんてない、遊園地のロゴなどどこにもない・・。テルミニ駅の目の前が大きなバスステーションエリアになっていたのでそこの運転手をつかまえて聞いてみると、「あそこの緑のボックスに行け」と総合案内所?らしきテントを指差された。「ここからバスはないわ、電車よ」なんだったんだあの情報は・・ということで前は出ていたかもしれないが、今はありません だけど通常35€するのが28€(¥3.450→¥2.750)という割引チケットをここですすめられ、事前に安くゲットできてラッキー!(子供料金と同じ)


朝9:20発、遊園地のある”Valmontone”ヴァルモントネまでテルミニ駅から7つ目。所要時間50分で3€(¥295)って安いわ~。エアコンもちゃんと効いててイスも良くて快適な列車だ。あのアンコーナからのボロ列車がどんなにボロのボロだったか思い出される。さて、駅に着くと子供たちがダーっと走っていく、その方向へ行くとロゴを彩ったバス発見♪東洋人は私らだけ。もちろん無料、10分でアラブのような景観の遊園地に着いた!行けたぞ交通機関のみで(笑)ということで・・



ローマの遊園地はここ!Rainbow Magicland レインボーマジックランド!
65.png
去年スペインでずぶ濡れになったのを教訓に息子は水着装着で正解、ウォーターアトラクションは全身バケツの水かぶったみたいになります、やはり半端なかったですイタリアも。「最後まで居たかったな~」ってこれでもシャトルバス最後の時間まで居たのに、10時間居たからもういいだろ・・


2012年8月の出来事を、9月から約半年にかけて旅日記綴ってきましたが一旦締めくくりです♪帰国するとき残したユーロは52セント=51円。出国審査の時お兄さんパスポートの中身も見ず「Japan OK!」で通されたっけ。今年の夏はまだ未定。中学生になる息子の予定が立たず、どこかに行くとしてもギリギリの決断となりそ~それだと安い航空券が見つかりそうにないけど仕方がないか・・。「かあちゃん、もう1人で行って」と言われるその時まで・・もうこの夏にはそう言われるかもしれないけど、私と一緒にまた行けるなら喧嘩ばかりしても今はピンときてないとしても、ここではない未知の地で自分の目で体験・体感して旅を通じて世界を見ることを15歳までは手助けしたい。けど思春期で無理だろうな(笑)

ハト兄さん - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
14:36 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

無法地帯ホテル

img361 - コピー
クロアチアに渡る前から泊まっていたローマのホテルがこの日グンと値段が上がっていて移動は面倒だったけど安い違うホテルを予約していた最後の夜。でもテルミニ駅からすぐだったので立地は最高、ホテルもすぐわかって安心したがドアをあけたら右にすぐカウンター、そして人すれ違う分ぐらいしかスペースがない、通路かというフロント。チェックインやアウトをする人が重なると大混雑になるという狭さ。まぁ、いい。奥のEVで部屋へ、洗面所が強烈な消毒臭さだったがまぁ広くて快適だなと思ってはいた・・。そもそもEV降りたら、広いスペースになってて机と椅子が並んでいてグラスやらなんやら、朝ご飯付きだったのであーここで食べるのか共用スペースかと、でもその周りや奥に客室ドアがある設計で”廊下の一部にある”ことに違和感を感じたが私らの部屋は幸い一番奥だったので、そう気にせずいた。


23時。共用スペースで騒ぐ若者たちはヒートアップ・・ドアをノックしては「ヘイ~出てこいよ~」的な声をかけ合っているのだろう、バタバタギャーギャー、壁やドアもあってないようなもの(防音材ゼロ?)ここのホテルは数フロア&数十部屋を持っているようで、客層も若者のグループが多く、まるでバックパッカー集団(これらの集団が決して皆煩いというわけではないが)おまけに窓からも奇声や音楽が真夜中まで。外の設計も中庭を中心にコの字に囲むようなビル構造になっていて、音が物凄く反響するわけです。うるさいから窓を閉めるわけですが(それでも煩い)エアコンがないためうだるような暑さとの戦いでしょ、もういつ寝れたのかわからない


そんなこんなで当然寝不足なのに、朝もはよから7時前からスタッフによる朝ご飯の準備でしょうか(といってもほとんど簡易なセルフっぽかったけど)またそれもガッチャガッチャと食器を放ってるんですか?っていうような音が響き渡ってるせいで起こされ、そのうち朝ご飯を食べる客の声が充満し・・そんな中息子は夜も朝もずっと寝てくれていたことが唯一の救いでしょうか(この子どこでも生きていけるかも)この前のクロアチア・スプリト編に続き、今回2度目の至上まれにみる嫌~なホテルに当たってしまった。これが激安な2,3千円とかの宿ならまだしもけっこう普通に払ってますからね、ツイン75€(¥7.350)でこれってどうよ。
ローマで絶対ここだけはやめたほうがいいですよ→「Hotel Giorgina」

かぁちゃん見て~ - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
17:04 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (2) | edit | page top↑