2012年 05月
29日(火)
25日(金)
21日(月)
17日(木)
11日(金)
08日(火)
02日(水)
04 | 2012/05 | 06

盗まないで下さい

   SBCA0085 - コピー
あの公園にポツンっておいてあるこのベンチ、なんともいえない。
わかってる、もちろんわかってるってば、常識的に考えて。でもちょっと聞いてみたいじゃない「これ、捨てとんかな?不法投棄しとんかな?公共のならネジかなんかで地面に埋め込み式になってるはずだし」「違うじゃろう、窃盗じゃろう」という真面目な旦那に「ちょ、ちょっとそっち持ってくれん?自転車に乗るかもしれんから」「一人でやれ!」からかっただけだっつの。


で、やっぱ駄目ですよね?(笑)

SBCA0113 - コピーSBCA0110 - コピー
どちらも保育園で使われてたベンチでしょうね、こちらは某花屋さんで


運動会弁当★トマトライスなどなど

SBCA0118 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー


14:44 | 日常あれこれ | comments (9) | edit | page top↑

子供らしいっちゃ~子供らしい

   img223 - コピー
隅があいている、息子が近い、この二つが揃うことってあまりなくてですね、久し振りの参観日スケッチ。もうこの1年であと何回描けるか、中学校って参観日ありましたっけ、母さん描いていいんなら行っちゃうけど。さて、しゃべり方が卓球の平野早矢香似の若くて優しい女の先生が担任だ。「ちゃくじょ?いや、しゃくじょ」なに言ってるのかと思ったら正解はさくじょ(削除)「母ちゃん、だれだれがなんとかかんとかってよったよぉ」って留守の時電話を取ってくれるもこんな伝言してくる子ですから、先生、大変ですよ、同情します。


ゆる~く空手も続けてます。それなりにやるけど根っからの闘争心がもともとない?ので負けたらすぐ友達と遊びだす。かと思えば同い年とは思えない気合いと気迫で技を決めそのうえ負けたら(トーナメント式)悔しくて泣いてる子がいる。空き時間ともなれば息子たちは早々に弁当をたいらげお菓子を持って体育館散策に没頭。かと思えば廊下でこれまた気合い入った(入りすぎた)親が、子に練習させている。そんな親はギャラリーからも叱咤激励を常に発声している。親も子も道場によってかなりの差があるわけである。うちが行ってるところはとにかくゆるい。先生も基本優しいし親も子も和気あいあいはいいのだけど、一時は息子の為には甘い環境から脱して強化道場行かせたほうがいいのかもしれないと思って話したこともあるが、息子は、泣いた(笑)塾通いをほのめかした時以来号泣(笑)何より今の道場がよっぽど好きらしい。合ってるんでしょうね。彼の可能性の為を想ってだなんて結局エゴでしかなくて、何事も本人のヤル気と「楽しい」かどうか、その上で協力が必要な時だけ親登場する、みたいなポジションでいいわけで。ちなみに強化道場はそれはそれで親同士のバトルもあるみたい、やっぱ私もいいや(笑)

SBCA0036 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー


10:27 | 息子 | comments (6) | edit | page top↑

シルエット

PICT0022 - コピー
おば~あちゃん、言ったでしょう~7時からだから見れるのは、なのに朝5時から起きて写真を撮る撮るといって騒ぎ駄目だ駄目だ失明するからと言ってるのに目を盗んで太陽にカメラを向けようとしてまた怒られてるのを横目に・・っと、
岡山でも朝から快晴で日食見れました♪(落としぶた)



SBCA0087 - コピー
「泊まることはできないでござるか!」高校の同級生からの連絡。ただいま国内を放浪の旅中。彼は13年間務めた美容師という仕事に潔くピリオドを打ち、自分が一番心地よく楽しく大袈裟にいうと”生きてる”と感じられる人生を歩んでいくと決意したのだった。目指すはヨガのインストラクター、まずはバリで1か月研修だ、楽しそう!なんて言ったら軽々しいんだけど、彼にはまさにこの詩が思い浮かびます。「この道を、行けばどうなるものか危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかるさ。」


