2015年 01月
12 | 2015/01 | 02

鷄排ことチキン

img169 - コピー
旅も終盤。台中から台北へ新幹線で戻ります、この路線はネット早割35%で495元でゲットしていた(¥1733)。でも席がバラバラだったけど・・・(ネットでは席指定まではできない)満席で飛び飛びしか取れなかったみたい。ま、1時間だったのですぐ着いたけど!


最後の訪問地として選んだのは「淡水」(タンシュエ)。台北からたった40分、地下鉄1本で行ける終着駅で、日帰りでも十分楽しめる海に面した港町。「紅毛城」というスペイン人が建設したお城があったり、肉や春雨を油揚げに詰めた蒸しもの料理とか魚団子スープとかグルメも有名。それら、頑張って行こうと思っていたんだけど・・・駅から海岸沿いに15分歩いただけで、灼熱によりすでにバテ気味に。とりあえずここらへんで何か食べなければ・・・

IMG_2022 - コピー
15年前にも食べた感動のフライドチキン屋「豪大大鷄排」をここで発見!士林夜市で大行列で有名。今まで巡ってきてどこにもなかったから諦めかけていたのに。ちょうど行列などなかったときでラッキー、注文を受けてから揚げ始めるので10分ほどかかります。番号札を息子に持たせ、私は日影のベンチに座っているの図。


IMG_2020 - コピー
ひとつ60元(¥210)熱々の出来立てで持てないぐらい。外の衣はカリカリっとクリスピー感覚でスパイシー、中の鶏肉はしっとり骨の周囲まで味がしみこんでて・・・美味しすぎる。しかしこのデカさ。顔ぐらいあるんですって。半分も食べれず、またそのまま持ち歩き、夜も食べたけど食べきれず(涙)
このホットスター、去年タイに、今では世界9か国出店してますが日本にはまだ来てくれない。


淡水名物「超高霜淇淋」(すごく高層のアイスクリーム)。この店やたらと多くて、息子がそのたびに食べたい食べたいってうるさいので一つ買ってあげました、台湾にしては高いので渋ってたんだけど、笑。30元(¥105)バニラとチョコのミックス・・・激マズでした。(店舗によって違うのか?)水かってくらい薄くて何も味がなかった不思議な食べ物・・・。でも息子いちお完食。

IMG_2023 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
10:24 | 2014年台湾親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

肉包こと肉まん

img143 - コピー
鹿港では「阿振肉包」(テイクアウト専門店)の肉まんが有名でいつも行列だと書いていた。並ぶことが好きではないけど・・台湾で肉まん系は今まで食べたことなかったし小龍包も一流の国だもの美味しいに決まっている。最初14時頃にお店を見つけた時、思ったとおり長蛇の列・・・車道にもはみ出している、いつものことだと慣れているように車が人を避けている。お昼ご飯として食べるのは諦めて次17時頃行くと、さきほどまでの行列ではなかったので並んだら10分ほどで順番♫(このあとまた長蛇の列。タイミングだな)


ちなみにこの店の肉まんに惚れた小林さんって方が修行した後、東京で店を出しているそうです。その名も「鹿港」ルーガン。世田谷線の上町駅近くらしくここも行列だそうです~(1個140円)
(↓写真:他サイトより引用)

o0472035412255120533.jpg
1個20元(¥70)2個頼もうとしたら息子が「そんな少ないの恥ずかしい・・」って言うんです。え、どうしよう、じゃ、今晩も食べればいいやと何も考えず「8個」。8個は多かった・・・笑。残りを結局台中のホテルまでずっと持ち歩くことになってしまった。安いしどうせ小さめだろうと思っていたら、大きい大きい手の平にも乗りきらないサイズで、1個食べただけでお腹いっぱい!


皮が美味しすぎる。どこでも食べたことない味、食感なんです。少し甘くて、もっちりしていて・・お肉もスパイシーでジューシーで本当に大満足。これを食べに、ルーガンを訪れてもいいぐらい。あー、忘れられない味。

IMG_2031 - コピー
IMG_2037 - コピー


ルーガンmap
src_17830113.jpg


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

10:58 | 2014年台湾親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

ひっそりすぎる洋館

   img142 - コピー
鹿港には戦前に建てられた台湾人実業家の洋館がある。まあ行ったらわかるだろうと思って地図とか出力してこなかったのに歩けど歩けど見当たらない(しつこいが、台湾での灼熱の太陽は半端ではない)。ようやくマップを見つけてその方向に進むもわからない。最後にはお店の人に聞いて辿り着く。どんな風に町と溶け込んでいるのかと思ったら、表からはまったく見えなかった。


