出雲 謎のコンクリート

   img240 - コピー
玉造から30分ほど、出雲大社。奥はすべて修繕中で壁ができていて何も見えなかった・・えっとせっかく来たのに~それを横目に、あるコンクリート造りの建物が目についた。ただの打ちっぱなしではなく微妙に模様があり、かつ緻密にデザインされている。


080 - コピー
「庁の舎」ご存じでしょうか、神主の控え室なんだって。”建築業協会賞”ももらっているこの建物はもう築50年。設計は東京の菊竹清訓建築設計事務所だけど、父が22歳の頃に夏休みのアルバイトでそこへ行っていた時に、ほんの一部の図面を手伝ったらしい(知らなかった早く言えって)あ、うちの父は建築家なんですけどね、私なんて3年間設計かじった末に2級建築士になるための本を見た瞬間、拒否反応起こしてその道はやめたんですけどね、父には申し訳ないことをしました、設計事務所も3か月で黙って辞めて、イギリス行っちゃったもんね。まぁそれはさておき、建物見るのは今でも好きで、その父からの説明、めんどくせぇって思わないなら続きをどうぞ~(笑)


075 - コピー079 - コピー
まずはコンクリートには木目模様。一瞬木材かと錯覚するぐらい!これはムクの杉板の型枠を使って転写されたからなんだって。普通はベニヤ板で型枠を作るけど、あえてそれをしなかった、それが50年経ってもあそこまではっきりと残っているのは本人もビックリなご様子。ドアは厚さ2~3ミリ程度の鉄板を折り曲げて曲水模様を作りだしている。


081 - コピー077 - コピー
噛まずに言えるか言ってみましょう、「プレストレスド・コンクリート」。頂部に2本の長い梁をかけてある。あらかじめストレスを与えたコンクリートのことで、剪断(せんだん)強度を高めるために、中に束になったピアノ線を入れてそれを両端からギューッと引っ張っておいてからコンクリートを打って成型する。普通の梁よりも長いスパンが可能になる。よって柱は両端にあるだけで、中間にはない。 星型の照明も素敵です!


ハイ、勉強になりましたね!

082 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

10:34 | 国内旅 | comments (4) | edit | page top↑
こんな田舎にカフェ | top | 玉造温泉(島根)

comments

#
2回目にちゃんと言えました、
「プレストレスド・コンクリート!」
あわたさちこさん | 2012/07/22 21:38 | URL [編集] | page top↑
#
あわたさん
はい!よく言えましたねe-237
さん | 2012/07/22 23:39 | URL [編集] | page top↑
#
私は鉄工所の娘なもんで、
鉄板曲げたドアが気になりますな~。
50年前の設計ですか、いいものは
何年経っても良い!ですね。
りなさん | 2012/07/23 12:43 | URL [編集] | page top↑
#
りなさん
鉄を見ると燃えますかe-329
50年たとうが100年たとうが良いデザインは色褪せませんね!出雲大社と一緒にぜひ観覧してほしいものです!
さん | 2012/07/23 21:58 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する