2012年 09月
27日(木)
25日(火)
24日(月)
21日(金)
19日(水)
15日(土)
13日(木)
08日(土)
08 | 2012/09 | 10

まるでイタリア食

img250 - コピー
”生活臭”のある絵を描きたくて、”人”がやっぱり好きで、今回は更に人物中心の絵を多く描いてきました。ここは途切れることなくお客さんが次々来ていたピザ屋 Croccanteクロカンテ。混んでるお店はやはり間違いありません、赤いチェックのエプロンをしたお姉さんたちも愛想が良くて優しいし・・・(早く!注文何にするの?的な威圧感は全くありませんし)店先にカウンターと少しの椅子があるぐらい、絵を描くためにね、少し遠くから席が空くのをじっと柱の影から見張っていた怪しい東洋人は私ですよ。


次々客が来る名店だった - コピー立ち食い - コピー
犬とピザ - コピー
窯から出来立てが出てくるのを見計らって買いに行きましょう、なんといってもあっつあつが美味しいものね。皮はうす焼きでパリパリッ、一切れがこんなに大きくて12kn(¥170)ちなみに普通のパンも売っていてチョコクロもしっとりふわふわの絶品です、こちら8kn(¥110)


クリームパスタとボロネーゼ - コピージェラート♪ - コピー
クリームパスタ57kn(¥800)ボロネーゼ47kn(¥660)まー、量も多くて美味しい!ほんとにイタリアと変わりませんねぇ。クロアチアって食事美味しいの!?って不安でしたがその心配ははっきりいって無用です!広場からちょっと入った路地沿いにあるレストランにて(下記地図参照) クロアチアでもジェラート屋がたくさんあります、スモールカップに2種類盛り盛りに盛ってくれて7kn(¥100)これもおいしんだ・・


マーケット - コピー
img256 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
09:17 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (4) | edit | page top↑

どこそこ宿

   ハム - コピー
大きくとは言わない。小さくていい、宿を運営してるんだったら名前とか案内とか
お願いだから表示しておきましょうや。
クロアチア入って初めての宿も切にそう願ったあの日。地図で示してる場所はどう見てもカフェしかない。途切れることなくテラス席もびっしり。人に聞いてもあの道だって教えてくれるだけ、だからもうそこは何回も通ってみたんですぅ!思い切ってカフェに入って兄さんに尋ねとお客に向かって「おーい」って、宿のオーナーはそこで飲んでました、笑顔でウエルカム~されても顔ひきつってました私。探すのに30分以上かかったんだもの、「私たちが持ってる部屋はカフェの2階だから着いたらカフェに言ってね鍵を渡すわね」とかいうことを事前にメールしとくね、私が宿の人だったら、たったこれだけでだいぶ違うでしょう。レセプションなしの宿は苦労します。ちなみにツイン1泊80€(¥7.850)もっと安いところは見つからなかった。(現地で探せばあるだろうけど)



夜は騒がしかったなぁ - コピー
宿への入口・・わかるかぃ! - コピー扉をあけてさらに上へ・・わかるかい! - コピー
テラス席がちょっと途切れたここが入口だという。わかるかーぃ!
このドアを開けて奥の階段を上がると部屋がある。わかるかーぃ!



101 - コピー次のホテルはここを上がる - コピー
部屋は木製ベッドでシックにまとまっていて快適だったけどね!
翌日は違う宿へ。ここは表示がありすぐ見つかった、そうそうこれよこうゆうの~
めちゃくちゃ広かったね♪ただ夜は物凄い煩い。2重窓にするべきだ・・。



126 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
12:05 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

