夜の遊具より昼の科学館

   IMG_3489 - コピー
旅の最後は息子を遊園地に連れていくのが恒例になっていたが、グラナダにはなかった。飛行機発着地だったマラガで探したら1件だけ見つかったTivoli Worldが、営業時間が18時~24時、電車で30分もかかる。行くのは行けるだろうが帰りがどうなるのか、HP見てもシャトルバスとか無さそうだし、みんな地元の、車で行くようなとこだったのかもしれない。えっちゃんに調べてもらった時「帰りの電車はない。でもバスがあるみたい、チボリの最寄のバス停からじゃなくてその町のバスセンターからなら遅くまであるみたい」と教えてもらったんだけど、初めて行く町で施設からは離れたバスセンターを夜中で真っ暗で子連れの中探しあててマラガ市内に帰るミッションなんて(タクシーでもいいがちゃんとつかまる保障もない)・・・あまりにも無謀すぎる、今回はやめよう、頼む、と息子を説得し、グラナダにある「科学館」へ行く。


市内から①番バスで10分ほど!この頃にはもうバスは慣れっこ

IMG_3508 - コピー
IMG_3507 - コピーIMG_3505 - コピー
大きい塔に大きい蟻がくっついてるのが目印♪


入館前に、ちょっと雑談、ここが入口。大人6.5€+子供5.5€(¥1.630)

IMG_3506 - コピー
IMG_3502 - コピー
ここに来るまで遊園地に行けないことを引きずっていたのに入ったとたん、座りこんで球体を見つめだす、科学館の虜になるのに時間はかかりませんでしたねー。


地球の不思議コーナー、溶岩、噴火、化石、全部手で触れて確かめれます

IMG_3503 - コピーIMG_3504 - コピー


そしてこんなものまで、笑( *´艸`)
IMG_3501 - コピーIMG_3500 - コピー
IMG_3499 - コピー


ムービーまでとって遊んでそんなことにいちいち時間をかけすぎまして、この科学館が物凄く広いということを知らなくてですね、後半は駆け足で巡り、行けなかったところもでてきてしまったのが悔やまれる。この日中にマラガへ戻らないといけなかったのに、ここへ来るのも急に決めて14時入館で17時半までいたが、全く時間が足りなかった。とにかく広い。(地図参照)別館がたくさんあってこれが全部だとは思ってなかったのだ。私らが長くはしゃいでたところは右の入口の球体のある建物で(階ごとに展示物あるし)そこから中庭に行くと大きいチェスや化学にのっとった遊具もたくさんあってここで半日遊べそうだったし、蟻の塔にも登れるし、カフェもあるし、植物の迷路もあるし、左の白い長い建物も全て展示室で(こちらは次回ご紹介)結局植物爬虫類とかの棟は行けず・・なんてこった。いつかリベンジしたい。大人も楽しめ、子供を連れていくには最高ですね、ぜひ一日かけていくことを勧めます!グラナダの科学館♪
IMG_4065 - コピー



●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
12:19 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑
神秘が過ぎて | top | とんだ言い訳

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する