台南から台中

   IMG_2399 - コピー
台南から台中へ新幹線一本で行けたらどんなに楽だろう。どちらも市内と新幹線駅が離れているため在来線を利用しながら2度の乗り換えが必要。電車は相変わらず激安、30分23元(¥80)だ。新幹線は45分565元(¥1980)←早割を使ってこの値段。さて、「Car4 6D/E」と頭にインプットしてあったはずなのに6号車に乗り込む。椅子が広くてフワフワで足も伸ばせるようになっていて明らかに行きに乗った時とは違うVIP感。すかさず「ここ追加料金払ってるん?」と問う息子を横目に「いや~新幹線の種類によって座席が違うのね♡」と満喫していると(本気で)、コンシェルジュみたいな人が斜め前のお客さんにひざまずいて話かけている。凄いな~あんな人がいるね~♡と見ていたら(まだ気付かない)私たちのとこにもやってきて「チケット、チケット」と言う。何よ、ちゃんと買ってるわよ!と見せると「あなた4、ここは6です」・・Car4って書いてたのに、座席番号の6が強すぎて(強すぎてない)すっかり勘違い。グリーン車だったみたい。せっかくだからもう少し味わいたかったのに早々に追い出されいつもの窮屈なエコノミーに舞い戻り。


新幹線台中駅は新しく、必要以上に?だだっ広い印象。
ATMもたくさん!(街中でも見かけたけど)VISAで現金をGet

IMG_2025 - コピーIMG_2024 - コピー
IMG_2047 - コピー
この話しましたね。新幹線「台南駅」から在来線では縁もゆかりもない「沙倫(サールン)駅」に変わる、ということを。台中でも同じ現象が起こっていました。新幹線「台中駅」から「新鳥日(シンウーリー)駅」またしてもタの字もない、チュウの字もない名前でした。何故だ。だけど市内とを結ぶこの電車は最近開通されて、前はバスしかなかったらしい。名前を非難するよりも利便性に感謝しなければ。


IMG_2048 - コピーIMG_2050 - コピー
新しい駅なのに、カード(日本でいうイコカ)が使えず、現金のみ乗車券を買わなければいけなかった。(しかもコインのみ)今まで何不自由なく使えてたのに!後に、この駅だけではなく台中周辺エリアごと使えないことがわかった。何故だ。なので台中では小銭を常に残しておく必要があった。しかもこの販売機、文字がこすれて見えないのもあったりなかなかのミッション具合だったりする。購入する、みたいなボタンを押してから、人数(1張、2張)→電車の種類(自強、復興とか)→チケットタイプ(乗車、ホームだけとか)→行き先、で買える。


なんだかんだと台南から2時間半かかった。
さてホテルはどこか。駅前ってことだけわかっていた(笑)少し迷ったけど息子と一緒に探し当てる。今晩はビジネスホテル「安可旅店」2130元(¥7460)。駅から歩いて1分、目の前にコンビニもタクシーもあって立地最高な綺麗なこの宿はおすすめ。

IMG_2049 - コピー


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー

12:20 | 2014年台湾親子旅 | comments (0) | edit | page top↑
台中 おすすめカフェ | top | 明けまして✿2015

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する