2013年 10月
09 | 2013/10 | 11

お茶とチュロス in Granada

   IMG_3535 - コピー
グラナダでカフェをするならアルバイシン地区のふもとにある、こちらはいかがでしょう?Teteria La Oriental テテリアのテはお茶という意味。カフェテリアのお茶バージョンということで”テテリア”(お茶専門の喫茶店)という名前を作ったのはここが初めて、つまり創始者。えっちゃんのお姑さん(スペイン人)が経営されてるお店です~。今はスペインのいろんなところに広がってるそうです。


IMG_3538 - コピーIMG_3528 - コピー
一つ一つ柄の違うテーブル。私はローズティーを注文!バラの花弁がいっぱい浮かび風味も良くてほんのり甘く量もたくさんあって大満足。1杯3€(¥410)は、タパスに比べると?高いかもしれませんが、ここのお洒落な空間でのんびり過ごせると思えば♪


IMG_3541 - コピー
IMG_3537 - コピーIMG_3530 - コピー
お茶の他にもいろんなドリンク、サンドイッチ、ピザ、クレープもあるの


2階席は赤で統一されていて、エキゾチックなムード

IMG_3536 - コピー
IMG_3558 - コピーIMG_3560 - コピー
そして絶対オススメなのが、スペインで朝食の定番・チュロス。星形の絞り口で絞り出した棒状の揚げ菓子で、チュロス専門店がグラナダに何件もあるぐらい。でも観光客がよく行くところは高めだって、そう、ここは地元しか知らないような穴場なお店~、おじちゃん1人で揚げてます。(ビブ・ランブラ広場付近)でも午前中しか空いてないらしく、毎日でも1日何回でも行きたかったな・・。


チョコラーテ(濃いココア)に浸して食べます。(チュロス1€とチョコラーテ1.8€で合計¥390)ちょっとモチモチしてて揚げパンみたいな感触、もぅ癖になる味です!
あと写真撮るの忘れたんだけど、los italianosというアイスクリーム屋さんも穴場

IMG_3559 - コピー


●2014カレンダー発売中!コチラ、HPトップ通販ページから

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
08:25 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

おすすめタパス店 in Granada

img050 - コピー
現地に友達がいることで一番助かるのが「食べること」。しかも安くて美味しい食堂系とかだったらなおさら嬉しい!えっちゃんがまず連れて行ってくれたのはまさにこの3拍子揃った、 Bar Provincias グラナダの中心、カテドラルの近くのビブ=ランブラ広場より一本裏側にある。裏側っていうのがミソよね、表通りは高そうな観光客目当てのカフェばかりがある中、ここはまさに地元の人しか入らないような佇まい・・・でも13時まだ空いてなかったんです、シャッターが半分開いてたのを見てえっちゃんが聞きに行くと「もうすぐ開けるよ~」だって、ほんとこっちの人はのんびりです(笑)


IMG_3809 - コピーIMG_3808 - コピー
前書いたように、スペインではタパスといって水でもなんでもワンドリンク頼んだらサービスでこうゆう小皿がついてきます。(ただしカフェでは出ない、Barのみ)ここは量も多く、1人1人おかずが違ってパエリアも魚介エキスがよく効いてて!(殻がいっぱい入ってたけど愛嬌ということで)驚くのは値段。1杯1,5€、205円です。いや、ユーロが安い時なら150円 スペインだけじゃない、ヨーロッパは日本と同じくらいか高いと感じる物価の中、今時この値段でお客さんに提供しているだなんて・・最強でした。今までで一番いい食堂でした。もう毎日行きたかったのに、時間が遅すぎて(夜も20時とかからだったと思う)なかなかタイミングが合わず2回行ったのみ。