それにしてもアイフォンのカメラ画像の機能は半端ないですね、あんな加工やこんなことや~、あ、私じゃなくて同級生のです、私のはボーダフォン(ソフトバンクの旧名)のアドレスをまだ使ってる機種だもんね
いや~ほんとにすごいわ~最初で最後の私の肖像画も撮ってもらえばよかったかな~

SBCA0090 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー



10:09 | 日常あれこれ | comments (3) | edit | page top↑

東京 緊急放送

img221 - コピー
天空のスターバックスカフェ★東急プラザ表参道原宿の屋上にできた空間
けやき材を使用した大きいテーブルが中央にドーンと、ベンチもあちこちに、階段式にもなってるので好きなとこに座って青空見ながらくつろげる。(カフェ利用しなくても自由に入れる)ただ・・真夏は暑そう!?


あとはゆっくり寝るだけだった。東京の人の多さに移動に疲れきっての帰り新幹線。まさかね、息子が乗車後30分もしない間に「お腹が痛い」なんてね、報告なんていらないからさっさとトイレ行ってこいって話ですよこの時点では。トイレじゃないという彼はそのうちうずくまってウーウー言い出すなんてね、だからとりあえずトイレ行ってみろって話ですよ。促すも一人では行こうとしないので仕方なく付き添う、早くスッキリさせてくれ席に帰りたい、だけど出てきてそのまま私の足にしがみつき号泣。11年間こんな彼の症状見たことなくてですね、ここでやっと、あれ?これってヤバい系?あれよあれよと騒ぎになり、すでに歩けなくなってた彼を個室のある号までパーサーが背負って歩き、ベッド仕様にしてもらった席を準備してくれて「何かあったら救急ボタンを」と言われたボタンをすぐ押しました!すぐ!また激痛にもだえ始めてしまい、もうこれは食中毒か腹膜炎か盲腸か・・岡山までまだあと3時間・・線路走行上で密室で救いはこれしかない。「先生呼んで下さい!」あっけなく「呼んできます!」と言われたので一瞬医者が常務してるかと思ったら


♪「えー、車内で気分の悪くなられたお客様がいらっしゃいます
お客様の中に、医師または看護師の方、いらっしゃいましたら多目的室まで」

こうゆう放送聞いたことある~テレビドラマの飛行機の中でだけ(笑)呼んでしまうのか、息子よ、お前自身が、大体そんな都合良く医者が乗ってる確率ってどうよ、まさかねなんて「大丈夫ですか」と入ってこられたのは40代のスラっとした紳士だった。私たちはツイテいた、お腹の専門医☆胃腸科の院長☆登場。すぐ触診が始まり熱や症状を見てくれるその姿は”神”以外のなにものでもなくて緊急性はない便秘だと言われ安心したものの、「このまま痛みが止まらないなら次の名古屋で緊急下車した方がいい、駅前に総合病院があるから!」「では救急車を呼んでおきましょうか」パーサーも無線を使って荷物を運んでくれたりワチャワチャしはじめる。「お母さん、今晩は名古屋宿泊になると思いますけどお子さんの体が一番ですからね!」(せっかくの格安切符パーですかぁ~ホテル代かぁ~)と考えていた私の心、読みやがったな。もう覚悟を決めるしかなかった。


名古屋着くちょっと前に「トイレ行く」→スッキリ→治っちゃったみたいな!
みたいな、じゃねぇ~っつの!結果、良かったんです、良かったんですけどこんなけウ○コで大騒ぎしてしまって母さん恥ずかしいったらなかったです。ま、でも結局”疲れ”から胃腸の働きが悪くなってたからだそうです。いやー、外国でいつも相当ハードさせてますけどこんなことは一切なかったんですけどねぇー・・。そうそう外国でじゃなくてよかった!(お前フランスで実際乗ったくせに!by息子)

SBCA0082 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー



12:15 | 国内旅 | comments (10) | edit | page top↑

東京 選抜カフェ

   img220 - コピー
赤と白のストライプ。店名が日本語なのがいい、シンプルで覚えやすい。
表参道駅から歩いて7分。「パンとエスプレッソと」(東京都渋谷区神宮前3-4-9)
大通りからひとつ入った路地裏にあるのも静かでいい。


店内併設でカフェ&テイクアウト&卸し用を常に焼いている。イタリアでも修行を積んだバリスタがカウンターにいて、皆グレーのパンツとベストのかっこいいスーツユニフォーム。白を基調とした中に赤やエメラルドなどの差し色がバランス良くなんとも心地良い空間。つまり、パンはパン職人が。エスプレッソはバリスタが。店づくりはデザイナーが。制服はメンズブランドが。それぞれのプロの方がタッグを組んで作り上げているという、本格派!


