2013年 04月
03 | 2013/04 | 05

日本建築リポート

   img014 - コピー
「ここ僕ん家!」描いてたら声をかけてきてくれたのはこの家の住人・安藤さん。ニコニコとっても話好きで「このへんはAlway's三丁目の夕日の舞台にもなったんだよ~」と教えてくれた。淳之介が友達と一緒にお母さんを探しに出たものの帰りお金がなくて途方に暮れてるシーンとか、へ~西大寺が舞台になったのは知ってたけどこっちは知らなかった!岡山県倉敷市玉島。


SBCA1579 - コピーSBCA1574 - コピー
明治16年創業というと約130年、でもはっきりとした築年数はわからないそう。でも今でもちゃんと住まわれているのが凄い。


SBCA1584 - コピー
もっと凄いのはこの3階建ての立派な蔵。これに惹きつけれて辿りついたようなもの。すると「中、見る?」そりゃもうもちろん「見ます見ますー♪」で潜入。


開いたとたん空気がヒヤっとする、階段も梁も昔のまま、頭上に注意、1~3階の壁にはすべて作り付け棚がしてありいくらでもモノが置けるからすごい数、もう片付けようにもここまでになると面倒らしい(笑)どこに何をしまってるのか把握するのも大変そう~ちなみに安藤さんは母屋・蔵の他に向かいの建物と(ここも外に折り畳みベンチが壁についた重厚な建築物)、少し離れたところにもう半分程崩れている民家を買い取っている。何故かと聞くと、三丁目の夕日に映ってたからだって!

SBCA1575 - コピーSBCA1577 - コピー
SBCA1586 - コピー
あと同じ通りで見つけたお気に入りがこの1軒。こてこて和も素敵だけど、少し洋風を感じるこうゆう建物も好き。この斜め具合がもう最高。今は誰も住んでない様子・・・ひっそりこのまま朽ち果てていくだけなのだろうか。


SBCA1592 - コピーSBCA1591 - コピー
全体像。ドアはくすんだ赤茶色でこれまたいい味!今ならツバメの巣付


SBCA1588 - コピーSBCA1587 - コピー
ガラスも合格!建物横の路地に入ってみると、これまた味わい深い窓発見


ということで・・安藤さん!お願いここも買い取って!(笑)

SBCA1589 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
14:27 | お宅訪問 | comments (2) | edit | page top↑

お宅のフライパン

   SBCA1529 - コピー
シマシマ着るときは意図的に息子にも着させてペアルック風ねと1人で喜んでいたが、この前息子の友達に「え・・お揃い?・・・」ってドン引きされました、もう公では着れません、ということでこれで見納め。(当の本人は全く気にしてないが)


お客さまを我が家にご招待。チキンのクリームソースは昔イタリアンでアルバイトしてた時にシェフからこっそり教えてもらったレシピ。レモンの皮を入れるのがポイント!

SBCA1534 - コピーSBCA1533 - コピー
私だけ?フッ素加工のフライパンが数年単位でダメになる。毎回6000円ぐらいするイタリア製のいいものを買ってるのに。9800円の折り畳み自転車買ったらメキメキ調子悪くなりそのたびに修理をしてもらい挙句の果てには「こうゆうのは1年ぐらいしかもたないのよ」と店のおばちゃんに言われたことと同じくらい苛立っていた。そんな中、ずっと愛用できるわよ♪とつい勧められたステンレス製をおもいきって買った、メードインFrance、セールだったし。ひっつきそう焦げそうと思いますよね、十分余熱する、中弱火で、焼き目がついてからひっくり返すとかいろいろ約束事があって、そのコツさえつかめば快適かも!こうして食卓に出してもお洒落だし、いまのところ順調。でも餃子の羽を作るのは無理だった、小麦粉がひっつきまくってものすごい惨事、餃子はホットプレートで作りましょうね。



image - コピー
デザートは手作りスコーン(生地冷凍しとけばいつでも出せますね)


こうゆう貴重な親子写真を撮ってくれてありがたい♪

CIMG9463 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
12:08 | 泉ハウス | comments (6) | edit | page top↑