微妙なZadar

img251 - コピー
8時半スプリットを出てザダルに着いたのは16時半。結局バスを間違えたために半日がかりだった、3時間ほどで着くはずが。さらにバスステーションからぽっこりアドリア海に突き出た旧市街に行くには②市バスに乗らないといけない。バス停の横にキヨスクがあるので「to オールドタウン!」と言ってチケット売ってもらいましょう(16kn ¥225)バスで向かうとき、マンションやら近代的なビルやらかなりの都会さ・・それを横目に10分で到着。世界遺産にはなってないものの3千年の歴史を持っているので期待をしたが、旧市街にも新しいビルもたくさんあって店が軒を連ねメイン通りは大理石、そして人、人、人・・・。唯一SANINT SIMEON教会が見える高台からが絵になりました。まぁここは骨休み地点、都会は都会で楽しまないと


人が多い・・ - コピー
タトゥー50kn - コピーザダルの町並 - コピー
とゆうことで、息子がタトゥー。50kn(¥700)高ぇよ高ぇよ・・しかしスケッチ中黙らすためには?ある程度妥協も必要。ちなみに値段は大きさや柄によって変わる。いたって簡単、模様が切り抜かれた台紙を肌にあて、特殊な黒い色を塗りつけるだけ。お姉さん2週間もつって言ったが実際には1週間程度ね~


そして悲しそうな天使 - コピー
休憩時間が待ち遠しいのかやたらと後ろの塔の時計を見るため動きまくっていた天使。静止パフォーマンスの中途半端さが拭えない彼の前には人は止まらないのであった・・


あと「シーオルガン」といって打ち寄せる波と風の力でコンクリート上部にある穴から音色を発するエリアも。それを聞きながらコンクリートをビーチのように、飛び込みしたり波と戯れたり日焼けと皆好き放題~

海辺 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
14:49 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (4) | edit | page top↑

いきなり高速バス

   img246 - コピー
部屋で寝過ごす人が居ないように6:30船員がドアをガンガン叩きにきます。船は無事クロアチアのスプリットに着いたが出入り口となる5階フロアは人・人・人で溢れ、最初入ってきた入口からまた出るんだと思いますよね、そこに人も集中してたし。すると反対側だってことになってそっちに移動して並んでドアが開くのを今か今かと、すぐ出れるように重たいリュック背負ってねぇけっこう待たせるなぁと思ったら、右だ左だあっちだこっちだどっちだー!挙句廊下を戻る人達まで。(そっちは客室じゃね?)でもわからないからついていったらまたユーターン(ほれみてみろ!)結局並んでた反対側のとこが出口だったという・・・船員による放送とか誘導とか力を入れてほしい。


スプリット港は非常に観光客に優しい。入国審査もチケット売り場だってバス乗り場だってすぐ併設されてるんだから素晴らしい(これが普通!?)町は世界遺産だが寄らずすぐ高速バスで北上する、一番の目的はイストラ半島なので一刻も早く辿り行きたい、そこまでのちょうど真ん中にあたるZaderザダルを拠点地にしていた。(3時間半)バス乗り場もすぐわかりEXCHANGEで円をクーナに変えてチケットも買えて9時発の①番って言われて停まってたバスにこれで間違いないとつい乗り込んでね、あれーこのバス8時半に出発しちゃったよー



高速バス乗り場 - コピー
「Oh~~バス違うよ」
車内で切符きりにきたオジサンに言われる。プリトビチェ行きだったらしい、同じ北上だけど左右に分かれるのでこれに乗っててもダメです。焦りが仇になってしまった。20分後停車したとこでオジサンが降りろって・・あそこにバスがくるからって、あーなるほど!乗るはずだった9時発の本命に乗り直しができるんだ!オジサンなんて気がきくのー助かったーOKー30分待ってみるー!


