もみくちゃバス

img030 - コピー
さぁ、荷物は全てリュックに入れて最初のホテルでスーツケースを預けることが毎回お決まりだ。朝チェックアウトしようとしたら受付の人がおらず、掃除?のおばちゃんが部屋の鍵を受け取ってくれたので「スーツケース、これ2週間お願いね」と渡すと困った顔になってどこかに電話を(スタッフにか?)そのあと一言。「ダメダメ」・・・今まで断られたことは1回もないのに!ケースを引きずるのは行き帰りのみにするため最初と最後のホテルを一緒にする計画立ててるのに!おばちゃん首を振るばかり。「ほら、ねぇ見て!?中身はカラなの、大事なもん入ってないから、お願い軽いから、奥の倉庫のちょっとしたスペースあるじゃない、そこでいいからお願い!」おばちゃんの手を強く握り懇願。メモ帳に何やらメッセージを書いてスーツケースに貼りつけ、向こうの部屋に持っていけって( *´艸`)


バスステーションは駅の北側、道路を渡ったところ。さすが大きい!
スペインの主要高速バスはALSA(アルザ) 物価は普通の中、バスは安い。2時間半で8.39€(¥1140)子供はそこから30% 割引になる。チケットを買うのに自動販売機が便利で使えるが、この子供料金が表示されないので(何度やってもやり方がわからなかった)窓口に行くしかないのがネックだったが子供料金はあるなら利用すべきだ

IMG_3908 - コピー
無事チケットを手にしたけど、肝心の座席番号が表示されていないことに気付く。なぜだ、バスは完全予約制のはずなのに、2年前のスペイン旅ではそうだったのに。そして乗り場にはすごい人、これ全員乗れるのか?とにかくなるべく早く乗るために前方に並ぶ。バスが来た途端どこからともなく更に人々が押し寄せ、やっぱりみんな席決まってないからか!?バスに乗るにはドライバーに切符を切ってもらわないといけない、みんな腕を伸ばしてチケットを出す、こっちも席が取れなかったら嫌だからとにかく押し入る、暑い、息苦しい、なんとか私らは座れたが座れない人も居たんです、立って乗ってた・・・ちなみにその後のバス旅では席Noあったりなかったりといまいちシステムがわからない


行き先は海と城の町、Salobrena・サロブレーニャ
IMG_3831 - コピー
バスステーションはなく路駐、笑。切符売場もこんな小さい小屋←昼間は閉まっている。降りたのは私たちだけ、すでに田舎の匂いがプンプンしていて理想の町かもと期待


ホテルはここから徒歩3分。ツイン1泊50€(¥6,800)

IMG_3902 - コピーIMG_3903 - コピー
IMG_3900 - コピー
IMG_3901 - コピーIMG_3905 - コピー
IMG_3866 - コピーIMG_3906 - コピー
パティオ(中庭)と通り抜け、セビーニャという部屋でした。共有スペースに屋上もあって、洗濯物なんて2時間で乾きました。田舎だからか、Wi-Fiはこの屋上のある場所でしか通じなかったけど


ホテルのおじちゃんと看板犬♪いつも話かけてくれて朗らかで親切

IMG_3904 - コピー
IMG_3858 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

17:43 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (2) | edit | page top↑
海へのミッション | top | 初ウィーフィー

comments

#
今回の旅日記も楽しみにしてます。

マラガのバスターミナルは、かれこれ10数年前に行ったことがあります。
久しぶりに写真を見てなんとなく思い出しました。
ここからセビージャへ行ったな〜
しかも同じALSAのバスだったような。

スペインのバスで一番記憶に乗っているのが、夜行バスに乗った時です。
バスは40〜50分おきに小さな街に停まりその度にクラクションを鳴らされ、途中から乗ってきた地元民と運転手のおしゃべりは止まらないし(夜ですが)、最後には早朝4時30分にサービスエリアのようなところで30分の休憩(当然バスから出される)
となかなか良いバスに乗ったのが今となっては良い思い出です。

すいか夫さん | 2013/09/13 21:59 | URL [編集] | page top↑
#
すいか夫さん
ぎゃー!コメント頂きありがとうございます!!嬉しいです~、いつも車でヨーロッパ横断羨ましく見ていますe-68トランクでいいので今度連れていって下さい。

ALSAが主流ですもんね、このバスターミナルに見覚えあるなんてさすが個人旅!色濃く記憶に残るんですよね・・全部自分で手配だから・・e-456

海外で〝夜行”ものはやはりハイリスクということですね・・話すのと聞くのは笑い話ですけどね(笑)たまりませんね!一切配慮ないからね乗車客のね!しかも声がでかい!静かにしろ!寝させてくれ!ってゆうのは通じませんね、夜行の翌日はすっごい体調不良ですね(泣)薬持参でまた旅立ちましょう!すいか夫さんの武勇伝もまたお待ちしております



バスは40〜50分おきに小さな街に停まりその度にクラクションを鳴らされ、途中から乗ってきた地元民と運転手のおしゃべりは止まらないし(夜ですが)、最後には早朝4時30分にサービスエリアのようなところで30分の休憩(当然バスから出される)
となかなか良いバスに乗ったのが今となっては良い思い出です。
さん | 2013/09/17 11:40 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する