ネバーギブアップ

IMG_8764 - コピー
そこへは中央駅から歩いたら20分はかかるだろうか、身軽なら平気なんだけど。トラムで5駅先まで行ってそこから歩けば5分だ。うまくいけば半分の時間で行ける


ヘルシンキのトラムは13路線とちょっと複雑。ちなみに電車のチケットには時刻が入っていて80分間は公共機関が無料!それもあってトラムを使うと一石二鳥だと思ったんです

IMG_8796 - コピー
IMG_8763 - コピーIMG_8785 - コピー
7Bが待てども来ない。手にも書いてたんですよ停車名と一緒に


まぁ結局ここには停まらない路線だったんですけどね・・・どうしようかと思っていた矢先、7がきたんです、な、な、なな??7なんて、トラムMAPには記載されてない・・・どこ行くんだこれ!もう乗ってしまえ!と乗ったら違う方向へ。まずい。でも逆方向ではないのでなんとか近くで降りないと、といいつつ降りそびれ、川の向こう側へと進んでいく。本当にまずい、地図を確認。降りてすぐ反対の乗り場から飛び乗り一駅戻る。時刻すでに16:40。もう一度言おう、17時で閉館だ。しかし間に合うかもしれないという可能性がある限り走るのだ、幸いGoogleビューでこのへんの景色は予習済みだ、地図など見なくても手に取るようにわかるのだ。息子はスーツケースを引っ張ったり抱えたりして必死についてくるが、その遅さに付き合ってられず(向こうも到着早々付き合いきれないと思っている)遠くから手を振りながら行く方向を指さし、先に走る、ヘルシンキは寒かったのに汗だくである。私のリュックにはスケッチブック6冊入っている、ロストバゲージになったら怖いので必ず肌身離さず持ち歩いている、息子が引いているスーツケースより重いのだ(; ・`д・´)

IMG_8784 - コピー
16:50門が閉まっている。あぁ、入場はもう終わりか(;・∀・)門を叩くとお姉さん来るのが門の隙間から見えた、もう終わりなの・・・って言おうとしてたのかもしれない。でも10時間かけて来たからへこたれるわけにはいかない「写真だけ撮らせて!」と有無も言わさず中に入れてもらったのである。


1818年建設、ヘルシンキ中心地にある最古の木造建築 Ruiskumestarin talo

当時の生活を紹介するミュージアムは小さい小さい一軒家。図書館で借りた本に小さく載っていたんです。
水曜~日曜 11時から17時 無料(そう、フリーなのです、珍しいです)

IMG_8773 - コピー
IMG_8766 - コピーIMG_8769 - コピー
IMG_8779 - コピーIMG_8772 - コピー
来れてよかった。一軒まるごと買い取りたい・・・
部屋ごとに壁の色が違ったりトーンが違ったり


よく見ると梁のところにも壁紙が貼られていたり(*´ω`*)

IMG_8771 - コピー
IMG_8768 - コピー
IMG_8781 - コピーIMG_8767 - コピー
IMG_8770 - コピー
IMG_8780 - コピーIMG_8782 - コピー
17時きっちり閉館、お姉さん有難う!もともと消防士アレクサンドラーという方の住まいだったそうで、1980年に一般公開が始まりました。たった4部屋でこじんまりとしていますが見所満載です♪


鳥瞰図、制作します(=゚ω゚)ノ

IMG_8765 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
11:27 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (2) | edit | page top↑
北欧の台所から | top | 明日は明日の風が吹く

comments

#
やっば~、ギリギリすぎる・・・(笑)
スケッチブック6冊って、重~、よく
走ったなぁ、泉さん!!
しかし、このお家かわいい~!いいなぁ、
夫婦2人で老後は、こういう小さいお家に住みたい(笑)
りなさん | 2017/09/11 17:20 | URL [編集] | page top↑
#
りなさん
1ヶ月の旅の時は鉄鍋級でしたv-82
この小さいお家可愛すぎますよ、老後と言わず!近い将来いかがですか?( *´艸`)
さん | 2017/09/11 21:00 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する