なんもないバス停・・ - コピー民家のタイル - コピー
バス来ねぇ・・・ぜんぜん来る気がしねぇ・・
9時半前には来るはずなのに、通過されないよう「ここ乗る人います!」雰囲気でずっと立っていたのに・・大きいバスは停まるどころか猛スピードで無視、誰も乗ってない回送も無視、唯一停まるのはローカルバス、そのたびに乗客から好奇の目。ここなーんもないのバス停しかないの周りは砂地、車がものすごい勢いで行き交う、煩い、排気ガスまみれ、そして強い日差し。最初の1時間必死にバスを待つ不安いっぱい、そのうちイライラに変わりその矛先はバスのオジサンへと変わる、どこにバスが停・ま・る・ん・だ!!(自分思いっきり棚にあがってます)もうイヤだ、もうこんなところに居たくないと黄色いいかにもローカルバスに乗車したのは2時間後のことだった。死んだような顔でチケット買うとき「あんたもチャイルドかい?」的なジョークを交えながら迎えてくれたドライバーさん、その笑顔でどれだけ救われたか。40分ほどでトロギール着(17kn ¥240)


とりあえず先の大きい町に行けばなんとかなると思った。運良くザダル行きがすぐ来た、が、物凄い人でなんとか乗り込んだものの1つしか残ってなかった席が。一瞬、息子は私の膝の上に・・とバカなことを思ったが1本遅らせることに。(トロギールの町を少しウロウロしたがこじんまりしてて可愛い!)正解、一番後ろ陣取って寝転び快適。
トロギール13:15発ーーザダル15:30着


クロアチアの長距離バス会社は3つあった。↑このバスに乗ったのはこの時だけCazmatrans
スプリットで購入したのはAUTOBUSNI。しかし一番乗ったし見かけたのはautotransオートトランスだ。旅の計画はここを検索&利用すれば間違いないと思う。

008 - コピー
しょっぱな無駄にしたチケット206.8kn(128+78.8kn ¥2.900)
買いなおしたチケット141kn(94+47kn ¥1.980) いづれも子供は半額♪





●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー


10:59 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (4) | edit | page top↑

アドリア海横断

   夕焼け1 - コピー
クロアチアへはイタリアから夜行フェリーで、というしょっぱなから最大のミッションを抱えていた。ローマから電車で4時間(ローカルだと16.6€+8.3€で¥2.440、安い!)AnconaアンコーナからSpritスプリットへ。(20:30発=8:00着)チケットは3週間前に事前にネット予約(カード引き落とし)。船会社は二つあってどちらも同じ時間、サービスで、でもなんといっても予約が簡単にできたBule Lineにした。もう一つはJadrolinja、もちろんブルーラインととことん値段比較したかっのに、このサイトってログインしないといけないとかパスポートNO.とか細かい客情報を入れないととかで、値段と空室だけとりあえず見たいんですけどー!面倒くせぇ!ということでやめました。でもざっと値段表を見ると130€(¥12.750)、ブルーラインの方が80€(¥7.840)とかなり安かったのではと思います?
早割りで下甲板の二人部屋+トイレ+シャワー窓なしの金額


まー、部屋タイプは10もあってですね、デッキは予約要らず、椅子は25€(¥2.450)、4人部屋もあります。息子に「なんで窓が付いてないん、なんでなん・・」ゆうて二人部屋の窓ありにするとガンと上がって110€(¥10.780)になるんだ、テレビ付とかゆうデラックスは2万ぐらいだ、これにいろいろタックスもつきますんで+26€(¥2.550)=トータル106€(¥10.400)私達はそれで十分。

アンコーナ - コピー
この出港地となるアンコーナですが、駅降りたら港♪ではなく・・巡回バスで行かないといけない。まずチケットオフィスでチケットを買い(予約してる人は発行してもらい)そこからまた違うバスに乗って出国手続きピルへ、って別々にしてる意味がわからない。歩いて行けない距離でもないが全部歩いたら1時間ぐらいだろうか、重たい荷物を持って行くバカはいない。まず12番のバスに乗ろう。焦らないでチケットは駅のキヨスクでゲットしよう(どこで買うかさ迷い次のバスがなかなか来ずで40分ロス)


列車の中で色塗り - コピーチケット売り場大混雑 - コピー
電車内では余裕で色塗りしてたのになー。次に着いたらすぐ窓口に並ぼう。(ハイシーズンの混みようといったら・・30分並ぶ)前に並んでいたら4人組がどうやらチケットもらえなくて呆然としている、予約表出す手がいつにも増して震える、神様!


