船首へ

   SBCA1395 - コピー
Segoviaセゴビア・Spein
一番先端、アルカサル。白雪姫のお城のモデルになったそうです。中へ入るには橋を渡ります、お城は周囲崖。切符売り場は手前の建物、買ってからでないと警備員に止められるのでご注意。4.5€+3€(¥850)ちなみにコースの一番最後に塔へ上がれるようになっていて(階段)パノラマでセゴビアの旧市街が見渡せるはずだったのに、私が買ったチケットではタワーに入れなかった・・・息子にブツブツ言われる。数種類の切符がそんなカラクリだったなんて母さんわからなかったわ


セゴビアの町を歩くと、壁に複雑な模様が一面に施されているものが多くあってデザインも違います。職人さんたちの手作りで、壁に2種類の漆喰(しっくい)を塗り重ね、炭で描いた線に沿って上の漆喰を削り取っていくことで模様が浮き上がって見える手法。これは「エスグラフィアド」と呼ばれる。それが、このアルカサル壁全面に!

SBCA1408 - コピーSBCA1401 - コピー
SBCA1398 - コピーSBCA1397 - コピー
カラフルなアズレージョ、金の天井、王座の間・・12のエリアでそれぞれ楽しめる、塔には登れなかったものの十分楽しめた。いや、やっぱり登りたかった(泣)


ベランダからの風景。ここは旧市街の一番端にあってその先がこんな広野だったなんて。家々の屋根が計算されたかのような色合い、なんて調和のとれた景色だろう、ここは本当に現世なのか
SBCA1402 - コピー
SBCA1405 - コピーSBCA1406 - コピー
砲兵学校博物館というエリアは、ロープなど(見張り員も)ないので、直接触って体感できる。剣も重たいし、鎧の間接部分ってダンゴムシみたいに何層にも折り重なってて(だいぶ気持ち悪いが)すごい緻密さで


とゆうわけでお城で半日遊べそうだった。なのにどれもこれも急ぎ足SBCA1410 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします
">ランキングバナー


09:41 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (0) | edit | page top↑
泊まるならここ | top | 船尾から歩いて

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する