2011年 09月
30日(金)
29日(木)
27日(火)
26日(月)
24日(土)
22日(木)
21日(水)
20日(火)
16日(金)
15日(木)
14日(水)
12日(月)
11日(日)
09日(金)
07日(水)
05日(月)
08 | 2011/09 | 10

まさかの量

スペイン・サンティアゴ(市場) - コピー
Abastos アバストス市場
旧市街の端にあり見つけにくいので、インフォメーションで場所は確かめてね♪魚介・肉・チーズ・野菜・フルーツが、野外でもテント出店しています。野菜不足を補うためにトマトを買ってそのままガブリ、2個で0.5€(¥56)


SBCA0564 - コピーSBCA0560 - コピー
SBCA0563 - コピーSBCA0565 - コピー
これは”亀の手”!スペインでは普通に売られている(ちなみにポルトガルでも)


いい雰囲気のカフェがあったので今日のランチは?と聞くと15€って書いてくれる。¥1.700、高いなと思ったけれどこの店構えからしてきっと凄い素敵で美味しいのが出てくるのだろうと、絵も描けるしと、1つオーダー。相変わらず息子と1セット。まず前菜が出てくる。刺身登場、わさび付き、いきなり日本食♪でも上品に小さいのが5切れしかない、あっという間になくなった。次も前菜?だったのかしら、アサリのバター蒸し、これまた上品に6個とか、ちょっとまだ生っぽかったので吐きそうになった。次が魚のソテー。これまた小さいひとかたまり、オリーブで味付けしてたもの、味は微妙。前菜が続くなーと思っていたら思っていたら思っていたら!


「これで全部出たけど、他に注文何かある?」(イケメン店員、とっても素敵な笑顔で)あれで終わり。あの量で。パンも出てこなかった(絶対どこでも出てくる、有料だけど)お腹ぜんぜん満たされなかった食事ってこの旅でここぐらいなもの・・逆にいつも量が多すぎて困るぐらいなのに、盛り付けもとくに美しくなく(絵に描く衝動にもならず)これがどうして15€もしたのか謎です。露店で売ってたタコの盛り合わせ買い食いすればよかった!

SBCA0562 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー




16:12 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (3) | edit | page top↑

お金下さい

   スペイン・サンティアゴ(2F厨房) - コピー
息子は私が描いてる間何をしているか、石ころを見つけて戦いごっこを妄想したり紐を見つけてズボンから垂らしペットごっこしたり、手摺を滑り台にして1時間とか平気で滑っていたり、小さい村なら1人で散策してきたり、アリの巣と格闘したり、まーそのときによって色々なんですが。この時、この絵を描いてる時、地べたに座り込んで、描いてる間は集中してますから気づかなかったんです、眼鏡ケースが通路側に開けて置いてあるのを。パフォーマンスをして収入を得る人達を息子はたくさん見てきていました。「絵が上手だねーと褒めてくれて母ちゃんにもお金入れてくれるんじゃないかと思って」こっそり。お金は入ってなかったけどね、だいぶ恥ずかしかったけどね


SBCA0559 - コピーSBCA0613 - コピー
SBCA0611 - コピーSBCA0610 - コピー
SBCA0614 - コピー
サンティアゴの旧市街もそんなに広くはないけど路地がたくさんあって4日間いても覚えられず。よく迷ったものです。町並みも申し分ない、絵になるところばかり、素通りなんてもってのほか、最低3日はゆっくり滞在してほしい町です


SBCA0573 - コピーSBCA0665 - コピー
SBCA0570 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー


08:44 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

北スペインの大御所

   スペイン・サンティアゴ(夕焼け通り) - コピー
スペイン Spain 
サンティアゴ・デ・コンポステーラ Santiago de Compostela

サンティアゴとはスペイン語で聖ヤコブのこと、コンポステーラとはラテン語で星の原っぱと言う意味。ここに着いた夜、カテドラル付近で演奏をしていたエスパーニャたち。お客さんは踊り出し、いきなりスペイン音楽を体感dきたのです


SBCA0587 - コピー
北スペインを選んだ理由は、このカテドラルをどうしても見たかったから。多くの巡礼者達が交通の発達した現代でも、フランスからピレネー山脈を越えここにやってきます。サンティアゴ巡礼路の終着地がこのサンティアゴ大聖堂だからです。あまりに美しく鮮明で青い空にそびえ立っている。1078年から建て直され、50年かけて今の姿になりました。ゆっくり眺めるにはぜひ広場に寝そべって見上げましょう。(ただし荷物には気をつけてね)
SBCA0630 - コピー


