息子画

ポルトガル・マルヴァオン(息子画) - コピー
思い出していた。学校の宿題だったと思うが、親にスケッチをさせられてた時は相当嫌々だった幼少の頃、しかも神社の門とか屋根でしたからね、そんな渋いの興味なかったしね、でも今私はその経験が元?となり絵描きとなる。その経験がどう転ぶかわからないということですよね。息子も自ら描こうとかさらさらない、こんなに一緒に旅をしてるのに。ここはちょっと無理やり1枚だけでも今回の旅で描かせようと思っていた。戦いや大砲を感じられるこういうお城は興味がある息子ですからそこはまだマシでしょう。で、同じ塔で同じ位置から二人で、色は日本に帰ってきてから、私のを見て塗ってたので似てしまった感ありありですが。


SBCA1065 - コピー
髪の毛でどれだけ強風だったかわかっていただけますね、しかもこの薄着(夏でも朝晩のヨーロッパは冬並)母さんは常に自分のことで精一杯だったのもわかっていただけますね~。大袈裟ではなく手の揺れがおさまらない中描き切らせました。彼は後にこのときの経験が将来どんな風に反映されることとなるのか?


SBCA1071 - コピー
石の模様とか細かいところはホテルの部屋に帰ってきてから描いてくれてました。
2日目から窓はしっかり鍵もかけて強風予防したものの夜中に何回も起きるぐらいの音・・



SBCA1056 - コピー
SBCA1054 - コピーSBCA1055 - コピー
わぁぁ~雲が入ってくる~!幻想的!これも標高865mの醍醐味ですね


SBCA1053 - コピー



残りわずか ●2012年カレンダー通信販売中 HPトップ→”グッズ”から


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー



09:00 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (5) | edit | page top↑
どこまでも白く | top | 標高865mの村

comments

# 親子!!
上手いじゃないの~~~~!さすが、親子ねー。いい見本(いろんな意味で・・・)が、常に近くにいるんだもんね(笑)吸収してるよー。

それにしても、面白い旅だねー。って、他人事だから言えるのかな???

本にまとめたら??楽しいと思うよ。

hirokoさん | 2011/12/03 10:04 | URL [編集] | page top↑
# おっ!!!
息子さんの作品ついに登場ですね♪
スケッチ中の写真を見る限り、これはかなり大きめの作品なのでは?
素晴らしい~(^^)

子供の頃の経験って、大人になってからも、すごくいい影響を与えてくれたりしますよね。

私も小2の頃、描いた絵が「歯磨きコンクール」なるもので地区の金賞になり子供ながらに誇らしかったことがあります。
多分それで調子に乗って絵が好きになったってのがありますからね(^^; 笑
あは。
すいかさん | 2011/12/04 16:00 | URL [編集] | page top↑
#
hirokoさん
旅スケッチ&e-68日記は絶対本にします!!(あえて断言しときますわ~)

すいかさん
そ!私のサイズの2,5倍、紙押さえるほうが大変だった~e-60歯磨きコンクールで金賞!?素晴らしい!きっと親も誇らしく思ってるでしょうね!今のすいかさんの事も・・。
さん | 2011/12/05 09:37 | URL [編集] | page top↑
#
母も風も強し!
空・くんだもんね。
広い心、高い志を持ってたくましく成長しているよ。
あわたさちこさん | 2012/04/06 12:43 | URL [編集] | page top↑
#
あわたさんへ
名前負けしないようにi-252そうあってほしいと想ってますぅ~
さん | 2012/04/06 15:38 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する