カテゴリ:2017年バルト三国親子旅(From Finland)

旅最終章

  IMG_E1678 - コピー
  IMG_E1677 - コピー
ヘルシンキのパッケージシリーズ♪♪



レストランからの帰りは、一日券が既に切れていたので、ひたすら競歩で北上して中央駅近くのホテルへ。荷物を取りにいって空港へ向かわないといけないのにギリギリの時間、その道中で撮った最後のウィンドー越し写真↓ヘルシンキではゆっくり時間を取るスケジュールにしなかったのが悔やまれる・・・都会だけど素朴な、寄りたい店やカフェもたくさんあったからだ

IMG_9486 - コピー
IMG_9487 - コピーIMG_9484 - コピー
アンティークかヴィンテージの食器っぽい店があったり
ユーモアあふれるディスプレイのお店


ヘルシンキといえば、映画かもめ食堂。結局行けず
↓青のひざ掛けと、古い木製ドアがベストマッチなカフェ

IMG_9478 - コピー
IMG_9482 - コピー
えっと、あなた、下着のお店かしら?


ヘルシンキ⇔空港は最初に書いたように、電車・バスがあって安いのはバスですが、結局往復とも一番早くて10分間隔である電車を使いました、5€(¥675)Airport行きになっているので迷うこともなく終点だし簡単!
空港で初めて、セルフチェックインをしてみる。機械に、予約番号を入れるも何故かうまくいかず、バーコードスキャンしたら進行できて、席はもう決められていて(希望はいつも通路側なのですが、何故かビンゴ!)預ける荷物は1個だよと選んだらピューーーと紙がでてきて、搭乗券もピラピラの紙。スーツケースはカウンターまで持っていき(誰も居ない)バーコードの機械を自らピっと通し、ベルトコンベヤーに乗せると自動で動き出す。行ってらっしゃい無事に帰ってこいよと祈るしかなかったあの瞬間(帰ってきましたが( `ー´)ノ)

IMG_9483 - コピーIMG_9493 - コピー


2017年8月・フィンランドからバルト三国2週間、これにてファイナル。バルトはどの国も驚くぐらい都会だったし、そもそも2週間で4か国(6か所)巡るのは駆け足になり、私の旅のモットー「ゆったりと田舎でリラックスして描く」というものに反してしまったことにより、改めてその大切さを実感する旅となりました。しかし自分で決めて自分の足で巡った地はどこも想いが深く、ひとつひとつ昨日のように思い出されます。息子は旅先では私を誘導してくれたり、たくましくなりました(勘なので間違いも多いけど)また次の旅に想いを馳せる今日このごろ・・・
IMG_9481 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
17:04 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

フィンランド食

   IMG_1355 - コピー
ヘルシンキといったらシナモンロール。といっても食べ損ねたのですが、1個6€するらしく・・・パン1個が810円ですよ!(実際はそこまで高くはなかったですが、店によって3~5€)レストランに入ったらいったいいくらするんだろう(;゚Д゚)とにかく出発前からフィンランドの物価の高さに悲鳴を上げていて、食事をどうするか・・・友人に「北欧の乳製品は安いよ」と聞いていたのでスーパーで買ってきてしのごうかとか(あ、16の息子がいるんだった)いろいろ考えてはいたのですが、この旅最後の日、息子が「終わりにちゃんとしたご飯食べたい」と言うので(失礼ね!まともなもの食べてるわよ、時々)、中心街ではなく路面電車を使って15分ほどかけて

わざわざこちらのレストランへ→Sea Horse 雑誌・FIGAROに載っていたところ(フィガロ様様)

IMG_9474 - コピー
安い。ランチが10、3€(¥1400)いや、決して安くはないんですが、ヘルシンキでは破格なんです。バルト三国も旅して、この値段だとワンプレートだけですからね。(しかもたいした量もない)ここは、絵の通りのボリュームに加え、サラダとパンと珈琲&紅茶がブッフェ♪という大変良心的なお店。お変わりできなかったぐらいメインプレートでお腹一杯。フィンランドといえばフレッシュなお魚。”ニシンのソテーが有名なので、ぜひそちらを頼んでみて下さいね♪(絵、奥)


タツノオトシゴが目印。観光客は私らぐらいだったという穴場

IMG_9475 - コピー
IMG_9456 - コピー
そうそう、アアルト自邸を見学しに行った日、朝にパンを(しかも前日の残り物)かじってから夕方まで何も食べておらず、息子も私も空腹で限界で、近くで見つけたカフェに飛び込む(16時半って何御飯だろう)


ショーケースから選べるし、店員さんも物凄くフレンドリー♪2トッピングサラダ10,5€(¥1.417)、左上のミートパイ6.5€(¥877)、右の玉子サンド2.6€(¥350)、飲み物ふたつで8.5€(¥1147) これ全部で3800円・・・美味しかったけど! ニシンのソテーランチがどんなにクオリティ高くて安いかお分かりでしょうか

IMG_9452 - コピー
背に腹は代えられぬ


何気ない椅子も照明も、なんだか北欧らしい空間

IMG_9453 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
14:41 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

アアルト建築

  IMG_9471 - コピー
建築家は私にとって憧れ。インテリアデザイン科を卒業した後、設計事務所に勤務するも挫折してしまった私は建築関係に就くことはしなかったけれど。人々の暮らし、生活に密着した空間デザインに触れると心が躍ります。そんなわけでアルヴァ・アアルトにすっかり魅了された私は、ヘルシンキ市内にあるアアルトグッズに直行。(自邸にも少し販売物はありましたが種類が少ないです)


artekアルテックはアアルトらが1935年に設立したインテリアブランド。去年3月に店舗をリニューアル、お店奥にはワークショップスペースがあって壁にはカラフルな椅子の座面が。フィンランドの旗艦店はこの1店舗のみ、ぜひここでアアルトの世界を味わってみて♪(2階もあって見所多し、店内写真撮影OKでした)