785 - コピーブルーライン - コピー
どうやらちゃんと取れていた。ここで安心してはいけない、次は20番のバスに乗ろう、焦らないで。(焦りすぎて12番のバス停に並び危うく駅にまた逆戻りするとこだった)オレンジビルの1階にそのまま進み、パスポートを見せて出国完了です。船着場ゲート8までは歩いて10分。船に入ったら6階にレセプションあるからそこで部屋の鍵をもらいましょう、パスポートと引き換えです。EVで2階へ。


やっぱり個室よね~♪ - コピー
トイレとシャワー付 - コピー船内見取り図 - コピー
やっと部屋に着いたのは出港1時間前
空港か!2時間もかかるって。駅に3時間前に着いてて良かった・・最初2時間前でも余裕だろうと思ってたのにアンコーナ、ミッション多すぎ、汗だく、なんとかならないものですかね。部屋は2段ベッド、小さいソファ付き、マットも枕も柔かいです、水周りも清潔です、エコアンも効きすぎてません、廊下からのBGMも心地いいです♪酔い止め薬を持参していたがそんな揺れることもなくぐっすり眠れましたし



デッキ - コピー船内レストラン - コピー
船体は大きくてデッキも広々快適♪デッキの人は寝袋持参の人多し、子連れもいます、廊下の絨毯の上にタオルを敷いて寝たもよう。晩御飯を買いそびれレストラン利用、夕焼けが見えるロケーションだからなかなかオススメ!パスタ9€(¥880)ただ出港前に入店しときましょう、あと並んでました


アンコーナの町並み。いざクロアチアへ!

アンコーナの町なみ - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
09:11 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

○○放題なホテル

共用スペース♪ - コピー
そうそうローマでのホテル。日本からヨーロッパへ着くと時差ボケで早朝5時とかに(ひどい時は4時台)起きてしまって困るのは腹空いたぞー、で朝食のこと。ホテルが朝食付の場合でも大体7時からだし、そんな早朝からあいてるカフェもないし、前日に調達しとくのが賢明なんだけど。私は全然我慢できますが息子がね、あれはまだ野生のままに言動する生き物なので。それでこの広告ですよ、


”共用キッチンは24時間いつでもご利用頂けます”

飲み物も飲み放題 - コピーパンも食べ放題 - コピー
水にジュース、牛乳、ヨーグルトやチーズまで。さらにさらにパンとかも山積みじゃないですか、コーヒーやココア、ティーバックは電気ケトルで湯沸かしてと。いいんですか、これ24時間いつでも飲食して、いいんですかってなりましたよ、こうゆうサービスのところは初めてで!飲み物一切買わなくてよかったぜぃ!(なんならペットボトルに補充もしたりなんかしてパンもバッグに忍ばせたりなんかして)
ありがとう!Matisse B&B
(私はブッキングカムのサイトを利用しましたが直接予約も可能、日本語変換あり)


これだけじゃなくてなんといってもテルミニ駅から徒歩圏内、といっても15分はかかりましたが(もっと近場は高くて高くてとんでもございませんでした)そして非常にわかりづらいです(涙)事前にホテルの人から何時ここへ到着だ?とメールが来て21時飛行機着でそこへはたぶん23時ぐらいと答えていたが実際着いたのは23時半・・あたりも真っ暗で地図が示すとこを見てもホテルなど、ない。こんな夜更けに1秒でもさまよいたく、ない。扉の前に立っていたオジさんが近づいてくる・・「Izumi?」名前じゃなきゃこのジジィ~と防御態勢に入ってもおかしくない状況だ。ホテルの人がどうして外にいるのか?「遅かったじゃないか」オジさんずっと待ってくれてた様子、そうしないといけない理由



