2013年 09月
26日(木)
23日(月)
18日(水)
17日(火)
12日(木)
06日(金)
04日(水)
08 | 2013/09 | 10

やっぱり基本遅い

  img036 - コピー
海に毎日通ってた道沿いに、気になってた店があった。看板にランチセット8€(¥1,100)だよって、なにやら2皿出るらしいし。今日は15時半のバスでこの町を去るし、そこで最後の晩餐にしようと、ただヨーロッパの食事開始時間は基本遅いので、遠慮して13時に行ったんですよね、既にお腹グーグー。店に行くとちょうどウエイターがその看板を出したとこでやっぱりランチは13時からなのねグッドタイミングだわと思って席に座って「あれあれ」と注文すると


「ランチは14時からなんだよね!」さっき看板を店前に何故立てかけたんだ・・(看板にも時間などは書いてない)この黒板のランチ”セット”がどうしても食べてみたかった、仕方なく席を離れあと1時間後に来ることにした。向かいのスーパーマーケットに行って絵になるパッケージを買い公園のベンチで描いて時間をつぶす。息子は蟻と格闘。そして14時ぴったりに行って再注文すると、テーブルクロスが敷かれカトラリーが並べられた♪8€で、サラダ(林檎とツナ入り)・ガスパチョ(冷製トマトスープ)・パン・メインはポテトサラダ2盛&クリームコロッケ(の出来損ないみたいな・・)全体的にはお得で美味しかった~。相変わらずこちらは大量なので、息子と半分で十分なのでした。(飲み物は別料金)足早にギリギリ、バス停に向かい(チケットは午前中に買っていた)10分遅れで来て無事乗車。また席は決まっていなくて不安だったが一番後ろの5席を二人で陣取れた。


最後にサロブレーニャでの食事シリーズ。ポークステーキのコンボ9€(¥1.230)
パンはツリー風(*´ω`)あんなに食べれないから手を付けなかったのに追加料金になっていて、ちゃんと引いてもらった。(こちらの会計は基本アバウトなんですよね( ゚Д゚))

IMG_3861 - コピー
IMG_3860 - コピーIMG_3877 - コピー


どこに行っても頼みやすいのはピザです。マルゲリータ6,5€(¥885)
IMG_3899 - コピー


スーパーに行ったらパン屋のところに人だかりが。焼きたてフランスパンがフワフワ(*´ω`*)今晩は外食じゃなくてサンドイッチにしようとサンドするものを買ってきた日。フランスパン0,6€(¥82)・生ハム1€(¥136)・野菜1,7€(¥230)・チーズ2€(¥254)
息子、生ハムとチーズの味が苦手だったらしく最終的には野菜のみでパン食べてました。

IMG_3835 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
09:10 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

注文の落とし穴

img035 - コピー
サロブレーニャの白い町中にはとくにメイン広場とかもなく、レストランやカフェが連なってもない。そこがまた観光地化されてなくていいとこなんですけど炎天下歩き続けた体は持ち歩いてた水だけでは足らないぐらい水を求めるわけで、坂だらけですから、坂の下には店はたくさんあるが下りたくない・・すると路地の奥にBarを発見、本当に目立ちません(汗)薄暗く地元のおじちゃんおばちゃんしかいないようなとこで入りづらかったが喉を潤おせればそれでいいと無事着席すると、絵になるBarでした♪


IMG_3854 - コピーIMG_3878 - コピー


スペインは”タパス”が有名だ。日本でいう突き出し(あれは料金に入ってんだっけ?よく知らないが・・)1ドリンクの料金でおまけ1ディッシュ出てくる。(ここは1.5€、¥205)店によってはこの小皿がけっこうな量で別の料理を頼まなくてもお腹が満たされたりする。注)”カフェ”にはそうゆうシステムはない。
ここのタパスはムール貝が5個づつ出てきて、海水の匂いがプ~ンと、生臭いのが苦手なのでどうしようかと思ったが全く臭くなくてレモンを絞ってシンプルに。これが美味しくて美味しくて・・息子が「おかわりしたい」と言う。付き出しで出てきたぐらいだもの、単品で頼んでもそんな高くないと思って、なんなら小皿でもう5個でもよかったし。「これこれ、このムール貝、ウノ(一つ)」と注文。
IMG_3853 - コピー
わー、お皿もお洒落なのでいっぱい来ちゃった♪
ただ、これだけで8€(¥1090)もしてしまった・・・昼のランチセットが頼める価格だ(涙)飲み物をもう1杯頼んだほうが良かったということなのか!美味しかったけどね(ほぼ息子に食べられる)



IMG_3850 - コピーIMG_3840 - コピー
IMG_3836 - コピーIMG_3884 - コピー


それにしてもどこも絵になる白い村、そこに赤い服が映える女の子♪
IMG_3871 - コピー
IMG_3889 - コピーIMG_3875 - コピー
IMG_3873 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします
">ランキングバナー
09:38 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

