FC2ブログ
カテゴリ:国内旅

河井寛次郎's House

IMG_9886 - コピー
「暮らしは仕事 仕事は暮らし」 


そんな言葉を遺した陶芸家・河井寛次郎。今から82年前の昭和12年に、寛次郎が住んでいた京都の自宅が今なおそのままの形で残されています。故郷の出雲と飛騨高山の民家や朝鮮の農家を参考にして自ら設計をし、兄の善右衛門が棟梁を、島根県の大工、左官工、建具師などを引き連れて、8ヶ月かけて建てられたそうです。陶芸に留まらず、木彫りや家具のデザインと制作、書(イラストも含)を、76歳まで生涯活動してこられ、ここには寛次郎作のユーモア溢れるモノたちで埋め尽くされています
記念館HP(入館料¥900)

IMG_9899 - コピーIMG_9891 - コピー
京都は近年、日本人観光客が減少傾向にあるらしく、外国人による混雑が原因の一つになっているとか。確かにこの日はシーズンオフで平日だったにも関わらず、どこも外国人でごった返し。この記念館へのアクセスは電車かバス。「そうだ京都のバスに乗ってみよう」と思ってしまったがために、8割の外国人で行列、バスはギューギュー詰めの中出発。真ん中当たりにいたため、降りるのどうしよう状態です。八坂神社に皆さん行かれるんでしょうね、途中の「馬町」で降りる人など一人もおらず私達だけ、笑。人を無理矢理かき分け20分後無事下車


大通りから1本入ったところに静かに佇む記念館を見つけました。あの喧騒の京都はどこへやら、外国人にはまだ?知られていないようで(日本人にも?)来館者すらまだらで、とても静かに巡れました。入口から入った土間に一気に心を奪われる。京都らしいウナギの寝床

IMG_9889 - コピー
IMG_9872 - コピーIMG_9856 - コピー
囲炉裏も大切に守られてきたんですね。ここでは驚くことに、寛次郎の家具など自由に触れ、座ることができます。丸い椅子は元は餅つきの臼。床材は“朝鮮張り”。朝鮮半島の古い民家や寺院などに見られる張り方だそうです。


看板猫に会えた(=^・・^=) ここで飼っているわけではなく近所の猫が勝手に通ってくるらしい

IMG_9570 - コピーIMG_9895 - コピー
IMG_9853 - コピー
居間は一部吹き抜け。毎日眺めていたい風景


板間と畳の部屋。畳と障子って改めて、いいですよね(歳取ったのかな?)

IMG_9896 - コピーIMG_9898 - コピー
IMG_9881 - コピー
IMG_9875 - コピーIMG_9877 - コピー
2階へご案内♪(この戸は弁柄塗でしょうか)


照明もすべて木枠に和紙で統一されていて、徹底しています

IMG_9888 - コピーIMG_9878 - コピー
IMG_9879 - コピーIMG_9887 - コピー
おミャーはそこで喉を潤していたか


1階に戻り、回廊を通って工房へ行きます(とにかく広い寛次郎邸!)
洗面所はタイルと木。(お風呂とお手洗いは見られず)

IMG_9858 - コピーIMG_9859 - コピー
IMG_9869 - コピー
IMG_9865 - コピーIMG_9862 - コピー
IMG_9864 - コピー
見事な登り窯。規制により昭和46年以降は不使用


引き分け障子の向こうには中庭の木々。寛次郎が一人、静かに過ごす空間だったのかな

IMG_9861 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー



21:31 | 国内旅 | comments (0) | edit | page top↑

北陸旅

IMG_9551 - コピー
旅の記録・・・


北陸新幹線で富山へ!なんて、京都から金沢まで新幹線が通っていないことを初めて知る。4年前に長野ー金沢が繋がったばかりなんですね。2022年にはもう少し延びるみたいだけど京都まではまだいかないみたい('Д')
pg02img01.png


京都からサンダーバードに乗ると本格的に雪景色になる、岡山から4時間半の旅♪(お仕事スケッチは後日紹介) 泊まらせて頂いた「富山エクセルホテル東急」は、富山駅前でとても便利でした。スタイリッシュな館内
IMG_9245 - コピーIMG_9536 - コピー
IMG_9537 - コピーIMG_9539 - コピー
レトロな路面電車に乗って8駅「西中野」から徒歩10分、やってきたのは「富山市科学博物館」(高校生以上のみ520円) 見て触れて体験できる♪平日だからか、来館者はもう一組のみ、まるで貸し切り('◇')ゞ 目玉はやはりそびえ立つ恐竜!


機械も独り占め。視覚不思議の箱に入ったり

IMG_9540 - コピーIMG_9543 - コピー
IMG_9296 - コピーIMG_9298 - コピー
石川県金沢といったら兼六園。駅前から観光バスに乗って100円で行けます( ^^)


一面銀世界☆彡

IMG_9297 - コピー
IMG_9290 - コピーIMG_9289 - コピー
近くにある「21世紀美術館」へも立ち寄り、『レアンドロのプール』 水の下に人がいるというアイデアはオープン当初から話題を集めていましたよね。( レアンドロ・エルリッヒは1973年生、アルゼンチンのブエノスアイレスを拠点に活躍するアーティスト)


富山で「きときと寿司」が有名で食べたかったのですが(きときと、とは方言で、新鮮・精力的・元気な意味)アクセス難で諦め、金沢で名前の似てた「もりもり寿司」に駆け込む!美味し!
IMG_9299 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー




23:50 | 国内旅 | comments (0) | edit | page top↑

京都番外編

   IMG_4252 - コピー
京都のお漬物といったら西利ですが、今回見つけた所は無添加の加藤順漬物店、略してカトジュン(と言われている)緑のストライプの包装紙が目印。これを入れるビニールの小袋もお揃い♪中に入っていた和紙の案内書も凝っていたので思わずお土産スケッチ


地下鉄京都市役所前か三条で降りてすぐ。細い路地の向こうにあるので見過ごした~
わざわざ店舗に買いに行ったけど、ひょっと京都駅でも売っていたのかな・・・

IMG_3978 - コピーIMG_3979 - コピー
IMG_3976 - コピー
平安神宮の近く、岡崎公園に併設するカフェ京都モダンテラス(1階には蔦屋)。日本を代表するモダニズム建築「京都会館」をリノベーションした建物で、コンサートホールだった名残がこの天井の高さで物語っています。再設備計画でこの文化財建物が取り壊されず違う形で息を吹き返したのは良い事ですね♪外にはテラスもあり176席を完備しているので悠々と立ち寄ったのに、さすが京都・・・番号札を発行して並びました。10分ぐらいでしたけど(=゚ω゚)ノ


フルーツオープンサンド♪ もう一つカフェご紹介します

IMG_3977 - コピーIMG_3795 - コピー
murmur coffeeマーマーコーヒー。河原町七条からなら歩いて2分。マーマーとは「木の葉のざわめき」や「小川のせせらぎ」のことだそう。6種類の厳選された豆を焙煎器でひとつひとつ丁寧に焙煎してくれる。アイスコーヒーもそのため時間がかかっていたが、目の前の高瀬川と緑を窓から見ながら、気持ちの良い椅子に座って友人と爽やかな朝のミーティング


たまたま入った所だったが、北欧調のインテリアで落ち着く。京都の喧騒から離れたい方、おすすめです

IMG_3794 - コピー
IMG_3788 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
12:32 | 国内旅 | comments (0) | edit | page top↑

鳥瞰図・寺町李青(りせい)

IMG_4873 - コピー
ここに2号店を構えたのは2017年10月のこと、まだほんの半年前。京都を調べていたときに、きっとここは鳥瞰図にできそうなぐらい素敵なところだと。真ん中の大テーブルを中心に、3テーブルと奥に2テーブル。木の椅子にはひとつづつ座布団が敷いてある(嬉しい心遣い) 目の前に京都御所、寺町通りの角に位置しているも、一歩お店に入るとまるで田舎の一軒家にお邪魔したような錯覚。上等な調度品と家具に囲まれながら静かにお茶が楽しめます。窓が全てすりガラスなので、人や車を意識せずにいられるので更に良い(´▽`*) んー考え抜かれている・・・


IMG_3802 - コピーIMG_3815 - コピー
かかっている布は韓国の伝統手芸 「ポジャギ」。衣服や布団を作って残ったはぎれや古くなった服のきれいなところを取って作ったります。絹や麻が中心で、 どれも単色で柄がないのが特徴。一針一針心を込めて作られるので縁起物とされ、それでモノを包む事は福を呼ぶと信仰されているそう。そして小さなはぎれを無数につないでいくことから、 長寿を願うという意味も!


IMG_3822 - コピー
韓国文化も奥が深そうですね♪


*この鳥瞰図は実際の店内と異なるところもございます

IMG_3803 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
20:46 | 国内旅 | comments (0) | edit | page top↑

和・洋・韓

IMG_E4099 - コピー
京都・出町柳の路地裏に佇む、朝鮮王朝時代の調度品に囲まれた韓国喫茶「李青(りせい)」。20年目にして寺町通りに2号店「寺町李青」を出されたのは昨年、2017年のことだったそうです。土蔵をそのまま生かした民家はほとんど改装せず、李朝期の家具や調度、陶器、置物、白磁の壷がしっくり寄り添う空間は、まるでずっと前からそこで時を刻んでいたような佇まい。重厚な木の扉を開けたと同時に息をのむ美しさでした


ここは韓国茶と甘味が中心。食事は雑煮トックやカルビサンドイッチがあります(本店はビビンバが人気みたい)。植物の根や木の実を煎じて作られる珍しい韓国茶。3月でも凍えるように寒かったこの日に飲めば身体も温まったのですが・・・友人がチャレンジしたので香りを嗅がせてもらった後、大人しくミルクティーにしました(笑)友人そのあと、ほとんど残す(;・∀・) 前に、台湾で本格的な台湾茶を頂いたが、冷めたら全く喉に通らなかった時のことを思い出す・・・。大丈夫な方はぜひ味わってみて下さい!?

IMG_3800 - コピー
IMG_3812 - コピー
IMG_3821 - コピーIMG_3806 - コピー
奥のキッチンから入口を望む、渡り廊下みたいな設計(´▽`*)


オーナーが現地で買い付けてきた古物や雑貨、骨とう品、器も並び販売されています

IMG_3816 - コピーIMG_3814 - コピー
IMG_3811 - コピー
IMG_3807 - コピーIMG_3813 - コピー
IMG_3823 - コピー
5円玉と同じ素材(真鍮しんちゅう)で作られるスプーンスッカラは、職人がひとつひとつ打って形をつくっているそう


韓国フードのミニチュア置物♪残念ながら非売品

IMG_3804 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
12:13 | 国内旅 | comments (0) | edit | page top↑