カテゴリ:国内旅
05.16.2017
05.09.2016
04.20.2016
08.11.2015
07.24.2015

ねずみ島

img381 - コピー
◆イギリスのパッケージ


今年の潮干狩りはアサリ不漁((+_+)) 
さて、鞆の浦(福山・広島)のスカイラインから偶然見えた小さな波止場と島。もう何度も鞆の浦は訪れているのにあの島の存在は知らなかった。住民に聞き込みを行うと、「平(ひら)地区の鼠島じゃぁ」と教えてもらった。その後調べると正式には”玉津島”という無人島でした。なぜネズミなのかというと

IMG_4144 - コピー
IMG_4160 - コピーIMG_4115 - コピー
確かにそっくり(*´з`)でもGoogle地図には拡大しても島の名前すら載ってない(載せてあげて・・)観光中心地からは歩いて行けなくもないけど、30分ぐらいかかります。車だと、波止場入口右の重機が置いてある広場に置いてもいいそうです、先の入口が狭いので軽四ならなんとかな幅です・・・(私たちは大きい車だったので特別に左側の邪魔にならないようなところに止めさせてもらいました)


テトラポットが並ぶ防波堤が島の付け根まで続いていて、陸からは見れない景色を見に、釣り人を横目にちょっと散歩しようと、軽い気持ちだったのに

IMG_4094 - コピー
IMG_4096 - コピー
「この道を行けばどうなるものか 危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし 踏み出せばその一足が道となり その一足が道となる 迷わず行けよ 行けばわかるさ」(清沢哲夫氏の詩”道”) サバイバルに一変


崖を登るといちお道らしき道が!ここで、小さい子連れはダメです、獣道ですし滑りやすいし(こけてコロコロ転がったら海にボトーンです)断崖絶壁には柵などありません。
「おーーーい」 勝手にどんどん進む息子たち。それにしても絶景。隠岐出身の友人が、隠岐と錯覚するぐらいと言っていました

IMG_4098 - コピー
IMG_4103 - コピーIMG_4104 - コピー
頂上には”玉津島神社”と書かれた鳥居、祠、狛犬がありました。こんな所に建てにきたのが凄い。ネズミの尻尾の部分にも降りられます、プライベートビーチっぽいところもたくさんあって、泳ぎに来たら楽しそう~。そして誰も!居なかったし来なかったです、この島、まさに穴場


IMG_4111 - コピーIMG_4109 - コピー
友人はワカメGET(ちゃんと持って帰ってた)

私は初「はっさく大福」GET(1個¥160)因島の名物で前から食べてみたいと思っていて(因島か尾道で売っている)鞆の浦中心地で土日限定で販売してるおじさん偶然発見!プリプリ大きなはっさくのまわりは白あん、それをお餅で包んでいるもの。皮とあんの甘さがとっても控えめで好きでした!→松愛堂 他の店のを食べたことないのですが、かしはら・はっさく屋・昇福亭が人気上位とか?また食べ比べしてみたい♪
 
IMG_4116 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
12:30 | 国内旅 | comments (0) | edit | page top↑

貝とチューリップ

   IMG_4657 - コピー
ここの自販機のを飲むとこんなナイスバディーになれる!?



小学生の時からみんなで貝堀りに来てたけど高校生になっても付いてきてくれるなんて思ってもいなかったな。みんなそれぞれの道を歩き始めたけど、変わらずで嬉しいな♪

IMG_4637 - コピーIMG_4654 - コピー
IMG_4656 - コピー
いつも近くの鞆の浦で宿泊。早朝の穏やかな浜辺・・・
ここに橋ができる案が持ち上がったらしいが、やっぱりなくて正解。



IMG_4655 - コピー
IMG_4692 - コピーIMG_4696 - コピー
鞆の浦から北に車で1時間半、世羅高原農場のチューリップ祭へ。(大人800円、小学生まで400円)ごめんなさい、記事あげる前に5月8日で終わっちゃいました・・(次は7月30日からひまわり祭だそうです)実は花がワーーーってあるだけなのを見るのは退屈しちゃうんですが、ここのチューリップは色や種類を変えて、エリアごとに精密に模様になっているので、綺麗で飽きなくて、小高いところからもその模様が見れるようになっていたり工夫をこらした園で、行く価値ありです( *´艸`)


IMG_4681 - コピー


”世羅牛”たるもの発見。この園は持ち込み自由なので、道の駅で買っておきました。(園内に店もありますが週末は大混雑)私は食べてないけど息子美味しかった!って。ズシンと量もあってお得かも(確か650円ぐらい)
IMG_4664 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
10:59 | 国内旅 | comments (4) | edit | page top↑

いい湯だな

   IMG_3880 - コピー
岡山三大名湯のひとつ、奥津温泉へ。小さい頃はスキーの帰りにここの銭湯に入って帰っていたのをうっすら覚えてます、しかも無料開放。今は残念ながら町民のみしか入れなくなっているらしい。スケッチブックも持っていったけれど描くところは、なかった・・奥津温泉は商店もお土産物屋もなく町並みと呼べるエリアもなく、あるのは山とのどかな吉井川のみ( ;∀;)(すぐ近くに、道の駅があるからそこでご飯や買い物はできる)まぁ、温泉が目的だから♪


IMG_3882 - コピーIMG_3839 - コピー
さて、8件の宿から選んだのは、築90年木造3階建、僅か10室しかないこじんまりした「東和楼」(とうわろう)女将さんが、築100年を目指していると言っていました♪ここを選んだ理由は、お風呂!こんな風に地下のトンネルをくぐっていくんです、珍しいですよね(明朝、電気が消えてて、でもスイッチがわからず真っ暗闇の中を通るというスリリング)


タイルも当時のままでしょうね(段差、気を付けて!)

