立体図 民宿編

img229 - コピー
第4弾はポルトガル・オビドスの民家へご案内。いわゆる、子供たちも大きくなって使わなくなった部屋を宿泊施設にしたから誰か泊まって~という、まさにその地の暮らしぶりが体感できるのが民宿。ただ中にはホテルと言い難い子供の荷物が散乱したままの鍵もないような運悪かったら荷物盗られてしまうという事例もあるみたいなのも事実、駅で看板持って声かけしてくる人などは全員とは言わないが注意が必要だ。ここは看板も名刺も部屋の写真もあったしちゃんと登録してる感じの(なにかに?)正しき宿だった。ほんとこのとき旅の予定を崩して急遽今晩の宿を探さないといけなくて、小さい村だしもうどこも満室だったらどうしよう!の中、このフロア貸切状態で超快適♪一番奥の石壁”ルーム3”に泊まった


リフォームはしているものの昔ながらの古い建具満載
この時のブログ→
「ポルトガルの民宿」
SBCA1240 - コピー




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

10:09 | 2011年北スペイン&ポルトガル親子旅 | comments (0) | edit | page top↑
立体図 館編 | top | 立体図 姫気分

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する