FC2ブログ

アアルト自邸 スタジオ&2階編

IMG_9406 - コピー
次はアアルトの仕事場を見てみましょう


1950年代には新たに自邸から歩いて通える場所に、自ら設計したアトリエを建設しましたが(ガイドツアーで見学可能なのですがそちらは時間がなくて断念)それまでは、自邸に併設したスタジオで設計事務所のスタッフと仕事をしていた空間です。緑が降り注ぐ一番端の窓際に、自身の製図板を置いていたのですね♪

IMG_9432 - コピー
IMG_9435 - コピー
使い古されたT定規はまるでオブジェのよう。


スタジオは、吹き抜けになっており、少し高い位置に窓を設けることによって外からの目線をシャットアウトできるし、光も取り入れられる

IMG_9434 - コピーIMG_9399 - コピー
IMG_9436 - コピー
中二階にある小さな書斎へ続く階段は煉瓦


この部屋にはさらにハシゴがかけられている。その先には小さなドアがあってアアルトが籠る部屋だったそうです。子供の秘密基地のよう、なんてユーモアに溢れている家なのだろう。カーテンもアアルトがテキスタイルした柄のものだ(このトートバッグを後にヘルシンキ市内で買う)

IMG_9428 - コピーIMG_9433 - コピー
IMG_9430 - コピー
IMG_9411 - コピーIMG_9410 - コピー
2階へご案内。重厚な木の階段にはアアルトがデザインした手すり


光が差し込む小さなリビング。ここを中心にして家族の個室が配されている

IMG_9409 - コピー
IMG_9407 - コピーIMG_9402 - コピー
IMG_9404 - コピーIMG_9405 - コピー
洗面上の天井には自然光を取り入れたスカイライトが


木のぬくもり、溢れる緑、家族団らん、外界とのプライバシーを守り、シンプルだけど考えられた段差や動線。それは見事で素晴らしいアアルト自邸でした。鳥瞰図、またお披露目します♪

IMG_9401 - コピー


2018カレンダー完売
画集初出版(11月7日)「ヨーロッパ小さな町旅」 輸入終了


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします
">ランキングバナー
23:12 | 2017年バルト三国親子旅(From Finland) | comments (2) | edit | page top↑
アアルト建築 | top | アアルト自邸 居間編

comments

#
うわぁぁ~、かっこよすぎる、アアルト邸宅!
中2階の書斎、かわいい~!
鳥瞰図描かないの?泉さん!って思ってたら、
やっぱり~!!楽しみ~。
りなさん | 2017/12/19 12:56 | URL [編集] | page top↑
#
りなさん♪やっぱり人の生活にものすごく興味あるんだろうな~カテドラルや有名建築見るより心拍数上がりました( *´艸`)そしてとんでもない家を鳥瞰図にしようとしていますが、温かく見守っていてください、笑
さん | 2017/12/20 21:18 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する