この広場に面してある15世紀に建造され王立病院兼宿泊施設だった建物は、450年以上経ってホテルとして蘇った、まさにパラドール中のパラドール!(古城や宮殿など歴史的、芸術的建築物を改装した国営の宿泊施設)1泊1人2万円とか。ここに泊まるのはまた老後の楽しみにということで・・・。それにしてもこのカテドラルを一望できるなんてすごいわ~と思っていたらどうやら一般客がこのパラドールから眺めることができるのは二階にある朝食と昼食に使われるレストランでだけで、三階に特別室が三つ、二部屋はいつも政府が借り上げており、あとの一室もほとんど貸し切り状態なんだって!
SBCA0575 - コピーSBCA0579 - コピー





●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー

11:31 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (4) | edit | page top↑

ランク星の謎

   スペイン・ヒホン(ホテル窓から) - コピー
ヒホンのホテルは高かった。今回二人で5千~6千円を基準にホテル選びをしていた、昼間の描写活動には夜の快適な睡眠と休息が何より大事だと、去年ドイツで3千円の眠れないユースに泊まった時、再確認したものだ。だから2つ星で個別のトイレとシャワー、口コミも10評価のうち8以上のところを選んだ。しかしここは9千円代・・予算オーバーだったがお祭りだし仕方ないか。いいホテルだと思っていたのに


受付にあるのは質素なカウンターとソファ。ホテルを間違ったのかと思いました。3つ星取っていたから。それでも淡い期待を抱いて部屋を開けると、いきなりカラーボックスが目に入ってきて、備え付けの机も椅子もパイプ、置いてるものはとにかく全て安っぽい。白と黒だけで薄暗く狭い。この旅でダントツ最低ランク(涙)窓からの景色は唯一良かったが。星の基準ってどうやってつけてるんでしょう。2つ星でも1つ星でもここよりは断然いいホテルはたくさんあるし、そのあたりが謎です


次の町はサンティアゴコンポステーラ。ヒホンからバスで6時間。これ、悩みました、さすがにしんどいかなって。途中の町で降りようかと思いましたが考えているうち面倒臭くなって一気に行くことに。16時出発→22時着。(29.36€+17.62€ ¥5,300)ポルトガルは違ったけどスペインではテレビで映画を流してくれるので退屈しません(´▽`*)高速バスは飛行機みたいにランクがあってノーマル、その他にスプラと言って飲食付きってのがあってうっかりそっちにしてしまうと同じ走行時間なのに値段も倍近くしたりするのでご注意を。私たちは全部ノーマルで♪

SBCA0520 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー

22:23 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

No~フィニッシュ

   スペイン・ヒホン(優しいおじさん) - コピー
残したら大きくなれんぞ(たぶん)と息子にちからこぶを見せてきたりニコニコ笑いかけてきていたお爺ちゃん。夫婦そろって前菜とかメインもけっこう残してたのに(量が多いですからね)最後に棒アイスをしっかり食べていた。いまいちこっちの食事の仕方がわかりません


私たちは相変わらず1セットを二人で12€(¥1.380)グリーンピースの炒め物は飽きがこない美味しさ。豚ハムは塩辛かったけど。でもあったかい食事はそれだけでありがたい。今日のランチはこれとこれだよ、と店員が丁寧に、ときには紙に書いて説明してくれる。どの店も大体2種類なので、注文は難しいことはない、どちらかを適当にチョイスすればいい♪

SBCA0526 - コピーSBCA0528 - コピー
SBCA0527 - コピーSBCA0522 - コピー
ここでもまだ残っているのにすぐ下げようとする。フォークとナイフを八の字に置いていても下げようとする。「だ・か・ら、これまだ、食べるの!」描いている時は集中したいが皿を守ることにも集中しないといけない。食事スケッチはとにかく気を抜けないのだ


夜は食事をしそびれ、外まで人が溢れているバルやレストランに入り込む勇気が出ず・・かなり歩いてもう疲れ果てて今晩はもう絶食と思った矢先、このケーキ屋を見つけた、もう夜も10時なのに。ケースにはエクレアみたいなのがあるし、それとチョコショートとミルフィーユを買って、ホテルで食べる晩御飯

