FC2ブログ
カテゴリ:2013年南スペイン・アンダルシア親子旅

山積みハラパを探せ

   IMG_3620 - コピー
アンダルシアのいくつかの地域でつくられる織物をハラパ(JARAPA)といいます。使用出来なくなったハギレ等をリサイクルして作成したもので、それは主にラグとして使われます。店ではこうして白い壁にカラフルなハラパが並べられアンダルシアの風物詩的な存在ですね♪使い古しだからこそ素材も柔らかくて素肌に心地いいなと思います


さすがに大きなラグは持って帰れないので小さいのを探すことに。表に出ているのはほんの数種類、とことん自分の好きな色&デザインを選びたいあなた。店の一番奥に行きましょう( `ー´)ノ大体山積みにされていて、掘り出している横から店員さんに整頓されるという気まずいことがあってもひるむことなく探しましょう。なんとか気に入ったのを5つだけ見つけきました、1つ3.5€(¥480)、バッグも織物で8€(¥1100)

IMG_3575 - コピー
IMG_3592 - コピーIMG_3617 - コピー
IMG_3618 - コピー
IMG_4145 - コピー
こちらもカピレイラの素朴なお土産屋さんで購入した鏡。裏はレンガの素焼きっぽい土台で、壁かけもできるようにクリップもついていて「MADE IN SPAIN」と書かれてます、10€(¥1360)


息子が欲しいと言ったものはクリスタルのオーナメント。太陽に透かして見たら綺麗だよ母さん!12歳で美しいものを美しいと感じることのできるのか。12€(¥1630)で高いから大事にしなさいと言うと手に大事そうに持ち、私にもそうしろと、それでむやみに触るなと。夜、部屋の照明をクリスタル越しに撮影 by息子

IMG_3585 - コピーIMG_3584 - コピー


野良ネコや犬の世話にも忙しかった息子
IMG_3570 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
14:13 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

マグネット病

IMG_3482 - コピー
マグネットとゆうよりミニチュアそのものが好き、この小さい世界にあるアートが。これだけは旅先でも探してしまう。マラガそしてグラナダにはなかった、2年前のスペイン旅でも見つけれなかったアイテムが、カピレイラにはあった。道路からひっそり外れた、ハムやチーズなどの食材も多く扱っているお土産物屋さんに売っていた。1個2.5€(¥340)ケーキだけ2.7€(¥370)


外国では大体売っているマグネットの9割がダサい。やはり日本の雑貨のクオリティの高さに驚く。3種のパエリアバージョンはグラナダで、1個2€(¥270)。でも注意して買わないと部品が取れていたり曲がっていたり欠けていたり・・向こうは不良品でも平気で販売してます

IMG_3483 - コピー


アルハンブラ宮殿のお土産店で。ガラス製で4.6€(¥630)
(下のカステラは日本で買ったもの)
IMG_6906 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします
">ランキングバナー

11:06 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

隠れ家Museo in Capileira

img068 - コピー
img069 - コピー
絵になるMuseoを発見したものの閉館30分前。どうしてもどうしてもここで描きたい私は無理を承知でお姉さんに「閉館後もここに居てスケッチしてもいいか・・」もう身振り手振りどんな英語を使ったか覚えていないが伝える。するとお姉さん「私は2時からレストランで仕事なの、誰も居なくなるの・・・明日は休みだけど火曜日からここまた開いてるわ」「明日もう帰ります」「じゃーまたカピレイラ来たらいいじゃない?」「日本にもう帰ります」「じゃー写真から描いたらどう?」
それじゃ私はダメなんだ・・すでに閉館15分前「OK!2時まで描かせて!」息子に携帯を渡し「あと○○分」とカウントダウンしてもらいながら、この2部屋をスピードスケッチ。本当に急いでいる時って手が震えるんですね( ゚Д゚)


それにしても開館11時~14時までの毎日3時間だけ。午後もう1回、あけましょうよ(-_-;)もっと見たかったしもっと居たかった、3時間ずっと描いていたかった、ここで過ごしていたかった。だけど最後の30分だけでもここを知れて良かったと思うことにする

