去るもの追わず

   703 - コピー
島を出る最後の夜に見たこの夕焼け、忘れられないなぁ。子供たちは私達との別れを惜しむように「明日は何時のバス?」と聞いてきてたからね、描いた子みーんなバス停に来て手紙もらったり手作りの旗とか振ってね、もうそこまでされるとちょっと恥ずかしくなるんだけどでも盛大に見送られてね嬉しいかも2日間にわたって修行のように描き続けた甲斐があるってもんで、って結局誰1人来ないんかーい、あれだけ聞いてきといてー、おーーい、おーーーーいって、さようならヴィス島・・。


14:40時発のバスでコミジャからヴィス港へ、15:30ヴィス発のフェリー
港に着いたらもう船がついていて、あーチケットどこで買うんだろう、入口で切符切ってる人に尋ねただけのつもりが「いいよ、キャッシュで出して、あー、もう50knでいいよ、子供の分はいらない」通常81knかかるところが50kn(¥700)になった。ハ~ン、おじさんのポケットマネーになったということね。日本じゃあり得ないけどね


767 - コピー780 - コピー
Split・スプリト
最初イタリアからクロアチアに渡ったときと南下してきたときと2度来てましたが港のみだった。旧市街が”世界遺産”なのでイタリアに戻る前にせめて1泊だけして帰ろうと思った。古代ローマ皇帝の宮殿跡で遺跡とともに生活する人々の町は1700年の歴史がある、建物も古く路地もたくさんあって所狭しとカフェとかあり活気もある、でものんびり田舎を巡ってきた私らには・・この人の多さで一気に疲れ、おまけに今晩予約しているホテルがいっこうに見つけれず、楽しむどころかますますさ迷い歩かなければいけなかった。続く


778 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

09:35 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑
たらい回し | top | 甘やかしたばかりに

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する