2014年 09月
08 | 2014/09 | 10

これ食べて

IMG_2373 - コピー
台湾グルメといったら?小龍包!ですね。「小龍包食べ放題ツアー」とかゆう旅プランもあって、それに友達が参加してたけど、それって、もと、取れたかな?( `ー´)ノ。さて私たちが行くところは当時住んでた姉が足げく通っていた、私も連れていってもらったことのある、高級店ではなく、地元の人が通う、早い・安い・美味い店( *´艸`)


「小上海」 地下鉄・松山機場から歩いて10分。
10個入り120元(¥420)肉汁たっぷり~もちもち、生姜の千切りと一緒に食べると美味さ倍増。ワンタン麺も頼んでみたけど、これはイマイチ・・100元(¥350)。チマキも有名、大きなお肉が詰まっててボリューム満点すぎて全部食べきれなかった・・1個60元(¥210)。二人で千円もしない晩御飯♡ *日本語メニュー置いてありました!(^^)!

IMG_2274 - コピー
店先には蒸籠が積みあげられてて、横で小龍包せっせこ作ってます。


チマキといったら、こんなマグネット発見♡(帰りの桃園空港で)

IMG_1989 - コピー
IMG_2359 - コピーIMG_2302 - コピー
それからもう一つ、街中で気軽にドリンクスタンドで買える、タピオカミルクティー!(もちろんお茶からジュースまであらゆる飲み物が買える)このスタンドはいろんな店舗があって、ユキコいわく、どのスタンドも美味しいよってことらしいけど、ミルクティーなら「CoCo」が好きと聞き、見かけたらそこのを買ってました。Mサイズ35元(¥123)タピオカがおっきくてモチモチしてて美味しい!姉は「50嵐」のが好きだったので、1回買ってみたらタピオカが小さくて物足りなかった・・(でもこちらは30元、105円で少し安い。タピオカは大きいのもあるらしい)ちなみにどのスタンドでも、甘さと氷の量が5段階ぐらいで選べるので自分好みのものを注文できる。私的には甘さは”微糖”で十分でした。


台北ナビというサイトで、いろんなスタンドのものを買ってきてタピオカを一つづつ並べて味を比べるというページがある。台湾に行くあなた、参考になるかも、笑
タピオカミルクティー珍珠奶茶選手権2013

IMG_2301 - コピー


さて、こちらは老舗のお茶屋さん(地下鉄・中山駅から徒歩5分)
昇祥茶行 シェンシャンチャーハン (日本語サイト)
といってもお茶を買いに行ったのではなく、両替をしに行きました。台湾銀行(政府)公認の両替サービスもしていて、手数料無料!(ちなみにユキコは知らなかったので、半信半疑で行った・・)銀行とかと違って時間や土日も関係なくしてくれるのがありがたい?日本円片手に、7万円分してもらいました。計算すると200円ぐらいしか差額はない、レートもいいとみた。あとはヨーロッパみたいにATMがたくさん街中にあったので、それ以降はその都度クレジットカードで現金引き出しをして巡りました。

IMG_2305 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
17:36 | 2014年台湾親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

世界で行きたい本屋20

   IMG_2342 - コピー
The 20 Most Beautiful Bookstores in the World
世界にはユーモアと美を融合した書店がある。その最も優れた20か所を紹介しているアメリカのサイトで、イタリアフランスイギリスポルトガルスロヴァキアなどヨーロッパ勢がほぼ独占している中、アジアからは東京の代官山にある蔦屋書店が堂々の入選。行ったことあるけど毎日通いたいぐらい素敵な所♪他に北京から2店。そして、台湾から1店挙がっていたのだ。台湾に行ったときに絶対行こうと思っていた。


台北にある「VVG Something 好様本事」
地下鉄MRT「忠孝敦化駅」から歩いて5分ほど、裏通りにひっそりお店を構えていました。でも赤い扉が目印。開かない開かないと、もしかして今日は定休日か!?と焦っていたらスタッフが中からドアを引いてくれた。このドア、引き戸でした、笑

IMG_2294 - コピー
IMG_2286 - コピーIMG_2290 - コピー
IMG_2289 - コピーIMG_2285 - コピー
小さくてこじんまりとした空間。真ん中の大きなテーブルに、世界中からのgoodデザイン本が積みあげられ、両壁には台湾オリジナルのものがところ狭しと並ぶ(日本雑貨もありました)。書店というより、アンティーク&雑貨&本屋がギュっと詰まった感じ♫奥にカウンター2席があったので、ここで簡単にお茶やお菓子も頂けるみたい。


