2017年 07月
30日(日)
23日(日)
21日(金)
19日(水)
17日(月)
11日(火)
07日(金)
01日(土)
06 | 2017/07 | 08

石窯ピッツァ in 神戸

img410 - コピー
この前は神戸でお粥ランチ、今回は目の前の窯から熱々ピッツァが食べれるCaldo
ただ初めてだと場所が非常にわかりにくい・・雑居ビルの5階、商店街側ではなく裏通りをくるっと回ったところ、下に立てかけてる看板を見落とさないでEVであがりましょう。ドアが5つほど。OPEN直前に行ったけど誰も居ないし(待ってる人とか)店も見当たらない!?事務所になってるところに入って聞いてみたら向かいですよ、と。光も通さない金庫みたいな重厚な黒い鉄製の扉が閉まっているところでした。中の様子が伺えないはずだ。ただ、声は聞こえる。しかし時間が来てもその扉は開かない。臨時休業なら、お休みって紙が貼られるはずよと事務所の人。5分後にやっとOPEN、まるで海外のような緩さ、笑。早く行きたかったのは窯の前のカウンターに座りたかったから。席はカウンター席しかなくて、ランチはスープとサラダとピザで¥1.200(平日のみ)男性2人でされていて、注文が入ってから生地を形成して窯にIN!美味しくないはずがない(*´ω`*) 


IMG_5387 - コピー
IMG_5386 - コピーIMG_5384 - コピー
穴の開いた蒸籠は何に使ってるんだろう?卵の蓋?笑
イギリス帰りの友人が、イングリッシュブレイクファーストのマグネットをGETしてきてくれた



またいいお店、できちゃった、ご馳走様でした♪
IMG_5392 - コピー
IMG_5385 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします
">ランキングバナー
16:21 | カフェ&お店 | comments (0) | edit | page top↑

books in 尾道

IMG_4751 - コピー
こんな所にこんなお店が。こちらもまだできて2年弱


”なんでもないはずの紙切れが
ふとした時に支えになったり
原風景になったりすることがあります

本も音楽も必要としている人のそばに
そっと寄り添うものであってほしい” 「紙片」店主の言葉

IMG_4759 - コピー
目立つ看板など一切ありません。商店街にある「あなごのねどこ」(カフェ&ドミトリー宿)の古い路地を真っ直ぐ奥へすすみます。頭上のエントランスという文字は宿入口みたいでした、知らずに入ったら不法侵入かと引き返してしまうレベルです、お店がこの奥にあるなんて想像もできないですから。


この看板を見つけても入口はまだ見えません(;・∀・)更に奥へ行くと到着!

IMG_4741 - コピーIMG_4758 - コピー
IMG_4757 - コピーIMG_4743 - コピー
IMG_4756 - コピー
この世界観の中で、お茶を飲みながらゆっくりしたかったです、残念ながらカフェはしていません。古本、新しい本、CD(試聴OK)が狭い空間の中にたくさん並んでいます、ぜひお気に入りを見つけてみてください♡


IMG_4744 - コピーIMG_4742 - コピー
IMG_4745 - コピーIMG_4749 - コピー
扉の向こうからライトを当てて、落ち葉が光る。


あらゆるコーナーにディスプレイが。
ここはドライフラワーの色合いがとてもよく似合う・・・

IMG_4746 - コピーIMG_4754 - コピー
IMG_4750 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

17:38 | カフェ&お店 | comments (0) | edit | page top↑

エコなのか in 尾道

IMG_5273 - コピー
古民家再生で2017年3月にオープンしたばかり、”ごはんと珈琲 アルト”
山の中腹にあり、石段を上がり、クネクネ民家が続く路地の途中にあるので見落としそうになります。やっと着いた~とドっと汗が流れる視線の先に飛び込んできたのは、大きく開いた窓。・・・ここもエアコンなしか。さっきのホテルロビーと一緒。尾道はエコの町なのか?しばらくしたら汗も引いてのんびりできましたけど♪この日どれだけ汗を流したことか。(もうエアコンついてるかもしれませんが、夏の訪問はご覚悟を)古民家の狭くて暗いというイメージはなく、押入れ扉を取り仕切りを取りライティングをし、開放感のある空間にリノベーションされていました


尾道は今後もどんどんお店が増えて変わりそうですね( *´艸`)

IMG_5277 - コピーIMG_5269 - コピー
手作りドーナツ¥100 注文受けてから揚げてくれますよ♪


私はお茶だけしましたが、ランチもありまーす

IMG_5270 - コピーIMG_5275 - コピー
IMG_5272 - コピー


山を降り、商店街のほうも少しだけご紹介。
この一角だけタイムスリップしたような八百屋

IMG_4737 - コピー
IMG_4736 - コピーIMG_4735 - コピー
市重要文化財で1923(大正12)年建築。尾道商業会議所記念館(無料)当時としては珍しかった階段状の議場も残されています


