ドイツ記・ちっさい運び屋

   SBCA0022 - コピー
小型サイズ、古びて色褪せた表紙、この2冊が専用の茶色い箱に入っている姿といったら


本だけでも3kg。スーツケースは最初の町フランクフルトのホテルに置いてきてたから、斜め鞄と肩掛け鞄そして息子のリュック3つのみで6つの町を巡ってきた。本が加わり今、重さのピーク。でも次はもうフランクフルトに戻ってスーツケースに詰めるだけだもんね!それが、Wimarワイマールの町って駅から離れていて徒歩20分はかかる。それを見込んで早めにホテルを出たが・・10歩歩いて異変に気づくも、気のせい気のせい、なんとかなる、なんとか行ける、なんとか持てる、持ち続けられる、気持ちは強くあっても汗が吹き出し手が肩が腕がしびれてくる、荷物を降ろし数秒休憩、そしてまた10歩、そして休憩、を繰り返す中、息子にももちろん荷物を分けて持たせていたんだけどその態度がね、おっもてぇ~と言わんばかりの不機嫌な顔して亀並ですよ歩く速度が、おまけに荷物を降ろし立ち止まってる時間が長い。・・このままだと電車間に合うわけない!よ! えぇ、わかってます、なんでこんなことになったのか、本買ったからですよ、14冊も、息子はとんだとばっちりです、いちお運んであげているのに態度が気に入らないと母さんなんか怒ってますからね、自分の荷物なのにね。電車は間に合ったんだけど、アンナアマリア図書館に行ったことで予約してた便とは違うのに乗らなきゃいけなくて(何回も復唱するが、ドイツ鉄道は乗る時間によって値段が違う)あいてる席に座り車掌が来た時、二人でタヌキ寝入り、いやね、追加運賃発生してたならもちろん払うのだが、もう・・何もしたくない誰とも話したくないフランクフルトまでの2時間とにかく休ませて・・・



SBCA0020 - コピー
SBCA0021 - コピー (2)SBCA0023 - コピー
箱に入れた状態で13cm×10cm 20€(¥2.300)
開くとツバメ模様の紙が貼られていたり、全ページ周りに薔薇モチーフが施されていたり



SBCA0024 - コピー
これも本当に悩んだ一品、ご覧のように分厚くて重たいんだもの、でも我が家にあったらどんなに素敵だろうと・・・。表からグルっとデザインしてあり、わざと切れっぱなしの蛇腹なページになっている。14€(¥1.600)


SBCA0025 - コピーSBCA0026 - コピー




●2011カレンダー”テーブルの上の幸せ” 販売中!あとわずか こちら から


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー

11:26 | 2010年ドイツ&チェコ親子旅 | comments (7) | edit | page top↑
ドイツ記・こんな宿は良し悪し | top | ドイツ記・古書巡り

comments

#
とうとうお邪魔してしまいます^^
「そらから」のchiezoです。
あまりに素敵な本たち...
デザインにも、そのたたずまいにもため息もんですね~。でも、小さな体でたくさんの本を抱えてホテルまで帰る姿を想像すると...
...本当におつかれさまでした!!

またいつか実物を見たいな~^^

P.S リンクさせていただきました♪
chiezoさん | 2010/11/05 17:53 | URL [編集] | page top↑
#
chiezoさん
うわ~い初コメありがとうございます~♪じゃんじゃん待ってます^0^肩がちぎれるんじゃないかと思いました・・もうヘトヘトクタクタでしたが今手元にあるのを見てニコニコニヤニヤです♪
さん | 2010/11/05 19:33 | URL [編集] | page top↑
# 快挙!!!
素敵!素敵!素敵!
素敵すぎ~~~~~!!!!!
その装丁も中も、泉ちゃんの心意気もーーー!!!!!!!
ほんと、拍手喝采です。
必ず実物見にいきます!

ほんとうに、絵を描いて、買い物して、自分でチケット買って、旅を組み立てて、子連れで!感服いたします。そのうち出版社からお声がかかると私は確信しているよ。そのときは、「好きにやらせてください」って言えるね。いっぱい勉強(失敗もi-278)してるもんね♪ぜーんぶ、財産だーーーーー
keikoさん | 2010/11/07 07:50 | URL [編集] | page top↑
# 装丁
見返しのつばめがすごくかわいい!!
こだわって作られた本だね!
中身も重要だけど、装丁が美しければ、本は許せてしまいます。(^^;

泉ちゃんちに、その本があることを想像します。
あおい木さん | 2010/11/08 15:09 | URL [編集] | page top↑
#
keikoさん
絶対好きだと思った~keikoさんも外国から分厚い本持って帰ってきたことあったよね、アマゾンで売っててショックだったよね、でも古書だと二度と同じもの(時を経て痛んだ)はきっとないからオススメね♪
いつか本にすること夢見て・・・ありがとう勇気をもらえるわ!

あおい木さん
なぜ、つばめ!!そこがまたいいのよね~ぜひ実物また見に来て下さい^0^
さん | 2010/11/08 15:37 | URL [編集] | page top↑
#
本好き、紙好きの泉先生らしく、今回の旅行記も読んだだけで、ひきずりつつ歩く先生親子が、目に浮かびます。
重かったですね。
しかし一期一会の本たちはきっと凄い財産になりますね。
今日のホームページトップの「センスは入り口から」の絵を見て先生よく素通りできたなと感心しました。
ゆずさん | 2010/11/13 09:53 | URL [編集] | page top↑
#
ゆずさん
またモノが増えてしまいました・・これを機に財産にすべきものとそうではないものを分別する年末にするぞ!
クトナーホラの古書屋さん、絵を描かなければ寄れたけど・・ここはやっぱり絵優先ですね!?
さん | 2010/11/15 09:42 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する