夜になったら表門は閉まる - コピーあった・・ホテル・マティス - コピー
オジさん別のところに住んでて表の重厚な扉は夜閉まってるから。ホテル専用の入口ではないのだ、だから肝心のホテル名が出てないわけだ、ベルのところにかろうじて見っけ
ってわかるかーい!!昼間でも全くわからんかったと思うわ!サイトで見てもこの入口からホテルと思ってしまう。教えといてください、心構えが違ってくるから。ちなみにオジさん帰ってたらあたしら野宿だった?この個人旅のスリルといったら・・。それにしても中が素晴らしいの!



まずは立派なアーチをくぐって - コピー立派な中庭 - コピー
いきなりアーチの通り、突き当たりが噴水。中庭になっていて青空が見えます


ホテルが入ってる建物のポスト - コピーさらに階段をのぼって3階へ - コピー
さらに右に行って別のビルへ。こりゃ案内がないと本当にわからないですねー
ポストだって木製で素敵。さらにさらに階段を上がって3階へ・・。



やっとホテルの専用ドア - コピー
着いたーー♪これがホテルへのドア。やっぱりわかりにくいから!(笑)
鍵は4個ついたものを持たされました・・・なるほどね・・・
クネクネと迷路のような、古い建物の醸し出す空気、嫌いんじゃないんで大満足♪



入口から入ってきたところ - コピーテーブル - コピー
オーナーのご趣味か、共同スペースはものすごい数の調度品。ガラステーブルの中には高そうなカップ&ソーサー。あたしは盗んだりなんかしませんけど、夜は宿泊客だけになるのに盗難とかに合わないのかしら・・・ちなみに客室はそんな多くはなさそで私達の他にあと1組だけ見かけたぐらい、この空間もほとんど貸切状態、快適贅沢ーー♪部屋も裏路地に面しているので静かで嬉しい。1泊71€(¥6.960)


奥にキッチンがある - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
22:10 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

出発スタイル

img245 - コピー
飛行機発着地&最初と最後のホテルを同一にすることがすっかり旅のスタイルになり、スーツケースは「また一ヶ月後に」とさっさとホテルに預けバックパッカーに切り替える。これで段差や石畳、乗り降りもへっちゃらだし移動の時両手があいてるって素晴らしい。もう最初からリュックだけでいいだろ?いや~行き帰りぐらい肩の負担を減らしたいとこです。移動中は全荷物が食い込むので軽量化にはストイックになります。着替えは洗濯前提に4日分のみ、液体はボトルに詰め、最後まで悩んだのはカレーとシチューのルー。普段そんな意識してなかったんですけど、あれけっこうな重たさですよね、でもキッチン付宿を多くとっていたのでせめてもと半量づつに。ガイドブックは持ちません、持つのは日記も兼ねたマイノートのみ。ホテル詳細・地図・公共機関時刻表は事前に貼り付け、もしこのノートを紛失した場合のことを考え情報は全てもう1部、予定通りにいかなかった場合の前後3日の時刻表などを刷って控えファイルに保存。そんな作業をしていると友人に驚かれました、行き当たりばったりなのかと思ったと・・そんな旅もしたことあるけど・・


002.jpg
個人旅は自由気ままで楽しそう?はっきり言いましょう、しんどいですから何の保障もないわけですからおすすめできません(笑)だけどその先にはスペシャルなことが必ず待っていて、”絵を描く”には基本フリーでいたいしオリジナルな旅でオリジナルな絵が描きたい、ただそれだけ。限られた時間を無駄にはできないし守るべき息子もいる、下調べは入念に地図を見ながらシュミレーションし泊まるところは全て予約、ホテルの人と確認や連絡事項メールと発狂しそうになりますがこの準備があるからこそ現地では精神が安定していい絵が描けそう、というのが大事。
大韓航空・・・今回は直接ここでe-チケットで予約
Booking com.・・・毎年利用。予約は確実で変更キャンセルいつでも自由なのが良い