IMG_3544 - コピー
IMG_3542 - コピー
お次は、アラブの雰囲気が漂うこちら→La Bella & La Bestia
このプレートは息子との二人分。2、2€×2、お1人300円 ポテトにマカロニサラダにハムを挟んだホットサンドまで出てくるんですからびっくり。あ~こちらもなんて安いんでしょう、お腹いっぱいです、十分お昼になります。えっちゃんオススメの「MOST」モストっていうノンアルコールワイン(左側)、林檎ジュースみたいで店によって味も違ったり、そのあとどこに行っても「モスト!」と注文。ちなみにここではスケッチブックを忘れて出てしまい、そのまま気づかず観光していてたまたままたこの前を通りすぎたとき店内から窓をゴンゴン叩いてきてそれが私のスケッチブックだったという、よくわかったわね!!通ってた瞬間!という本当に優しい店員さんのいるお店です、ぜひ行ってね♪



IMG_3543 - コピーIMG_3805 - コピー
次はヌエバ広場からほど近いお店。見た目も店内も軽いカフェって感じなのだが、こんな本格的な料理が味わえる!10€(¥1.360)海沿いの町、サロブレーニャでも魚介フライを食べたけど塩辛くて食べきれなかった、ここのはとってもシンプルでレモン汁で頂くのみ、フォークが止まりません、えっちゃんと私と息子で食べてお腹がはじきれる量。4人でもいいかもね!えっちゃん様様のグラナダ食レポートでした。


IMG_3806 - コピー


●2014カレンダー発売中!コチラ、HPトップ通販ページから

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
13:35 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

情熱のフラメンコ

   img045 - コピー
観たことがなかった本場フラメンコ。どこにあるかどこがいいかなんてもちろんわからないし・・するとえっちゃんが「私が予約しといたげるよ♪こことかここはどう?」なんと頼もしいことか。あるところでは夕食付で39€(¥5.300)とかであって、でも息子も私も小食だし・・純粋にショーだけ見るほうがいいかとか、スペインでは20時21時スタート当たり前の中、もっと早い時間からしてるところをえっちゃんは探してくれて更に私たちがアルハンブラ宮殿を見た後に行くことを配慮して、ここだったら町へ降りる坂の途中にあるし時間も早いし!と教えてもらったのがここでした。19時半~と21時の2ステージ(1時間)

→→CASA DELARTE FRAMENCO サイトが可愛い♡
大人18€(¥2.450)26歳までと65歳以上は16€(¥2.180)
さらに当日の18時までに本チケットを店で買えば1人2€(¥270)割引してくれる。
もちろん先に買いに行って、二人で34€のところ30€(¥4.080)になった。

IMG_4071 - コピー
IMG_3763 - コピーIMG_3761 - コピー
席は階段状になっていて(50席ぐらいだろうか)見やすいしステージもシンプルで。もちろん音楽はフラメンコギターと歌声のみ。描く予定はなかったが、この人達を描き留めたい!と思った。踊り子は女の人と、そのあと男の人だったんですが、この彼こそがメインダンサーだった。女性みたいに派手な衣装でもなく地味な黒一色で華やかさは全くない。だけどすぐこう思うはずだ、「衣装など関係ない」ということを。オーラが漂い背筋を伸ばし、タン!!と物凄いタップの強弱で始まると、ステップを繰り返し険しい顔になったと思ったら次は優しく、常に指先まで感情を表現するそのなんともいえないセクシーさは今までに見たことがない新しい”ダンス”だった。彼は描けませんでした、一瞬たりとも彼を見逃したくなかったから。もしかしたらフラメンコって女より男の人のほうがおすすめなのかもしれない!??


20時半に外に出たら、行列が出来ていました~~
P.S。ツアーとかに組み込まれることが多い洞窟の中で、両側の椅子に客が腰かけて真ん中でフラメンコダンサーが踊るというのもあるが、やっぱりステージに向かって定点で観るほうがゆっくり見れるのかも?