ディスプレイもセンスが光ってます。写真OKだったので撮りまくり。

IMG_2288 - コピー
IMG_2283 - コピーIMG_2284 - コピー
IMG_2300 - コピーIMG_2401 - コピー
本は基本重たいので持ち帰り断念・・。薔薇のカードをお土産に✿


本は売り物だけど、ちょこっと椅子に座って眺めることができる。
ずっとゆっくりしていたい空間(*´ω`*)台湾の台北からお洒落レポートでした。

IMG_1660 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

10:40 | 2014年台湾親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

便利な必須カード

   IMG_2374 - コピー
ユキコ夫婦は平日共働きなので、台北観光は息子と二人で探検。


まず行ったのは、古い工場跡地を改装してギャラリーや雑貨屋、本屋、レストラン、カフェ、バー、映画館などが集まる「華山文創園區~1914 Connection」(MRT忠考新生駅近く)ちょっとレトロな建物で、敷地も広く(トイレも綺麗!)いろんなお店が一気にのぞけて見ごたえがあります(´艸`*)

P1100285.jpg
IMG_2275 - コピーIMG_2296 - コピー
IMG_2298 - コピー
MRT中山駅近くのアパレルショップ「boodday」はビルになっていて1階が雑貨、2階がカフェ、3階がギャラリーカフェ?一面ガラスから木々が見えて素敵だったな。こうゆうところでお茶したかったけど何故か誰も居なかった。


IMG_2299 - コピー
IMG_2282 - コピー
パン屋さんのディスプレイ。


台湾観光でまず買っておきたいもの。日本で言うsuicaみたいなものですね、悠遊Easy Card。地下鉄から路線&高速バス、電車と幅広く使えて、しかも地下鉄は2割引きになるんです。バスはお釣りが出ません、このカードがあれば小銭を準備しとく必要はないし、いちいちお財布を出すこともないし、なによりスムーズです~。絶対買いましょう(*´ω`*)


MRT駅でも買えますが(自販で)全コンビニでも買えて、100元(¥350)がカード代で(返却の際、返してもらえる)チャージもそこでできて簡単!店員さんに「ワンハンドレッド!とかツゥーハンドレッド!チャージ」で通じます。このチャージ、ついし忘れて駅で「ピーー!」ってよく鳴らしてましたけどね・・駅員さんにコラコラって言われて。地下鉄も安いんだもの1回15元(¥53)とかなので、つい、まだ残金あるよねって余裕を持ってしまいます。

IMG_2200 - コピー
日本に帰る日、カードの残金は1元(3,5円)。我ながら奇跡的( *´艸`)


台北の地下鉄路線もシンプルでわかりやすい!

IMG_2364 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
16:51 | 2014年台湾親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

芋団子ならここ in 九份

  IMG_2317 - コピー
日曜日にユキコ夫婦がいろいろ連れていってくれることに。その途中、せっかくなので基隆からも近い「九份」にも寄ってほしいとお願いしていた。息子にも見せてあげたかった、ユキコと出会えた町。


九份といったらタロイモやサツマイモに小麦粉を混ぜて練り、団子にしたものを芋団子、「芋圓(ユーイェン)」が有名です。たくさん店はありますが、台湾人曰く(当時住んでた姉も)ここが一番らしい「思想曲古坊」果物のショーケースが目印。奥に客席があって、景色を眺めながら食べれます( *´艸`)ここも自分たちだけではちょっと入りにくいですね。 



IMG_2318 - コピーIMG_2319 - コピー
いろんなトッピングはお好みで♫出番待ちの団子がいっぱーい


さて団子は白玉よりもしっかりめのモチモチとした食感で、甘みがふわっと来るのが特徴です。茹でてお汁粉に入れたり、かき氷に入れたりして食べるおやつ的な存在。もちろん夏なのでかき氷で頂きました!今や台湾各地売られているけれど、ここ九份が本場だそうです。1杯45元(¥158)安い!!しかも二人でやっと食べきれる量でした~

IMG_2321 - コピー
IMG_2323 - コピーIMG_2315 - コピー
最初にできた映画館も今も健在。檻みたいな切符売場(笑)


今や観光名所として有名になっている九份。土日は、大混雑です( ゚Д゚)狭い道の両側に店が並んでいるので、誰か店先で立ち止まってしまったら列が進まず、停滞。追い越そうにも反対側は逆方向の人達でいっぱい・・隙を見て列から飛び出すしかありません。というわけでお店もゆっくり見れない状況(汗)この芋団子の店はけっこう上の方にあるので辿り着くだけで一苦労でした(-_-;)せめて平日に行きましょう~。