山あり坂あり

   img034 - コピー
ホテルの人がオススメだと教えてくれたレストランにて♪


さて、まずはてっぺんのお城を目指します。白い家だけじゃない、お城付のサロブレーニャです。いかがでしょうこの景観。バスから見えたときワクワクしたものです。私らしか降りなかったのは何故だろう、こんな素朴な町なのに!東洋人どころか観光客もほとんど居ません、すれ違う人ここらの住民のみ。

salobrena01.jpg
IMG_3867 - コピーIMG_3849 - コピー
覚悟はしていたけどとにかく坂だらけ。でも町並みを見て楽しみながら


ここを左に曲がるとお城はもうすぐそこ!あともうちょい!ちなみに登り道は3コースぐらいあって、裏側はこんな鍵穴みたいな門がそびえ立っていました。夜のライトアップもおすすめ。

IMG_3887 - コピーIMG_3839 - コピー
IMG_3883 - コピー
IMG_3881 - コピーIMG_3870 - コピー
階段の石畳み模様が凝ってる!入館料3.45€(¥470、子供はフリー)
15分もあったら一周できるぐらいの広さだけどね( *´艸`)



IMG_3848 - コピー


景色がとにかくいい♪向こうに見えるのが例の遠いビーチ、遥か向こう。
IMG_3846 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
20:36 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

海へのミッション

   img038 - コピー
「海もあって白い町並みもあって観光地化もしてない小さめのとこってないかなー」とグラナダ在住友人の旦那さん(スペイン人)に聞いたときにまっさきに挙がったのが、ここ。
Salobrena・サロブレーニャ


白い村で有名なミハスやネルハから行けるフリヒリアナとかありましたがやっぱり人がよく行く所には行きたくなくてですね・・そりゃ現地の人が勧めてくれてる所は絶対いいに決まってる!ということですぐ町歩きしたくて仕方なかったのに、海で泳ぎたくて仕方ない息子の欲求をまず満たすため、ホテルの人に地図をもらってビーチへの道を聞くと

IMG_4077 - コピー
かなり遠い。バスもない。(通ってるのも見かけなかったのでやはりないのだろう)歩いて行くしかない、海までの直線道路にほとんど日蔭もない、ホテルから25分ぐらいかかって到着、往復約1時間かかる計算だ。(きっとみんな車で行く人がほとんどだろう)例えば午前中入って、また夕方入るとかそんな風にはできない、したくない、体力的にきつすぎる、それでなくても白い町並みのところは坂だらけ、日差しが体を容赦なく刺しますからね。海は一日一度と息子にも約束させる。


IMG_3893 - コピー
まずはビーチを見渡せる岩場を散歩♪アルボラン海が180度広がる~


IMG_3894 - コピーIMG_3896 - コピー
IMG_3897 - コピー
船の中でタコの丸焼き~ユーモアある店頭販売、店員さん尋常じゃないぐらい汗だく。そしてぜったい美味しかったと思うのに食べ損ねた私はバカ。(後ろの建物でも食べれるが砂浜のテラス席でも食べれる)


さて、ビーチはというと、家庭用のカラフルなパラソルが並んでるだけの素朴な感じ・・いいですねぇ。ここで息子と半日付き合わないといけないかなーと思ったら1時間で「帰ろう」と言ったワケは背の高さまで来るような激しい波でして、アトラクションみたいで面白い!とノリノリだったのにあまりに打たれすぎて頭痛でギブアップしたという、で、そのあとそんな状態でも同じ道を引き返さないといけない、炎天下30分かけて、可哀想だけど歩いてもらわねばならない、私はもう君をおんぶなんて出来ないからな、結局息子は帰ったとたんホテルで寝込むのだった・・海に行くだけでサバイバルな町、サロブレーニャ♪次は町案内です

IMG_3843 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
12:55 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

もみくちゃバス

img030 - コピー
さぁ、荷物は全てリュックに入れて最初のホテルでスーツケースを預けることが毎回お決まりだ。朝チェックアウトしようとしたら受付の人がおらず、掃除?のおばちゃんが部屋の鍵を受け取ってくれたので「スーツケース、これ2週間お願いね」と渡すと困った顔になってどこかに電話を(スタッフにか?)そのあと一言。「ダメダメ」今まで断られたことは1回もないのに・・ほぼバスや電車を使う旅で移動中にガラゴロ引きずりたくない、引きずるのは行き帰りのみにするため最初と最後のホテルを一緒にする計画立ててるのに!おばちゃん首を振るばかり。「ほら、ねぇ見て!?中身はカラなの、大事なもん入ってないから、お願い軽いから、奥の倉庫のちょっとしたスペースあるじゃない、そこでいいから、お願いだから!!」おばちゃんの手を強く握り懇願。メモ帳に何やらメッセージを書いてスーツケースに貼りつけ、向こうの部屋に持っていけって・・おばちゃ~~ん・・最初から素直にそうしてって!(^^)!


