FC2ブログ

出版話 形になるまで編

  bookstore1 - コピー
出版社から届いた本屋陳列の様子♪きっと新刊コーナーですね


もう一つの表紙絵候補になっていた、クロアチア・ロヴィニのカフェ

image_p148 - コピー
対面が実現した3月から、本格的に出版に向けて動き出します。掲載する国や写真選び、イラストは絞った90点、その1点づつに感じたことやエピソードを書いていくのですが、旅記ブログの原文がありましたから楽かと思いきや、200~300文字と指定があり、要点を短くかつ読者にわかりやすいようにまとめるのは容易ではなく、打ち込んだ文面を全て出力し、赤文字で何度も直す日々でした(実際、翻訳には専門編集が入ったらしいので、未熟な文面は変わった可能性ありですが、笑)このテキスト作成には2か月を要しました
IMG_0650 - コピー


次の問題、絵のデータ。原画を国外に持ち出すのはリスクがありますから、データでやり取りをするのですが、私のでは色も悪く使えないということで専門業者にスキャンしてもらう必要がありました。原画を持ち込んで色をできるだけ再現してもらえる信頼できる所・・・本の良し悪しを決める大事なプロセス!ネットで調べた所に行ってみると「うちにはいいスキャナーを置いてない」と言われたり、返事がなかったり低迷。そこで友人に紹介してもらったのが、2千万円のドラムスキャンを所持する中野コロタイプさんでした。色に妥協ができない私は、納得できない所を何度も話し合い調整、はたまたスキャンし直してもらったり・・・その度に誠実に親切に対応して下さった素晴らしい会社です。こちらも並行して2か月を要することに
IMG_0654 - コピー

IMG_4831 - コピーIMG_0243 - コピー
原画に100%とはいかないので妥協も必要


ここまで8月の夏旅前になんとか終わらせました。最悪私の身に何かあっても本は出版してもらえると思ったからです(;^ω^)旅から帰ってくると紙サンプルが送られてきました。たくさんの紙から選ぶのかと思ったら2種類のみ、笑。ここは直感で「Mojo」


表紙とタイトルは10月に入ってから。絵は私の希望を反映してくれました♪クロアチアの農園ホテルCasa Matikiで過ごした中庭でのひとこま。出版社側も「ヨーロッパの古い家でゆったり過ごしている雰囲気がこの本に相応しい」と一致しました。装丁デザインがきたのでミニサイズに自分で作成しみてみる。最初はいいと思いましたが眺めていると、地味かな?ここはもっとこうしたらいいのではと不安になりいろいろと意見を伝えたところ、デザイン決定権は出版社にあること、韓国市場を考え一番アピールできるように数カ月間この本のデザイン作業をしてきたことをお聞きし、信じて完成本を待ち、最初に連絡を頂いてから約1年、2017年11月7日、無事出版日を迎えることとなりました
韓国語にも関わらず日本からもたくさんのご注文を有難うございます♪12月のご案内までいましばらくお待ち下さい(#^.^#)なおご予約は11月下旬までの1回限りです

IMG_0659 - コピー


2018カレンダー 通販開始中、詳しくはコチラ
画集初出版!「ヨーロッパ小さな町旅」(11月7日 韓国発)予約受付詳細はコチラ




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
10:22 | ヨーロッパ旅 出版本 | comments (0) | edit | page top↑
眩しい朝 | top | 出版話 なぜ韓国?編

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する