IMG_2361 - コピー
IMG_2326 - コピー

滝も連れっていってくれたり
「野柳之野」へ。1000万年におよぶ地殻運動、海風の影響を受けて、大自然の石彫芸術が見れるところ。台湾の代表的な観光スポットの一つらしい。海辺に立ち並ぶ数々の奇岩、なんだか可愛かったです( *´艸`)入場大人80元(¥280)

IMG_1658 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
12:58 | 2014年台湾親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

台湾の朝ごはん

   IMG_2330 - コピー
台湾人にとって朝食こそ外で食べるのが習慣。美味い、安い、早い。ユキコが今回いろんな朝ごはん屋さんに連れていってくれました♫小さなお店でちょっと小腹がすいたときに食べるところを「小吃」(シャオチー)と言います。大体早朝~11時くらいまでの営業が多い。通勤ラッシュの8時頃とか店が繁盛してたら間違いなくそこは人気店らしい。これは、お粥のお店。店員さんがお茶碗に持ってきてくれて、おかずは小皿に盛ってるのを自分で取ったり、鍋に入っているのを注いでもらったり。


①魚料理 ②お肉とネギ入り卵焼き ③酢の物みたいなの ④きゅうり ⑤茄子 ⑥目玉焼き
全部一皿30元ぐらい(¥105)この量は4人で食べた量。

IMG_1650 - コピー
IMG_2329 - コピー
でも、こうゆう素朴すぎる素朴なお店は、一見さんは入りにくいです~(涙)メニュー表とかもちろんないですし。見て、これこれ!って言えばいいんですけどね。「店?家?」と通り過ぎてしまうような店構えも多い、田舎のほうは特に。台北市内は看板掲げてそうではないかもしれないけど。実際、ユキコに「あのお店は人気なの?」って聞いたら「違うよ、普通の家で外で食べてるだけ」とか言われたり(笑)こうゆう体験ができるのはやはり現地の友達がいてこそ、ですね(*'ω'*)


IMG_2194 - コピーIMG_2306 - コピー
ユキコのマンションの1階は、コンビニや床屋もあってその中に朝ごはん屋さんもあって、大体そこに食べに行っていました。頼めばテイクアウトもできて部屋まで持ってきてくれたり♫
有名なのは右写真の「蛋餅(ダンピン)」。あ~13年前も食べたことを思い出しました。小麦粉の薄い皮にネギの入った溶き卵を重ねて鉄板で焼いたもの。オーダーしてから焼いてくれるので出来立て!甘辛いソースで頂きます。あとは「蘿蔔糕(ルーポーカオ)」大根餅、ともいいます。モッチモチ!いずれもやはり30元。一皿でお腹いっぱい


意外?だったのはこちら。サンドイッチは出来立てが並んでいてほのかにまだあたたかく、あまりにもパンがフワフワのフワフワで驚いたのなんのって・・・なのにハム、野菜、カツとか入って一袋20元て!(¥70)ぜひ、台湾ではホテル朝食ではなく、シャオチーに出かけてみては?

IMG_2270 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
08:40 | 2014年台湾親子旅 | comments (4) | edit | page top↑

家庭料理レポート

   IMG_2195 - コピー
台湾ビールで乾杯~♫これ、なかなかのgoodデザイン。


ユキコ家ではいろんなものをご馳走になりました(*´ω`*)台湾では外食しても安いので外ですませる人も多いですが、家庭料理ももちろん根付いていて、日本では「一汁三菜」、台湾では「四菜一湯」です。(肉、魚、野菜2品にスープというのが理想)味付けは淡白で素朴、塩気も全体に抑え気味で庶民的。主に豚肉鶏肉、魚を使い、醤油や生姜がベースなので日本人の口に合うものばかり。 ↓箸が止まらなかった玉葱サラダ。ソースの中に果汁を入れるのがポイント。

IMG_2307 - コピー
IMG_2010 - コピー
花蓮特産の干し菊を使って、スープを作ってくれた日。菊は癖もなく、豚肉から出るダシとしょうがの細切りがアクセントになって美味い!

さて、これらを作ってくれたのは、ユキコのご主人(笑)魚の蒸しもの、卵焼き、キャベツ炒め

IMG_1465 - コピーIMG_2196 - コピー
一日仕事して帰ってきた日も、一緒に出掛けて車を何時間運転した夜でも、彼は台所に立って料理を作ってくれました。「最近料理が好きになって、ボクが作りたいって言うから週末は任せてるの」とユキコ。作ってる間は鶴の恩返し的にドアを閉じてしまう、お手伝いも断られました、恥ずかしいんだって(#^^#)その間ユキコはシャワーを先に浴びてソファでご飯を待っている(笑)ご主人も少し日本語が話せて「心が泣いています」なんて冗談も言いつつ、「美味しいって言ってくれることが一番嬉しい」と、一品できる度運んできて食べて食べてと、ご主人は最後に残り物を食べる、片づけもご主人、主夫のように動きまわる、聞くと掃除もしてくれるそうだ、なんてできた主人。「わたしは幸せね~♡」とユキコはのろけていた。


