筒抜けな宿

     SBCA0547 - コピー
この黒光りした階段見て、ここに泊まりに来てよかったーって、部屋はここを上ったところで


SBCA0551 - コピーSBCA0552 - コピー
木枠であじがあって、窓からの景色もどうですかマイナスイオンたっぷりでしょ


SBCA0542 - コピー
SBCA0537 - コピーSBCA0548 - コピー
まーまー、築100年とからしいですから共同洗面所もこんな感じで真冬なら冷たい限度を超すぐらいのあれだと思いますけど、窓の向こうは小さい中庭でしたが手入れはされておらず残念な感じですけど、まーまーそんなことはいいんです、どってことないです。(奥のは古い電話) ご飯も美味しかったし!


智頭町でホテルを調べた時まったくサイト検索では出てこずで鳥取市内しかないのかーでも1時間ぐらい離れてるんですよねー、いちお智頭HPを見たらば旅館3件発見、あるじゃない。予約は3件ともいまどき電話のみとなっている、そりゃネットで出てこないはず。1件づつ電話して空室と値段を尋ねていく、こんなアナログ久しぶり。その中で「智頭には観光かぃ~?子供料金はこんぐらいでええよ~」とか親身になって受け答えしてくれた「河内屋旅館」に決めた、一番安かったのもあるけど(1泊2食¥6.500)


「今日は貸切だよ~」出迎えてくれたのはお爺ちゃんお婆ちゃん。この年になっても元気に経営されててスゴイ!でね、その”貸切”という言葉で若干麻痺してたんですが、しばらく部屋にいた後きづいたんです。
廊下からの入口も隣との仕切りも、襖一枚ということを。
鍵ないです、隣にいたっては襖の上に木彫りの欄間、ツーツーですからね、天井見えてますからね隣の。そこに客がいなかったからいいものの明かりとかテレビの音とか自分らの声とかもツーツーですよ。おまけにその2階の奥の部屋は旅館の人の個室もあったようだし、でもその隣の部屋に私物置いてあったりお婆ちゃん着替えてたり。・・お、落ち着けない。いちお他に13部屋あるらしいです、そこも同じタイプなんだろうか・・。あ、お風呂も鍵ないです、なんなら脱衣所の扉半分擦りガラスです、廊下に面しているのにも関わらずです、シルエットがうつらないように身体を壁にすり寄せ着替えました。


民宿ならこうゆうタイプ?もしや民宿だった?と思ったけど旅館って書いてたわ。
明日は外国人が泊まりに来るんだーって言ってた。小さい小さいこの村に、検索しても出てこない宿にあえて、よっぽどの日本ツーに違いないがこの宿でかなりのカルチャーショック受けたか日本文化?と思って楽しめたかはさだかではない。

SBCA0564 - コピーSBCA0562 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー


12:04 | 国内旅 | comments (4) | edit | page top↑
こんなメガピッツァ | top | 日本の原風景

comments

#
あはは~、完璧、田舎のじいちゃん、ばあちゃん家に
泊まりにきた、みたいな状態ですね。
でも「旅館」でこのツーツー抜け感は、ちと困りますね(笑)
まぁ、日本のちょっと前の田舎は「鍵」ってもんが
存在してなかったようなもんでしたからね(笑)
私の子供の頃は、人の家はたずねても、いきなり
玄関「ガラッ」って開きましたからね。

それから、民宿でも部屋に鍵はついてますね~(笑)
りなさん | 2011/06/27 14:11 | URL [編集] | page top↑
#
りなさん
え?民宿でも鍵ついてたもんだっけ??おかしいな・・。じゃ、じゃー、ほんとに田舎に泊めさせてもらいましたー的なノリの旅館なのね!限定1家族のみ宿泊なら鍵なくてもいいんですけどねぇ・・
りなさんの訪ねたお家、うちですウチ!いつも開いてました、鍵なんてしてませんでした、その延長か今でもついつい鍵をかけ忘れる日々・・
さん | 2011/06/27 16:37 | URL [編集] | page top↑
#
うちだって
玄関の鍵を付けたのは2年前から。
留守バレバレですが、いちおワンコに「頼むねね。」といって出かけています。
外国人ツーリストはきっと慣れていると思う。
鍵がついてたって、安心できない国を巡ってきたんじゃないかな。
あわたさちこさん | 2011/07/05 11:49 | URL [編集] | page top↑
#
あわたさちこさん
鍵をつけなくても安心な国は日本ぐらい!?(もちろん場所や地域によりますけど!)あわた邸にはしっかり番犬がいるからねv-221
さん | 2011/07/06 08:02 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する