バスステーションは駅の北側、道路を渡ったところ。さすが大きい!

IMG_3908 - コピー


スペインの主要高速バスはALSA(アルザ)物価は普通の中、バスは安い。2時間半で8.39€(¥1140)子供はそこから30% 割引になる。チケットを買うのに自動販売機が凄く便利で使えるが、この子供料金が表示されないので(何度やってもやり方がわからない・・)並んでる窓口に行くしかないのがネックだが子供料金は利用すべきだ。


無事チケットを手にしたけど、肝心の座席番号が表示されていないことに気付く。なぜだ、バスは完全予約制のはずなのに、2年前のスペイン旅ではそうだったのに!そして乗り場にはすごい人、これ全員乗れるのか?とにかくなるべく早く乗るために前方に並んでいたのに、バスが来た途端どこからともなく更に人々が押し寄せ、やっぱりみんな席決まってないからか!?太ったご夫婦なんて我先にと息子をも押すんですから、それでなくても私ら二人はもう踏まれそうなぐらい小さいのに。バスに乗るにはドライバーに切符を切ってもらわないといけない、みんな腕を伸ばしてチケットを出す、こっちも席が取れなかったら嫌だからとにかく押し入る、暑い、息苦しい、なんとか私らは座れたが座れない人も居たんです、立って乗ってた、市バスか。ちなみにその後のバス旅では席Noあったりなかったりといまいちシステムがわからない・・・。焦るからほんとやめてほしい。


行き先は海と城の町、Salobrena・サロブレーニャ

IMG_3831 - コピー
バスステーションはなく路駐、切符売場もこんな小さい小屋(笑)←昼間は閉まっている
降りたのは私たちだけ。すでに田舎の匂いがプンプンしていて理想の町かもと期待。


ホテルはここから徒歩3分。我ながらグッドチョイス。ツイン1泊50€(¥6,800)

IMG_3902 - コピーIMG_3903 - コピー
IMG_3900 - コピー
至るところにディスプレイがされていて・・・


IMG_3901 - コピーIMG_3905 - コピー
IMG_3866 - コピーIMG_3906 - コピー
パティオ(中庭)と通り抜け、セビーニャという部屋でした♪


IMG_3904 - コピー
共有スペースに屋上もあって、洗濯物なんて2時間で乾いちゃいます。田舎だからか、Wi-Fiはこの屋上のある場所でしか通じなかったけど。


ホテルのおじちゃん♪いつも話かけてくれて朗らかで親切( ;∀;)

IMG_3858 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
17:43 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

初ウィーフィー

   IMG_3913 - コピー
2年前にスペイン行ったときから忘れられなかったものがあって、この旅が決まったときからとにかく指折りに楽しみにしていて、ホテルで休むこともせず荷物置いたらすぐマラガ市街散策へ。メインのマラガマリアなんとかっていう駅周辺からは徒歩20分はかかる、ちょっと遠いのがネック。終点のマラガセントロ駅も市街までは伸びてないのであまり意味はない。バスがあるんだろうけどわからなかったのでひたすら徒歩。


念入りに地図出力してたからね、見つけたー♪これこれ! smooy

IMG_3917 - コピー
The ヨーグルトアイス。2年前の記事はコチラ⇒ 「魅惑のデザート」
ちょっとちょっとこの記事見るとソフトの高さが全然違うー!inマラガ、低!!まぁでも味は・・変わってなかったから♪しつこくなくあっさりとした溶ろける舌触りのコレを食べると甘い甘いアイスクリームはどうでもよくなります。ミニサイズ1トッピングは2,5€(¥340)、2トッピングが3€(¥410)息子はチョコ派。私的にはヨーグルトの味に邪魔にならない、フルーツが絶対おすすめ~。これ日本に出来たら絶対売れるのに。(スペイン全土の他、ポルトガル・アルジェリア、インドにもできるそうです、なぜかインド)


時差ボケで眠くなる前に微量の力を振り絞って再び散策
キャンディーみたいに包まれていたお菓子。(確か1€以下)・・激マズ

IMG_3914 - コピーIMG_3909 - コピー
IMG_3915 - コピーIMG_3916 - コピー
カテドラル入ろうとしたら、受付の人に5€(¥680)と言われた。日本で2千円分くらいの€しか作ってこなかったのに5€って言われても・・。その都度ATMで現地€を引き出そうと思っててこの時まだ機械に慣れてなくうまく引き出せずじまいで、息子にブーブー言われながら、引き返す。