今は「鹿港民俗文物館」として使われています。大人130元(¥460 子供¥250)表通りの人混みと騒がしさが嘘みたい。重厚なフェンスと煉瓦が敷地を囲っていて有料なので、週末でも人はポツポツ。(写真だけ撮ろうと観光客が敷地をまたがっただけで管理人が注意しに来てました)

IMG_2033 - コピー
外観はヨーロッパのルネサンス後期のバロック風、外壁は高級なタイルを張り。


IMG_2034 - コピー
各部屋に衣食住や娯楽、宗教、習慣、文物が約6千点展示されていて、このあまりの量に、見ていくと疲れたりするんだけど、建物が素晴らしいし迷路みたいなところがあったり中庭があったり小さい階段があったり抜け道があったりくぐったり・・飽きなかったです。昔遊びの道具(竹馬とか)もあって子連れが多く、私も息子と1時間ぐらいチェスをして遊んだり('◇')ゞ


木のブランコで遊ばせてる間に私はスケッチ。(まだ喜ぶ13歳)

IMG_2032 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

09:04 | 2014年台湾親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

歴史建築百景に抜擢

img146 - コピー
やはりどこへ行っても田舎が好きな私は、台中市内散策ではなく、ここから1時間ちょっとで行ける、古都・鹿港(ルーガン)に向かう。文化的に価値ある廟や家屋が保存されていているレンガ作りの小さな町だと知って。


IMG_2027 - コピー
IMG_2026 - コピーIMG_2038 - コピー
レトロな台中駅から彰化まで電車30分、26元(¥90)。この駅でバスに乗り換えるが駅前には直結していない。”改札抜けて10時の方向にバス乗り場(彰化客運)がある”という情報を事前に得ていたんだけど、本当にその位置にありました( `ー´)ノ信号渡って少し歩くとすぐあります。さて、たくさん番号があって戸惑ったけど「鹿港」って書いてたのが⑤。終点だから迷うことはないのがいい。バスで40分、27元(¥95)もうほんとに交通費が安すぎますよね(*´ω`*)


しかし着いて降ろされるところにご注意。へ?ここどこ?っていう空地です。古い町並みも人も見えません。一緒にバスを降りた人が歩いていっている方向へ一緒についていく。影もなく照り付ける太陽とアスファルトの照り返し、たった10分程だったけど着いた時にはすでにフラフラ(涙)この日、日曜だったんですよね、楽しみにしていたメインストリートは人でごった返し屋台がギューギューに並び、ゆっくり家屋が見れない状態で残念でした・・平日に行くべきですね(屋台とかもないと思う)

IMG_2035 - コピー
IMG_2036 - コピー
人混みは早々に避け、路地裏散策へ。レンガ敷きの路面と同じく赤レンガの壁に囲まれた細い通りがたくさんあり、海から吹き込む強風を防ぐためにこのような壁に囲まれたまがりくねった路地を作ったそうです。人ひとり通るだけでギリギリ


屋根からの緑も、もはや建物の一部

IMG_2030 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

11:10 | 2014年台湾親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

台中 おすすめカフェ

   IMG_2045 - コピー
このカフェのオーナー黄氏はただの創業者ではない。もともとは薔薇を描く画家でもあって、そのうち農家にも憧れ今では田舎に薔薇と烏龍茶を植えている、こんな公私共にローズ愛が溢れている人を見たことがあるだろうか✿そんな薔薇の国花はイギリス・・ということで彼が台湾で立ち上げた英国式ティーハウス・「古典玫塊園」(ローズハウス)は世界に50店舗、展開されている(日本には、何故かまだない)
台北にも数店舗あるけど、今回は台中にある「台湾美術館」(無料)の中に併設されている店舗に行ってきました。天井から吊るされている薔薇のオブジェが印象的(店舗によって空間が異なっているのも魅力)


姉が台湾に住んでいた時に(約15年前)台北の天母店に連れて行ってもらったのが初めてでした。今も色褪せることなく、逆にどんどん成長し続けているカフェ・ローズハウス。台湾といったら安くて美味いB級グルメだろ、なんでわざわざ高級志向なイギリス紅茶?などと思うかもしれません、でもここも台湾でしか味わえない空間&お茶であることに変わりはありません。それにこうゆうところも日本よりは安く堪能できますし♡

IMG_2043 - コピー
これこれ!前にも飲んだアイスフルーツティー180元(¥630)オレンジ・林檎・キュウイがゴロゴロとピッチャーでくるので2,3杯はあります。息子が頼んだのはフルーツワッフル、値段は同じ。真ん中に生クリームとアイスクリームが入っていてとにかくこちらも量たっぷりなのが嬉しい。