子供たちの七夕☆彡

IMG_5291 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
22:31 | カフェ&お店 | comments (0) | edit | page top↑

食堂と宿 in 尾道

   img408 - コピー
夜は発酵食品やお米に拘ったおばんざいの店”こめどこ食堂”さんへ。こちらもまだオープンして3年程。コース料理もありますが今回は単品でシェア(=゚ω゚)ノ色鮮やかでどれも美味しい!小海老の唐揚げに星型でくり抜かれた野菜が添えられていて。七夕の時期だからと、お店側の発想、ならば星を散りばめて絵が完成♪


1週間前に予約をしたら、カウンターしかあいてませんでした。(早めに予約したほうが良さそう)
おばんざいランチは¥1.300 お米マークの看板

3ca93528.jpgre_IMGP8323_Fotor-462x716.jpg
18444166_304149810018246_7423761996593496064_n.jpg
a9c9608a0ea15489d75424ab0007ac6d.jpg
(写真ネットより拝借)木の梁とブルー。このインテリアも好きで選びました♪


さて、どこに泊まったかというと、そこへ行くルートがこちら・・・

IMG_5290 - コピー
クラクラする階段。でもここを登らないと宿に行けません。ちなみに尾道駅周辺(平地のホテル)は満室で、もう山上のこの宿しかあいてなかったのです(;´Д`)尾道はホテルが多くないので早めに予約するのをオススメします!夏、荷物を持っての石段登りを想像しながら読んでいってください。


IMG_5288 - コピーIMG_5287 - コピー
ひたすら、坂、坂、坂。おかしいな・・・地図上では尾道駅から少し階段上がるだけだろうと思っていたのに、この坂が想定外。結局、頂上にある千光寺より高い標高でした(ToT)写真は昼間ですが、問題は夜。「外灯があるのでここを通ってきてね」という宿からのコメントで安心していたのに、主力の大きい外灯が灯ってなく、ところどころ真っ暗闇(;゚Д゚)1人はおすすめしません


夜はロビーにエアコン入ってましたけど、昼間、あの坂を登りやっとこさ辿り着いたのにエアコン効いてないロビーでチェックインの受付とか、汗が滝、滝、滝

IMG_5284 - コピー
しかし部屋からはオーシャンビュー!あなたならどっちを取る?
「ビューホテルセイザン」


隣に廃墟の尾道城。

IMG_5286 - コピーあのお方、夜に発見しなくてよかった・・・


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
21:00 | カフェ&お店 | comments (0) | edit | page top↑

築100年 in 尾道

   img407 - コピー
尾道の坂を訪れたのはどれくらいぶりだろう・・・千光寺に向かう石段を360段上がる。この時期は汗が滝のように流れるので要注意!?それでもこの建物に出会えるなら登りましょう!8年前には見つけれなかったのもそのはず、この築100年の茶園(別荘建築)は4年前に登録文化財に指定(おめでとうございます!)そして去年春にゲストハウス&カフェ”みはらし亭”として再生されたばかりだからだ。30年も空家だったのをよくここまで雰囲気を保ちながら修繕されてどれほど大変だったか、ぜひ体感してほしいです


猫の街、尾道♪

IMG_5283 - コピーIMG_5279 - コピー
IMG_5305 - コピー
立派な石垣。角に立ってて遮るものはなし、見晴らし抜群です!


パンフレットより↓1階角は12席程度のカフェ空間(今回残念ながらお茶する時間が取れず!)、宿泊は共用バスルームとトイレで、ドミトリーと個室が2つあるみたい(3畳2人まで、4畳3人まで)。泊まるのは完全個室の専用バストイレが欲しい私は・・・ここに泊まるのは考えてしまいますが。外国人率高いです、スケッチしてたらスタッフと間違えられて何人もの外国人がチェックインしたいんですって言ってこられました、汗だくだくで、笑。人気なのでしょうね、日本の古き良きを体験するにはもってこいの施設ですね。商店街のほうにもいくつかドミトリーのシェアハウス宿がありますが、この建物での宿泊は別格だと思います!(荷物は宅配サービスとかもあるみたいですよ、詳しくはHPにて)

IMG_5592.jpg
IMG_5282 - コピー
スケッチは、この中庭に建っていたタイル貼りの資料館から(無料)といっても3畳ほどの一部屋でエアコンもないので蒸し風呂、照り付ける太陽は避けられましたけど。奥の部屋は、宿泊客のための洗濯機とか見えました(お風呂とかもここにあったのかも)