IMG_3804 - コピー


●2014カレンダー発売中!コチラ、HPトップ通販ページから

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
10:38 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

アルハンブラ予約までの道のり

img044 - コピー
グラナダといったら世界遺産のアルハンブラ宮殿。「スペインでここを訪れてなければスペインに行ったことにならない」と言われるほどで、やはりここは押さえておきたい名所です。だけどやっかいなことに好きな時に行って見れないのだ。ここの入場は1日8,000人まで、30分おきに300人しか入場できないよう制限されている・・。当日行ってもちょうどいい時間帯が取れなかったり最悪その日入れないことだってあるらしく、それが夏のハイシーズンなら尚更。旅行会社が大量に買い占めるのか?あとは当日券を求めて早朝から並ぶらしい、それはしんどすぎるので却下。早速えっちゃんに教えてもらった→アルハンブラ予約サイト 旅の3週間前に、日付を選び午前か午後か、それから30分ごとの枠をどれか選び、名前など入れてカード決算した。(赤文字でAgotadoは完売ってことで今見たら2週間後まで埋まっていました~。)だけど何日たっても予約メールが届かない。えっちゃんに言うと、決算したカード番号を入れたら予約確かめれるみたいと入れてみるもどうやら「予約できていません」との表示。たぶん最後の画面で”これで予約する”というボタンを押す前にこれで合ってるんだろうかと再確認しすぎて一定時間を超えてしまった、らしかったがこの時はわからず、再度予約と思ったがひょっと重複予約したらどうしようと不安になり。そこで、現地のATMで決算に使ったカードを入れて予約が確かめられる、ということでそうすることにした。


できてなかったことを確認し、このATM(La Caixaのみ)でも事前予約できると聞いていたのでしてみることに。”チケット・イベント”から”アルハンブラ”を押して日付や時間を選ぶ、まぁここまではわかりやすい。”モバイルフォン”でエラー。大体日本の11ケタが入りきらない。最初の番号とって入れてもエラー、適当に入れても(笑)エラー。また来よう、とATM何回行ったことか・・。そうだ、えっちゃんの番号入れたらいいんだと思い再度挑戦。長い道のりでようやく取れたチケットがコチラ⇓ 結局三日前でも大丈夫だったわ?( ゚Д゚)

IMG_4073 - コピー
入場券14.3€+9.3€(¥3.210)
窓口で並んでる人を横目に入口を通過しようとしたら警備員に激しく止められる。予約票を本チケットに換える必要があったのに、つい慌ててしまった。王宮に入る時間は17時半にしていた。入場自体は何時でもOK!でもとにかく敷地が広いので早めに、30分内に行かなければ絶対入れてくれないそうです~。



IMG_3795 - コピーIMG_3772 - コピー
30分前に並びに行くが、そもそもその30分内に入る順番まわってくるのか?というほどの長蛇の列、気が気でない。またここが炎天下で暑くて暑くて・・で、無事入館~。(一度入ったら時間制限はない)正直こんな数々のミッションをしてきてまで入らないといけないものかしらって思っていたけど、アルハンブラはここに入らないと意味がない!


IMG_3780 - コピー
本当になんなんでしょうね~この芸術的な形成は


IMG_3775 - コピーIMG_3792 - コピー
IMG_3782 - コピー
タイルと漆喰浮彫のアラベスク文様。壁も床も天井も見るところがいっぱい


IMG_3778 - コピー
IMG_3781 - コピーIMG_3788 - コピー
IMG_3786 - コピーIMG_3784 - コピー
光の差し方も計算されてるそう。一番凄いのはやっぱり二姉妹の間。八角形の天井は蜂の巣のように細密な鍾乳石飾り(モカラベ)が施されていて、寝転んでずっと見ていたかった・・。


結局アルハンブラ敷地内全部足早にまわっても3時間。予定がありそれ以上居られなかったのですが、半日巡るつもりでもっとゆっくり来るのがいいかも( *´艸`)

IMG_3783 - コピーIMG_3793 - コピー
IMG_3770 - コピー



●2014カレンダー発売中!コチラ、HPトップ通販ページから

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
16:00 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

落とす

img047 - コピー
えっちゃん家までタクシーで行ったじゃないですか。1回とんでもないところに降ろされて、また乗り直したもののそのドライバーさんもわからず迷い気味で、こっちも片手に携帯・片手にノート(住所を書いた)をずっと握りしめてて、やっと着いた時にチャイム鳴らしたその家からえっちゃんが出てきた時の安堵感といったらね、もうこの時一気に緊張感がほどけたんでしょうね、覚えてないんです。えっちゃんとの久しぶりの再会、飛びつきたい!でもその前にドライバーにグラスィアスと言ってお金払わないと、荷物降ろさないとってそこらへんまでですね。


