どうにかなることとならないことがある

   SBCA0699 - コピー
いくら日が長いヨーロッパでも22時はもうすでに暗い。Vigoビーゴに着いてすぐ時刻表を確認、もしかしたら国際列車でバルセロスまで行けなくても、国境前まではスペインのローカル列車があって、その先のポルトガルまではタクシーで行けてそこからまたローカルがあるかもしれないという望みを抱いていたのだ。でもどうやらないようだった、珍しく窓口がまだあいていたのでいちお聞いてみるが「明日」だって、それでも国境超えたすぐの駅・バレンシアまで「タクシーで行ける?」「ノンノン!とっても遠くて高いよ!」高くて行ってもこんな時間だしまたそこから電車があるかはわからないしそんなリスクを背負ってまで行くのはあまりにも馬鹿だと、ここでやっと、国境越え、諦めました、バルセロスの予約ホテル(55€)、諦めました、今晩の宿、諦めました、「よし、駅に野宿するかな」
「やだ!!」
半分本気だったけど息子の意見も尊重しなくてはと、ホテル探しに行くことに。久しぶりだ、このスリル、昔イギリスやオーストラリアで「Do you have a room tonight?」と聞きながらその日その日取っていたことを思い出す、15年後も全く同じフレーズを使ってこんなことしてるなんて。それにしてもこの町のことは何一つ知らない、とりあえず翌日のことも考え駅前がいいに決まっている、でも4ツ星とかが見える・・駅前=立地がいい=高い。いいえ、残っている力を振り絞って少しでも安い所をと、裏から探してみることに。


①バックパッカーが泊まるような看板があったが玄関もう閉まっていた、パス
②ちょっと高そうなエントランス、えいやと入って聞くと二人で80€、パス
③24時間受付らしいちゃんとしたホテル、聞くと満室、さらにパス、やばい


だけど4回目で一見ビジネスホテルだが3つ星でとっても綺麗で受付お兄さんも親切で「50€(¥5.700)」って言ってくれた、もう決めた、十分ですそれで。もっと覚悟していたけど意外と10分ほどでミッション終了。気付けばお腹がすいている、少しホテルの周りをウロウロしたが気楽に入れそうな食べ物屋はなくホテに戻り、お兄さんにポットがほしいと言うと、熱湯をピッチャーに入れて渡してくれた、部屋でインスタントをすする、十分ですこれで。日本のドライフードのアマノさん、バンザイ。


悔しいのでせっかくなので翌日はビーゴ市内を歩きます。

SBCA0702 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー


22:50 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (4) | edit | page top↑
寄り道 | top | どうなる国境越え

comments

#
ふぅ~、良かった、ホテルがあって。
野宿はさすがにやばそうな気がする・・・。

やっぱり、日本のインスタント食品は優秀(笑)
りなさん | 2011/10/13 08:42 | URL [編集] | page top↑
#
なんて旅だ・・・・・
さすが、、だわ。
真似できないわ。


お正月の件、大晦日なんてどおだ~い??
もんさん | 2011/10/13 20:25 | URL [編集] | page top↑
# 尊敬します
体当たりであのスペインポルトガルを旅してきた泉ちゃん、ほんと、尊敬します。
当時の私にはそんな勇気は毛頭ありませんでした。
バルセロナ起点に電車とバスで100キロ超えたことは無かったです^^;
100キロ圏内でも相当慎重に動いてましたから・・・。
ともかくホテル見つかって良かったですね。
ミカチさん | 2011/10/13 20:33 | URL [編集] | page top↑
#
りなさん
ビーゴ駅は意外に広くベンチもたくさんあってもう疲れてるのにこれからホテル探ししたくない~寝ようよって感じでした~v-40さすがに危ないか!?

もんさん
ホテル決まってないって精神的に、あれだね、くるね・・

ミカチさん
手ごろなホテルすぐ見つかってほんと良かったぁぁ~v-218意外に住んでると安心しちゃうのかもしれない、旅は時間が限られる分、大胆になったりやけくそになったりする可能性大だもの~
さん | 2011/10/14 10:50 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する