どうするアクセス

d0140806_2041922 - コピー
まずは計画表を見てみよう。クロアチアの左に小さくぽっこり出てるところが”イストラ半島”と言われる地域だ。小さい村がいくつも点在するここを旅のメインに、ゆっくり2週間かけ巡ろうと思った。アドリア海沿いの町はどれも大きそうだからパスだなと思ったが唯一小さそうなRovinjロヴィニをせめて選び、あとは自然いっぱいな内陸で、山上の村Motovunモトヴンに、アートと音楽の村Groznjanグロデュニャン・オリーブ祭りがあるVizinadaヴィジナーダ・農家ホテルMatikiマティキを決めたはいいが、電車はおろかバスでさえ網羅してない・・。(あっても多分1日に数本とか?)モトヴンの近くBuzetブジェットまでなんとかバスがいっている、あとはどうしようと考えいたんですよね、なんとかタクシー以外に方法はないかと、そんな時、モトヴンのホテルから「何時に着くんだぃ?」とメールがあった。
「あなたブジェットに迎えに来れないかしら・・」返事はOK!ダメ元で聞いてみるものです。ついでに彼に相談してみる、あの村まではバスはないかとか車で何分ぐらいかとかタクシー呼ぶしかないかなとか連日英文メールでやり取り、翻訳サイト使って・・。「タクシーに聞いたよ、近くの祭りへは往復で50€(¥4.900)でどうだって、3時間ぐらいの滞在だろ?君を待っててくれるそうだよ」「ひゃーごめんなさい高い高い・・それに待ってなくてもよくて私は絵を描きたいの1日中」とか、えーい、もうめんどくさい


あなた全部のルート送迎して
何様お姫様。結局オレンジのとこ、日を変えて3回お願いしました、もちろん有料で♪(でもタクシーよりは断然安い)まぁ金額うんぬんよりこの方法が何より私たちにとって「安全」だと思った。タクシーを信用しないわけじゃないけど流しのに乗るのは極力避けたかった。これでタクシーは1回のみに留め、農家ホテルの人にも送迎を頼み、完璧な計画!!だったはずなんだけど・・・。


送迎引き受けてくれた優しいホテルのSlanemスラーベン君はコチラ!
惚れてまうやろ

ホテルのスティーブン - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

10:13 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (4) | edit | page top↑
電話ミッション | top | メモが読めない女

comments

#
なに、イラスト半島だって?
あわたさちこさん | 2012/10/05 13:06 | URL [編集] | page top↑
#
あわたさん
はは、そういえば似てるね!e-318
さん | 2012/10/05 14:59 | URL [編集] | page top↑
#
「だったはずなんだけど・・・」って、
何だよぅ。

気になる・・・(笑)

しかし、アドリア海、って聞くと、
紅の豚、思い出す・・・。
りなさん | 2012/10/05 17:28 | URL [編集] | page top↑
#
りなさん
e-251次回に続きます(笑)
いやーー、リスク高かったねぇコレ!おかげでいろんなことがありました、もう、イヤん
紅の豚、もっかいみなくっちゃ!
さん | 2012/10/05 17:40 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する