窓口事情

SBCA0685 - コピー
お願いがあります。窓口での対応や案内は全て統一して頂けないでしょうか


夜便だったが事前にチケットを買いに行っていた。指定席とかで取れなかったら嫌だし、なにより確実に今晩こそは国境を越えたかった。Vigo駅の窓口できちんと地図と時刻表を、これ以上ないぐらいのわかりやすさで見・せ・た・の・に!ちょっと怒ったような感じで何やら紙に書くんです、「ポルトガル、チケット、19:00」この3つの単語を。19:37発だからポルトガルへの切符は19時からしか買えないのか?さらに「トゥモロー」とも言ってきた、明日??もしやもう売り切れてしまってチケットないのか?とにかくオジサンは首を振って切符を売ってくれなかったのだ。手が震えてくる、今日も越えられないのか、いつになったらポルトガルに渡れるのか。幸い窓口は二つあった。医療で言うセカンドオピニオンだ、納得ができなかったし、隣のオジサンにも聞いてみようと並んだ。するとすんなり買えたではないか。Vigo→Valenca 3.27+1.99€(¥595)「この駅までしか買えないんだけどここからは電車の中で買ってね♪」「はーい♪」同じ駅の隣同士の窓口なのに別人種です、別案内です

SBCA0706 - コピーSBCA0670 - コピー
青い車両がポルトガルへの国際列車(vigo 19:37発→ Port 21:55着 2011.8調べ)指定席とかそんなんではなくて(早い事前購入は必要なかったみたい・・)3両のみのイスも固くてリクライニングもできない、ハッキリ言ってボロ列車です。一番奥の8番ホームから、スーツケースの人もたくさんいる中、席もすんなり座れて一安心。だってBarcelosバーセロスまで2時間半かかるんだもん。スペイン最後の駅「tui」駅で切符を切りにきた。valenca→Barcelos 7.55+3.80(¥1.280)パスポートチェックはなし。アズレージョ(絵タイル)の美しい駅に着くたび、あ~ここはもうポルトガルなのだと・・途中から海沿い走行、車窓が綺麗で列車もやっぱり悪くないかも


予定どおり21時着、バーセロスは小さい小さい駅。渡り廊下とかなく線路を横切って改札口へ行く。ローカルとかやっぱりなかったのかなーと時刻表を見ていると、駅員が出ろと言う。駅舎閉まる。この国際列車が最終便と同時に駅も閉まるのだった。やはり昨日はどう考えても来れなかったんだ。次のホテル所在地はタクシーを使わざるをえない所、なのにタクシーがいない、来ない、基本流しのタクシーは無いので駅前で待つしかなかった、もう来ないのか、日は暮れてくるしとまた手が震えてきた。20分後無事乗車(;´Д`)向かった先は、この旅で一番楽しみにしていた所、ここへ来るためにバーセロスを選んだんだから!

SBCA0845 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー



09:42 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (0) | edit | page top↑
貴族の館へ | top | 寄り道

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する