IMG_3910 - コピー
Wi-Fiのこと去年までそう読んでましたからね、ゲームのソフトかなんかと思ってました。Wiiか。持ち始めたアイフォンを今回初めて海外に持っていってWi-Fiに繫ぐというミッション。いつの間にか通信費が十数万とか請求来たらどうしよう!店に3回、電話も数回して確認したものです。今や世界中のホテルや店などでパスワード入れたら無料回線でネットができるって凄いですよね。主にホテルでのみ回線を繫いで、調べものとMap、メールはキリがないのでスペイン在住の友達との連絡と安否確認も含め旦那にその都度するだけに絞り。でもMapは外で道に迷った時便利じゃないですか、できないんでそこはアナログに地図を片手に迷いながらは今まで通りでしたけど。あと怖いのは盗難だったので、とにかく目立たないように!出したらすぐしまう!写真を撮るときはギューっと強く持つ!不意に持って行かれないように!と私のアイフォンを借りたがる息子にもそう忠告していた。考えすぎ?いえいえ、そのぐらい用心しないと個人旅は。


IMG_3911 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

15:38 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

出国 マラガ空港へ

   IMG_3912 - コピー
スペインの主要空港といったらマドリッドかバルセロナだが、今回はメインで訪れるGranadaグラナダに一番近いMalagaマラガ空港発着のチケットを探したら、関西空港から飛んでいる夜発→現地昼着の便が安心&格安&乗継も数時間というタイプがあってそれにした。岡山からの大韓航空はマドリッド行きのしかなくて、でもこれが乗継に12時間待ち、韓国で一旦出て美味しいものでも食べに行くのもいいがそうゆうのは面倒臭いのだ・・。だから2年前も私は関西空港から飛んだわけだ、思い出した。あとフィンランド航空が一番安かったがマラガに23:55着。さすがにそんな夜中に着くのはごめんだ~。


岡山⇔関空は高速バス♪フライトまで4時間半待ちでも浮かれ気味

IMG_3927 - コピーIMG_3931 - コピー
130315_A321neo_thy-640.jpg
トルコ航空は快適、好きです♪それにしてもユーロの高さといったら・・去年は1ユーロ¥98だったのに!今年の夏は¥136になっていた。4年前のフランス旅で激高だと思っていた¥140とさほど変わらない。
(よって今後表示される€⇒¥の計算は1€136円でしています)


イスタンブールで3時間待。このカートをゲットするのは至難の業(もっと置いて!)
ベンチで息子はイヤイヤ夏のドリル(中学生の宿題多過ぎて仕方なく持ち込み!)

IMG_3925 - コピー
IMG_3924 - コピーIMG_3922 - コピー
マラガ着。確か2年前飛行機の中で入国カードを書いた記憶があるが今回は何も渡されてない!書いてない!とドキドキしながら入国審査へ。「How are you?」なんて笑顔で話かけてくれるなんて・・私もそんな人間になりたいと思いました。結局カードはいらなかったみたいです?地方の小さい空港だからか、全く長蛇の列もなく荷物受け取って出るまで15分もかからず!(^^)!


IMG_3921 - コピーIMG_3919 - コピー
空港から市内へは電車一本、たった3つ先なのでアクセス◎(1,7€×2 ¥462) 極力、現地の公共機関を利用するのが私たちの旅スタイル。何より安いし。Trenの看板に沿って空港をまずいったん出ましょう、するとこの看板が。一番左端に横断歩道があって(車ほとんど来ないけど)そこを渡ってまーっすぐ行くとRenfa(スペイン電車)の駅。切符買うのは自動販売機しかない、クレジットカードでも買えます!


ここまで順調かと思いますよね、駅表示見てたはずなのに空港内で迷って地下のバス乗り場に行ったし、切符は英語表示でもなかなかうまくいかず後ろに列はできるし3回目にやっと買えたときは冷や汗ダラダラだったし、ホームは2つだけなのに逆方面に行ってたし、もう何やってんだ私は。それで一番わかりにくいのが降りる駅。終点が「Malaga Centro」ここは確かに中心地ですが、主要駅として窓口やホテル、バス、タクシーなど集まっているのはその手前の「Malaga-Maria Zambrano」マラガマリアザンブラノ?です!そのへんを詳しく調べてなくて(詰めが甘い!)ホテルは確かその近くを予約した気がして(地図出力してたけど駅を入れてなかった、そこ一番大事なのに!)どっちで降りるんだろう!と思ってたらその駅でスーツケースの人ほとんど降りたから一緒に出て正解、ホテルまで徒歩10分、メイン通りに親切にも看板が出てたおかげで(じゃないとまた迷ってたよー路地裏だし)こちらは無事すぐにチェックイン、家を出てから33時間の路( ゚Д゚)

IMG_3918 - コピー




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
09:49 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (4) | edit | page top↑