「ウィークエンドランチ」¥1,500
ジャムが瓶ごと♪パンももちろん温かくてもっちりしてて美味しい~

SBCA0072 - コピー
待ち慣れている?息子、トランスフォーマーフィギュアで妄想中


夜は友人夫婦とランデヴー。代官山に出来た「蔦屋」この時すでにAM1:00

SBCA0073 - コピーSBCA0069 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

10:27 | カフェ&お店 | comments (9) | edit | page top↑

東京 はじまり

   img219 - コピー
こんな混んでる時に東京、行ってきました。朝ごはんや飲みものを買った袋ごとベンチに忘れたことに気づいたのは新幹線乗って出発した時でしょー、「駅から徒歩4分」なのにおもっきし方向反れててホテルまで30分かかったりでしょーそんとき土砂降りですよ、そら息子にヤーヤー言われます、彼にこの先望むのは私よりずっとしっかりしてくれることです。


絵:渋谷にあるクレープ&ガレットの店”Au Temp Jadis”オ・タン・ジャディス



SBCA0061 - コピーSBCA0065 - コピー
目的は武道館ライヴ。(息子は無理やり同伴させられてる感ありあり)初めて来たけど意外に会場はこじんまりとしてるんですね!
どうしても来たいと思わせたアーティストは「三浦大知」。彼が自ら作りあげる空間&歌&ダンス&振り付け&パフォーマンス&楽曲&演奏は、ひとつの”舞台”を見ているような感覚といえば近いかな。もともとダンスや劇とか見るのが好きだったので彼のライブに行けばそれらが一気に楽しめるというところが大きい。ミュージシャンがただ歌うだけの普通のライヴにはもう行けない体になってしまった・・。実力ある彼の今後がさらに楽しみです♪


初東京タワー滑り込み。GW中は20時~22時レインボーカラーだったのよね!
一番上の展望台へは50分待ち・・追加料金払って(大人+600円)待って行ってみたけど、こじんまりしすぎてて結局150m展望台で十分だったということが体験してわかった。広いうえに天井も高くて一面ガラス張りが迫力満点。やっぱり”空間作り”って大事。

SBCA0067 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー


13:11 | 国内旅 | comments (6) | edit | page top↑

まるで窓

   SBCA0160 - コピー
ここに住んでもうすぐ8年の我が家に足りないものはあとこれだけだった。やっと完成された感じ!空間が広く見えて照明が2倍明るくなって庭の緑を映しこんでくれる、アンティークの鏡がずっと欲しかった。木製で大きすぎず小さすぎず装飾装飾してないシックでシンプルだけど存在感があって部屋にマッチする色合い。なかなかなかったんです~
それがSiettelaさんで見っけ♪



SBCA0162 - コピーSBCA0164 - コピー
はるばるイギリスで使われていた窓枠。鍵のところも残ってます。
さて、これ、すっごい重たい。どうやって壁に取り付けようかってなりますよね。「L字フックで支える?」「壁はベニアで薄いから支えられない」「板を渡して釘打つ?」「いや、支えれん、ワイヤーかな」ダンナが言った。ワイヤー?そんなんが表に見えるんはダサい!やだー!といい案をひとつも出せず騒ぐだけの私を横目に、彼の中ではもう設計図が出来ていた。まずは鏡の裏に穴をあけワイヤーを通し、幸い壁の上部に板がわたっていたのでそれを支柱とし穴をあけ、こっからがポイント、テコの原理かのようにL字に曲げその先を釘で支えるという。見事重さが分散されるという仕組み。私、こうゆう発想は出てこない・・・珍しくダンナを褒めちぎってやりました。(何様)


ワイヤーは細いのでほぼ目立たちません。本当に窓がそこに存在してるみたい!

SBCA0165 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー



08:40 | 泉ハウス | comments (10) | edit | page top↑