FC2ブログ

出版話 なぜ韓国?編

표지입체_유럽작은마을스케치여행 - コピー
皆さんが疑問に思う以上に当時私も疑問だらけでした。知り合いや友人が居たわけでもなく、過去韓国に行ったことはあってもスケッチはしたことがなかったのですから。韓国の出版社から連絡があったのはちょうど一年前の個展が終わった11月下旬でした。


「ブログとインスタグラムで絵を拝見しました。とても暖かくて素敵な絵ですね、ヨーロッパスケッチを一冊の本にしたらとても素敵に仕上がりそうです」最初は英文、返信しないままでいるとその後日本語に訳されてメールがありました。”うまい話しには裏がある”このご時世、巧みな詐欺が横行していますから、勧誘話系には一切返信していない私です。もし真実かつ情熱があれば何度もアプローチがあるはずと。なので丁寧で誠実だなと思い返信してみたところ、返信に対する感謝と前向きにご検討下さいと早速”企画書”が送られてきました。それは詳細な、本の内容やターゲット、更に私の絵を使ったページサンプルなどもあり、非常に手の込んだもの・・・。

IMG_0656 - コピー
旅画集出版は長年の夢でした。海外スケッチは情熱やモチベーションの為でもありましたが、いつか本にできたらという希望を持って継続してきたのもあります。それを本にしてくれる、やっと見つけてくれた方がいた。しかしそれは当然日本で希望していたことで海外でとは考えもしていなかったことでした。嬉しさよりも不安要素が多過ぎて簡単に信じることはできず、「契約書を見せて、出版している既存本を送って、お金の事を確認したい、契約は直接会ってしかしない」などとにかく質問を書き連ねました。その度に誠実に対応してくれているにも関わらず、その一方で”出版詐欺”を毎日調べる日々・・・疑い出すとキリがなく、一時は「お互いの希望が一致しないならこの企画は白紙に戻すしかない」互いの間に暗雲が漂うまでに。行き詰まりを感じ、東京の師匠・永沢まことさんに相談しようと今までの経緯や書類を印刷し郵送。


早速、既存本を届けてくれた2月
IMG_2313 - コピー - コピーIMG_0655 - コピー
「これは詐欺じゃないね。韓国だろうと形にしてもらうのは有り難いこと、疑う心は相手にも伝わる、いいかげん信じて進みなさい」と笑いながら電話を下さいました(( ;∀;)
そこから気持ちを切り替え、3月。岡山での打ち合わせを迎え、敬意を込めて着物で出かけ、編集長と通訳者3人での対談が実現しました(でも少しだけ、実際に会えるまでは不安でした、来なかったらどうしようとか) ずっと疑問だった事も聞きました。韓国にも日本にも絵を描いている人がたくさんいる中、どうして無名の”私”だったのか。「確かにたくさんいますが、絵が気に入りましたし、ご自分で企画してこんなに現地で描いてる人はいない、本というものは物語があって成立します」と、言って下さいました。


Kyra Booksは、母会社ダヴィンチ出版社(芸術と建築、人文、哲学に関する図書)の子会社で、イラスト中心の図書を出すために立ち上げたばかりの出版社でした(*''ω''*)打ち合わせには、永沢まこと著者本「イタリアの幸せなキッチン」も参考のために持参♪次回、ここから出版までの波乱?の8か月間レポート、続きます

IMG_2669 - コピー
IMG_9880 - コピー


2018カレンダー 通販開始中、詳しくはコチラ
画集初出版!「ヨーロッパ小さな町旅」(11月7日 韓国発)予約受付詳細はコチラ




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

20:43 | ヨーロッパ旅 出版本 | comments (2) | edit | page top↑
出版話 形になるまで編 | top | 本出版 in 韓国Korea

comments

#
やばい・・・。編集長の「本というものは物語があって成立します」
に、一人グッと来た…(笑)
今のご時世、そりゃ詐欺とか疑う。
でも泉さん、ホント、旅本出版おめでとう!!
りなさん | 2017/11/10 12:48 | URL [編集] | page top↑
#
りなさん♪
あ、そこ感動してくれた!?でもその時、物語作ってきてて(ツアーという決められたルートではなく)良かったー!!(*''▽'')って報われた瞬間だったわ、笑
旅本、楽しみにしててねー!!
さん | 2017/11/10 19:31 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する