気付いたのは夜。ただのちっちゃいノートでした、旅日記を漏れなく記すだけのノートでした。だけどその中には旅計画の全てが凝縮された、お金の出金簿からホテル詳細、いろんな緊急連絡先、住所、何枚ものラフスケッチ、困ったとき用に現金も挟んでたしね、諭吉さんをね、そんな大事なノートを失くしていました。きっとタクシーから降りるときに車内に落としたか置いてきたか。去年もクロアチアで携帯を忘れ、あれは幸いレシートをもらっていたからドライバーに連絡ついて戻ってきたんですけど。今回は探す術もない。とゆうことで


海外でタクシーに乗った後はもしもの時に
①車内確認 ②領収書をもらう ③ナンバープレートの控えをしておきましょう。

IMG_3810 - コピー



●2014カレンダー発売中!コチラ、HPトップ通販ページから

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
14:52 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (4) | edit | page top↑

★2014カレンダー

IMG_5159 - コピー - コピー
金木犀の香りがあちらこちらからと・・秋の訪れを感じる頃。今年も無事、来年のカレンダーが刷り上がってきました♪2014年も絵のある生活にしませんか?お歳暮にもどうぞ♪

200冊限定 2014 カレンダー|Calendar  

1部 ¥1.500(送料別)
(今年から値下げしましたがサイズや品質などは全く変わっておりません)
B5判・7枚(裏表紙以外フルカラー、横吊タイプ)

綺麗・色あせない、印刷屋さんでの仕上げ。
毎月変わる絵柄。
たっぷり書けるスケジュール欄。
紙には全て古紙をイメージした加工をわざと施しています。それにより
 所々模様がありますが汚れではありません、雰囲気をお楽しみ下さい。


「カレンダー希望」と件名の上、部数・名前・〒と住所を明記の上、こちらから→chibi_t*mx31.tiki.ne.jp(*を@に変えて)お申し込み下さい。またはこちらのコメント”非公開”でも申し込みも可能です。お振込みご案内メールをこちらから返信→入金確認→発送となります♪

IMG_5158 - コピー
IMG_5157 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

13:04 | お仕事 | comments (6) | edit | page top↑

怖弁と息子

   IMG_5420 - コピー


ギャーーーーーーー
IMG_5421 - コピー
これが恐怖の弁当、コワベン。えっちゃんの美しい料理の後ですみません、旬な日記も書きたくなりました。先日友人にこの存在を教えてもらってネットで見た時、ウケ狙いとか気持ち悪いとかゆうよりも、これはもう”芸術作品”だと思いました。これを考えついた方、凄いです。普通のキャラ弁と同じく、楽しく、そして真面目に、ゾンビに哀悼の意を込めながら、お弁当箱というひとつの空間の中でどれだけ表現できるか、そうゆう気持ちで取り組むことがポイントだと思います。こんな題材にポイントも何もないだろうって?(笑)でも作ってる本人は終始黙々と、どうやったらもっと立体的になるかオリジナルになるか怖くなるか30分かけて成形してますからそっちのほうが怖かったかもしれません。それと前の日から怖弁の準備は始まってますからね、わざわざ晩御飯は焼きそばにして、頭の脳みそに活用。一本だけ垂らしてケチャップも盛る。目玉が血走ってる感もケチャップで、青汁パウダーは血色の悪さと凹凸を表現してくれます。


ちょうど息子の文化祭で2日続けてお弁当がいったんですよね、グッドタイミング
もっとグロくしようと思ったんですが初回だしなるべくコミカルにしました。

IMG_5418 - コピーIMG_5419 - コピー
下から~~~~~~上から~~~~~~もういいって?
「本当に開けるのですか?」という付箋を見た息子の友達は、買ってきたシールかと思ったそうです。血塗られた文字、もちろん私の手書き。友達の反応も上々、そんな中息子はやっぱり気持ち悪いので目を瞑って食べたそうです。芸術として受け取ってもらうのは少し早かったか。