小さな小さなディスプレイ

IMG_5304 - コピーIMG_5281 - コピー
IMG_5303 - コピー


次、尾道来る時はここでお茶をするという楽しみが出来ました♪
IMG_5280 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
21:43 | カフェ&お店 | comments (0) | edit | page top↑

鳥瞰図・Lion Inn

E13 Winchcombe① - コピー
コッツウォルズ地方の小さな村、ウィンチカムで泊まった1500年代建物のホテル&レストラン→過去記事こちら イギリス旅最大の鳥瞰図です♪長い年月でしか生まれない、複雑かつ落ち着いた色。家具選び。そこにパステルカラーが加わって、全てが計算しつくされ調和を放つ空間。やっぱり古いものに魅かれます。
奥のラウンジには暖炉があり、バー共に石造りの壁に白くペイントされた木の床。うってかわって手前のレストランは個性的な寄木張りのフローリングでウッディーに。テーブルに座っているのが私と息子、あの席でディナーを頂きました♪お手洗いもしっかり統一(奥の中庭沿いにあったのをひっぱってきました)客室へは、中央階段からあがる部屋と、真ん中の通路を中庭に抜けて、階段で奥の建物に行く部屋とあります


ぜひ、イギリスのコッツウォルズ地方へ!

wi0uGBCH - コピー
IMG_9044 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
18:45 | 2016年イギリス親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

モヤモヤ

img393 - コピー
ハーブパンいろいろ♪


さて前回の息子病院事情(→こちら)から2か月→順調に骨はくっつき→埋め込んでいたピンを抜く処置→看護婦さんが居なくなった隙に撮影→局部麻酔用の注射を発見→痛そうな顔しろと強要(まだ処置してない)

IMG_5150 - コピーIMG_5144 - コピー


注射はかなり痛かったらしいが決して態度に出さないのがかっこいいと思っている高校2年生→「ほんとに?痛くないの?そろそろ~痛いはず」と先生に面白がられる→母すかさずカーテンの影からスケッチ→通りすがりの看護婦さんにびっくりされる→どちらかというと、どうしてこんなところで!?→処置は5分もかからなかった→どんなことしとった?と聞かれる→描いていたのでろくに見てない→スケッチはいつでも真剣勝負→そんなことよりうまく描けたでしょと褒め強要→今後はリハビリのみ→そういえば学校に出す書類がたくさんあってややこしい→何度も返されたり持っていったり→署名忘れてたり
IMG_5162 - コピー
ちなみに修学旅行は沖縄だった→まだ包帯グルグル巻き→どうやって海に入るか→袋とテープを準備→万全で送り出す→シュノーケリング楽しいなぁ~→魚も綺麗だなぁ~→あれ?水着のポケットがゴワゴワする→なにか中に→スマホ・・・→完全水没→パニくった息子は”データそのままで、直します”という謳い文句を信じ街の修理屋に→水濡れ処理5千円→復活ならず→帰ってきてiPhone正規店へ→水没は基本機種交換のみ→水漏れ処理何も意味なかったことが判明(保険が効くのは正規店だけなので他で出さないように気を付けましょう)→保険で8割戻ってくるが→毎月のスマホ使用料から引かれるという形→でも息子は毎月たった千円ちょっと→全額返金されるまで2年かかる!?→嘘でしょ・・・→気が遠くなる→でも本体なくさなかっただけマシか(買い直しになるから)→そしてなにより無事に本人が帰ってきてそれが何より→モヤモヤするけど


快気祝い的にディナーは唐揚げ  ある日のオムライスはハートを彩る(無視される)

IMG_5157 - コピーIMG_4760 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

15:55 | 息子 | comments (0) | edit | page top↑

ワインとチーズ

   img405 - コピー
雨音が聞こえてきそうな柏葉紫陽花、チーズと胡桃をつまみながらワインで乾杯・・・


また日本にいることを忘れてしまいそうな平日の昼下がり。壁もまた新しい色にペイントされ、ヨーロッパのカーテンとフランスの壁紙はいたるところに。このお家の鳥瞰図を制作したいと思ってもう何年経っただろう・・・来るたびに変化を遂げているリカ邸なので、どのタイミングで時を止めようかと悩むところです。
倉敷インターナショナル

IMG_4434 - コピー
一面、黒の壁になったことで部屋もシックになるし小物も引き立つ

至るコーナーに違ったディスプレイで楽しませてくれます

IMG_4428 - コピーIMG_4429 - コピー
IMG_4427 - コピー
鏡に映るグラスとドライフラワー


花のモチーフもたくさん。女性はやっぱり花が好き

IMG_4431 - コピーIMG_4430 - コピー
IMG_4436 - コピー
IMG_4437 - コピーIMG_4435 - コピー


シックな深緑コーナー♪  またお邪魔致します(*´▽`*)
IMG_4432 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
10:37 | お宅訪問 | comments (0) | edit | page top↑