台中 おすすめカフェ

   IMG_2045 - コピー
このカフェのオーナー黄氏はただの創業者ではない。もともとは薔薇を描く画家でもあって、そのうち農家にも憧れ今では田舎に薔薇と烏龍茶を植えている、こんな公私共にローズ愛が溢れている人を見たことがあるだろうか✿そんな薔薇の国花はイギリス・・ということで彼が台湾で立ち上げた英国式ティーハウス・「古典玫塊園」(ローズハウス)は世界に50店舗、展開されている(日本には、何故かまだない)台北にも数店舗あるけど、今回は台中にある「台湾美術館」(無料)の中に併設されている店舗に行ってきました。天井から吊るされている薔薇のオブジェが印象的(店舗によって空間が異なっているのも魅力)


姉が台湾に住んでいた時に(約15年前)台北の天母店に連れて行ってもらったのが初めてだった。今も色褪せることなく、成長し続けているカフェ・ローズハウス。台湾といったら安くて美味いB級グルメだろ、なんでわざわざ高級志向なイギリス紅茶?などと思うかもしれません、でもここも台湾でしか味わえない空間&お茶であることに変わりはありません。それに日本より格段に安く堪能できます♡

IMG_2043 - コピー
おすすめなのはアイスフルーツティー180元(¥630)オレンジ・林檎・キュウイの香りがいっぱい。ピッチャーでくるので2,3杯あります。息子が頼んだのはフルーツワッフル、値段は同じ。真ん中に生クリームとアイスクリームが入っていてこちらも量たっぷり


各テーブルには本物の薔薇が✿外国では珍しい、最初にお水が出てくる。その水越しに息子が私を撮っていた、首長幽霊。サービス料+10%だったけど、全部で396元(¥1390)。お皿が何段にもなって出てくるアフタヌーンティーセットを注文している人がいました。(2人用で400~600元、約¥1500前後)次はお腹を空かせて来よう♪

IMG_2044 - コピーIMG_2042 - コピー


お手洗いも薔薇色。台湾のトイレがネックだと言いましたが、ここは例外
IMG_2041 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
11:04 | 2014年台湾親子旅 | comments (0) | edit | page top↑
歴史建築百景に抜擢 | top | 台南から台中

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する