IMG_3601 - コピー
IMG_3603 - コピー
IMG_3600 - コピーIMG_3599 - コピー
IMG_3611 - コピー
後ろの布地も素敵


昔のレコードかな? 靴型が整頓良くスーツケースに配列
ここを訪れるために、またカピレイラに来たい

IMG_3606 - コピーIMG_3608 - コピー
IMG_3598 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

15:55 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

ノックミッション

   IMG_3613 - コピー
いつものように息子をホテルのプールで泳がせた後、村を散策しに行く


見上げた先に横長の窓を持つ民家を見つける。あそこが自宅とかホテルとかだったら眺めもいいし最高だろうなと坂を上がりながら妄想していた。すると近づいて知った「Museo」という看板

IMG_3590 - コピー
IMG_3588 - コピーIMG_3595 - コピー
IMG_3587 - コピー
博物館?でも人の気配がしない。重厚な木の扉は閉まったまま。さっき居た観光客もウロウロした後結局帰ってしまったようだ。開いてないのか?でもオープンって書いていて時間を見ると11時~14時、この時13時半、まだ間に合っている。えっと、コール?TOC!TOC!?その丸いイラストはなんだ?息子は「やめよう、もう行こう」と言っている


勇気を出してノック。反応がない。さらにノック。あの2階が見れるかもしれないとワクワクしていたのでもう1回ノック。すると鍵が開き、女の人がどうぞと中に入れてくれた。セキュリティー対策だと思うけどわかりにいくい。息子はフリー、大人1.5€(¥200)

IMG_6207 - コピー (2)
IMG_3614 - コピー
1階は農機具類を展示している。そうね、ま、大体Museoってこんな感じよね


一通り見て、さほど期待せずに2階へ。階段のグラナダ焼きも素敵

IMG_3612 - コピーIMG_3610 - コピー
IMG_3607 - コピー
完全に下調べ不足だった。カピレイラに行ったらここは必ず訪問しないと。いや、ここを訪問するためにカピレイラに行ってほしい、といっても過言ではない。展示空間というより一つの民家にお邪魔させてもらったそんな感覚なのです。それはわざとらしい他人行儀なレイアウトは一切なく(ガラスケースとか)入ったらダメという邪魔なロープもない。インテリアは統一され、台所用品や食器が惜しげなく飾られている。というより2階にある4部屋全て、あたかも誰かが生活してる風な錯覚になる、人の家を見るのが好きな私にはたまらない場所


もちろん、願うはただ一つ、ここで描きたい。
だがすでに13時40分。翌日は定休日&グラナダに帰る日。どうする!?

IMG_3597 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

14:10 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

レストランならここ in Capileira

   img081 - コピー
昨晩、雰囲気のいいレストランで食べたボロネーゼは、8€もした割には(¥1.088)パスタも伸びていてイマイチだった。(スペイン人のパスタの茹で時間は長いらしい・・)そこでホテルの目の前にある、昼も夜もずっとお客でいっぱいだった所に入ってみた。とても愛想のいいお兄さんが「パラコメ?パラコメ?」と言いながら口にフォークを入れるフリをしてきたので「食事かい?」と聞いてきたらしい。本当は「パラコメール」と言っている。スペイン人はとにかく早口で喋るらしい


IMG_6207 - コピー 「El Asador」
IMG_3631 - コピー
パスタの中でこの「マカロニボロネーゼ」だけが安かった、5€!(¥680)
しかも美味しい。ミンチもたくさん、チーズもとろり、量もたっぷり、二人で1個で十分。(この倍量のグラタンを、隣のお爺ちゃんは一人で食べてたけど)


飲み物は必ずモスト(2€ ¥270)ここのは葡萄味♪

IMG_3633 - コピーIMG_3574 - コピー
IMG_3632 - コピー


●2014カレンダー。完売しました♪有難うございました!!


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー



21:19 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