予約席ですけど

  SBCA1059 - コピー
いよいよポルトガルの首都・リスボンへ、また高速バスです、Portaregreポルタレグレから Lisboaリスボン3時間半、二人で15.50€+7.8€(¥2.630)なんたって安いし便利です。ポルタレグレのバス乗り場は今日は蒸し風呂ではない、天気でだいぶ左右されるみたいだ。とりあえず中で待ってたんですが出発の12時を過ぎてもバスは来ず、すると通りかかった係員が「向こうに来るよ外だよ」ここからは死角だったし5分過ぎてたし掲示板にも表示消えてたし「乗り遅れた!次は16時半か・・」と青くなってたらバスは10分遅れで到着。なぜ外に停まるのか、ちゃんとした枠が中にあるっていうのに・・ツーリストは常に気を抜けない。


でね、バスに乗り込むとね、自分達の席ひとつに、荷物がね、あるんですよ。小さい段ボール箱と鍵みたいなのがチョコンって、それは明らかに係りの人っぽいものですからね、まだ乗り込み客の相手してましたから後で言おうととりえあず触らず避けて座ってたら、「移動して、ダメだよ」って、私は堂々と、ほらこの席番号でしょってチケット見せながら言ってやりましたよ、3日前からあたしゃ買ってんだよ、最前列を、楽しみにしてたんだから。それでも態度を変えず首振るわとにかく移動しろって、じゃーどこに座ればえんみたいに言うと「さぁ?」ですからね、バスは全席指定です!別のとこ座ってもそこを予約してる人が来て何この東洋人とか思われるのがオチだしそのたびに移動しなきゃいけないわけ?めんどーくせー
とにかくアイツが座ることになってるのか?(それでもおかしいが)100歩譲って私は通路挟んだ席に座る。が、アイツ、運転席の脇の補助席に座っている。どうやら見習だったみたいその若い男性。客押しのけてのまさかの荷物のための席。あいてる席ありましたよたくさん、そこに置き直すとかなんなら貴方の膝か足元に置いたらいいんじゃないんですか大きなモノじゃないんですから!さすがに私もね、次の停留所でその荷物をあいてる席にグシャって置いてやりましたよ、走行中鍵がコロコローって通路へ落ちたみたいだけど拾ってなんかやらなかったもんね。



SBCA1182 - コピーSBCA1097 - コピー
EVORAで1回乗り換え、リスボン15:30着。リスボンのどこで降ろされたかはわからなかったのでインフォンメーションに地図を持っていって現在地を記してもらうと、”Jardim Zoologico”、市内からは7駅目ぐらいのところでした。タクシーで楽して行ってしまおうか電車にしようかと思いつつ、地下鉄が便利で十分でした♪(写真は木造りの市電)


リスボンでは”セッテコリーナシュ”という、メトロ・市電・ケーブル・EVの乗り放題の切符が買える。1日券は4,60€(\520)ただややこしいのは普通の紙切符ではなくてカードを買って0.5€(¥56)それにチャージをしていかないとその都度運賃+カード代を買わされることになるので紛失に注意。自動販売機で簡単に操作できるけど最初は窓口から買うのがオススメかも。夜のサンジェルジェ城にて。7€(¥800、息子は無料)
SBCA1095 - コピー


Sold out ●2012年カレンダー通信販売


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

10:16 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (0) | edit | page top↑
ミゲル君の町 | top | どこまでも白く

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する