SBCA0523 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー

15:09 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

ランチ事情

   スペイン・ヒホン(シーフードランチ) - コピー
ランチで店が混んでくるのは13時~14時、大体12時から開店してるけど客は誰もいない、美味しい店は混み合ってるからそれを目安に13時から選びたいが、早めに入ると店員も接客に余裕がありチンプンカンプンな東洋人が入ってきても優しく応対してくれる。この旅では昼も夜も早めに入ることを心がけたものだ。(そう、私はレストラン小心者)


テラス席が気持ちよさそうなので座ると、イケメンエスパーニャが英語メニューを持ってきた。が、看板に書いていたランチセットが載ってない。”menu del dia”(今日のランチ)聞くと、一緒にその看板を見てくれと誘導される。テラス席はちょっと高くなるよって説明してくれた後、何書いてるかわかんないって顔したら、1つ1つ英語でこれは魚、とか肉とか、よくわかんないけど肉!と言ったら「ん~ベリーストロング」え?じゃ、魚がいいの?じゃ魚にしようか?「イエス、グッドチョイス!」はぁ・・そうですか・・飲み物は大体、ビール&ワイン&水がセットになっている。前菜は適当に選んだけど、この生ハムウリ・・とてもおいしかったです。シーフードサラダも魚介類が多種入ってたし(オリーブオイルと塩こしょうで自分で味付けする)この1セット二人で十分な量でした!息子のコーラも合わせて19.30€(¥2,220)この内容と味と量なら納得です


しかし描いては食べて描いては食べての、描いてはの時間に必ずお皿を下げにくるんです、残っているのに!そのたびに「ノーフィニッシュ!」と訴えるんですが最後のほはう面倒くさくなって「まだ食べる」「まだ!」と日本語で言う。周りを見ていると、大体の人が最後まで食べず残している、もったいない。ついつい出されたものは全部食べないとという日本人思考が働いてしまいます。そのうち予約席?のスタンドをテーブルに置かれました。早く描いて出たほうが良かったのにすみません。いつのまにか並んでる人がいるほど人気なレストランでした

SBCA0536 - コピーSBCA0518 - コピー


港町ならではのマリンショップ
SBCA0517 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー


17:22 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

シードラ

   スペイン・ヒホン(ピクニック) - コピー
ランチから戻ってきてもステージでは何も行われておらず。そのかわり山上の芝生ではたくさんの人が日向ぼっこ、しかも水着とかで。そして酔っておられるグループが音楽を奏でてあちこちで舞踊をしています、子供まで交じって楽しそうに♪でもそれステージでは・・・しないんだねぇ。この絵の一番奥で、瓶を逆さに持ってる男性いますよね、頭にふりかけているわけではなくコップに注いでます。そ、こんな風に!


SBCA0519 - コピー
Sidra シードラ
大袈裟じゃない?と思っていたけれどこうして空気に触れさせ泡立つように注ぐことで味が良くなるらしい。この地酒はりんごの絞り汁を発酵させて作る低アルコール飲料。ということでリンゴ=スィート=ジュースみたいなもんだろうと、みーんな買っていたし美味しそうに飲んでいるし味見しようと屋台に並ぶ。1瓶丸ごとのみ。グラス1杯とかでいいのに・・・3€(¥350)安かった


喉が渇いてたまらなかったのにコルクが外せない、自力でジリジリ20分かけて外す。念願のシードラ!まずは正しいパフォーマンスを息子にさせます、なんでも体験させないとね。まずくて一口でやめる。日本でいうサイダーだって?ワイン苦手

SBCA0512 - コピーSBCA0506 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー
16:51 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

祭り、どこ

スペイン・ヒホン(アストゥリアス祭り) - コピー
ヒホンGijon アストゥリアスAsturias祭り
なぜかこの北スペインのお祭りのことを調べてもほとんど情報が出てこなかった。わかっていたのは”市長たちが一堂に会し民族音楽や民族舞踊、馬車パレードが行われる”ということだけ。なので地元参加型の主催する祭り=小さい田舎のはず=Gijonヒホンに行こう!と思ったのに、都会だったなんて。2年前に行ったフランスのアルザス・ワイン祭りみたいなのを期待してたのに


毎年8月の第1日曜開催。どこでどんな風に行われるかわからないのでとりあえず町の中心広場に行ってみる。町全体が飾りつけられ屋台とかパレードとかで盛り上がってるのかと思うじゃないですか、何もない・・・。今日は本当にお祭り?状態です。期待外れだなーと思っていたら、そのうちパレードが始まる、ひっそりと。向かった先は

