築30年リノベーション

img064 - コピー
アンダルシア旅のフィナーレを飾るのは、”ハナン邸”。築30年、住み始めて11年の一軒家をご紹介します。中古を買って、自分たちで改装を重ねながら住んでいる。この台所の棚はご主人手製!夫婦と15歳の娘との3人暮らし。私より小柄で黒髪のショートカット、目がクリクリ大きく鳥の羽根模様のエキゾチックなスカートに身をまとい重厚な表門から颯爽と現れたハナン。きっとお洒落で素敵に暮らしている!と服装を見て確信したものです。彼女の雰囲気がスペイン人というよりフランス人っぽいなと思ったら、昔フランスに住んでたって聞いて納得♪


えっちゃんにダメもとで出発前にこんなお願いをしていたのだ。「一般家庭も見たい、どこか家の中を描かせてもらえる所ない?」そう聞いたえっちゃんは、ここしかない、と知り合いのハンナにアポを取って連れていってくれたのだ。まさにツテがないと辿り着けれない秘境、これぞオリジナルトリップ、えっちゃんと知り合えた喜びをまた噛みしめる。

IMG_3725 - コピーIMG_3724 - コピー
9時40分のバスに乗って、えっちゃんところから更にグラナダの郊外へ。(10分ぐらい)のどかな景色の中、外からはまったく中を窺い知れない背の高い門と緑に覆われているハナン邸。家自体は四角い箱、とってもシンプルな造り。白い壁に沿ってピンクの薔薇が映えている。もう感じていた、ここには特別な空気が流れていることを。庭も広く、玄関あたりは緑のカーテンになっていて(外観の写真はNGなのでお見せ出来ませんが)そこに置かれているテーブルと椅子にまず通された。なんとゆっくり時間が流れてるんだろう・・「まだ庭作りは途中なのよ」とハナンは言っていた。お庭にソファを置きたいらしいです(*´ω`*)
IMG_3720 - コピー
IMG_3667 - コピー
そのあとに中に通してもらったわけですが、この手製台所に一番心を持っていかれまして描かないわけがない。椅子を借りて、ちょっとでも”見下ろし”スケッチ。左がえっちゃんの子供、右は私の息子を入れてなんちゃって家族のできあがり。


大理石の流し台、蛇口にもこだわって。排水溝小さい!?

IMG_3666 - コピー
IMG_3698 - コピー
IMG_3697 - コピー
グラナダ焼きや、モロッコで買っものなどのディスプレイ。もちろん普段使い。


IMG_3696 - コピーIMG_3671 - コピー
冷蔵庫に貼ってあった野菜マグネット♪エプロンも心明るくなる色合い!


ハナンが出してくれた冷製角切りガスパチョと、そのジュース♡
これだけで絵になる!そしてこれだけじゃない、ハナン邸、続きます。

IMG_3669 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
13:25 | 2013年南スペイン・アンダルシア親子旅 | comments (0) | edit | page top↑
ハナン邸 インテリア編 | top | 神秘が過ぎて

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する