苦肉の切符

   ポルトガル(スーパーで2) - コピー
「どうやっても買えないんですけど!!」という悲痛な悩み相談をネットで数多く見かけた、せっかく早割りがあってネットでも買えるらしいというのをこのサイトで知ったのに・・
ポルトガルの交通について


ここでも難しいと忠告してます(泣)でも本当にダメなのか試してはみた、ルシタニア(夜行列車)のHPから、日付を入れてページごとに必要事項を入力してはみた、結局どうやっても子供料金表示が出せず(大体大人の半額ですからね)大人×2枚買ってもバカらしいので途中で諦めるしかなかった、その先の画面に行くと本当に買えたのかは?ですが。去年ドイツもチェコも買えなかった、その前のフランスは早割りでネットからカード決算で余裕で買えたのになー。



img190 - コピー
でも確かに早割りはあった。等級によって値段が変わる。椅子席が一番安いがやはり足を伸ばして寝たいので絶対4人部屋のベッド”Cama Turista”をと思っていた。正規が83.80€(¥9500)子供36.5€(¥4200)、上の方の”29日”のとこにメモっている金額が調べた早割りで49.9€(¥5640)子供が24€(¥2700)
正規のほぼ半額だ
でもこれがどうゆうシステムかさっぱり!調べましたよ1か月分を、すると安い日がてんでバラバラ・・。これが例えば乗車1か月前から3日前までは安いよとか、何曜日が安いよとかであればわかりやすいのに、なんなの?33€というのもある、その前後日は正規料金だったり、これは日を変えて調べても同じ結果だった。


仕方がない、現地で買うしかない、最初着いたマドリッド空港でこの鉄道会社窓口を幸い見つけた
「49.9€じゃないよ、60.5€だ。4ベッドは88€だ」
まんま正規料金?そんなわけない!こっちは出発直前まで29日はちゃんと安くなってることを確認して予定を組んだんだぞ!ネットで調べたんだ的なジェスチャーをしても他の日を言っても首を横に振られるだけでした。悔しいのでそこでは買わず違う町で再度買いに行くと今度は、
「子供は4人部屋はダメだ、椅子席か二人部屋だ」
最初のところはそんなこと言ってなかったのに!子供設定あるじゃん!しかも全然安くない!いづれも正規料金で二人部屋なんて105,6€(¥12000)もするじゃないか!もう疲れた、疲れたよ・・・いいよいいよもう椅子席で、満席で夜行に乗れなくて帰国に支障が出ても嫌だし、いいよいいよと結局60.5€+36.35€(¥11000)でチーーン


SBCA1766 - コピー
椅子席の地獄の始まり始まり・・・続く




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー



12:25 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (0) | edit | page top↑
泣きの列車 | top | 夜行に向けて

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する