2012年 01月
31日(火)
27日(金)
26日(木)
25日(水)
21日(土)
18日(水)
13日(金)
10日(火)
06日(金)
02日(月)
12 | 2012/01 | 02

隙のない町

スペイン・セゴビア(パノラマ) - コピー
Segoviaセゴビア・Spain
セゴビアといったら水道橋で有名、最後にこれさえ見れればいいやと軽い気持ちを持ってこの街に入ったわけですが、”マドリッドから日帰りで行ける町”なんて言われてますが、そんなね、そんな一日でこの町の本当の魅力はわからないかもしれない。幾度も改造や修復があったとはいえ、町全体が2000年以上前の建造物で今も残っている、どこを歩いても外れのない"完璧な町”だった。いろんな歴史ある所で描いてきたけど正直、裏にまわると落書きビルや悪臭やアートと程遠い空間があるし、そうゆう時は絵の中で省いたり違うものをもってきたりするわけですが、セゴビアだけは・・見えているものどこも省けない。とにかく1泊でもとうてい足りなかった、帰国日もズらせない、こうゆう時こそパワーが出るもので早朝ホテル窓からのこのパノラマを皮切りに21時発バスで帰るまで9枚描ききった。でも全然描き足らなかった~


SBCA1346 - コピー
町構造は、船の形に似ている。お城が船首、大聖堂がマスト、水道橋が船尾の舵
水道橋からお城までおよそ1.5kmほど。中の路地はほとんど歩行者天国♪



SBCA1369 - コピーSBCA1353 - コピー
SBCA1366 - コピーSBCA1393 - コピー
SBCA1356 - コピー
いやー、まいったまいった、お店もお洒落なところが多い。


小さいマネキンはペンキで服が描かれていたよー

SBCA1367 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー



09:23 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

客におかまいなし

スペイン・セゴビア(ディナー) - コピー
Segoviaセゴビア・Porutugal
この日、ディナーも同じレストランで。だってどうしても最後に”本日のコース”を食べ納めしたかったんですもの、15€(¥1700)で飲み物・スープ・パン・メイン・デザートがつく。スペイン名物のガスパチョ(トマトの冷製スープ)はトマト・キュウリ・タマネギなど数種類の角切りにされた生野菜を上に乗せて頂きます。全種類並べたトレーを店員が持ってきてくれて「どれ入れる?」と言ってくれる、せっかくなので「全部お願い♪」メインは見た目も心躍る盛り付けだったが凄いボリュームだ。やっぱり私(というより日本人女性)には軽食コースくらいで十分だ。


それにしても入店には戸惑う。大体こちらの食事開始時間は遅くて、ランチは13時くらいからでディナーは19時からだ。それは仕方ないにせよ、ホテルは朝食付きではなかったのでお腹空いてたし昼の開店同時に入ろうとしたら中央の丸テーブルで食事をしてる団体が、客かと思ったら店員だった、私服でまかないを食べている。えーっと・・もう開店時間なんですけどー・・えらいのんびりですねー。客は私らだけだったがエイヤっと入り私服で注文を取りにきてくれたが、なんかすみません食べてる最中にーと悪い気がしてしまうのは日本人の性?そのあと着替えて14時前から客が少しづつ入って接客をしていた。


それがあっての夜ですよ、19時行くとやっぱりまかないをまた!まだ食べてる!!(もちろん看板もメニューもウエルカムな感じで出している)でも帰りのバス時間もあるからあまり待てないし・・息子とどっちが先に入るかジャンケン。「涼しい顔して、来たよーって入ればいいんだって」「やだー恥ずかしいー」負けた息子はいっこうに入れない「行けって、おまえ行ーけーよー」と店の前で30分も繰り返し、さすがに19時半(バスは21時発、ここから30分は見ておかないと、食事タイムは1時間だけという状況)エイヤっと入りました。あれですね、時間に余裕がないときに来てはいけません。こちらは何でものんびりですから。メニュー持ってくるオーダー聞く運ぶ終わったら呼ぶレシート持ってくるお金取りにくる清算。 このにいちいち時間かかるんですね~5分とか(涙)