おかずは普通なのでご安心を。餃子の皮で食べれるカップ作ったり。

IMG_5416 - コピーIMG_5334 - コピー
IMG_5384 - コピーIMG_5337 - コピー
もうひとつは、皮膚がはがれて筋肉丸出しの巨人で人間バリバリ食べちゃうキャラクター、「進撃の巨人」から。家族でこの漫画のファンなので(アニメもしてるそうですねー)これもネットから拝借、海苔にご飯粒を1個づつ貼りつけるのがイィィィーってなりましたがあとはカニカマを貼りつけていくだけ。息子、カニカマに飽きた!そうです。そりゃそうよ、食べることより見た目重視だもの


芸術の秋です。

IMG_5336 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
12:17 | 息子 | comments (6) | edit | page top↑

ご馳走様

   IMG_3820 - コピー
計6日間滞在した間に、えっちゃんはいろんなスペイン料理を作ってくれました。初日着いた夜は、久しぶりのお米ってだけでも嬉しいのにさらにパエリアだった。魚介ではなくえっちゃんオリジナルチキンバージョン、もう最高に美味しかった。オーガニックのサフラン入り。それとこちらではサラダにフルーツを入れて食べるのが普通らしく、すもも入り。料理に果物といったら酢豚にパイナップル、ポテトサラダに林檎とか、その組み合わせが少々苦手だったけど・・・でもこれは本当に癖になる美味さだった。ドレッシングがオリーブオイルと塩のみでシンプルだからか?甘くて歯ごたえのあるすももがレタスと絶妙にマッチするのだ。スペインは日本と違って果物が安いから大量投入しても惜しくないって(^_-)-☆


IMG_3821 - コピーIMG_3512 - コピー
パエリア煮込み中~。こちらはジャガイモとピーマンの揚げ炒め、目玉焼き乗せ♪
息子がプール入ってるのを見ながら外でお食事♪日本のお味噌汁も用意してくれて



IMG_3729 - コピーIMG_3827 - コピー
ある夜、シフォンケーキのデザートが出てきたとき!スペインでは売ってないから日本で買ってきてほしいとシフォンの型をお願いされていて、それで作ってくれたえっちゃん♡やっぱりメイドインジャパンのはいいやつだから焼き上がりが違うわ!ということらしいです(*^▽^*)小さい住宅街ですが教会もあるしスーパーだって歩いて30秒のとこにあるし、娘ちゃんは息子に凄くなついてくれて、私や母であるえっちゃんの手は払い息子と繫ぐことが多かった、ので仲良く一緒に買い出し風景。


朝はフランスパンにトマトソースを塗ったPan Con Tomate(トマトのカナッペ風)とかクレープとか(*´ω`*)昼間は大体スケッチしに行って晩帰るパターンで、息子は私とではなくえっちゃん家に居ることの方が多くて外で1人で食事とかは寂しくて(晩も店が開くのは20時とか21時とか激しく遅いし!)結局ペコペコで帰ってきちゃって。それで「おかえりー♡」と言われてご飯がすぐ出てくる喜び?といったらね、もうえっちゃんに一生足向けて寝られないです。


イワシフライに、出ましたトルティージャ!スペイン風オムレツ。昔アルバイトしてたイタリア店で教えてもらったレシピはいろんな野菜を事前に茹でてチーズや生クリームも入れた卵液で私も時々作ってますが、本場はジャガイモと卵だけらしく。スペイン人のお姑さんに教えてもらったんだって、ジャガイモもたっぷりの油で揚げるようにじっくり火を通してました。えっちゃんは香味にとネギもプラスしてた、なるほどなるほど、メモメモメモ
えっちゃん全部ほんとにほんとに美味しかったよ!

