fc2ブログ
カテゴリ:国内旅
11.05.2023
09.20.2023
08.23.2023
08.03.2023
07.11.2023

龍泉寺

 img20231031_15510926 - コピー
吉備路の北部、龍王山に位置する龍泉寺(岡山市北区下足守)へ。石垣を組み上げ傾斜地に巧みに建造されているため、手洗鉢と寺務所を見おろした先に石段があり、頂上に拝殿の珍しい釉薬瓦が望める。(江戸時代末期以降に建てられたもの) 秋色も合わさってなんとも情緒あるお寺だ


敷地内は広大なのでウォーキングとしても良き

IMG_1436 - コピー
IMG_1450 - コピーIMG_1452 - コピー
紅葉と神社の神々しさ。後ろにそびえる本殿も必見


IMG_1449 - コピー
IMG_1453 - コピーIMG_1447 - コピー
IMG_1454 - コピー
岡山県立自然公園に指定されていて、自然豊かな環境が今も当時のまま保存されている。家の窓からこんな絶景を毎日眺めていたい


土手沿いに龍王池と身代地蔵を望む

IMG_1455 - コピー
IMG_1439 - コピーIMG_1441 - コピー
滝行も有名で、毎年大寒の日に行われている。多くの功徳をもたらすそう!


苔で張り巡らされているし、森の中にあるので神秘的な場所

IMG_1444 - コピーIMG_1440 - コピー
IMG_1443 - コピーIMG_1442 - コピー


来年は辰(龍)年♪
IMG_1445 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
23:06 | 国内旅 | comments (0) | edit | page top↑

好古園

img20230913_18021752 - コピー
満開の百日紅に心を奪われ、閉園10分前のスケッチ
日本庭園「好古園」内、築山池泉の庭から望む姫路城(西の丸)


1万坪の中に、9つの趣の異なった庭園や数寄屋建築の茶室や、色々な門や塀、季節の花と、決して駆け足で見に来るところではなかった。次は庭を眺めながら食事をしてゆっくり過ごそう

IMG_0465 - コピーIMG_0464 - コピー
IMG_0463 - コピー
江戸時代にタイムスリップ


目的は「夏の特別公開」非公開エリア6棟を見に、姫路城へ。8年前に約5年をかけて漆喰壁の塗り替えと屋根瓦の葺きなおしが行われ(総工費24億円!)真っ白に生まれ変わったが、雨風にさらされ今は白さも落ち着いていた。威風堂々とそびえ立つ姿は15年ぶりに見ても変わらない

IMG_0456 - コピーIMG_0462 - コピー
IMG_0458 - コピー
個人的には、燈籠がある西の丸の長~~い「百間廊下」がお気に入り
足腰頑丈なうちでないと来られない、狭い急こう配の階段だらけの大天守


通称「北の長屋」。映画のロケ地としてもよく使われているそう

IMG_0461 - コピーIMG_0460 - コピー
IMG_0459 - コピーIMG_0455 - コピー
鱗床。しろまるひめ(姫路イメキャラ)の黄色い郵便ポスト


西国街道沿い「和ノ食 奏」の、お遊び御膳♪

IMG_0454 - コピー




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
22:02 | 国内旅 | comments (0) | edit | page top↑

甲子園

img20230823_09512690 (2) - コピー
ふーんと観ていたら地元、おかやま山陽がベスト8入りしたことで真夏の高校球児から目が離せなくなり、画面越しに一喜一憂させもらった。ユニフォーム姿の野球少年から一点突破、蔦の絡まる甲子園球場を初めて訪れ描く。この有名な蔦は、何度も伐採を繰り返すも、元の種子から育てたものを植樹するという徹底した再生方法が取られたそうで、じつに聖地らしいエピソードだ
野球選手の「打つ、投げる、捕る、走る、スタミナ」は、絵の世界では「描く、見る、構成、集中、体力」。しかしどちらもこの能力だけでは難しく、一番大事なのは日々鍛えるしかない”観察力”というところも重なる


慶應義塾、優勝おめでとうございます!
仙台育英学園も本当にお疲れ様でした!