SBCA1368 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

09:45 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

レストランならここ

スペイン・セゴビア(行きつけレストラン) - コピー
Segoviaセゴビア・Spain
オレンジ色が灯る夜の街も美しい・・でもお腹を満たすのが目的だったのですぐレストラン物色。「どこ入るん」と息子がせがむついでにこれがいっちょまえにこんなことを言うんですわ「景色いいところがいい」と。テラス席から大聖堂が見える絶景な店見つけてテーブルにつくが店員はいっこうに来ない、やめだやめだ、次入った店は高すぎた、やめだやめだ、21時に出たのにすでに22時半、もうさ、そろそろどこも閉店だよきっと・・と諦めかけた時、雰囲気も景色も良い、テーブルには一つ一つランプが置かれていた店と出会った。(キャンドルというところはたくさんあったがランプは珍しい)


El Bernardina
SBCA1365 - コピー
この写真は翌日だが強風でこのテラス席に座る人は一人も居ず~。おわかりのように小高い場所にこの店はあるんですね~昨夜は夜景を眺めながら、かたや反対側は歴史あふれる通りが目に飛び込んでくる・・誰の目にも触れない・・景色の邪魔もされない・・一番奥の塀側に座るのがオススメ♪


SBCA1364 - コピーSBCA1358 - コピー
SBCA1359 - コピーSBCA1361 - コピー
えぇ、翌日ランチもしに足を運びました、勝手わかっちゃうと楽なんだもんなー。
「チャイルドコース」7€(¥800)
息子また同じのが食べたいと祈願。前菜のトマトパスタから始まりメインはチーズボールみたいな盛り合わせ、デザートもこんな凝った装いで・・このアイスがまた絶品で!あとパンが付いて(運が良かったら温かい)このお値段。普通のカフェ的なところならまだしも、お皿も可愛いしフォークやナイフはいちいち換えてくれるようなところなのにこのお値段。ちなみに私は軽食コース同じく7€(¥800)メインがハムステーキ。美味しくて量も十分です♪


セゴビアといったら子豚の丸焼き(コチニーリョ・アサード)が名物料理だったみたいで、ウィンドウにもこのとおり、この店も売りにしてました。子豚は脂肪分が少なくジューシーなんだって!昼間から食べてるカップルが。私は脂苦手なので冒険できず・・全部食べてあげないと子豚ちゃんが可哀想だしね。(この料理は何千円もしたような・・そりゃするよね)

SBCA1363 - コピー




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
13:13 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

悪魔の水道橋

スペイン・セゴビア(城壁と自民か - コピー
Segovia セゴビア・Spain
ここに来るキッカケは「世界ふれあい街歩き」。毎週金曜22時から放送されている30分番組で本当にその地を歩いているような擬似体験ができる。案内人とかが一切出てこないのがいい、あくまで主役は”観てる人”で目線がカメラ。現地の人と会話もする、自然なナレーション付きで好きだ。(先週はフランスのアビニョンでしたね)


SBCA1347 - コピー
その中でこの水道橋が紹介されていて接着剤や釘は一切使わず石を積み上げただけで造形、とくにアーチのところはどうなってるんだって、石と石とが合わさる力を利用してるんですって。この計算され尽くした技術と高さと見事な曲線(18キロ先から水が流れてくるように上部は微妙に傾斜)これはもう人間技とは思えないことから、別名「悪魔の水道橋」らしいです~。これが2千年もの間建ち続けてるんですから・・衝撃的でその後セゴビアのことはずっと心に残っていて、実際来ることができました♪芝生に寝転んで見上げたり、水が流れてるところを上にあがって想像したり(今でも流すことはできるらしい)石を触って歴史の重みを感じたり。さぁ、ここから旧市街が奥深く広がっている!のに・・


SBCA1352 - コピー
悪魔といったらあの夜行列車だ。寝不足&暑さ&移動疲れですぐに体調不良、息子も元気がない。ホテルで数時間休んできたのにまた帰って・・薬飲んでベッドから起き上がれないこと3時間、すでに21時。あ~もったないしお腹空いた~今日はアイスクリームしか食べてない~



SBCA1353 - コピーSBCA1350 - コピー
SBCA1351 - コピー




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
10:12 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

