これがほんとの駆け込み乗車

すもも - コピー
ローマからグッビオへの行き方は2通りあった。ひとつは電車で3時間→ペルージャまで、鉄道駅からはグッビオ行きのバスは出ていないのでPartigianiパルティジャーニ広場までバスで行って乗り換える。時間も長いし駅からローカルバスに乗って広場に辿りつかないといけないのがネック。なのでもうひとつの➟「ローマから地下鉄で4つ目のTiburtinaティブルティーナまで出て、ペルージャのその広場のバス停まで直で出ている高速バスで2時間、着いたら乗り換えるのみ」の方を選んだ、簡単だと思った。


まず地下鉄。ローマ・テルミニ駅から、4つ目。だけど電車反れた
このへんはお約束のユータン・・・(1回券1.5€ ¥147)

早速路線間違える - コピー

地下鉄からバス停まで遠い・・ - コピー
バスチケット売り場 - コピーローマTiburtinaバス停 - コピー
ティブリティーナ駅からバス停はすぐ分かるとネットに書いていたが、改札は地下で表示も何もなく、地上に上がってもバス停などどこにもなく広場があるだけ。売店の人に聞くも「上、上」って指さすだけ、上ってどこ・・・あの上のさらに道路を渡った向こう側でした sulga autolinee(スルガ社)


窓口には無愛想なおばちゃん。ノートに日付と時間を明確に書いて見せます。「9月1日 ローマ→ペルージャ/9月4日 ペルージャ→ローマ」これで往復券ばっちり、「バスは13~16に停まるわ」番号選択多過ぎ、笑。ふと、さっき買った券の帰りが9月1日と、日帰りになってることに後で気付く。謝るどころか面倒くさそうに切符を切り直すおばちゃん。今度は往復9月4日になっている(涙)怒りとバス出発時間が迫るわ不安で手が震えている。もう一度切符をやり直させている間に、息子を大声で呼び、荷物と一緒にバスの前に立ってて!と指示をする。この便を逃したら次は4時間後しかないから絶対乗りたかった


おばちゃん切符作るの遅い。結局オープンチケットに変わっていた、9月1日~9月30日の。追加料金と言われ息子は最初子供料金で切ってくれたのに大人×2になっていたり、でももうこれ以上は面倒臭かったのでそれを買う・・・往復26€×2(¥5.100。ちなみに最初は36€だったのに→¥3.530)
乗り込んだのは出発3分前10時半発

朝から疲れる。すでに満席。かろうじて一番後ろ、両窓側の客が荷物置き場にしていたところを「Sorry!!」と強引に座る。そしてその客はずっと車内で携帯電話。やっぱり電車で行けばよかったのかと後悔していた。(ちなみにこのバスはペルージャの後アッシジに行く。限られた便のみだけど)
珍しく電光板がある - コピー
12時45分ペルージャ・パルティジャーニ広場着。この写真は帰りだったのでローマと出てますが、こうゆう電光掲示板が番号ごとに設置してあるのは珍しく、外国ではほとんどありません。これに「Gubbio 13:20」を見つけた時には嬉しくなったものです、30分待つだけという接続も◎(次は14:10と出てました)今度はバス会社は変わってapm社になります


さっきのバスとうってかわってガラガラ、乗車たったの8名(しかもグッビオに降りたの私らぐらい)かなりのローカルバス。ウネウネ山道をけっこうなスピードで1時間、息子は気分を悪くし、水のいらない酔い止めドロップを服用しながら、もうすぐ、もうすぐ着くからと励ます
ペルージャバス停 - コピーペルージャ→グッビオ - コピー
一番後ろをゲット - コピー山道をウネウネ1時間 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

15:48 | 2012年イタリアからクロアチア親子旅 | comments (2) | edit | page top↑
まさかの気温 | top | ローマ近郊の小さい町

comments

#
あ~あ~あ^^~!!!
目が回ってきた~。。。
あわたさちこさん | 2013/01/09 10:29 | URL [編集] | page top↑
#
あわたさん
とりあえず最後の難関、これで山を越しましたのであとはごゆっくりご鑑賞下さいませv-22
さん | 2013/01/09 17:32 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する