SBCA0502 - コピーSBCA0507 - コピー
SBCA0505 - コピー
町の端にある小高い丘。そこにはステージが作られていて、そっかここで夜までなんなら朝まで飲んで歌ってが始まるのかー♪グループごとに音楽に合わせて舞踊が始まりましたが、一通りで解散。おわり??いや、きっと休憩中だ、とかなりステージ前で待ってみたが、再開する様子なし。屋台は飲み物オンリー。何か美味しいものを買い食いしようと思っていたのに何もない。とりあえず民族衣装の人を描いていると横でお腹空いた~空いた~ととにかく息子がうるさく、中断して仕方なく町へ降りランチする場所を探すのだった


こちらは夕方頃の男性によるパフォーマンス。セクシーなスペイン人男性見たさに、周りは子供ばかりだったけど頑張って塀に登ったのにしばらくして終わってしまった。町が広すぎてどこで何が行われているか把握できなかった・・・

SBCA0513 - コピー




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー
09:39 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

基本適当な人たち

スペイン・ヒホン(ランチ中) - コピー
土曜日、Burgos・ブルゴスからヒホン・Gijonへの高速バスは早朝と夕方の1日2便のみ。着くのは22時になっちゃうけどもちろん無理せず夕方便。4時間半で19.16€(¥2.200)


ホテルの場所はわかる自信があった、地図出力してきたし。バス停からけっこう遠そうだけどタクシーは極力使いたくないので徒歩で行く(可能な限り自分達の足を使う、)とか意気込んどいてとっくに夜だから、みるみる暗くなるから、それにヒホンって田舎町だと思ったら物凄い都会だった、油断すると車に轢かれそうです。道路沿いはバルで人があふれていて通行の邪魔をする、「見て見てーこんな夜にあんな荷物背負ってちっちゃいのが二人何してるのかしらー」というような歪な目で見ていく、そっちは楽しそうですがこっちは未だにホテル探しだ!と疲れてくると不の念が出てきてしまいます・・さすがに30分歩くとリュックが肩に手提げが腕に重くのしかかり、道もあっちやこっちや枝分かれしてるし、このへんにあるはずなのに・・「かぁちゃんここさっき通ったよ」と息子も地図を見てくれるが、奇跡は起こらず



SBCA0497 - コピー
綺麗な夜景だったのに浸る余裕はなし。


そこで地元っぽい人に道を聞いていったの、3人ぐらい、そりゃわかるもんもわからないぐらいちっちゃい地図で混乱はしたと思うんだけど、「あっち♪」(どっちやねん)とか「あの道をまっすぐだよ♪」(すぐ突き当たったんですけど!?)とかで。もういいよ、もう疲れたよ、声かけるのもエネルギー消耗・・(後でわかったことだが3人とも全く別方向教えてくれてました)ホテルはすぐそこだったのにグルグルグルグル・・こりゃ他力本願では辿りつけない、自分がしっかりしないとと地図をなんとか見直し、自力で2時間後の0:00過ぎ、まさかの日付変わってからチェックインするのだった

SBCA0499 - コピーSBCA0501 - コピー




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー



23:26 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (4) | edit | page top↑

ブルゴス名物?

スペイン・ブルゴス(マグネット) - コピー
たしか1個3か4€(¥400ぐらい)で売っていたと思う。全てマグネット。パエリアなんていかにもスペインっぽいですよね、オムレツはフライパン付き、こんなの見たことないってぐらい愛着わいてとにかく全種類買いたかったが、スペインに着いて最初の町だったし、荷物になるし、この店はマグネット以外にもいわゆる観光客用のお土産をたくさん売ってたし、きっと今後行く先々で当たり前のようにあるんだろうと、帰国前のマドリッド町中とか空港で買えばいいだろうと思って買わなかったのに、結局どこにも見当たらなかったという・・・。あるんですよマグネットはたくさん、でもいかにもな観光ものばかり。どうして?これってブルゴスだけで売ってんの?場所はカテドラル前(広い広場のほう)、角のお土産屋さんです!誰か買ってきてください


SBCA0425 - コピー
SBCA0478 - コピーSBCA0494 - コピー
最初のほうは元気もあって、息子が朝起きる前を色塗り時間にしていた。早朝スケッチに行きたかったがヨーロッパは子供を1人にするのは厳禁なのです・・・。