IMG_0033 - コピー
甲子園歴史館に入館したら、展望エリアからグランドが一望できる
(試合時や荒天時は閉鎖)


グローブソファ発見

IMG_E0041 - コピー
IMG_E0028 - コピーIMG_0006 - コピー
明治期に建てられた、こちらも蔦の絡まる芦屋市立図書館。改修工事のため足場も組まれ、日本庭園も見れず、絵も描けず(2023、9月~2024年3月まで閉館)


イタリアンで姪っ子の誕生日祝い、もう夏の終わり

IMG_0015 - コピー
QFMH3364 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
17:38 | 国内旅 | comments (0) | edit | page top↑

情熱の果てに

img20230722_16113243 (2) - コピー
フランス生活が長かった旧松山藩主の子孫にあたる、久松 定謨(ひさまつ さだこと)伯爵が別邸として美しい洋館を建てたのが大正11年。任された建築家・木子七郎は、まず西欧の建築を学ぼうと数ヶ月間ヨーロッパを旅し、その構造、デザイン、装飾など全て一級の建築技術を施したというからどれほどの情熱だったか。(彼は愛媛県庁も手掛けており、路面電車越しでも見えるのでチェックしてほしい)。戦禍を免れ、建築当時の様子をそのまま残す貴重な建築物を見に来たけれど、2階のエアコンが壊れていて簡易冷房のため蒸し風呂注意(;'∀')(2023・7月訪問)


山の中腹に位置し表からは見えない森の中。緻密に計算された佇まい
萬翆荘HP(松山市・愛媛)

IMG_9029 - コピー
IMG_9030 - コピーIMG_9028 - コピー
正門の管理人室も小さいながらも本格的な西洋建築


全体像のミニチュア

IMG_9022 - コピー
IMG_9023 - コピーIMG_9027 - コピー
部屋によって異なるステンドグラス。光に透けた色の淡さよ


ここから松山観光☟
”霧の森大福”を店内で(お茶付♪)。抹茶+生クリーム+餡子が絶妙な銘菓
とりあえず名物・鯛めしもおさえたい

IMG_9031 - コピーIMG_9032 - コピー
IMG_9034 - コピーIMG_9039 - コピー
着工から25年もの歳月を費やして1627年に誕生した松山城。落雷や財政難を乗り越え1854年復興したものの昭和に入ってからも放火、戦禍に見舞われ1966年、総木造により今の形へやっと再建となる。とはいうものの長い長い約400年の歴史を感じながら巡れる名建築には違いない


とんでもない急階段がたくさんあることと、この時期ここも蒸し風呂なので、訪れる際は時期を考えたほうが良いかもしれない

IMG_9038 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
10:32 | 国内旅 | comments (0) | edit | page top↑

とんかつ吉岡 鳥瞰図

IMG_E8430 (2) - コピー
築150年の民家をお店として蘇えらせた、とんかつ吉岡さんの記事はコチラ 
(八女市・福岡)
入口を入ると広々とした土間空間、右回りにカウンター席、中庭を眺められるテーブルが5か所、そして半個室が4部屋。中庭に面した縁側の戸をガラガラっと開けてスリッパをはき替えて奥に進むと御手洗い。中央上部には吹き抜けがあるところも描きたく、一部2階も入った構図となりました


また見事なウナギの寝床鳥瞰図が完成

IMG_7506 - コピー
IMG_7502 - コピー
重厚感のある古い建具とミッドセンチュリーな椅子がしっくり


ロゴもどこかの壁に入っているので見つけてね

IMG_7513 - コピーIMG_7505 - コピー
IMG_7510 - コピーIMG_7511 - コピー
IMG_7509 - コピー
御手洗いに行く回廊は、影がより一層雰囲気を作り出す


2階(物置)は特別に上がらせていただいた

IMG_7516 - コピー
IMG_7515 - コピーIMG_7507 - コピー
窓際の装飾や欄間も良い状態で残されていた


天井からはイサムノグチの”AKARI”シリーズ35N

IMG_7517 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
23:39 | 国内旅 | comments (0) | edit | page top↑