FC2ブログ
2010年 09月
17日(金)
08 | 2010/09 | 10

ツアー潜入

   ドイツ・コッヘム城0460 - コピー
モーゼル川に沿って、コッヘムのシンボル的存在・ライヒスブルク城 (Reichsburg)がある。まるで天空のラピュタを想像させる。小高い丘に沿って葡萄畑が広がるこの情景も、この町の魅力の1つ。何度眺めたことだろう。夜のライトアップと共に満月が浮かびあがった幻想的な光景を目にして想う。ここに住んでいる人達は毎日この中世の景色が、窓からお城が見える環境を当たり前と思って生活しているなんて、いったいどんな気持ちなのだろう。もちろん維持するための努力をされていると思いますが


城内は自由に見れるのかと思ったらガイドツアーのみ。どんなツアーでも自分のペースで周れないから好きじゃない、けれどここは仕方ない、門の先が見たい。チケット売り場で5€(¥575、息子はフリー)を買って1時間弱、20名一組でまわります(10時に入って出てからは混雑していたので早めに来る方がいいかも♪)1つ部屋を移動するごとに前の部屋の鍵をガイドさんが閉めていくという厳重な体制!(さっきの部屋を見たいと思っても見れない)

SBCA0558 - コピー
SBCA0533 - コピーSBCA0538 - コピー
下の町から城へ行く道は2箇所ある。通行人に尋ねると「20分くらいかかるよ、アップダウンの激しいハードな道だ」みたいに言われたけど、比較的緩やかな山道で10分くらいで着いたけど、笑


いきなり木の階段をギシギシと上がります

SBCA0544 - コピーSBCA0550 - コピー
SBCA0546 - コピーSBCA0556 - コピー
SBCA0553 - コピー
ドイツ語ガイドなのでちんぷんかんぷん。部屋によって壁・床など異なるので随所凝っています。どの部屋も左右対称の美しいゴシック建築。片方のドアは開けたら壁だったり逃げ出す用の扉だったり


↑この部屋は一番広い大広間。クマの剥製カーペットがあり、調度品も当時のままだそうで「触ってはダメ」となっていました。ステンドグラスも部屋ごとに違います。もっとゆっくり見たかったけれど。息子と後ろ髪引かれる思いで門を出ました

SBCA0545 - コピーSBCA0549 - コピー




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー

06:45 | 2010年ドイツ&チェコ親子旅 | comments (10) | edit | page top↑