主なき家

SBCA0799 - コピー
もうすぐ四十九日だね。会ったらいつも素敵な笑顔で出迎えてくれたおじいちゃん、(遠い親戚のね)93歳だったからその人生を全うされたんだけどね。でも主をなくしたこのお家はひっそりしてたよ、私の大好きなこの古い家、それはそれは立派な由緒あるお屋敷なのよ~。これからどうなっちゃうのかなー・・ずっとずっと残っていてほしい。


SBCA0797 - コピーSBCA0798 - コピー
床なんて顔スリスリしたいぐらい木が愛しい。母のいとこが住んでいたお家で小さい頃は夏に1ヶ月ぐらい泊まりで遊びに来てたんだって、そのときこの忍者用みたいな階段で2階を行き来したりして、子供にとっては特にワクワクしただろうな~


SBCA0793 - コピーSBCA0794 - コピー
玄関には人力車が乗り降りしていたのよ。昔、病院として使ってたから玄関あがったすぐのところには薬をもらう小さい窓がついてたのよ。 注)奥からこっちを覗いてる子は貞子でも心霊でもなく、息子です。
こちら元待合室。天井が傾いてきていて壁にある棚戸があかないとか老朽化も深刻。



SBCA0796 - コピー





●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー

11:01 | 日常あれこれ | comments (2) | edit | page top↑
ウエディング・リース | top | 屋根裏の魚

comments

# しびれる~~!!
すんばらしい~~おうち!
その床の色つや、建具、キッチン、家具まで!!
ぞみぞみ(鳥肌たち)します。
そんなおうちに住みたいです。
いつの日にか、きっと・・・

あおい木さん | 2009/11/29 10:56 | URL [編集] | page top↑
#
あおい木さん
そう、お宝いっぱいなのよ~!!でもここを継ぐ人はいないようで・・みんな新築建てて暮らしてるみたいだし~どうなっちゃうんだろうってね~
さん | 2009/12/01 08:19 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する