懲り懲り盆

   IMG_4289 - コピー
*アンダルシア旅日記は9月から開始します*


スペイン料理はもちろん美味しかったけど、日本食はやっぱり落ち着くよね。
IMG_4256 - コピーIMG_4252 - コピー
友人宅での手巻き寿司とかね、もう何本巻いて何本食べたのかわからなくなるほど美味しいよね、お盆は息子も部活休みだし、この直島に住む友人にちょっと会いに行っただけなのに


本当に世のお父さんお母さんたち、家族サービスお疲れ様です!!混むの承知で出かけた皆々様、お疲れ様です!!仕方ないですよね盆と正月ぐらいしか連休がないんですもんね・・。数年8月は親子旅で不在してたのですっかり盆ボケしてた私らは軽ーいノリで直島行きが出る宇野港行ったら、瀬戸内海の島々は今年が3年に一度の”瀬戸内国際芸術祭”だったことも忘れてて特設会場とかも出来てて、いつもなら週末でも人はまぁそれなりなのに遠くからでもわかるあの人だかりの黒い頭、頭、頭。まだ船来てないのに車と並行に人が長蛇の列、アスファルトの照り返し、屋根もない、猛暑の中並んでいる、信じられない。息子は乗れるか心配になったのか並びに行こうと言ったが、暑いしのんびり待合室で列が短くなるのを見計らっていたら芸術祭のスタッフが手元でカチカチ人数を数えている。まさかの人数制限。それを見て走って並ぶ(だいぶ列は少なくなっていた)「はい、ここまで~」私らの数人後ろでバッサリ。あぶないあぶないこれを逃したら次は1時間半後の便になるとこだった。直島といったら地中美術館は2時間以上待ちだったし、古民家をアートに改装したところを周るとこなんて一軒一軒小さいしどれだけ外で並ぶのだろうかと想像するだけで恐ろしい。


フェリーから降りるのも混雑するだろうと10分前から下でスタンバイ、これは大正解。降りた人はほとんど駆け足でバス乗り場を目指す、そこでまた並ぶためだ、気が抜けない。そんな人混みをよそに港に迎えに来てくれた友人号に乗り込んだ時の安堵感といったらない、そして友人宅がお城に思えた。お城から一歩も出たくないでしょそりゃ。

IMG_4247 - コピー


映画館に行ったら見たいものは既に完売だったとか、平日お得ランチがしてなかったとか、ことごとく裏切られた盆週間。でも逆に街中は暇らしい!?いつも混んでる居酒屋さんがガラガラだったから驚いた。そこに帰省友人と飲み行くよねそりゃ。(余談 この柔軟剤のパッケージ可愛いから愛用中)
IMG_3983 - コピーIMG_2133 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー


12:46 | 日常あれこれ | comments (0) | edit | page top↑
出国 マラガ空港へ | top | 夏旅から

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する