IMG_3655 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
09:08 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

えっちゃん家in Granada

   IMG_3826 - コピー
「古い家よ。半年も放置しとったから、車もないし、でももう普通に生活できるくらいは環境が整っとるけん泊まりに来ても大丈夫よ。」えっちゃん一家は前の家を出て、半年北海道に滞在した後にこの家に。私が行った時はまだ住んで3週間目だった。えっちゃんと6月ひょんなことから知り合ってから南スペイン行きを決めるのにそう時間はかからなかった。


エントランスのタイル貼りも凝ってる
えっちゃんのコレクション”グラナダ焼き”。ここは陶器でも有名

IMG_3824 - コピー


ここらへんは住宅街なので夜もとっても静かで快適すぎて翌朝は9時まで熟睡してしまった。この一軒家は地下もある3階建。キッチンとダイニング&リビングの他にトイレが3つ、部屋が6つ、そして
プール付じゃしな
息子は毎日朝昼晩、どんなに寒くてもヒャッホ~イと飛び込みまくり1人でも遊びまくり。えっちゃんに「中学生ってまだこんな無邪気なもん?」って苦笑されたぐらい。ちなみにこのへんの住宅は一軒づつプール付きです、日本じゃ考えられないですね。息子はお金持ちになってプール作るって言ってます。あと遊園地作るって言ってます、マイケルジャクソンのネバーランドみたいにって。楽しみです。

IMG_3656 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
10:49 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (5) | edit | page top↑

逆方向

img031 - コピー
サロブレーニャ→グラナダはほぼノンストップで行ってくれるのでバスはたった1時間、便もたくさん出てるので便利。(大人6,57€+子供4.59€ 計¥1.520)バスチケット ⇓ 左が窓口で買ったときの、右は自動販売機で買ったときの。


IMG_4078 - コピー
今日から友人のえっちゃんが住んでいる家に滞在、行ってみたかったGranadaグラナダ( *´艸`)。到着する高速バスのところから市バスで行く方法があったが、初めてのグラナダ入りなのに一旦町中まで出て更に乗り換えをしないといけなくて降りるとこや乗るところも複雑だということ、遠回りになること、バスは二人で5€だがタクシーで行っても8€ぐらいだと聞いていたので、それだったら安全で快適で早いタクシーを選ぶほうが時には利口です。バスを降りてすぐロータリーから乗車、めったにない感覚・・なんて快適なんでしょう(*´з`)ドライバーに住所をばっちり見せて「OK」っていい返事もらったし、10分ほど走ったところでもう着いたって。料金は6.5€(¥885)へ~安く済んだなぁラッキー♪するとマンション街だったんですよね、右も左も360度マンション。あれ・・えっちゃんはプール付きって言ってたからてっきり一軒家だと思ってたんだけど「4(番地)はあっちらへんだから!」あっちってどこよ、らへんって・・行ったらわかるのかもしれないと、ドライバーを帰してしまった、甘い。行ってもわかるはずなどなかった、番地も書いてないし、そして誰もいない、いったいここは何処なのか聞くことすらできない。


頼みの綱はえっちゃんしかいない。イチかバチか、電話をしてみる。携帯、通信を断っていても通話はできるんですね・・( ゚Д゚)知らなかったです。再会の喜びを言い合うどころか「泉どこおるん?」「わからん!」(笑)でした。どうやら同じ名前の住所が複数あって最後の番地の前の名称が重要だったとかで。私がドライバーに見せたのは小さく走り書きしてたようなものだったから、間違ったのだろう見落としたのだろう思い込んでしまったのだろう、どうせ適当に見たのだろう適当に降ろしたのだろう・・。とりあえずまたタクシーを拾って!ということになり、こっちではあまり流しのタクシーがいないことを知っていたので望みもないまま大通りに出ると、簡単にすぐ捕まれて本当にラッキーだった。新たに大きく住所を書きだしたものをドライバーに見せ、次こそはって思うじゃないですか、しばらく走って集落に入るとわからなくなったみたいで誰かに電話したりそこらへんの人に聞いたり、ナビはないんかい!って思いましたけどねないんですよね、この時えっちゃんの電話は何故か全く通じなくなってたし、このドライバーいったいどうすんだと



バス乗り場から15分ほどで着いてたはずですが、1時間後でも無事辿り着けて良しとしましょうか。タクシー代は合計20、5€(¥2.800)かかってしまったけれど( ゚Д゚)
IMG_3653 - コピーIMG_3823 - コピー




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします
">ランキングバナー
10:26 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