都会にはないカフェ

   img009 - コピー
都会にはなくて、田舎ならではの山や自然の中にあって、空気も美味しくて、そんな中にある店だけど、洗練されててお洒落でセンスあって・・。東京からはるばる岡山に遊びに来た友達を連れて行くなら!やっぱりココでした
カフェ & tihing's
(岡山県加賀群吉備中央町)


SBCA1543 - コピーSBCA1545 - コピー
SBCA1540 - コピー013 - コピー
手書きの地図と友達のスマホがあっても迷うという。でも岡山市内から空港線を行けば信号があまりないので(+迷わなければ)30分もあれば辿り着けますヨ!土日祝だけの営業から最近月曜も含まれました、友達が来たの月曜だったのでグッドタイミング♪平日はのんびりできておすすめかも、みんなで絵描いたりね


SBCA1542 - コピー
なんて贅沢な二人席。隣同士が近いカフェって全然落ち着きません、ここは店内3テーブルとテラスに2テーブルのみ。これから外も気持ちいい季節!


またお邪魔しま~す♪

008 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

12:40 | カフェ&お店 | comments (0) | edit | page top↑

さくらの間に

いい - コピー
息子画(パソコンで)


SBCA1536 - コピーSBCA1544 - コピー
祝中学生。私は淡い花柄と蝶の黄色い帯で春らしく
試着させるのを忘れていて前日にシャツとブレザーの袖をチクチクするも腕を少しでも伸ばしようものならシャツ丸見え、短くしすぎた(笑)今週はもうそれで我慢してくれ。ズボンがチクチクするだのネクタイが息苦しいだの文句ばっかり。宿題ドリルの国語で「馬の耳に念仏」を馬の耳にハエって書いてました、たしかにね、動物近くで見るとハエぶんぶん飛んでるけどね。あと「兄は買い物の途中で●を売っていた」の●の中に油じゃなくて絵って書いてました、私が絵の仕事してるからって、そうじゃないだろうってゆうね・・。そして私のパソコン部屋から机が消えました



SBCA1545 - コピーSBCA1546 - コピー
こちらに移動。節目の時、同じく2階に息子の部屋を作る。

が、まだ居座らず。この居間にある押入れ部屋もまだいると切望されまだ存続。スッキリ整理して模様替え、「絶対のぞかんでよ」とここで籠ってオモチャと妄想してます。まぁそのうち完全に2階に行くようになるのでしょうね。

SBCA1549 - コピー


暇さえあれば友達と過ごしてた春休み
SBCA1535 - コピー
SBCA1521 - コピーSBCA1515 - コピー
桜、いつもの三野公園にはじまり(お好み焼き&いかなご弁当)


沢田の恩徳寺もいつものコースとしておさえつつ(焼き鳥弁当)

SBCA1534 - コピーSBCA1532 - コピー
SBCA1621 - コピーSBCA1561 - コピー
玉野の深山公園、吉備津神社とその周辺、倉敷の酒津公園


そして玉島の円通寺公園。山の斜面一面に咲いてて空を埋め尽くす
毎年訪れたいかも^0^

SBCA1594 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー


11:34 | 息子 | comments (2) | edit | page top↑

小豆島 カフェ編

   img010 - コピー
古い一軒家を改装した EAT CAFE 天井が高くて窓からは緑が揺れて開放感があって、一軒家といっても入口のドアや中に入るとすぐ小窓があったりして(店内撮影禁止)たぶん元は診療所とかそんな感じだったんだと思います。夫婦二人だけで営んでるアットホームな店です♪