電話ミッション

スペイン・セゴビア(展示品) - コピー
夜行で着いたその日にマドリッド滞在はせず、別の町に行くための移動がまた待っていた。帰国日が迫っている中、どうしても最後に1泊で”セゴビア”に行きたかったから。列車が着いたのはマドリッドのCHAMARTINチャマルティン駅。そこから地下鉄で最初に泊まってたホテルがあるPL.DE EAPANAまで30分。私はいつも最初のホテルにスーツケースを預けておいて、最後に荷物やお土産を詰める、空港から町の往復のみガラガラと引きずるのみ。このおかげで身軽に旅を続けられます~とくにヨーロッパは石畳や坂が多いしで引きずっている人を何度も見かけたが(大体若い日本女性)あれはほんまに大変です・・。


マドリッドのホテルの人とは1か月ぶりだったけどちゃんと覚えててくれて、明日の晩また泊まりくるからねと説明しスーツケース出してもらって荷物を詰めまた預けて1泊分だけの準備をして、我ながらいい作戦。さて、行く前にしなくてはいけないことがあった
リコンファーム・・・
帰国便の確認だ、72時間前に「私たちちゃんと乗りますよぉ~」と言わないと予約してても他の客をいれられてしまうかもしれないという恐ろしく不安定な規則?これは航空会社による、私が利用したトルコ航空は残念ながらこれをしないといけなかった。大丈夫、英文をメモってきてたしね、早速かけたらアナウンスが流れてきた、えぇぇ・・今は昼休みとかそうゆうの?それにトルコ語だし!切ってしまった。落ち着けと、またかけてみるが同じくアナウンス、今度はちょっと待ってみたら、男性が出てくれた~、「OK、番号を教えて」とフライト№やパスポート№を伝えていくんですが、これが通じない。「ゼロ」「?」あ、日本語風に言ったらダメよねと「ジェ~ロ~」とかっこよく言ってみるも「ツゥー?」なんで2やねん0だっつの!みたいなやり取りが20分も行われ、なんとかこうにか、「エヴリシングOK?」「OK!イズミ」とミッション完了。(ちなみにちゃんと帰りの飛行機乗れたから!!)それよりホテルの人にチップ払って電話口に出てもらうってのがいいんじゃない?というのを後で気づいた。


SBCA1423 - コピーimg170 - コピー
さて”セゴビア”へは1時間40分で行けるってのがいいでしょ。バス乗り場は、Principe Pioプリンシペ・ピオ駅から。ホテルから一駅だったからもう歩いた、20分。乗り場はわかりにくいがとにかく駅の地下にある、あの3色のバスマークを見つけよう。
マドリッド⇔セゴビア往復 13.14€×2(¥3.000)子供料金はなかった??
バスは満席。30分走ったところで高速道路でエンスト?脇に停車しドライバーが外で何か必死に・・そのうちオレンジの蛍光色服を着て待っている、結局次に出発したバスに私たちは乗り換えることに~、あまり待たずにすんだのはこのルートのバスは30分置きに出でてるから!


SBCA1331 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします
">ランキングバナー

10:20 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

泣きの列車

   ポルトガル(蝋燭シリーズ) - コピー
というわけで寝台には乗れず椅子席になってしまい、そんな10時間半もね、椅子に座ってる人なんてそんないるのかね?いないいない、2席を一人づつ使って足伸ばして寝てやろうなんてね、満席でした(泣)じゃ、せめて息子には膝枕で横になってもらおうと間の肘置きを見て愕然ですよ、その太い鉄製は床までドーンとくっついていてビクともしない、リクライニングもほんのちょっと、なんて融通きかないヤツ!(泣)さて乗ってるお客は少しでも節約したい若い子たちだろう、前にはバックパッカーぽい女子グループが向かい合ってさらに通路挟んだ先も仲間みたいで大人数だ、と思いきや老夫婦もたくさんいた、ある意味尊敬。そのうちオバサンの怒鳴り声、「He is crazy!!」どうやらオジサンと席のことでモメている、車掌も来るわで出発前からすでにこの夜行列車の未来は見えていた(泣)


