電話ミッション

img264 - コピー
ホテルのSleven君と固く約束していた。「ブジェットのバスステーションに、8月13日、10:50迎え」この時間のバスはリエカを10時発だった。リエカで買うバスチケットはインフォメーションの中の1箇所の窓口で。(相変わらずわかりにくい)はーい、10時発のちょうだいな~♪言っておきますけど、あたしゃー出発前日に全てのアクセスルートの発着時間を再確認しておいた、不安だからね、田舎ならなおさらね。
No~~、10。13:45 or 16:00
はぅ、10時がないない、4時間後しかない。あまりに信じられないという形相をしてたんでしょうね姉さんにパソコン画面まで見せられる。間違いなかった。”とにかくこのことをSlevenに伝えなくては”彼はホテルから30分かけて来てくれる上、私が居ないとなれば心配し路頭に迷うだろう、それだけは避けなくては。相変わらず携帯は圏外。公衆電話しかないわけだが、電話の使い方なんて調べてきてなかった。もう隣のお兄さんが携帯持ってたんで、あなたここ電話かけてぇプリーズと頼もうかと思ったがこの事情を英語で説明する自信全くない、逆に面倒、ということでやはり自分のことは自分でせねばと公衆電話と意を決して対面。まずコインじゃなくてカードのみみたいだ、こんな時はキヨスクへ、テレフォンカードと言ったら買えた、30kn(¥420)


入れてみるとプップープップーと鳴っている、番号押すも同じ音が流れるだけ、イライラ。受話器取ったり外したり取ったり外したり、イライラ。そこらのオジサンに声をかけてお願いしてみても同じ音、イライラ。すると煙草休憩していたタクシーのオジチャンが任せなよと番号を押してくれるとやっとかかった。どうやら国番号?がいらなかったみたいで?+385を0にしていた。そんなこと知らない知らない・・・「ディ、ディスイズ、イズミ!ノー、テンオクロック。アライバルタイム、アット、サーティー・・フォーティーファイヴ!!13:45」精一杯の伝言でしたね、えぇ。


さっきのタクシーのおじちゃんが「モトヴンまで70€でどうだ」と営業してきた。ごめんなさいね助けてもらって本当に悪いんだけど・・¥6.900は高いわ!もうバスチケット買ってきたのよ102kn(63+39 ¥1.430)ホテルの人迎えに来るしね、あの伝言で少々不安だったが無事バスから降り立ったところでSlavenと会え山上の村へやっと向かうのだった。

img284.jpg送迎3回してもらっちゃった - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
10:01 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (4) | edit | page top↑
おすすめホテルin Motovun | top | どうするアクセス

comments

#
あぁ~、よかった~。Slavenに会えて…。(脱力)
あわたさちこさん | 2012/10/06 12:17 | URL [編集] | page top↑
#
あわたさん
ママん~会えた会えた~ちゃんと会えたe-259
さん | 2012/10/06 12:26 | URL [編集] | page top↑
#
こりゃ惚れるわ。(笑)
akikoさん | 2012/10/07 11:27 | URL [編集] | page top↑
#
akikoさん
じゃろ、惚れるじゃろーe-53紹介するよ!言ってね!
さん | 2012/10/08 09:33 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する