SBCA1456 - コピーSBCA1457 - コピー
SBCA1454 - コピー


せっかく小豆島に来たんだもの、できれば高台からどうせなら海を眺めながらカフェしたい!という方はこちら
SBCA1622.jpgSBCA1480 - コピー
カフェ忠左衛門がすごくオススメ。まぁ細い道を抜けて抜けてオリーブ畑の中に、高台で斜面に建っているので邪魔になる建物は一切なく、テラス席に座れたらなおラッキー!(カウンター席からはオリーブ畑が見れます)ここを経営されてるのは井上誠耕園さんで約2000本のオリーブと15種類の柑橘を育てていてモコミチ君がオリーブを植えていることでも有名だとか。(モコミチオイルは5250円とちょっとお高い・・)景色もご馳走のうちとはこのこと。でも食事はあまり期待してなくてあまりにもオシャレだった故に”オシャレなだけ”なんじゃないかって、ごめんなさい見当違いでした全くの誤解でした。テーブルに座った瞬間出てきたのは水じゃなくて”オリーブ茶”だなんて、小豆島来たーってゆう特別感が沸くじゃないですかこうゆうサービスは嬉しいです。エキストラバージンオイルと蜜がたっぷりしみた厚切りトーストは¥600、アイスの上にオリーブの葉がポイント、味は言うまでもなく・・美味しいー!


食べたかった小豆島ご当地「ひしお丼」¥800。ほかほかご飯に旬な野菜(ラーメンみたいなのは中に白身をくるませて揚げたもの)“もろみ”とオリジナル「にんにく唐辛子オリーブオイル」を混ぜたピリ辛ソースで頂きます。見た目にも美しい丼ぶり、量も多くて大満足、ここを訪れにわざわざ小豆島来てもいいぐらい。

SBCA1479 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
11:24 | カフェ&お店 | comments (6) | edit | page top↑

小豆島 プラプラ編

   SBCA1470 - コピー
あずきじま。息子も最初そう読んでたけどね、生産の反対語は何かという問いで”出産”って答えてたからね、そんなだから宿題ドリルの進まないこと進まないこと・・。話は戻り、岡山から船で70分で行けるのに一度も行ったことなかった小豆島(香川県)へ姉一家と行ってきました♪


オリーブで有名だが醤油屋さんもたくさんあった。(ちなみにモコミチのオリーブオイルは¥5250で売ってたよー買ってないけど)その中で住宅街にひっそり佇むとこがいいと、ヤマロク醤油に寄った。とくに予約もいらず中を見学させてくれる、一気に醤油の香りが全身を包む。樽で作っているところは全国的にももう珍しいらしい、昔からの受け継いだ手作りの方法で生産してるのってやっぱりかっこいい。

SBCA1469 - コピーSBCA1475 - コピー
醤油プリン¥300 中庭で食べれます~


そして不朽の名作「二十四の瞳」の舞台になった分教場へ。(入館¥200)明治35年、小学校として建築された切妻瓦葺平屋建校舎1棟で、2教室のみだったけど当時使ってたモノや学生の絵とかそのまま飾られていて可愛かった!ってその肝心の映画は見たことないんだけどね(笑)ごめんなさい

SBCA1449 - コピー
SBCA1447 - コピーSBCA1450 - コピー
SBCA1465 - コピー
サル。こわがるな、さわるな、こわがらせ、上位に立ちきびしくしないといけない。「お猿の国」入場¥370。ここに来たらというよりここに来てぜひ行ってほしい所がある、サルの相手はほどほどにそのまま道なりに進むと神社がある。その手前を右へ、ここに看板あるのに折れて地面に倒れてたので本当知ってる人しか行けないじゃん!怖がらず道なき道へ、抜けると急な岩山が現れひたすら下は見ずによじ登りましょう。じつは小豆島一の360度見渡せる絶景スポットかもしれない!当然訪問者は私らだけ。有名な寒霞渓山頂も行ったしたくさん展望台が島にはあるが、ここが一番でした♪


岡山港から小豆島へは70分。4m~5mの車は約7千円、高くてびっくり、仕方ないか。フェリーではかっぱえびせんをぜひ持って乗ろう!たくさんのウミネコが船のスピードに合わせて飛行してきてエサくれエサくれとせがむのだ。すごく慣れていて手からも取って食べたりするの(指がなくなったら怖いので私は断念)

SBCA1426 - コピーSBCA1486 - コピー




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
16:16 | 国内旅 | comments (2) | edit | page top↑