席は接続部分の近く、誰かが通るたび開閉ドアが作動する。日本の新幹線をイメージしてはいけません、各駅停車並みのドンガラガッシャンプシューー、やっと寝かけたところでも容赦なくその音で起こされます(泣)それでなくても列車自体ガーーゴーーってうるさいんですけどね、うるさいのはなにも機械だけじゃない、前の女子グループの笑い声、どっかで騒いでいるアホどもの声、まったくの地声で話すオッサン、「シ~~お静かにぃ~~夜中ですヨォ~~」という周りに対する気遣いは一切なし(笑)静寂な中でないと眠れない体質な私、耳栓どうして忘れた?(泣)(アイマスクは役に立った)おまけに空調いったいどうなっとるんだ、ヨーロッパは夏は昼暑くても夜はコートがいるぐらい寒くなるのに強い冷房を一晩中流している(泣)衣服を重ね着するも十分防げるものではない。後に、ヨーロッパの寝台ベッドに乗ったという日本人に会って話を聞いたら「足元から尋常じゃない冷房が出ていて加減できるスィッチもなくてただ毛布にくるまるしかなくとにかく寝れなかった」らしい。ちなみちなみにリスボン⇔マドリッドに夜行バスもあるらしいが、あまり良い情報を得られなかったのでやめていたがどっちがいいかはあなた次第!



SBCA1235 - コピーSBCA1329 - コピー


22:30発9:00着で定刻通り。息子が呟いた、「寝台列車じゃなくて死んだ列車だった」と。なんだかんだと無事にポルトガルからスペインにまた戻ってこれたから良しとしよう。それに出会いもありました、私たちの斜め後の席にいた大学生ボーイ、野村君たち♪外国で日本語が聞こえてきたときの喜びといったらないです、話しかけたのは私。卒業旅行でオランダ→ポルトガル→フランスというルートで、日本から広州・上海と2度も乗り換える中国航空で来たらしい(2か月前にとった11万のチケット)さすが若くないとできないわよねーって私らも直行じゃなく1回乗り換えのやつだけど。でもえらい!学生の時から個人旅だなんて、私が学生の時は口ポカーンとあけてハイハイついていく旅行しかしたことなかったし考えもしなかったから・・。彼らはきっとこの行動力が自信となって未来に繋がっていくんだろうな!
SBCA1330 - コピー




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー


10:08 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (6) | edit | page top↑

苦肉の切符

   ポルトガル(スーパーで2) - コピー
「どうやっても買えないんですけど!!」という悲痛な悩み相談をネットで数多く見かけた、せっかく早割りがあってネットでも買えるらしいというのをこのサイトで知ったのに・・
ポルトガルの交通について


ここでも難しいと忠告してます(泣)でも本当にダメなのか試してはみた、ルシタニア(夜行列車)のHPから、日付を入れてページごとに必要事項を入力してはみた、結局どうやっても子供料金表示が出せず(大体大人の半額ですからね)大人×2枚買ってもバカらしいので途中で諦めるしかなかった、その先の画面に行くと本当に買えたのかは?ですが。去年ドイツもチェコも買えなかった、その前のフランスは早割りでネットからカード決算で余裕で買えたのになー。



img190 - コピー
でも確かに早割りはあった。等級によって値段が変わる。椅子席が一番安いがやはり足を伸ばして寝たいので絶対4人部屋のベッド”Cama Turista”をと思っていた。正規が83.80€(¥9500)子供36.5€(¥4200)、上の方の”29日”のとこにメモっている金額が調べた早割りで49.9€(¥5640)子供が24€(¥2700)
正規のほぼ半額だ
でもこれがどうゆうシステムかさっぱり!調べましたよ1か月分を、すると安い日がてんでバラバラ・・。これが例えば乗車1か月前から3日前までは安いよとか、何曜日が安いよとかであればわかりやすいのに、なんなの?33€というのもある、その前後日は正規料金だったり、これは日を変えて調べても同じ結果だった。


仕方がない、現地で買うしかない、最初着いたマドリッド空港でこの鉄道会社窓口を幸い見つけた
「49.9€じゃないよ、60.5€だ。4ベッドは88€だ」
まんま正規料金?そんなわけない!こっちは出発直前まで29日はちゃんと安くなってることを確認して予定を組んだんだぞ!ネットで調べたんだ的なジェスチャーをしても他の日を言っても首を横に振られるだけでした。悔しいのでそこでは買わず違う町で再度買いに行くと今度は、
「子供は4人部屋はダメだ、椅子席か二人部屋だ」
最初のところはそんなこと言ってなかったのに!子供設定あるじゃん!しかも全然安くない!いづれも正規料金で二人部屋なんて105,6€(¥12000)もするじゃないか!もう疲れた、疲れたよ・・・いいよいいよもう椅子席で、満席で夜行に乗れなくて帰国に支障が出ても嫌だし、いいよいいよと結局60.5€+36.35€(¥11000)でチーーン


