FC2ブログ
2009年 10月
16日(金)
09 | 2009/10 | 11

驚きホテル事情

     フランス・ホテル立体図0366 - コピー
オリジナルの旅なので当然ホテルも自分でとる(海外のを取ったのは今回はじめて)
今回3つの方法で挑んだ、その成功と裏に潜んでいた事情を紹介しましょう。


●「ネットのサイトから」 
たくさん日本語サイトもあって簡単に予約できる。その中でフランス在住の日本人が立ち上げているサイトがお洒落だったからパリのはそこから予約する。手数料が800円ぐらいかかるが仲介・安心料だ、確実に連泊できるならそれでいい。(後に、手数料0円とかのサイトを見つけて落胆したが)予約確定したらメールがきてそれを出力するだけ♪でもいちお出発前に直接ホテルへ日にちと値段の確認メールを出すと、その返信がきて固まる。最終日の値段が違う。翌日帰るだけだしバストイレなしの安い部屋でいい、と安い方を選んだはずなのに、高い方になっていたのだ。(その差3千円)すぐ、この値段でこのサイトで予約確定してますと言うと「その部屋はすでに満室、こっちならあいてるよ、どうする?」手数料払って予約したのに・・・。すぐに仲介サイトへ納得いきませんどうなってるんですかって送るが、いっこうに返信なし。一度ホテルのことを聞いたときはすぐ返信してくれたのに。結局無視されましたアフターケアもなしです。これはもう現地で言うしかないと、不安のまま飛び立つ。出力した予約表を見せながら「この値段だよね?」確認すると「そうだよ」と言うではないですか。部屋はバストイレ付。きっとサービスねと思っていたら、翌朝高い値段を請求してきた。受付兄さん違いましたから伝達がまったく出来てないみたい。すかさず予約表を見せるとその値段でおさまる。いい加減なものです、自分がしっかりしてなかったら言われるがままです。「警察呼んでください」のフランス語を覚えたのは使うことはなかったけれど



SBCA0203 - コピーSBCA0247 - コピー
高いお金さえ出せばいいホテルはたくさんある。だけど1つ星でも二人で1万円強という高いパリ。確かに今回のところは5区と立地は最高だった、EVないので5階まで毎回行き来したが窓からのセントマリー教会をご褒美に思う。狭い・古いは気にならなかったが、前の人のコップがあったりトイレが臭ったり、洗面台の埃、ヘアピンなど水周りが気になった。顔を洗うのも気持ち悪く、最後シャワーをあびれなかったぐらい。室内清掃もなかったみたい、シーツは息子が汚した跡がそのままだった


SBCA0501 - コピーSBCA0502 - コピー
もうひとつ例を見てみましょう。ディジョンのホテルはブッキングカムから (手数料0円)
予約しといたホテルへ行くといきなり「満室」と言われ、向かいのいかにも高級そうな三つ星のホテルへ案内される。安い料金のビジネスをとったつもりなのに、鍵を渡される。「この値段?この値段?」と確認するとそうだと言う。部屋をあけたとたんい香りがするし綺麗でバスタブもある、トイレも個別。この部屋135€(1万9千円)って書いてたんですが本当に57€(8千円)で泊まれました。どうゆうことになってのたか真相は今も謎ですが(ダブルブッキングだったのでしょうか)、とにかく飛行機でいうならエコノミーからビジネスに行けたんですから文句はありません



SBCA0387 - コピーSBCA0383 - コピー
●「ホテルHPの予約フォーラムから」
田舎のほうは仲介などないので、自分で直接あたってみないといけなくて、直接HPからメールを出す。時差があるので、返事は2、3日後が当たり前。1週間前からとり始めた身にとっては待ち遠しくて待ち遠しくて、もちろん英語で返信きますから注意深くあんなに英字の迷惑メールを吟味した期間はなかったです。この方法はせめて1ヶ月前から余裕を持って行いましょう。返信がきて無事に予約できた時、どこにも頼らなくても自分でできたことに自信がこみあげてきた。 ただし落とし穴は返信用の自分のEメールアドレスを入れ間違う可能性があるということ。実際、間違えてたみたいで、こっちは返事が来ないと思ってて向こうはメールが行かないということだったみたい(入力は見直しましょう)



SBCA0560 - コピーSBCA0568 - コピー
●現地在住の人に電話をしてもらう
現地に友人や知り合いがいると心強いですね
田舎のホテルはパリよりずっと安くて広くて綺麗で快適に泊まれました






●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします
ランキングバナー


11:28 | 2009年フランス親子旅 | comments (5) | edit | page top↑