FC2ブログ
2010年 09月
07日(火)
08 | 2010/09 | 10

東欧旅のはじまり

SBCA0775 - コピー
3週間かけてドイツ&チェコを旅してきました♪絵を通して出会った素朴な場所&親子で挑んだトラブル中心の旅行紀を綴っていきます♪


正直言うと無事に行って戻ってこれるかは、わかりませんでした。今回もツアーではなく個人旅でしたし、なんの保障もない旅だった上、初めてネットで格安航空券を手配して、いつもは手数料は安心料だと信用ある旅行会社か航空会社サイトとかで買っていたのだけど、やはり一番安かったのです、個人手配が。(どこと比べても1万円ほど!)メールでEチケットが添付されてきて印刷するだけでサイトとはメール連絡のみ、このペラペラな紙一枚で私を本当にヨーロッパに連れていってくれるのか、予約できているのか、もしかして詐欺だったとかやめてよ?こんなことだったらみんなに張り切って東欧スケッチ行っきまーすとか言うんじゃなかった!とか思いながら出発当日チェックインカウンターに紙を見せた時のあのスリル、「席はどうされますか?」で息子に思わずガッツポーズ、ありがとう!CHINTAIトラベルサービスさーん!岡山空港から韓国に乗り継いでドイツ入り。


計画は2週間前になって(相変わらずです)、行きたい町をまずピックアップしようにもドイツはロマンチック街道だの有名所の候補がありすぎて・・逆にそうゆう所は潔くやめて”ガイドブックにも載らない小さい町”をネットで探しまくりました。去年のフランス、友達に「どうしてメジャーな所に行かないの・・」と言われた。でもあまり知られてない素朴な所を描くのが好きなのです。そうゆう所はたいてい辺鄙な場所にある、ここは本当に個人で行けるかを、誰かの旅行紀と地図とルートと電車を調べて、フランクフルト→コッヘム→ニュルンベルク→プラハ→クトナーホラ→チェスキークルムロフ→ワイマール→フランクフルト、という19日間の旅プランを決めました

SBCA1033 - コピーSBCA1035 - コピー
以前はうっかりホテルの地図を出し忘れ彷徨ったことを教訓に、今度のノートにはバッチリ地図も貼って、住所や電話番号、チェックインアウト時間まで記載


息子はシャイで、挨拶もいつも小さかったのに、「ダンケシェーン」「バーイ」「サンキュー」を繰り返し言っていたし、電車のドア開閉ボタンは彼の役目だったし、スケッチブックを置き忘れた時は街中を走って取りに行ってくれたし、私が失敗するたびに「ごめんなさいは?」と言わされ、描き終わった後には「ありがとうは?」と言わされ、4年生の息子は間違いなく成長していました(ちょっと憎たらしく)自分の立場をよくわかっていて(待たせるのはすまないが)比較的愚図る事なく大人しく遊んでくれていました。そのかわり彼の行きたい所や公園も配慮しつつ喧嘩もしつつひとつ言っておいたことがありました。


「絵はたんに描くってもんじゃない、良い気持ちで描いてこそ良い絵が描けるもの」すると時々歌を歌ってくれました、但しここでは書けないような変な歌を・・「カアチャンを良い気持ちにさせてあげよんじゃ、こっちがおるからカァチャンは笑ってられるんよ」と。たと気付く。一人旅は気兼ねなくていいけど、笑うって相手がいないと出来ない、いつのまにか私のいい相棒になってくれていたとは。独身の頃や彼を産んでから最近まで想像もしてなかったことです。それと普段と違う世界を見せたり経験させたりするのは将来きっと何か役立つはず。だからお願い、中学行かないなんて言わないで!

SBCA0744 - コピー




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー
11:44 | 2010年ドイツ&チェコ親子旅 | comments (22) | edit | page top↑