さて、また高速バスに乗ってさらに北の港町・Gijonヒホンへ行くところ。チケットは2日前に取っておいた、バスの座席イラストを描いて、ほら、ここの席よ、一番前がいいのと。この時は取れたが、その後は、イラストを全く見てくれない(だから見ろって)見せても理解してくれない(これ以上わかりやすいイラストはないよ?)子供は駄目だと言われる(大体並ぶ窓口で言われることが違うもんな)苦笑される(なんで?)空いてない(これは仕方ない)などでなかなか取れなかった

SBCA0495 - コピー




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー
16:17 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (4) | edit | page top↑

渡れそうな橋は準備していきました

   スペイン・ブルゴス(買い物) - コピー
サイフをスられ所持金100円になったとか、1ヶ月ヨーロッパで野宿を繰り返し警察に捕まったとか、似顔絵描きの収入で旅を続けているとか、そんな半端じゃないブログを見ると私が更新していることなんて、これから起こるハプニング話なんてたいしことないと思ってしまう。が、ここは”絵”がメイン。現地で日々描くためには、精神的にそんな危ない橋を私は渡れない・・・でもある時、画風が変わったらこうゆうことが起こっていたと思って下さい


SBCA0488 - コピー
SBCA0420 - コピーSBCA0408 - コピー
ある夜のケバブとドリンクセット8€(¥920) 外国のレストランやカフェに入るのは臆病になってしまう私ですが今回は多々がんばって出向きました。そこでしか出会えない人達や店内を描いたりしようと決めていたからです。
席につけばこっちのもの、現地に溶け込めます


ホテルの朝食バイキング、ここは種類が豊富で良かった(Hotel Centro Los Braseros)

スペイン・ブルゴス(ホテル朝食) - コピー
SBCA0414 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー

12:04 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

ビル潜入

   スペイン・ブルゴス(市場1) - コピー
スーパーマーケットや市場を見るのも楽しみの1つ。ブルゴス旧市街では見つけられずにいたらある日、部屋の窓から荷物の搬入やおばちゃん達がカートを押す音が聞こえてきて、あのビルは何か売ってるらしいことがわかった


スーパーではなく、ビルの1階に肉&パン&チーズ、地下に魚&&野菜&果物、たくさんのテナントはそれぞれ個性を出し賑わっていた。楽しくて2日通う

SBCA0434 - コピーSBCA0435 - コピー
SBCA0441 - コピーSBCA0440 - コピー
スペイン・ブルゴス(市場2) - コピー
右上、鶏の分解図が可愛いい。喉がかわいたという息子に、描いていて忙しいから自分で買ってきて、指差してイチって言うだけ!とお金を渡した。10分たっても行かない恥ずかしがって。せかすと、お客さんが絶えずいるからいなくなったら行くと言って、その後売店のおばちゃんからなんとかジュースGet!息子には度胸をつけてもらいたいし自分で考えて行動してほしい


SBCA0483 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー



10:39 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (5) | edit | page top↑

カテドラルを横目に

スペイン・ブルゴス(カテドラル前)コピー
カテドラルは書かずにそれを眺める人、写真を撮る人、佇む人、そんな人が集う場所が描きたい衝動にかられる


300年の時を経て完成したゴシック建築は人類歴史遺産に登録されています。写真左側からの構図がよく紹介されていますが私はここからの全体像が好きだった、構造の複雑さがよりよく見えて。入館料は5€(¥580)子供1€

SBCA0489 - コピー
SBCA0445 - コピーSBCA0457 - コピー
ストライプシャツとベレー帽と杖のおじさん


圧巻の天井装飾いろいろ。古い木製階段

SBCA0450 - コピーSBCA0455 - コピー
SBCA0460 - コピーSBCA0456 - コピー
SBCA0458 - コピー
展示品もいろいろあり、こちら高さ20センチぐらいの小さい小さい真珠や宝石がちりばめられたオブジェの緻密さ、これぞ芸術。この前からしばらく動けませんでした


外に出たら、ドレスを着た人たちが集まり始めたと思ったら花嫁登場。このカテドラルの一角で式を挙げていました。この本物の空間で。日本人も日本伝統を大事にみんな和装でしたらどうだろうか?