今回、1ユーロ=98円、1クーナ=14円で計算しています。
出発進行~♪ - コピー空のお供たち - コピー
韓国の仁川乗り換えで15時間のフライト。息子のチョイス、旅のお供



ローマのFiumicino空港から市内Termini駅へは
”レオナルドエクスプレス号”がおすすめです。30分14€(¥1370)息子は無料!
他シャトルバス約1時間7€(¥690)あります。(ローカル電車はテルミニ駅までいかないので×)
飛行機が夜着だったので、早くて渋滞もない列車がありがたくスムーズに看板に沿って迷わず行けます。23時まであって、その最終一つ前22:38に飛び込む。もしクレジットカードを持っているならぜひイタリアでは自動券売機を利用しましょう。もちろん英語表記あってわかりやすく時間や値段も一目瞭然すぐ買えちゃいます!HPからは特急など予約できるみたいですが私達は一番安いローカル電車利用なんで現地購入です~
TRENITALY(イタリア鉄道HP)



ローマ空港から市内へ電車移動1 - コピー
ハト兄さん - コピーはい、お約束 - コピー
翌日すぐ夜行でクロアチアへ渡る、前に、ちょっとだけローマ観光、お決まりですね、再びローマを訪問できますようにと願いを込めて~トレビの泉、案の定大混雑のスペイン階段~


スペイン階段 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
12:49 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (7) | edit | page top↑

ただいま!

img242 - コピー
無事帰国。それがどんなに奇跡で当たり前の事じゃないか毎年わかってたつもりですが今回はものすごく感じました、生きて日本に帰れたんだぁ、と。出発前、なんの根拠もないくせに、予知能力とか全くないくせに、旦那が私達にこう告げたのです。
「お前ら・・今回は帰って来れない気がする・・」
その不吉な予感どおり、私達は出発3日目から家族と消息を絶ったのです。ホテルリストを作成して家族には渡しておこうと思いつつ忘れちゃったので、(毎年忘れてるけど)誰も私達がいつどこに泊まるのか知らない。さすがに心配した家族は私のPCメールを開き、そこにたまたま「2012夏旅ホテル」というカテゴリーを珍しく作っていたためすぐホテルとのやり取りとかが分かり、(じゃなかったら探すの物凄く大変だったかと・・)今日泊まってるはずの宿を見つけそこにメールを出し生存確認できたのは1週間後のことでした。
「クロアチア入国してから圏外でさ~」・・・「死ね!!!」by 旦那
携帯とかネットのこととかよくわからないし~国際電話なんてもっとよくわからないし~だからあたしはエアメールを出してたのよ、そのことを伝えようと~。電子鳩か!メールは1秒で届くのに対して7日間のほう選ぶ私にきっとイライラしちゃったのね(てゆうかいつもイライラされている)


前置きが長くなってしまいました。今年も4度目となる親子旅、実践してきました。イタリアは飛行機離着のためだけと1箇所村に行くだけに留め、旅のほとんどをクロアチアで過ごす計画を練りました。クロアチアはずっと憧れてた国で(なんとなく)でも飛行機便の悪さと極端に細長い土地での移動を考えるだけで手が出せなかったのですが、イタリアから船で渡れるとはね!ローマなら韓国経由で地元・岡山から出発できるのがなんといっても楽です。クロアチアといえば首都のザグレブ、綺麗な公園のプリトヴィチェ、南のドヴロヴニクが有名ですが、私の旅はどこまでもマイナーなできるだけ小さな所を巡るという方針なので全てパスしてます、ご了承下さい(笑)


スケッチは60枚。去年は約100枚とかなってましたけど・・結局描き急いだ感があったので今回はじっくり本当に描きたいものや所に絞って、そして色塗りも平行しながら旅を続けました♪
さぁ、オリジナルな旅が始まります!

908 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
17:16 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (7) | edit | page top↑