トマト祭り事情

   ポルトガル・紙ラベル袋 - コピー
小林君のことを笑ったけれど、そうゆう私も3年前、フランスへ発つ1週間前にパスポート申請しに行った。期限切れで更新しなくてはいけないのを直前まですっかり忘れてたことあった、笑えない
スペインで行ってみたかった三大祭りの一つ”トマト祭り”(2011年は8月30日だった)だったが、結局子連れでは危険かと泣く泣く断念したわけだが、彼等は行ったというではないか!「いいなぁ~!「最悪っすよ・・・」


まずこの祭りが行われる町はブニョールというところで、そこのホテルは2か月前でも取れず(たぶん来年のもいっぱいとか?)世界中から訪れるから。彼等は別の町でホテルを取り、5時起きで出発、ブニョール駅からメインの広場までは徒歩30分、やっと8時半到着
祭りが始まる11時までそこで待機。とにかくすごい人でギューギュー詰め、身動き取れず(手も上にあげれないぐらい)はぐれたらダメだとヤロー二人、手をずっと繋いでいたこと。圧死を心配したこと。そんな中、テンションあがった者達が破って湿らせて丸めたTシャツを投げまくり(あたるとめちゃくちゃ痛い)酒やサンダルも飛び交い、警察に捕まる人もあり、お互いの服を破り合うのが始まり、自分達のも即効やぶかれる
肝心のトマトはトラックで運ばれてくるものの広場に来る頃にはほとんどなく?飛んできても周りの背の高い外人に取られ、下に落ちたトマトを立ったまま取って(ギューギューなんで)近くの人に投げる程度・・・
荷物は盗難から守るため安いビニールリュックを体の前に抱え、手にカメラをずっと持っていたが、投げこまれたトマトを取ろうと後ろポッケにとっさに数秒入れた、その間に・・・スラれる。デジカメ&現金&帰りの電車の切符。パっと後ろを見たら4人の男がこっちを見ていたが誰が犯人かはわからず、旅行の写真なども全て失くし、帰路2時間無言


トマト祭りが悪いということではなく、これは「参加する場所」によって明暗が分かれるのだなと思った。別の体験者からも話を聞くと、「すっごく楽しかった!」というんだから。その人は、現地ツアーに参加(H.I.S)。マドリッドを夜中2時半集合、4時間乗って広場の近くで降ろしてくれて荷物もあづかってくれてお勧めの場所(安全な)を事前に教えてくれてトマトも普通に投げあえたらしい。バルセロナからのツアーもたくさん来ている。確か私もネットで見た、8千円で参加できるって。うーん、安全&楽をお金で買ったほうが賢いかもしれません。しかし苦い経験も旅の思い出、どっちで参加するかは、貴方次第




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー



09:27 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (2) | edit | page top↑
ある女の悲劇 | top | ある男の悲劇

comments

#
トマト祭り、ニュースなどで見ると
なかなかに楽しそうですが、そんな
に過酷な場面もあるんですね~。

泉さんの言う通り、旅はハプニングが
あったほうが、その旅の事、よく覚えて
ますからね。
後々、彼らはこの旅の思い出をつまみに、
酒を飲む事になるでしょうね(笑)
りなさん | 2012/02/24 09:01 | URL [編集] | page top↑
#
りなさん
ほぉ~そりゃ酒のつまみには最高ですなi-80あ~彼等も私も笑い話で終わってよかったなぁ・・
さん | 2012/02/24 10:40 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する