IMG_2044 - コピーIMG_2042 - コピー
各テーブルには本物の薔薇が✿外国では珍しい、最初にお水が出てくるのも嬉しい。その水越しに息子が私を撮っていた、首長幽霊か。サービス料+10%だったけど、2人で396元(¥1390)。お皿が何段にもなって出てくるアフタヌーンティーセットとか注文してる人がいました。(2人用で400~600元、約¥1500前後)次はお腹を空かせて来よう~


お手洗いも薔薇色!台湾のトイレがネックだと言いましたが、ここは例外ね。

IMG_2041 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
11:04 | 2014年台湾親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

台南から台中

   IMG_2399 - コピー
台南から台中へ新幹線一本で行けたらどんなに楽だろう。どちらも市内と新幹線駅が離れているため在来線を利用しながら2度の乗り換えが必要。電車は相変わらず激安、30分23元(¥80)だ。新幹線は45分565元(¥1980)←早割を使ってこの値段。さて、「Car4 6D/E」と頭にインプットしてあったはずなのに6号車に乗り込む。椅子が広くてフワフワで足も伸ばせるようになっていて明らかに行きに乗った時とは違うVIP感。すかさず「ここ追加料金払ってるん?」と問う息子を横目に「いや~新幹線の種類によって座席が違うのね♡」と満喫していると(本気で)、コンシェルジュみたいな人が斜め前のお客さんにひざまずいて話かけている。凄いな~あんな人がいるね~♡と見ていたら(まだ気付かない)私たちのとこにもやってきて「チケット、チケット」と言う。何よ、ちゃんと買ってるわよ!と見せると「あなた4、ここは6です」・・Car4って書いてたのに、座席番号の6が強すぎて(強すぎてない)すっかり勘違い。グリーン車だったみたい。せっかくだからもう少し味わいたかったのに早々に追い出されいつもの窮屈なエコノミーに舞い戻り。


新幹線台中駅は新しく、必要以上に?だだっ広い印象。
ATMもたくさん!(街中でも見かけたけど)VISAで現金をGet

IMG_2025 - コピーIMG_2024 - コピー
IMG_2047 - コピー
この話しましたね。新幹線「台南駅」から在来線では縁もゆかりもない「沙倫(サールン)駅」に変わる、ということを。台中でも同じ現象が起こっていました。新幹線「台中駅」から「新鳥日(シンウーリー)駅」またしてもタの字もない、チュウの字もない名前でした。何故だ。だけど市内とを結ぶこの電車は最近開通されて、前はバスしかなかったらしい。名前を非難するよりも利便性に感謝しなければ。


IMG_2048 - コピーIMG_2050 - コピー
新しい駅なのに、カード(日本でいうイコカ)が使えず、現金のみ乗車券を買わなければいけなかった。(しかもコインのみ)今まで何不自由なく使えてたのに!後に、この駅だけではなく台中周辺エリアごと使えないことがわかった。何故だ。なので台中では小銭を常に残しておく必要があった。しかもこの販売機、文字がこすれて見えないのもあったりなかなかのミッション具合だったりする。購入する、みたいなボタンを押してから、人数(1張、2張)→電車の種類(自強、復興とか)→チケットタイプ(乗車、ホームだけとか)→行き先、で買える。


なんだかんだと台南から2時間半かかった。
さてホテルはどこか。駅前ってことだけわかっていた(笑)少し迷ったけど息子と一緒に探し当てる。今晩はビジネスホテル「安可旅店」2130元(¥7460)。駅から歩いて1分、目の前にコンビニもタクシーもあって立地最高な綺麗なこの宿はおすすめ。

IMG_2049 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
12:20 | 2014年台湾親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

明けまして✿2015

img158 - コピー
✿明けましておめでとうございます✿
本年も宜しくお願い致します(*^▽^*) 高原泉
(台湾記もう少しあります・・引き続きお付き合い下さいませ)



IMG_1486 - コピー
IMG_1489 - コピーIMG_1549 - コピー
姪の七五三祝いに、着物を着せてあげた元日。私も小さい時に着た、80年前の着物。小物も草履も当時のが残っていて全部揃いました♡強風の中、お疲れ様でした、みんな健康で楽しい日々を過ごせますように。


IMG_1175 - コピー
ツリーは冬バージョンへ。玄関に放置していた建具を居間に取付けて


2015年スタート!

IMG_1554 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
18:17 | 日常あれこれ | comments (0) | edit | page top↑