電車田舎旅

  IMG_9495 - コピー
ここから田舎へ1週間の旅。ブリットレイルパスを握りしめロンドンのホテルでいつものように「このスーツケースお願いね、また戻ってくるから、んじゃ!」って去ろうとしたら「ちょ、ちょっと!」と止められ1日£5×7=£35(¥5525!(*_*;)荷物キープ代を請求されてしまいました。今まで旅してきて、初めてのこと・・・仕方ない、気を取り直して出発地となる”キングスクロス駅”へ。(ロンドンでは方面によって6つの所要駅がある)ここは確実に渋滞なしで行ける地下鉄を選んだのに、乗り換えに時間がかかりすぎて予定より遅くなり、パスは日付を書いてもらってからじゃないと有効にならないので仕方なく行列の窓口に並び、やっとおじさんに提示。「3days free time!」と言ってくれて安心。パスポートって言われて出したけど中身は見ないまま。掲示板でプラットホーム番号を確認しダッシュで飛び乗る、出発5分前(;゚Д゚)いや、フリーパスだから次の便でもいいんですけどね・・次の便は乗り換えしなくちゃならないし時間もかかるので、どうしてもこれに乗りたかった。


切符はもちろん2等席。座席の上にピョーンって札が立っている。そこは予約席なので、そこを避けて座ればOK。けっこう席が埋まっていたので焦ったけどバラバラででも座れてよかった・・。私の隣の女性、モコモコ厚手の革上着(ToT)/私らはピラピラ薄手の上着のみ。(結局買うタイミングを逃した)息子の半ズボンが目立っている。ロンドンよりさらに北へ向かう服装ではない、笑。朝ごはんを買う時間もなかったので車内販売のを買おうとしたのに高速で何回も去っていかれる・・・息子よ、我慢してくれぃ。(自分はちゃっかりホテルで紅茶入れてクッキーとかを食べてきている)

IMG_8898 - コピーIMG_8899 - コピー
IMG_8897 - コピー
田園風景を通りながら約2時間、ヨークへの電車旅。珍しく晴れていた


途中、切符を切りにくる。するとお兄さん「英語しゃべれるか?」と聞いてくる。イタリアで「ちょっと来い、切符に不備があったから違反金払え」と言われた時の語り口に似ている( ゚Д゚)ブリットレイルパスに何か不備でも!?

IMG_8900 - コピーIMG_8903 - コピー
「これは新しい電車なんだ!日本の日立が作ったんだよ」と教えてくれました。そうなんだーなんだか誇り♪って脅かさないでよお兄さん・・・。で、↑こちら、赤と黄色のツートンカラーMade by Hitachi。ヨークは駅から市内へ少し歩かないといけないので、腹ごしらえにすぐ構内のカフェへ。息子はカプチーノと温かいチキンのサンド。私はカフェラテとバナナとドライフルーツマフィン、全部で£10ぐらい(¥1.350)


ここ、際立ってお洒落なお店でした(ヨーク市内にもありました)

IMG_8902 - コピー
IMG_8906 - コピー
それにしてもヨーク駅の建物そのものが歴史的遺産のようです。ロンドンのターミナル駅みたいに改装されていないので昔の雰囲気が色濃く残っています。建築家の設計で完成したのは1877年。ぜひヨークに訪れたら駅もじっくり見てほしい!


IMG_8905 - コピーIMG_8907 - コピー
IMG_8908 - コピー
天窓から降り注ぐ光が煉瓦が照らす


駅に見えない、この控えめな外観。

IMG_8909 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー


17:48 | 2016年イギリス親子旅 | comments (0) | edit | page top↑
おすすめホテル in York | top | ブリットレイルパス

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する