IMG_9467 - コピーIMG_9469 - コピー
IMG_9472 - コピー
アアルトが手掛けたテキスタイルグッズが並ぶ。トートバッグ、29€(¥3.915)


IMG_9470 - コピー
IMG_9466 - コピーIMG_9461 - コピー
ついでにすぐ隣の建物”アカデミア書店”にも行ってみましょう、アアルト建築だから。

天井に光を取り入れたルーフが特徴、落ちてきそうなデザイン( *´艸`)いったいどうなってるの!?とずっと眺めていられます。アアルトの椅子も惜しげなく並べられて、本を取って自由に座れます

IMG_9460 - コピー
IMG_9464 - コピーIMG_9465 - コピー
IMG_9463 - コピー
併設されている”カフェ・アアルト”。ペンダントランプ「Golden Bell」が吊り下げられて。ここは映画「かもめ食堂」の舞台になってたんだって、忘れてる・・・DVD借りてこなくちゃ


ここだけカラフルでポップ。キッズスペースかな?どこもかしこもお洒落

IMG_9462 - コピー


2018カレンダー完売
画集初出版(11月7日)「ヨーロッパ小さな町旅」 輸入終了


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします
">ランキングバナー

21:29 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑

アアルト自邸 スタジオ&2階編

IMG_9406 - コピー
次はアアルトの仕事場を見てみましょう


1950年代には新たに自邸から歩いて通える場所に、自ら設計したアトリエを建設しましたが(ガイドツアーで見学可能なのですがそちらは時間がなくて断念)それまでは、自邸に併設したスタジオで設計事務所のスタッフと仕事をしていた空間です。緑が降り注ぐ一番端の窓際に、自身の製図板を置いていたのですね♪

IMG_9432 - コピー
IMG_9435 - コピー
使い古されたT定規はまるでオブジェのよう。


スタジオは、吹き抜けになっており、少し高い位置に窓を設けることによって外からの目線をシャットアウトできるし、光も取り入れられる

IMG_9434 - コピーIMG_9399 - コピー
IMG_9436 - コピー
中二階にある小さな書斎へ続く階段は煉瓦


この部屋にはさらにハシゴがかけられている。その先には小さなドアがあってアアルトが籠る部屋だったそうです。子供の秘密基地のよう、なんてユーモアに溢れている家なのだろう。カーテンもアアルトがテキスタイルした柄のものだ(このトートバッグを後にヘルシンキ市内で買う)

IMG_9428 - コピーIMG_9433 - コピー
IMG_9430 - コピー
IMG_9411 - コピーIMG_9410 - コピー
2階へご案内。重厚な木の階段にはアアルトがデザインした手すり


光が差し込む小さなリビング。ここを中心にして家族の個室が配されている

IMG_9409 - コピー
IMG_9407 - コピーIMG_9402 - コピー
IMG_9404 - コピーIMG_9405 - コピー
洗面上の天井には自然光を取り入れたスカイライトが


木のぬくもり、溢れる緑、家族団らん、外界とのプライバシーを守り、シンプルだけど考えられた段差や動線。それは見事で素晴らしいアアルト自邸でした。鳥瞰図、またお披露目します♪

IMG_9401 - コピー


2018カレンダー完売
画集初出版(11月7日)「ヨーロッパ小さな町旅」 輸入終了


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします
">ランキングバナー
23:12 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (2) | edit | page top↑

アアルト自邸 居間編

   IMG_9443 - コピー
キッチンから見たダイニング。まるでひとつの絵画のよう


15時きっかりガイドツアーが始まる。20名まで大丈夫ですが、この時は9人(16時のは7人)外国人がいれば英語なのですが、9人のうち日本人客が6人、というような状況が毎回らしいのでぜひ日本語通訳(それか日本人スタッフを!)を取り入れてほしいところ・・・。1時間のうち全部屋を40分で案内され、残り20分だけ自由見学。さっぱりわからない案内は聞かず、ひたすら写真を撮ったりアアルト空間に浸ったりしたかったのだがそれは許されたのかは謎・・・
奥の棚は作り付けで、キッチンダイニングどちらかも開け閉めできる。茣蓙のようなラグ

IMG_9414 - コピーIMG_9440 - コピー
IMG_9439 - コピー
木彫の装飾椅子は新婚旅行時にイタリアで気に入って購入してきたもの。壁にはアアルトが趣味で描いていた抽象画も部屋のあちこちに飾られている


キッチンは立ち入り禁止(涙)素朴で機能性の良さそうな台でした

IMG_9412 - コピー
IMG_9420 - コピー
アアルト自邸といったらやはり自然光が降り注ぐこのリビングが有名。黒い1人掛けソファはアアルトが初任給で買った想い出の品で、それ以外のあらゆる家具と照明を手掛けているというから驚きだ。奥はスタジオ、段差と引き戸で空間を仕切っている


冬が長いフィンランド・・・昼間の日差しや明るい緑を可能な限り取り入れたのは、厳しい北欧の気候に対応できるよう設計されたことがわかります

IMG_9421 - コピー
IMG_9438 - コピーIMG_9424 - コピー
IMG_9426 - コピーIMG_9422 - コピー
和傘のようなデザイン!彼の照明やチェア、花瓶やグッズ、iittaraイッタラで今でも購入可


お次はスタジオにご案内

IMG_9437 - コピー



2018カレンダー在庫あと少し、コチラ
画集初出版(11月7日)「ヨーロッパ小さな町旅」 輸入終了


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします
">ランキングバナー
23:36 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