FC2ブログ

郷土料理②

  IMG_0883 - コピー
旅では地元の人に愛されるローカルメニューを食べたいですよね。調べてきていたレストランAline Leiciai「レイチャイ」を見つけたものの、中は薄暗く、タトゥーが入ったお客さんとか見えて、なかなか入る勇気が出ずウロウロしてしまう((+_+))息子にせかされてエイ!と入ると、食堂みたいな雰囲気で店員さんも感じが良く安心して席につく。


 ”ツェペリナイ”といってジャガイモをすりおろして作られたモチモチ皮の中に、ひき肉やチーズを詰めたもの。サワークリームで頂きます。調べていた本には、ボリュームがあるのでシェアするのがいいと書いていたので一つしか頼まなかったら、案外小さめでした。ひとつ5€(¥675)もうひとつは、切り抜いた黒パンの中にキノコスープが入ったもの、6€(¥810)こっちのパンといったらライ麦で作られた黒パンで、ずっしり重く酸味がすごくある。甘みがあるものシードやスパイスを使ったものなど、お店によって違うんだと思います。ここのは酸味がきつすぎて・・・すみません、ほとんど残してしまいました(息子も食べず) この二つの郷土料理のお味は、まぁまぁ(;^ω^) 

picg51.jpg
IMG_9334 - コピー
”アップルサイダー”って書いてあったから!(2.5€ ¥337)たまにはジュースでも飲もうと思ったのに、ストローも刺さってでてきたのに、思いきりビールでした。息子からは、おいおい酒はやめてくれよというまなざしを受ける中(過去の失態があるので)ビール呑めないのにもったいないので3分の2、呑みました


ヴィリニュスのシンプルなマグネット、見っけ♪

IMG_9315 - コピーIMG_9517 - コピー
IMG_9283 - コピー
本屋さんとカフェが一緒になっていたところ


ご夫婦で民族衣装を着て路上演奏♪

IMG_9338 - コピー

2018カレンダー 通販開始中、詳しくはコチラ
画集初出版(11月7日)「ヨーロッパ小さな町旅」 輸入受付終了


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします
">ランキングバナー
10:20 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (0) | edit | page top↑
看板猫 | top | 郷土料理①

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する