IMG_2011 - コピーIMG_2012 - コピー
お姑さんとも再会し、持参してくれたのが手作りのモッチモチのお餅!日本ではきな粉ですが、台湾ではピーナッツの粉で食べます。そしてフルーツ天国の台湾、グアバと一緒に召し上がれ~

そんなユキコも料理上手。卵を高い位置から流し入れてるのを見てびっくり。香りが出るんだそうだ。よく焼いた卵は空気を含んでまるでお肉みたいにフワフワになってて・・これも箸が止まらない絶品!本当にご馳走様でした♡

IMG_2188 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
09:49 | 2014年台湾親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

ホームステイ

IMG_2408 - コピー
〇航空券=JTBで今回もGet!やはり手数料0円のため他サイトより安い。そしてMy日程表というのをサイトの中で作れて、あれこれ悩みながら計画できるところが良い。
〇宿泊=毎度お世話になっていますBooking com。地図の中に登録ホテルが載っていて、マウスを持っていたら1泊の金額と空室と評価が出る。一目瞭然に加え、Myページで変更キャンセルが自由にできるのが良い。
〇1元=3.5円(2014.8月計算)

今回はラクラク岡山空港から直行便で3時間(EVA AIR)ヨーロッパは乗り換えと待ちで20時間以上かかってたことを思えば、あっ!という間。さて、桃園空港から台北市内へは1時間。そこから更に友人のユキコがいる基隆(ジーロン)というところへは1時間かかる。シャトルバスと電車を迷いながら乗り継いで大体3時間・・夜9時くらいになるなぁと、しょっぱなからミッションを抱えていたら・・・出発2日前、ユキコからのメール。「空港に迎えに行きます!」

IMG_1476 - コピー
すみません、甘えちゃいました( *´艸`)家から1時間半もかかるのに(涙)「あなたたちが迷子になるのが心配でした」と、子供のように心配してくれてたユキコ夫婦。会うのは2年ぶり。
ユキコ(台湾人ですがこれは日本語名)とは九份で15年前に知り合った。スケッチしてたら雨が降ってきて、うちでお茶でも飲みなさいと声をかけてくれたのがユキコのお姑さんで、嫁が日本語勉強してるのよ会ってちょうだいと、晩御飯を囲みながらユキコと家族とお喋りして宿泊までして、それ以来のお付き合い。人と人の縁をしみじみ(*‘∀‘)ユキコはずっと日本語を独自で勉強していて(教室にも通ったこともあるらしいけど)ほとんどペラペラ。将来は日本語講師や日本人ツアーガイド、日本に留学もしてみたいんだけど、今はまだ主人がダメって言ってるそうです、多分寂しいんだって、笑。



IMG_2335 - コピー
名物”夜市”。台湾といったら屋台です!着いた夜、早速連れていってくれて、ここで思い出しました、台湾独特な匂い、空気、人の熱気・・・13年前と全く変わらない光景です!


「これ、母ちゃん着てきたらどーする?」「無視する・・」息子談

IMG_2334 - コピーIMG_1473 - コピー
IMG_2006 - コピー
「海の見える家に引っ越したので来て下さい!」それから数年も経ってしまってやっと来ることができました♪マンション8階からの眺め、見事です!誰の目も気にすることはないためカーテンも常に開けっ放し、夜景も最高。右手の山に九份の灯りも見えます。


IMG_2332 - コピーIMG_2007 - コピー
私たちの寝てた部屋♡ 毎朝線香を焚いてお祈り・・


敷地内にはバスケットゴールも。食事のお手伝いもさせつつ。

IMG_2192 - コピーIMG_2190 - コピー
IMG_2333 - コピー
計5泊♫途中からここにスーツケースを置いて息子と台南旅へ。


ここではマンション住人専用バスがある。これで毎朝、台北に通勤するユキコと一緒に合わせて基隆駅へ行っていた。所要時間20分(20元 ¥70)←安!!でも1時間に1本・・。本数の多い普通のバスもあるけれど、坂の下のほうまで歩かないといけないのだ。タクシーもあるけれど多分250元って言ってた(¥880)日本に比べ安いが、バスの値段知っちゃうとね、アホらしいので、この専用バスか普通のバスだけを利用してました。

IMG_2187 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
21:28 | 2014年台湾親子旅 | comments (0) | edit | page top↑