小豆島 プラプラ編

   SBCA1470 - コピー
あずきじま。息子も最初そう読んでたけどね、生産の反対語は何かという問いで”出産”って答えてたからね、そんなだから宿題ドリルの進まないこと進まないこと・・。話は戻り、岡山から船で70分で行けるのに一度も行ったことなかった小豆島(香川県)へ姉一家と行ってきました♪


オリーブで有名だが醤油屋さんもたくさんあった。(ちなみにモコミチのオリーブオイルは¥5250で売ってたよー買ってないけど)その中で住宅街にひっそり佇むとこがいいと、ヤマロク醤油に寄った。とくに予約もいらず中を見学させてくれる、一気に醤油の香りが全身を包む。樽で作っているところは全国的にももう珍しいらしい、昔からの受け継いだ手作りの方法で生産してるのってやっぱりかっこいい。

SBCA1469 - コピーSBCA1475 - コピー
醤油プリン¥300 中庭で食べれます~


そして不朽の名作「二十四の瞳」の舞台になった分教場へ。(入館¥200)明治35年、小学校として建築された切妻瓦葺平屋建校舎1棟で、2教室のみだったけど当時使ってたモノや学生の絵とかそのまま飾られていて可愛かった!ってその肝心の映画は見たことないんだけどね(笑)ごめんなさい

SBCA1449 - コピー
SBCA1447 - コピーSBCA1450 - コピー
SBCA1465 - コピー
サル。こわがるな、さわるな、こわがらせ、上位に立ちきびしくしないといけない。「お猿の国」入場¥370。ここに来たらというよりここに来てぜひ行ってほしい所がある、サルの相手はほどほどにそのまま道なりに進むと神社がある。その手前を右へ、ここに看板あるのに折れて地面に倒れてたので本当知ってる人しか行けないじゃん!怖がらず道なき道へ、抜けると急な岩山が現れひたすら下は見ずによじ登りましょう。じつは小豆島一の360度見渡せる絶景スポットかもしれない!当然訪問者は私らだけ。有名な寒霞渓山頂も行ったしたくさん展望台が島にはあるが、ここが一番でした♪


岡山港から小豆島へは70分。4m~5mの車は約7千円、高くてびっくり、仕方ないか。フェリーではかっぱえびせんをぜひ持って乗ろう!たくさんのウミネコが船のスピードに合わせて飛行してきてエサくれエサくれとせがむのだ。すごく慣れていて手からも取って食べたりするの(指がなくなったら怖いので私は断念)

SBCA1426 - コピーSBCA1486 - コピー




●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

16:16 | 国内旅 | comments (2) | edit | page top↑
小豆島 カフェ編 | top | パリのアパルトメントのように

comments

#
いや、「あずきじま」はしょうがない。
うちの息子(中3)も読めるのだろうか・・・
今度聞いてみます。(笑)

小豆島、醤油屋さんもいっぱい
あるんですね~、知らなかった。
手作り醤油、美味しいんだろうなぁ~。
りなさん | 2013/04/05 10:55 | URL [編集] | page top↑
#
りなさん
日本語は難しいよねー!同じ漢字で読み方が違うんだから・・でもあの車のCMで有名になったかな、「あずきじま?しょうどしまやろー」ってやつe-231
醤油屋さん何か所もあったよ!じつはオリーブと同じくらい有名なのかもね!
さん | 2013/04/06 11:19 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する