SBCA0470 - コピーSBCA0468 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー

01:08 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

忘れられない音楽と

 スペイン・ブルゴス(黄色い壁のレストラン) - コピー
Burgos ブルゴス・スペイン
この町への入口にサンタ・マリアの門があります。そのトンネルで女性が歌っていたこの「ラ・パロマ」その深い歌声にのせ初めて聞いたこのメロディーはこの旅の間中、そして日本に帰ってからも息子と二人鼻歌で出るほど印象に残ったものでした。いい音楽に出会うと心も豊かになります♪


ブルゴスは中世スペインの城下町。サンティアゴの道(巡礼)としてフランスからのルートの真っ只中にあります。大きい観光地ではあるのですがとにかく小規模で素朴、広い範囲で美しい町並みを保っています。町の中は車乗り入れ禁止でゆっくり巡れるっていうのもいいですよね
SBCA0401 - コピーSBCA0411 - コピー
SBCA0413 - コピー
人が少ないと思ったらシエスタでした。昼休憩12時~16時


アルランサ川沿いのベンチと木々。昼間からこちらの人は飲んでます、とにかく飲んで喋ってます、とくにオジサンたち。楽しいのんびりした人生送ってるなぁと微笑ましくなります

SBCA0447 - コピーSBCA0419 - コピー
SBCA0443 - コピーSBCA0447 - コピー
この町のさらに良い所は、水が飲み放題ということ。町の数箇所に設置してあります。蛇口とかひねるところがなくても慌てないで!手前の下にノブみたいなものが光ってるところを踏むと一定時間水が出てくるという仕組みです。もたもたしてる私の横で息子がすぐ見つけました、さすが子供の頭の柔軟なこと。ちなみに場所によってノブの位置が違います。お腹が繊細な私は飲むのどうしようかと迷いましたが、4日間滞在中一度もお腹壊すことなかったので大丈夫です!飲み物代かなり浮いた町( *´艸`)


次は町のシンボル、カテドラルへ

SBCA0444 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします
ランキングバナー


11:37 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (4) | edit | page top↑

バス移動中心

スペイン・ブルゴス(赤いお婆ちゃん) - コピー
旅に行くと自分とじっくり向き合える。"人心地”が感じられる絵を描くのが好き。しっかりした風景画も描いてますがそこには必ず人がいて、その人達を中心に絵の中にストーリーが見えてくるようなそんな風に感じてもらえたら嬉しい。建物や風景はそこに行けば誰でも描けるけれど、人との出会いは一期一会。絵の中に登場する人達はサブではなく私の中ではメイン。赤が大好きなお婆ちゃん、現地に着いて一番最初に描いた絵です


マドリッドのホテルで早々にスーツケースをあづけた後は、基本バックパッカー。衣類もかさばらないよう空気を抜くようにしてみました。今回ももちろんツアーではないので誰も目的地に連れてってくれません、息子もまだ頼りになりません。スペインもポルトガルも鉄道より高速バスの方が安いことがわかり(鉄道の半額以下)便利で便数多くて鉄道の通っていない町まで連れてってくれるので、ほとんどバス移動しました。スペインは”ALSA”アルザ。ポルトガルは”Read Expressos”アルザのほうは日付検索も乗り場地図も出てきたのに対してリードの方は時間が出てくるのみ・・町のどこで降ろされるのかわからない。現地聞き込みを覚悟し週末は便が減るかもしれないので平日移動にしました

SBCA0477 - コピーSBCA0476 - コピー
マドリッドのホテルで早々にスーツケースをあづけ、基本バックパッカー。衣類もかさばらないよう空気を抜くようにしてみた。さて、今回ももちろんツアーではないので誰も目的地に連れてってくれません、息子も連れてってくれません。スペインもポルトガルも、鉄道より高速バスの方が安いことがわかり(鉄道の半額以下)便利で便数多くて鉄道の通ってない町まで連れてってくれるわで、ほとんどバス移動しました。スペインは”ALSA”アルザ。ポルトガルは”Read Expressos”リード、ここで検索すればバッチリ!アルザのほうは日付検索も乗り場地図も出てきたのに対してリードの方は時間が出てくるのみ・・町のどこで降ろされるのかわからないんですよ!現地聞き込みを覚悟し週末は便が減るかもしれないので平日移動にしたり。ポルトガルはツーリストに不親切すぎやしませんかー?