SBCA1766 - コピー
椅子席の地獄の始まり始まり・・・続く




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー



12:25 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

夜行に向けて

   ポルトガル・オビドス(ブーゲンの路地) - コピー
この旅一番の最長移動が待っていた、首都リスボンに戻って夜行列車で一気にスペインに帰るという。オビドスからは”TEJO"というバス会社だった、RAINHA→OBIDOS→BOMBARRAL→LISBOAを行き来してるみたい。予約はいらず(Reedは常に全指定席だったのに)インフォのお姉さんも「ドライバーから買え」とだけだった。
SBCA1767 - コピーSBCA1277 - コピー
SBCA1289 - コピー
ギリギリまでスケッチしてっと(息子撮影)


7.25€+5.65€(¥1.230)。1時間でリスボン到着、リスボンのいったいどこに着いたんだ?そうゆう案内はこっちではまるっきしないですからねぇ・・降りてすぐ係員に地図を持っていってマルをしてもらったよ↓

img189 - コピー
”campo Grande"ってとこだったよ(この地図クリックしたら少し大きくなるよ)
夜行が出る駅は下のほうの”Sta,Apolonia”セントアポローニャってところ、地下鉄で1回乗り換えてスムーズにいけば30分で着く、リスボンの地下鉄はとってもわかりやすくて助かる。(前述べたように切符のシステム自体がややこしいけど)発車時刻の2時間前に余裕で着いてトラブルなしでごめんなさい、でも安心して、ここからだから・・・続く




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー






14:15 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (4) | edit | page top↑

探検レストラン

ポルトガル・オビドス(小屋的レストラン) - コピー
Obidos・オビドス・Porutugal
1階、中2階、2階と3フロアで楽しめるレストラン。こうゆう空間って子供のようにワクワクしちゃう。大きな梁が吹き抜けを渡っていて見事だ。右の出入口から入って、左奥には厨房と1階席。昼時なのにだーれも居なくて「どこでも座っていいよ」迷わず全体が見渡せるこの中2階席に。この椅子のサイズは圧迫感をなくす工夫なのでしょうね、低いし小さいしで(私にはぴったり)まるでミニチュアの世界に迷い込んだよう。



SBCA1305 - コピー
SBCA1307 - コピーSBCA1306 - コピー
トイレの流しも何気に素敵。ピザ8.5€(¥960)シーフードサラダ7.5€(¥850)・・それがピザはちょっと冷めててサラダもいい値段だったのでエビとかイカとか期待してたのにカニカマだけだったが残念だったなー、量は多かったけど。ティータイム利用がいいかも!?店内では最初テレビの音が鳴り響いていてまだオープン前か?と思ったがお兄さんがジャズ音楽をかけてくれたのでうっとり酔いしれていると、また大音量でテレビをかけられた、バアさんが怒鳴っている、お兄さんも何か言っている、親子か?せっかくの雰囲気がつぶれる時もあったが、こんなところでお昼を食べれて良かったし♪


SBCA1308 - コピー


この店は裏通りにあるので見つけにくいけど向かいのブーゲンビリアが目印♪見つけてね
SBCA1303 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

14:30 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

★賀正★

スペイン&ポルトガルMap - コピー
明けましておめでとうございます!


”尊い光の中に生きて居る私。食べるも着るも寝るも起きるも、有難い。
 感謝の気持ち一杯で、授けられた仕事を、一心不乱に精を出そう”



このおみくじの言葉、3.11のことが思い出されて何度も何度も頷いてしまった。



SBCA1722 - コピーSBCA1720 - コピー
母の見本を見つめる息子。ツリーは冬仕様にして2月まで飾ります♪


SBCA1725 - コピーSBCA1724 - コピー
ペットと共に家族みんな無事に新年を迎えれたことに感謝♪友達も宝


皆さんにとってもたくさんの福が来る年でありますように・・・
今年も”泉スケッチブック”を宜しくお願いいたします!
引き続きスペ&ポル旅日記をお楽しみ下さい、9月から書き出したのにまだ終わってません
今、訪問地10番目の”Obidos”オビドスというところです、いくつかここを紹介したあと首都リスボンに戻ってスペインまで一気に夜行列車で戻って、あとひとつ村を紹介してやっと帰路です~

SBCA1727 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

10:46 | 日常あれこれ | comments (0) | edit | page top↑