佐渡・古民家を訪ねて

DSC04747.jpg
どこまでも続くのどかな田園地帯・・。ここは佐渡の両津港から車で10分、ある夫婦が暮らす家を訪ねました。奥さんのあわたさちこさんとは7年来の絵友達で、彼女の素直で飾らない絵や、東京でも古民家をシェアして暮らしていたりと、まさに生活風景もアート!ずっと憧れの存在なのです。縁あって今のダンナさんと出会い、4年前から島暮。(ダンナさんは滞在15年目!)絶対訪問したい!とやっと今年実現してきました。ちなみに私が雑誌担当者なら、間違いなく額を床につけて取材を申し込んでます!



趣のある築80年の古民家。10数年誰も住んでなかったらしく、汚れはたまり床は抜け落ちネズミやヘビに占領されていたところを、住みながら床を貼り壁を塗り改装していったそうです。(ダンナさまは大工さん♪)古民家の大家さんていうのは”貸す”ことに抵抗がある人が多くて空家もたくさんあるんだって。”住む”ことが家にとって一番の”薬”なのに・・・。
「ここで絵の作業をするのよ」と案内された部屋からは、刈り入れ前の黄金色に輝く稲穂、あふれる緑、緑、緑!!この景色がぜんぶ自分のものだなんて。もう狭くるしい東京暮らしには戻れないって言ってました。私も結婚してからコーポ、マンション、新しめの一軒家と住んできたけど、古民家以外もう戻れないかも・・。

さてお次は、あわたさんの個展へご案内致します~

DSC04745.jpg DSC04754.jpg
   玄関                     アトリエからの景色
DSC04759.jpg



人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします→ランキングバナー



00:13 | 国内旅 | comments (0) | edit | page top↑
佐渡・蔵での展示 | top | 佐渡への旅

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する