IMG_3841 - コピー
IMG_3844 - コピーIMG_3842 - コピー
可愛いタイル♪光の加減が悪いですけど、本当はお湯もラムネ色なんです。4人が定員であろう岩風呂が男女別れて二つ。(この日は私らしか宿泊客がいなかったので、どちらもゆったり入り放題)ここは立ってつかるんです('ω')ノ岩盤の底からの足元湧出、適度な42.6度のアルカリ性単純温泉なので小さい子供も熱がらずちょうどいい!


ちなみにシャワーはないので、もう一つ家族風呂の方で先に洗っていくのがオススメ

IMG_3843 - コピー
IMG_3838 - コピー
お部屋は中庭を望む二間続きで広々(*‘ω‘ *)


もうすぐ2歳の甥と4歳の姪。

IMG_3888 - コピーIMG_3867 - コピー
IMG_3878 - コピーIMG_3879 - コピー
あと素晴らしいのが食堂でした。


天井が高い大広間で、また古き良き空間のまま、雰囲気を崩すものは何もなく、ゆったりお食事を楽しめました♪食事の量もちょうど良くどれも美味しかったですし、また来たい。ただ女将さんは80代だろうか、パっと見、私と息子を夫婦だと勘違いし「ものすごい若いご主人さんだなと・・」って言われました。きっと相当目を悪くされていたのでしょう、早く病院に行かれることを願います・・・。

IMG_3881 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

09:37 | 国内旅 | comments (0) | edit | page top↑

江戸散歩

   IMG_7094 - コピー
久しぶりの東京。


18年前の21歳の時、絵を本格的に始めるきっかけを作ってくれた永沢まことさん。数年振りに展覧会開催ということで初日に駆けつけました。今回のタイトルは「都市画展」 40年に渡る人物スケッチ原画90点!とくに永沢さんの描く人物が好きで、1人1人生き生きしていて物語が詰まっていて、こりゃ到底かなわないやと、別次元の方なんだと思って観ないといけません(=゚ω゚)ノ
今月30日まで、吉祥寺美術館で開催しています♪
詳しくは
永沢まことオフィシャルブログ
IMG_7239 - コピー
新刊も出ました(∩´∀`)∩ 表紙にサインしてもらっちゃった


79歳に見えない若々しさ、ハットが似合う永沢氏。

IMG_6919 - コピー
IMG_7116 - コピーIMG_7099 - コピー
KITTE散策中♪そして丸の内の三菱1号館美術館の「カフェ1894」へ


天井も高くて開放感あふれる店内。

IMG_7101 - コピー
IMG_7245 - コピーIMG_7243 - コピー
写真からは色がお伝えできなくて残念。グレーパープルのなんともいえない落ち着いたカラーのリネンの掛布団カバー。50%セールだったんだもの、ZARAホームで。カラフルな布は、赤ちゃん用のベットシーツだったのを、枕カバーにリメイク。袋タイプにすると入れるのが面倒なので、リボン式にしました。


コンランショップで、作りものの紫陽花かと思ったら本物!

IMG_7095 - コピー
IMG_7108 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

23:05 | 国内旅 | comments (2) | edit | page top↑

安芸の小京都

   IMG_6438 - コピー
NHK朝ドラ・マッサンの竹鶴酒造があることで一気に有名になったらしいですが、「古い家が好きなら広島の竹原がいいよ」と随分前からいろんな人から聞いていたのに今まで訪れたことがありませんでした。何故もっと早く来なかったのだろう!重要伝統的建造物群保存地区にもなっている通りは見事なほどのタイムスリップ具合。そして幅が広いので、なんてゆったり歩けるのでしょう。そして人も少ない、週末だったけど( *´艸`)でもそこも、いい。


しかし今回は用事の帰り、1時間しか滞在できなかったのでスケッチもなし・・次回季節を変えて必ずやリベンジ

IMG_6442 - コピー
IMG_6432 - コピーIMG_6429 - コピー
どこも重厚な建物ばかり。


そんな中、くすんだ水色の擬洋風の建築物もあります、旧・町立竹原書院図書館(現・歴史民俗資料館)1930年築。入場16時半まで、着いたの16時半すぎ・・・涙

IMG_6430 - コピー
IMG_6435 - コピーIMG_6436 - コピー
2階の窓、いいですね、欲しい。脇道にも立派な塀


大事に保存、保管されているんですね

IMG_6433 - コピー
IMG_6440 - コピーIMG_6439 - コピー
「妙見邸」の窓と、「松阪邸」


全く観光地化されていないのもいい。なんて落ち着いた街並みだったのでしょう

IMG_6434 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー


17:23 | 国内旅 | comments (0) | edit | page top↑