アルザは乗り場地図が表示されていましたが、その場所に行ったんです確実に。大通りから一本裏で何本目の路地で。そこに行っても、あるのは街路樹とPだけ、案内板もなけりゃ人もいない、初スペインでまだ一度もバスステーションを見ていない私は、もしかしてこんな所でも待っていたら来るのか?とも思い、とりあえず朝ごはんのパンを近くの店で買ってベンチで食べる。・・・やっぱ明らかに違うみたい。店の開店準備をしていたお兄さんに助けを求める。アルザならこの先の地下鉄だよと教えてくれた。なぜだ。まだ半信半疑だったですが、地下にありました。HPから地図出力して信じて地下鉄乗り継いであんな辺鄙なとこまで行ったのに、結局間違えてたんです、アルザが!(その後は合ってたけど)あーびっくりした初っ端から

SBCA0388 - コピーSBCA0398 - コピー
売り場はすごい人。誰かが番号札をとっているのを見て私も取りに行くと、10番目・・・。やっと呼ばれ出力してきたものを窓口に見せ、私と息子ってジャスチェーで伝えるだけだけど心臓バックバクです。おばさんは終始怒ったようにチケットを売ってくれる。パスポートまで見せろと言われた(ここだけだった)いきなりだと焦る。盗まれないように下着の中とかに入れてたらどうしていただろう、入れてなかったけど。リュックの奥のほうにひっかかってなかなか出てこない、おばさん更にイラっとしている。パスポート返すときは投げられた。とにかくマドリッドからブルゴス行きのバスは、地下鉄「AVDA DE AMERICA」の地下からで。3時間、二人で27.31€(¥4.096) 
今回のレートは1€=¥115で計算しています


マドリッドは主要駅が3つあり(チャルマン・アトーチャ・プリンシペピオ)ここから地方へ行くバスも発着していますが、ブルゴスへは地下鉄で行かないといけない駅から発着なのです。お願いだから統一させてほしいところです。ちなみにバスは快適です♪テレビで映画トランスフォーマーを観ました
SBCA0393 - コピーSBCA0394 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー



11:24 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (9) | edit | page top↑

一緒に巡ろ

SBCA1390 - コピー (2)
無事帰還しました!日本はちょうど台風で、飛行機は着陸できたのですが関空から乗る高速バスが運休ギリギリ便で「途中で降りてもらうかもしれません」と係員に何度も脅されました。いったいどこで降ろされそこからどう帰ろうか、もう晩遅いのにと思いながら爆睡の中、何事もなく岡山着(´▽`*)


3度目となる今年のスケッチ旅は、スペイン&ポルトガルへ。33日間なんて、そりゃ姉が出産して私は晴れて叔母にもなってます。両国とも素晴らしい所がたくさんあるのでなかなか絞れず、ルートが決まり交通も全て移動日のを調べ、ホテルも全部取って下の表を書いたのは発つ1週間前。それがマリッジブルーじゃないけれど本当にこれでいいのかと自問自答にかられ、もういいじゃん、これでもういいじゃんと思いながら・・・。雑誌に載っていたあの宿にやっぱり行こう!宿に直接e-mailを出す。時差があるしあちらの方はのんびりだからすぐ返事なんて来ないし無理だよ・・と思っていたらすぐ返事をもらえ、すぐさまそこから他のホテルキャンセルや取り直しや調べものを、出発2日前までしていました。我ながらアホかと。だけど実際はそのルート通りにはいかなかったんですが。100枚近く描きました(でも発表する絵は事情により減ります)息子もがんばってくれました、横での1人遊び


ブルゴス・ヒホン・サンティアゴコンポステーラと北スペインをまわってポルトガル入り、バルセロス・カステロノヴォ・マルヴァオン・リスボン・ナザレ・オビドス、またスペインへ戻ってセゴビアへとご案内(マドリッドは飛行機発着利用のみ)
3月の地震に続き台風被害もまだ心配ですが、だからこそ皆”今を後悔なく生きる”ことが大事です

スペイン&ポル予定表 コピー
『利用したおすすめサイト』
●飛行機のチケット トルノス(空席のみ照会、一番安かったです、発券手数料無料!)
トルコ航空で、関空→イスタンブール→マドリッド 乗継は行き帰り2時間
●ホテルの予約 Booking.comブッキングカム
世界中の宿を予約できる、口コミや評価数字も為になる、予約手数料無料





●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー

20:02 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (11) | edit | page top↑