老街さんぽ(北埔編)

   IMG_2212 - コピー
新竹県の伝統的な老街・北埔(ベイプー)。15分もあれば周れる小さい小さい集落です( *´艸`)ドライブがてらに来たわけでもなく知り合いに連れてきてもらったわけでもない、それをわざわざ遠方からバス乗り継いでくるほどではなかったかもしれません。でも、そんな田舎が好きなのだから仕方がない。「柿餅柿干」雰囲気からすると柿のお餅と干し柿の出店だろうか、柿の名産地、ドライフルーツもたくさん売られていました、私は苦手なので味見してませんが( ;∀;)


村の入り口に木製看板発見。左半分がメインの集落。

IMG_2248 - コピー
IMG_2213 - コピー
いいですね、この閑散とした感じ(笑)8月の平日だったけど週末ならもっと人が多いのかな。老街の中央には、住民たちが信仰する「慈天宮」があります。クネクネとした細い路地を歩いても最後に行き着くのは、このお宮だそうです。


IMG_2258 - コピー
IMG_2255 - コピーIMG_2253 - コピー
IMG_2206 - コピー
赤レンガを積んだ壁や家屋、狭くて曲がりくねった路地は、客家移民たちの街の特色らしいです。ほぼ当時のまま残っているということは、保存状態や村人の保存意識が高いんでしょうね。


この立派な塀?は当時何に使われていたのでしょう

IMG_2254 - コピー
IMG_2205 - コピーIMG_2209 - コピー
IMG_2207 - コピーIMG_2247 - コピー
ゴミ一つない、綺麗な道。観光客らしき人は、ほとんどいない、笑。


塀から少し見えた、一軒家。2階の小窓が気になる。

IMG_2256 - コピー
IMG_2250 - コピーIMG_2251 - コピー
IMG_2249 - コピーIMG_2252 - コピー
屋根に干していたのは、たぶん柿。どこまでものどかな集落・・。


IMG_2259 - コピー
ここにも立派な塀。普通の民家だったと思いますが。


トラックで売りにきてたバナナ屋さん。残念、描きたかったのにもうバスの時間。15:35発だったのに15:45にやっとバスが来た。もう来ないのか思った。行きはバスステーションから出発だったりしたのに帰りは路上とかで降ろされる(駅からもちょっと遠い)次の停車へスムーズに行きたいからだろうか、旅行者としては、ここ何処?と焦るのでできるだけやめていただきたい(涙)とにもかくにも帰りも4時間かけて無事友人のいる、基隆へ。私たちの帰還にユキコが大騒ぎ、「ほんとに行って戻ってきたのー!すごい!」とハグの嵐の夜だった。

IMG_2210 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
11:13 | 2014年台湾親子旅 | comments (0) | edit | page top↑
お得に早割 | top | 水井茶堂 お茶編

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する